さくらんぼシンドローム について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

1巻には1~8話が収録されています。

⇒無料で「さくらんぼシンドローム」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「さくらんぼシンドローム」で検索です



さくらんぼシンドローム -クピドの悪戯2- 1巻とは?

出版社:小学館
発売日:2006/11/2
作者 :北崎拓

化粧品会社の営業2年目・阿川宗則は、女性のためにあるこの業界で、自分が最下層にいることを痛感していた。

女性不信に陥り、最近はキスすらしていない阿川だが、この日も新米BA(美容部員)にグチられたり、先輩社員・麻生にヒヨッコ扱いされたりと苦難の連続。

やっと一日が終わり、ファーストフード店に立ち寄った阿川だが、そこで大量にメニューを注文する女の子と出会い…


さくらんぼシンドローム 1話のネタバレ
~お願い?~

宗則は化粧品会社の営業をしている。


得意先に売り上げを上げるためのデータを提供するが、
“私は女”
と主張して男の宗則の言葉には耳を貸してくれない。


宗則は女性のための業界の中で、
男の自分は最下層にいるのを感じていた。


外回りを終えて会社に帰ると
同僚の加護が宗則の席に座って泣いていた。


加護は美容部員に怒られたようだった。


宗則たちがいる営業部員と、
美容部員は連携が重要だった。


加護は
“後藤さんに今日もヒドいこといわれた”
と宗則に愚痴を聞かせる。


加護が巨乳なので
宗則はいつも甘く接していた。


宗則が適当に慰めると加護は元気になる。


また
宗則は美容部員の後藤にも謝罪の電話を入れてあげる。


加護と後藤に板挟みになり苦労していた。


宗則は加護が宗則を確信犯的に利用しているのに気付いていたが、
女性社員が多い会社では女のご機嫌を取るしかなかった。


社会人になってまだ間もないが、女性不信になりかけていた。


煙草を吸って休憩していると
上司の麻生に
“そこのポスター剥がれ気にならない”
と指摘される。


急いで直そうとするが高い位置なので届かない。


麻生は宗則を台代わりにしてその上に乗ってポスターを直す。


他の女性社員たちはその姿を見て笑っていた。


麻生は宗則の会社の面接を担当していた。


その時から宗則は麻生が苦手だったが、
麻生は宗則を気に入った様子でズケズケと本音を話していた。


そんな麻生に宗則はリアクションに困っていた。


麻生が上から話しかけてくるので宗則は上を見る。


麻生のスカートの中が見えてしまい
麻生は
“見上げるかなフツー”
と苦笑いする。


宗則が狼狽すると態勢を崩して二人とも転んでしまう。


宗則の眼鏡が割れてしまうので
麻生は
“弁償するから”
というが宗則は
“前のヤツがありますから”
という。


俯いている宗則に麻生は
“人と話すときは相手の顔を見なさい”
と注意する。


残業の事も持ち出し
“目に見える成果がなければただの会社の電気の浪費よ?推薦した私をがっかりさせないで”
といって部長の鳥谷たちと仕事に向かう。


宗則は飲みかけの缶コーヒーを渡されて顔が赤くなっていた。


同僚の男たちから
“早く口紅なめとるがよい”
とからかわれる。





仕事が終わって帰り道にファーストフード店によると、
隣にいる中学生が大量のオーダーをしていた。


小銭を落としていたので拾ってあげようとすると目が合う。


少女は宗則を見ると赤面して慌てる。


大量のオーダーをイートインしようとすると、
宗則が驚いた表情をするので慌ててテイクアウトに変えてもらっていた。


宗則は自分のオーダーを貰うと帰り道にDVDを借りる。


“どれが麻生さんににているか?”
を基準に選んでいた。


帰り道に通りかかった神社に、
先ほどの少女が一人でいた。


先ほどの大量のオーダーを一人で食べる様子だった。


宗則は
““可憐”とか言う言葉は男の夢の中にしかないのか…”
と頭を抱えて帰る。


自室で借りたDVDを見るが
“麻生さんに似てない…”
と選出を失敗していた。


誰かがチャイムを鳴らすので穴から見てみると、
先ほどの少女だった。


宗則は不審に思い
“どちらさまですか?”
と尋ねると
“天海レナといいます、夜分遅くにすみません。阿川宗則さんのお宅ですよね”
と下の名前まで知っているようだった。


レナは
“お願い”
があるのだという。


宗則が尋ねるとレナは
“キスしてもらいにきたんです”
という。


⇒無料で「さくらんぼシンドローム」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「さくらんぼシンドローム」で検索です



さくらんぼシンドローム 2話のネタバレ
~いいじゃない!~

宗則は不審に思っていたが
レナは
“阿川さんしか頼れる人がいない。私を助けて”
と懇願するので
“ちょっとだけなら聞く”
と入れてあげる。


レナは宗則の顔を知らなかった様子で
“さっきバーガーショップでお金ひろってくれた…”
と気付く。


レナは自分の大量のオーダーを
“今頃友達が全部食べてる”
と誤魔化す。


宗則が換気扇の下で煙草を吸いだすので
レナは
“キスするのにタバコ味なのか~”
というので宗則は聞き間違いでないことを確認して驚く。


理由を聞くがレナは教えてくれない。


宗則はレナに質問してメモしていく。


宗則は親の連絡先を聞こうとして
“大人が子供にヘンなコトしたらダメ”
と自分が捕まる可能性を示唆する。


しかし
レナは
“私、子供じゃありません”
とムキになる。


宗則は先ほどレナがハンバーガーを一人で食べていたことを指摘して、
自分に対して嘘をついたと主張する。


レナは
“見てたの…?”
と赤面する。


“キスくらい黙ってしてくれたっていいじゃない”
と逆ギレするので
宗則は警察に電話しようとする。


レナは慌てて
“警察読んだら無理やりアンタにレイプされそうになったって言ってやる”
といってのしかかる。


レナの胸は宗則の顔に押し付けられていた。


宗則は
“男だってそんなこという女とキスしたくない”
というと
レナは泣いて謝りながら
“でも時間がない”
という。


宗則は落ち着かせて話を聞く。


レナは用意された大量のお菓子を食べながら話し出す。


大学の学生証を渡すが
宗則は何のことだかわからなかった。


その間もレナの腹が減って音が鳴るため、
宗則はカップ麺を用意しようとする。


レナは音が恥ずかしくてテレビをつけると、
AVのちょうどフィニッシュシーンが流れてしまう。


気まずい空気になりレナは
“おじゃましました”
と帰っていく。


レナは学生証を忘れていた。


宗則は学生証をまじまじと見ると、
レナと同じ名前の大人びた見た目の美女が写っていた。


⇒無料で「さくらんぼシンドローム」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「さくらんぼシンドローム」で検索です



さくらんぼシンドローム 3話のネタバレ
~別人だ!~

レナは顔を真っ赤にして走っていくので、
宗則は学生証を届けることができなかった。


翌日
仕事に行くと美術部員の後藤に会いに行く。


加護の様子を見に来て、後藤のご機嫌取りをする必要があった。


後藤の話しぶりから社内恋愛の話になる。


後藤は加護と宗則の関係を探っていた。


宗則は上手くかわす方法を考える。


“入社してから彼女とか全然ですし…”
というと後藤は機嫌をよくする。


“休日とかなにしてるの?”
と後藤は宗則のプライベートを探ってくる。


宗則は
“理解あるお姉さんキャラ”
で攻められているのを察する。


“後藤さんは休日にデートする人いらっしゃるんですか?”
と質問するが
すぐに地雷を踏んだと気付き
“後藤さんみたいなステキな人がいてくれたら休日も楽しい”
と取り繕うと
“私いまけっこう空いてるわよ”
と目を輝かせて言われる。


宗則は女の相手で神経をすり減らしていた。


トイレで顔を洗って外に出る際に、
麻生とぶつかって注意される。


麻生もある気ながら資料を見ていたが指摘できなかった。


麻生は眼鏡を壊した件で
“今度君を食事に誘う”
というもで宗則は赤面して
“光栄です”
という。


“店とか決めたら連絡する”
といっていこうとする麻生は
振り返りざまに他の社員とぶつかる。


宗則は麻生を受け止めるが
その拍子に麻生の頭突きで眼鏡が壊れてしまい手で麻生の胸を鷲掴みにしてしまう。


麻生は誤りつつも照れて宗則を叱る。


宗則は眼鏡が割れてしまったため営業にいけなかった。


その代わりに
昨日レナが忘れていった学生証を頼りに大学を訪れる。


聞き込みをしていると
レナの友人のルミコに
“体調崩して入院して実家で療養中”
といわれる。


宗則は
“あの少女は天海レナの学生証を使って何をするつもりなんだ?”
と不審に思う。


駅に行くとレナが待っており
“私の学生証返してください”
という。


⇒無料で「さくらんぼシンドローム」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「さくらんぼシンドローム」で検索です



さくらんぼシンドローム 4話のネタバレ
~ウソばっかりだ。~

宗則は
“君はウソばっかりだ”
というと
レナは
“その写真は3か月前の私”
という。


宗則が混乱していると
レナはお腹を空かせてうずくまり
“早くキスして”
と言い出す。


レナは
“あなたがキスしてくれないと、もっと子供に戻っちゃうの”
といって病気を打ち明ける。


宗則は仕事終わりに待ち合わせの約束をする。


“ファミレスに9時ごろ”
というのでレナは安心した表情をする。


宗則は仕事を終わらせるために本社に戻る。


“大人 子供に戻る病気”
で検索すると
“進行性減齢症候群”
という病気が出てくる。


怪しいサイトのため信憑性は微妙だった。


何とか約束の時間に間に合うペースだったが、
帰ろうとすると麻生に仕事を頼まれる。


⇒無料で「さくらんぼシンドローム」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「さくらんぼシンドローム」で検索です



さくらんぼシンドローム 5話のネタバレ
~何言ってんの?~

宗則は仕事を断れなかった。


終わらせて麻生のチェックを受けると、
仕事ぶりを褒められる。


麻生は
“よかったら今晩、おごらせて”
と恥ずかしそうに誘ってくるが
宗則は気まずそうに
“先約が…”
といって挨拶して帰る。


宗則は帰り道で
“ヤバい”
と麻生の誘いを断ったのを後悔していた。


約束より二時間遅れてファミレスに着く。


小学生らしき女の子が一人で座っていたので、
宗則は呆然とする。


背後からレナに
“私の席あっち”
と話しかけられて人違いだと気付く。


レナは遅れてきたのを怒っていたが、
宗則は信じていないので悪いとは思っていない。


目の前のレナよりも、
会社においてきてしまった麻生の心配をしていた。


レナはそれを察して
“ひょっとして恋人がいるんですか?”
と聞く。


⇒無料で「さくらんぼシンドローム」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「さくらんぼシンドローム」で検索です



さくらんぼシンドローム 6話のネタバレ
~おごるからさ。~

レナは
“好きな人はいるんだ…”
と泣きだして
“ごめんなさい、阿川さんのそういうこと考えた事なかった…。もう現れません”
と帰ろうとする。


宗則は
“悪い子じゃない”
と思い話を聞くことにする。


宗則はレナが大学入学してからの話を聞いていた。


レナは男に人気で毎日メールの返事をするのが大変だったという。


女には好かれない大学生活だが、
唯一ルミコという親しい友人ができたという。


ルミコは宗則が大学を訪れた時にレナの話を聞いた子だった。


レナとルミコは
“赤毛のアン”
を使った自己紹介をレナがしたことをきっかけに仲良くなる。


レナは
“ソレをわかってくれたのはルミコと阿川さんだけ”
という。


二人はお互いのアパートに泊りあったりしていた。


レナはその頃から常に何かを食べていたが太らなかった。


ルミコはそれを羨ましそうにしていた。


ルミコの部屋に泊まった翌朝
ルミコはレナを見て悲鳴をあげる。


ルミコは
“あなた誰!?”
と驚いていた。


⇒無料で「さくらんぼシンドローム」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「さくらんぼシンドローム」で検索です



さくらんぼシンドローム 7話のネタバレ
~ついてきなよ。~

レナは鏡を見ると
中学生くらいになってしまったことに気付く。


服や下着のサイズが合わないため、
ルミコの中学時代の制服を借りたのだという。


ルミコは
“とりあえず病院へ行こう”
と苦笑いする。


レナはルミコに中学時代の制服を持っていた理由をたずねると
ルミコは
“男ってそういうの着てしたがるからとっておいた”
と言ったのだという。


レナは
“未だにおぞましくて信じらんない”
と真っ青になっていた。


レナが駅で宗則を待ち伏せできたのは、
ルミコが連絡したからだった。


宗則は
“ルミコと君がグル”
と指摘してまだ信じていない。


ルミコは医師に言われたことを話す。


“進行性減齢症候群”
は非常に珍しい病気だった。


治療には
“ACS酵素”
が必要でそれを持っている人間の唾液が必要なのだという。


医師は
“運命の相手と巡り合えてキスすることができたら、それはもうあなたの王子サマだ”
と言ったのだという。


レナは宗則を見つけた方法を説明しようとするが、
宗則は遮って
“キスくらいしてもいい”
という。


レナは
“ホントに?”
と喜んで宗則についていく。


宗則はラブホテルに連れていく。


⇒無料で「さくらんぼシンドローム」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「さくらんぼシンドローム」で検索です



さくらんぼシンドローム 8話のネタバレ
~知ってんだよね。~

レナは恥ずかしそうに躊躇うが、
宗則は構わず入って行く。


宗則の慣れた様子にレナは緊張していた。


宗則はベッドに座って
“こっちおいでよ”
というので
レナは
“歯だけ磨いていいですか?”
と洗面所に行く。


レナは興味深そうに浴室を見ていたが、
ベッドから丸見えなのに気付き真っ赤になる。


戻ってきたレナに宗則は
“ここに寝転がって”
と指示をする。


レナは宗則の落ち着いた様子に少し怯えていた。


レナはベッドに仰向けになると宗則がのしかかってくる。


宗則は自分が
“女嫌い”
の理由を説明し
レナが自分を
“王子サマ”
といったことに腹を立てているという。


レナは
“なんて思われても子供のままじゃいたくない”
とレナの覚悟は決まっており目を閉じる。


宗則がキスしようとすると
レナは
“待って”
といって
“フレームまで壊したらアレだから…”
と眼鏡を外して目を閉じる。


宗則はレナに抱き着いて身体を弄りだす
レナは慌てて
“違う…そんな…”
というが
宗則は
“こんなトコまでノコノコついてきて、キスだけですむと思った?”
とレナの足を掴んで強引に開脚させる。


⇒無料で「さくらんぼシンドローム」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「さくらんぼシンドローム」で検索です



さくらんぼシンドローム 1巻の感想

見つけた方法聞かないのかよ!?


レナが宗則を見つけた方法は宗則は興味ないみたいでしたね。


普通はものすごく気になると思うのですが、
宗則はそれよりもどうやってレナをホテルに連れ込むかの方が重要だったようです…


1巻冒頭のレナの様子から、
何かしらの資料に宗則の名前があったみたいですね。


恐らくは会社の健康診断の結果とかでしょうか。


会社勤めをしていれば1年に1回必ず健康診断があります。


その際にいろんな項目の検査をするので、
その中に
“ACS酵素の有無”
を判断できる項目があるのかもしれません。


それだとしても
膨大にある資料からローラー作戦をしたとは考えにくいです。


何かしらの
“アタリ”
をつけて調べて宗則に行きついたのだと思います。


その辺は重要になるからあえて1巻では伏せたのかもしれません。


もしも宗則に
“進行性減齢症候群”
を解決するヒントがあるのなら、
レナのような素人ではなく専門家がとっくに宗則にコンタクトをとっていると思いますが…


その辺も謎ポイントですね。






レナの病状は男からしたら夢のようなモノですね。


レナは完全なる
“合法ロリ”
となります。


宗則も
“自分を突き止めた方法”
よりもホテルに連れ込むのを優先しますよね…


レナの今の姿は中学生くらいだそうで、高校生をすっ飛ばしたのはちょっと惜しいです。


ですがこれから小学生まで若返ると思うと…


キスの回数次第で年齢をコントロールできるのならば、
いろんな年代を楽しめそうで宗則が羨ましいです。


宗則に迫られてレナは涙ぐんでいますが、
2巻ではどうなっちゃうのでしょうか。


宗則はまだ完全に信じていないと思うので、
もしかしたらレナを
“大人の男をからかうなよ”
と脅すための演技かもしれませんね。


⇒無料で「さくらんぼシンドローム」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「さくらんぼシンドローム」で検索です


無料で「さくらんぼシンドローム」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「さくらんぼシンドローム」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「さくらんぼシンドローム」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「さくらんぼシンドローム」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。