ヒメゴト 1巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


1巻には1~12話が収録されています。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 1話のネタバレ

「由樹-ヨシキ-」

ユキは大学一年生になる。


19歳の夏だった。


中学時代からの同級生のショウには
“ヨシキ”
とあだ名で呼ばれている。


ユキは奇麗な顔立ちだが
長身で肩幅も広く、服装もTシャツとジーンズなため一見女性に見えない。


そのため本名の
“由樹(ユキ)”
の呼び方を男性的な読み方で
“ヨシキ”
とショウが名付けていた。


大学でもヨシキという呼び方が浸透してしまう。


ショウは中学時代からユキにべったりだった。


周りの女子たちは
“ショウは彼氏というよりも子分”
と言っている。


ユキはショウが自分の後を付いてくる理由を察してはいたが、
気付かないように自分に言い聞かせている。


ユキは一人暮らしのアパートに帰ると、
高校時代のスカートの制服に着替えるのが好きだった。


ユキは
“このスカートを履いている間は女の子になれる”
と思っている。


本当は大学に進学したら
男として扱われ生きてきた自分を変えたかった。


しかし
ショウがついてきてしまったため、
男としての自分に決別できずにいた。


ユキは制服姿で自慰行為をすることに快感を感じてクセになっていた。


自慰行為の妄想の中では
ユキは男に主導権を握られて犯されている。


行為が終わると自己嫌悪するが、
気持ちいいためやめることができない。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 2話のネタバレ

「未果子-ミカコ-」

ミカコは大学の女子から
“可愛い”
と評判だった。


背が低く童顔で
飾りっ気のない美しさを持っていた。


しかし
その美しさは完璧に計算されたものだった。


ミカコは大学では箱入り娘ということになっている。


大学で有名な男子のカイトがミカコに視線を送ると、
周りの女子は
“私らはミカコの引き立て役”
と皮肉るが
ミカコは
“男の子苦手”
と困った表情で頬を染めて見せる。





ミカコは夜になると
地元の有名中学校の制服に着替えて街に繰り出す。


男とホテルに入っていき
“15歳”として体を売っている。


ミカコは
“15歳”
であることの重要性に気付いている。


“15歳”という嘘に
騙されてミカコを買う男たちを見下すことに快感を感じている。


19歳のミカコは
“自分の「15歳」としての余命はあとわずか”
を感じている。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 3話のネタバレ

「佳人-カイト-」

カイトはミカコに惹かれている。


ユキといつも一緒に居るショウに
ミカコをどう思うか聞くがショウは興味ない様子。





カイトは“バイト”で年上の金持ちの女性に体を売っている。


クレジットカードを渡されていたが、
女は明細を見てカイトを問い詰める。


明細には女物の洋服を大量に買ったことが記載されている。


カイトはそれらしい嘘でごまかすと女はすぐに信じる。


カイトは
“このオバサン4年前はすごく可愛かった”
と思う。





カイトには女装癖があった。


クレジットカードでは
女のためにではなく自分のために女物の服を買っていた。


カイトはミカコに憧れていた。


憧れのミカコに近づくために、
ミカコと全く同じ服装と髪型と靴とバッグまでそろえる。


カイトは美形のため
女装をすると女性よりも女性らしく美しかった。


しかし
女装して街を歩いていると、
最近カイトの“正体”に気付く女性が多くなったことを自覚する。


カイトは
“アタシの余命はあとわずか
 だからこそ
 今を強く踏みしめる
 誰よりも女の子であることを”

と思う。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 4話のネタバレ

「渋谷-シブヤ-」

ユキは大学でコンパに誘われる。


ミカコが行かないための代役だった。


ユキはせっかくなので行くことにするが、
女性らしい可愛い服を持っていない。


高校時代の制服を着ていくわけにはいかないため、
いつも通りのTシャツとジーンズで出席する。


ユキはコンパの場に馴染めなかった。


コンパでは当然“男”として扱われる。


ユキは二次会にはいかず
一次会で抜け出す。


渋谷の夜にはおしゃれな格好をした人が多い。


ユキは取り残されているのを感じる。


家に帰って制服を着たくなるユキ。


ユキの前を見覚えのある服装の女性が横切る。


女の後ろ姿はミカコと全く同じだった。


ユキはミカコだと思い
二次会の店の方向を教えるため話しかけることにする。


ユキは女の肩を叩くと女が振り返る。


ミカコにしては背が高いと感じる。


女はミカコの女装をしたカイトだった。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 5話のネタバレ

「露-アラワ-」

カイトは翌日大学でユキを呼び出す。


女装していたことを口止めを頼もうとするが
話をするとユキは昨日の女がカイトだと気付いていなかった。


カイトに話を振られたことで
ユキは昨日の女がカイトであると気付く。


カイトはユキと二人で話すときは女性のような言葉遣いになっている。


お互いのことを話すと口論になる。


ユキは
“カイトはやりたくてやってる
 自分はそうじゃない”
というと
カイトは
“だからアンタ醜いのね”
といってユキの胸を鷲掴みにする。


カイトはユキの胸が思ったより大きかったため
“こんな女についてても何の意味もない”
と強く握る。


ユキがスポーツブラであることを指摘して
“ブサイクすぎて見ててイラつく”
というとユキは怒鳴って怒る。


その声を聞きつけたミカコがやってくる。


ミカコはユキがカイトに襲われていると思うが
ユキとカイトは咄嗟に付き合っていることにする。


ミカコはユキの手を取り連れていく。


カイトは憧れのミカコに嫌われたと悲しむ。


ミカコは
“たとえ付き合っていても
 男が暴力で女をねじ伏せる
 なんて許せない”

としっかりとした口調でいう。


ユキはミカコの意外な一面を知る。





ユキの大学の帰り道
女装したカイトが待っていた。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 6話のネタバレ

「女友達-オンナトモダチ-」

カイトはユキの部屋に上がる。


カイトはユキの部屋をみて
“男子寮かよ”
という。


カイトはユキの事よりもミカコのことが気になっていた。


ユキにあのあと
ミカコがカイトのことを何と言っていたか聞き出そうとする。


ユキはミカコに似せる理由をカイトに訪ねる。


カイトは
“ミカコになりたくて女装している”
という。


“それが自分の性欲のスイッチ”
というと
ユキは制服姿で自慰行為をする自分を思い出し
“わかるよ”
という。


ユキはミカコはカイトを痴漢扱いしていたことを告げる。


カイトはユキのせいにする。


ユキは反論するが
カイトは
“隙があるからいけないのよ”
といってユキをベッドに押し倒す。


“女装しているからって男を無防備に部屋に入れるなんて”

“世の中には女装して女とヤルのが好きな男もいる”

といってユキを脅す。


ユキの両手を片手で抑えてシャツをたくし上げて胸に吸い付く。


ユキは怖がるが
自分がしている自慰行為の時に想像する男とカイトが重なり
“毎夜、あたしが求めているものそのもの…”
と思う。


ユキは胸を吸われて快感を感じるが
カイトは途中で笑い出し
“何マジになってんの
 アンタみたいなブス
 アタシたたない”
という。


ユキはカイトを蹴り飛ばして怒る。


ユキは以前からカイトがユキに突っかかってくることを指摘する。


カイトはユキに
“「女の子」の短い寿命を
 ムダ使いして終わり間近
 哀れで無様で
 つい文句を言いたくなる”
という。


ユキはカイトのウィッグを掴んで思い切り引っ張る。


カイトは痛がるが
ユキは
“そんなの自分が一番よくわかってる”
という。


ユキは女になる方法を自分に教えるようにカイトに要求する。


カイトは断ろうとするが
ミカコに女装癖をバラすと脅迫する。


ユキとカイトは
“女友達”
になる。


カイトはユキが本当はとても奇麗なことに気付いていた。


しかし
“絶対、言ってやんない”
と思う。


ユキはその日は制服を着なかった。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 7話のネタバレ

「交叉-クロス-」

ミカコにはお気に入りの客がいた。


その客は本業かコスプレかわからないが、
牧師の恰好をしてミカコの相手をする。


その男はミカコの股に顔を埋めて
“お許しください”
と何回も自分の罪を懺悔する。


男の懺悔を聞いてミカコは
“そうです
 そのとおりです”
と快感を感じる。


行為が終わっった後に男は
“次の誕生日が来ても
 君は
 「15歳」になるんだろうね”
とボソリという。






翌日
大学でミカコは男の言葉が身に染みていた。


ミカコは大学構内で昨日の男を見つけて慌てて移動する。


転んでしまうと
カイトが手を差し伸べてくる。

ミカコはカイトの手を拒絶して
“男に
 一秒でも見下ろされるたくない”

と思う。


カイトに対して
“男の人に触られるのはイヤ”
と怒鳴る。


ユキがミカコを補助して
“いちおう女だから”
といって立たせてあげる。


ミカコはユキに対して好意を抱く。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 8話のネタバレ

「密室-ミヒツ-」

ユキはミカコを落ち着ける場所まで付きそう。


ミカコはお礼を言って
ユキの手を繋いで歩きだす。


ユキは手を離して
“ごめん
 こういうの恥ずかしくて苦手”

という。


ミカコは立ちくらみがするといって、
トイレの個室で休もうとするがユキも個室に連れていく。


ミカコはユキは
“男”ではなく“男の子”だという。


女の子を助けようとする手に下心がないため、
ミカコは気持ち悪いと感じなかったという。


ミカコは
“女の子の理想の「男の子」”
と羨望の眼差しでユキを見つめる。


ミカコはユキがカイトと付き合っていることを確認する。


ユキは辻褄を合わせるために肯定する。


ミカコは
“じゃあ(女の子どうしだから)大丈夫だよね”
といってユキにキスをする。


ユキは驚くが
ミカコは
“女の子どうしのキスは回数に入らない”
といってもう一度キスをする。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 9話のネタバレ

「萌芽-メバエ-」

カイトは“女の勘”で
ミカコから敵意を向けられているのを感じる。


身に覚えがあり
ユキと揉めているシーンを目撃されたからだった。


ミカコはユキを追っかけているが、
ユキはミカコから身を隠している。


その様子を見たカイトは
“二人の間で何かがあった”
と確信する。


カイトは女装をしてユキに会いに行く。


その日の女装はミカコと似ていなかった。


それをユキは指摘すると
その日のミカコの服は初めてだったためまだ準備できていないという。


それを今日はユキと探しに行くというと、
ユキは
“買い物に連れて行ってくれるの?”
と嬉しそうにする。


しかし
カイトは買い物はついでで、
ミカコとユキの関係を聞き出すのが本命だという。


買い物をしながら
ユキはミカコとキスをしたことを打ち明ける。


カイトは驚くが
軽いキスをしただけでユキが逃げたことを聞くと
“ツマンネー”
という。


カイトはユキにファーストキスを指摘すると、
ユキは
“ミカコが女同士は数に入らない”
と言っていたと主張する。


カイトは
“そういう事をヌケヌケと言えるって
 女の子って最高”
という。


目当ての服が見つかりカイトが試着しようとするが、
一人では無理のためユキに助けを求める。


Mサイズは無理だったため
Lにしたらピッタリ入る。


カイトは満足そうにしていて、
ユキは
“似合っている”
という。


カイトは
“アンタに褒められても嬉しくない”
というが
心の中では
“女の子に初めて褒めてもらった”
と喜んでいる。


カイトはユキの服も着せ替える。


ふざけあいながら試着を楽しみ
カイトは
“女友達って楽しい”
と思う。


カイトは
“ミカコに似合わなくて
 あなたに似合う服はいくらでもある
 それを探す努力をするのが
 女の子の楽しみだし
 可愛いところだと思う”

といってユキにも楽しむように言う。


カイトは服を脱ぐ際にウィッグを取る。


ユキは上半身裸のため
恥じらって服で胸を隠そうとすると、
二人はもつれあってカイトがユキを押し倒す形になる。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 10話のネタバレ

「雷鳴-ライメイ-」

カイトは慌てて服が無事なことを確認する。


カイトはユキを意識していないが、
ユキは恥じらっている。


カイトは別れ際に
ユキのために選んだ服を渡す。


ユキはお礼を言って受け取るが
カイトの彼女のカードで購入したモノだと知ると突き返す。


カイトは
“何よアイツ”
と怒っている。





ユキは自宅に帰り
カイトに彼女がいることを考える。


“話違うだろ”
とカイトに対して独り言をいう。


ユキはカイトは自分と同じで
“一人だけの暗い性欲”
の持ち主だと思っていた。


ユキは
“カイトは彼女とどんな風にしているんだろう”
と考えて興奮して制服に着替える。


ユキが自慰行為の際にいつも想像している男の姿はカイトになっていた。


ユキは
“嘘つき
 何が女友達だ…”

と思う。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 11話のネタバレ

「誤魔化し-ゴマカシ-」

ミカコはユキのことを考えながら
客の男の相手をしている。


その日も“15歳”として騙せたことに安心する。





ミカコは大学の友達に19歳の誕生日を祝われる。


ミカコは嬉しくなかったが
表面上は喜ぶ振りをする。


友達たちは面白がってミカコに化粧をするが、
その場ではミカコは楽しんだふりをするがすぐに落とす。


ミカコは
“私は変わらない、私は特別”
と思う。


そして
ユキも自分と同様に特別だと思う。


ミカコはユキに会えずにいた。


偶然ショウと鉢合わせたため
ユキの居場所を行くがショウも知らないという。


ミカコはショウからユキの携帯番号を聞くのは自重する。


ショウは
“ユキが最近変わった”
と気になっている様子。


ミカコは
“私知ってる、変わった理由”
といって
秘密と約束したはずのカイトとユキが付き合っていることを教える。


ショウは笑いながら
“ないない”
と否定する。


しかし
ミカコはショウがユキにベタ惚れなのを見抜いている。


ショウが信じないためミカコは
“ユキが変わったのは
 ユキはヴァージンじゃなくなったからでは?”
とショウを煽る。


ミカコはショウがユキにかけている
“呪い”
を自分が解いてあげたいと思っている。





ミカコが駅でユキを待ちぶせしていると、
自分と同じ格好をした女の後ろ姿を発見する。


服だけでなく
全てが完全に一致しているため戦慄する。


その女は女装したカイトだが
ミカコはそのことに気付いていない。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 12話のネタバレ

「卒業-ソツギョウ-」

カイトはユキの部屋のポストに
ユキが突き返した服を入れて帰る。


ユキが帰宅してポストを見ると
カイトがわざわざ雨の中持ってきてくれたことに気付く。


部屋に入って中を見ると
Tシャツとデニムとニーソックスが入っていた。


ユキ来てみるとサイズがピッタリで似合っていた。


普段着ているTシャツと
ほんの少しだけ胸元の空き具合が違うだけで、
女性らしく見えて肩幅も目立たない。


カイトのセンスに感謝をする。


ユキは誰かに見てもらいたいと思いカイトを思い浮かべるが、
“彼女のいるオカマなんか、もう一緒に遊ぶこともない”
と思う。


ショウがユキの部屋に訪れる。


ユキは突然の来訪に躊躇うが
ショウが
“女の部屋に上がるわけじゃねーんだから”
というと頭にきて
今の服装を見せつけるために部屋に入れる。


ショウはユキの服装を見て
“なんだよあの恰好”
と狼狽する。


ショウはミカコの言っていたことを信じる。


ユキは
“びっくりさせすぎたかな?”
とノーリアクションのショウに満足する。


“この格好は自信をくれる”
と制服を卒業できるかもしれないと思う。


ショウはカイトとユキが付き合っているのかを質問する。


ユキは返答に困っていると
ショウは
“カイトは俺にホモとか言って
 自分がホモだったんじゃねーか”
と嘲って見せる。


ユキは
“あたしは女だ”
といって
もう男扱いすることをやめようという。


“そのノリが楽しかった時期は終わった”
というと
ショウは
“そうだな
 じゃあ今から
 お前のこと
 女としいてみるわ”

といってユキに掴みかかる。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 1巻の感想

主人公三人が見事に描き分けられています。


一番マトモな主人公はやはりユキですね。


ユキはショウさえ存在していなければ、
ボーイッシュな普通の女の子だったはずです。


ショウのストーカー気質のせいで
意地のようになってしまっています。


ミカコが
“呪い”
と表現したのも頷けます。


しかし
ショウがユキに付きまとってしまう理由もわからないことはないです。


“好きだ”
と言いたいけれど
言ったらそれまで築いた関係がガラっと変わってしまいます。


“そうなるくらいなら現状キープ”
を続けてしまうのはヘタレ男なら共感できるハズです。


ポッと出のイケメンに
長年好きだった女の子が取られてしまった時の心境は当然穏やかではないでしょうね…






ミカコには男性読者が戦慄したと思います。


大人しくて清楚に見える女の子が実は…


男の夢を思いっきりぶっ壊してくれるキャラです。


ミカコは
“15歳と騙せてる”
と思っているようですが、
ほぼ間違いなく客の男たちは気づいているでしょうね。


ミカコが
“騙せてる”
と思っているから
ミカコを気分良くさせていいサービスをしてもらうために
“騙されているフリ”
をしているのだと思います。


ミカコが思っているほど男はバカではないです。


ミカコは男を手玉に取っているつもりでしょうが、
実は男の方が圧倒的に得をしています。


ミカコは認めたがらないと思いますけど…





カイトは面白いキャラですね。


中身が完全に女というワケではないようです。


非常に難しいバランスの上に成り立つキャラなので、
描くのも大変そうです。


女好きにしてしまったら
“結局「女のフリした男じゃん」”
と読者は萎えてしまいますし、
“女だから男も好きな両刀”
にしたらそれはそれで違うと思います。





この三人が複雑に絡み合っていくのが楽しみです。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です


無料で「ヒメゴト」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「ヒメゴト」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「ヒメゴト」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「ヒメゴト」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。