うなぎ鬼 1巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

1巻には1~7話が収録されています。

⇒無料で「うなぎ鬼」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「うなぎ鬼」で検索です



うなぎ鬼 とは?

出版社:少年画報社
発売日:2014/9/22
作者 :落合裕介, 高田侑

借金に苦しんでいた倉見勝は千脇に拾われ裏稼業に励むことに。

勝に課せられた任務は重さが50~60キロのコンテナをマルヨシ水産に運ぶというものだった。

コンテナの中身とは一体…サイコホラー!


うなぎ鬼 1話のネタバレ

「泣き虫」

勝は債権回収の仕事をしている。


その日は上手くいっていたが
同僚の富田に描いてもらった地図で最後の客の家がわからなかった。


電話で富田に話を聞こうとするがつながらない。


“自分は最後の詰めが甘い”
と思いつつも
昼飯抜きだったため定食屋で餃子を食べる。


会社に戻ると社長の千脇に怒鳴られる。


千脇は
“大枚はたいて身請けした”
というと
勝は泣きながら謝る。


道に迷って探したというが
千脇は勝が餃子を食べていたのを見抜いていた。


富田は怒られている勝をみて笑っている。


翌日
勝は富田と回収に行くと
“新大久保”
ではなく
“大久保”
駅で降りる。


勝は富田に嵌められたことを察する。


富田は勝に
“社長は勝に期待している”
と勝の体の大きさを指摘する。


富田は勝より年下だったが
敬語とため口を混ぜる話し方で舐めきっていた。


勝は富田が嫌いだった。


一月前までは
勝の勤務先は競艇場だった。


友人や知人から金を借りまくって全ての人脈を失ったが、
金を貸してくれるところは町中に溢れていた。


しかし
町金の債権回収に対面したことで、
勝の思考は凍り付く。


偶然その場に居合わせた千脇が
“お兄さん良いからだしてるね”
と勝の借金120万を肩代わりしていた。


千脇は勝の大きな体が
債権回収の仕事に役立つと確信していた。


千脇は
“俺の意思のもとに働け”
と勝と約束する。


富田に案内された家に回収に行くとアッサリと回収できた。


金を会社に持って帰ると千脇は
“俺の見込み違いじゃなかった”
と得意げに勝の仕事を褒める。


“才能がある、富田にはまねできない”
と勝のことを褒めちぎる。


しかし
勝には富田の真似はできないともいう。


富田は女の扱いに長けていた。


“適材適所”
が千脇のモットーで、
努力よりも適性が重要だと熱弁する。


千脇は機嫌がいいのか
勝の債権回収の才能を詳しく説明する。


身体が大きいだけでなく
“人になにか言われるとすぐに応えない癖がある”
と指摘する。


その際の勝の顔が怖いのだという。


勝は答えに困っているだけだが
勝の真顔は黙って見据えるだけで人を震えさせるのだという。


千脇は
“お前を教育する。改造するぞ”
というと
勝は考え込むので
“ここは返事だタコ”
とツッコむ。






翌朝
千脇からの電話で
“黒牟”
という街に行くことになる。


黒牟駅に行くと千脇と富田と合流する。


千脇が先頭でついていくと
異様な雰囲気と臭いが漂う貧民街に行きつく。


そこが
“黒牟”
という街だった。


マルヨシ水産という会社に入ると異様な熱気を感じる。


千脇そっくりな弟が社長をしていて3人を出迎える。


黒牟という街は千脇家の地盤で、
千脇の故郷なのだという。


その日の用事は新しい仕事の顔合わせだと千脇は説明する。


千脇の弟と握手をしようとすると
左手を差し出してくる。


勝と富田は親指にしか指が無いのに気づく。


仕事の内容は
“臨時の特急便”
で一往復で15万という破格の値段だった。


千脇は
“余計なことは訊くな、指示通り動けばいい。嫌ならやめろ”
というが
富田も勝も破格の値段のため断る気はない。


“トラックで50~60キロのコンテナを運ぶだけ”
という簡単な仕事だった。


荷物を持ち逃げしても金にはならないという。


顔みせとして他のメンバーに会いに行く。


中に行くと鰻の養殖場があり
異様な熱気はそのせいだと判明する。


信吉という老人が出てきたので富田と勝は挨拶をする。


他にも山木という若い男と
秀さんという男がいた。


山木は物静かな男だった。


秀さんは顔に酷い火傷痕があり
勝と富田は驚きながらも平静を装い挨拶をする。


千脇は仕事は今日の夜だといって、
深く頭を下げる。


千脇は
“いつも急ですみません”
と千脇は終始腰が低かった。


鰻はタンパク質なら
“なんでも”
食べる習性があるのだという。


⇒無料で「うなぎ鬼」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「うなぎ鬼」で検索です



うなぎ鬼 2話のネタバレ

「顔」

マルヨシ水産からは
その日の夜のコース確認となる。


それを終えると
勝は夜の仕事までは富田の仕事の手伝いとなる。


勝は富田に使われているようで気に喰わなかったが
別手当があるため借金のある勝にはありがたかった。


千脇は勝に
“変身しろ”
といって床屋に連れていく。


丸坊主にして眉毛も剃られてしまう。


千脇はサングラスとラフな服装とコートも用意する。


千脇は変身した勝をみて満足そうにしている。


サングラスは目を合わせるのが苦手な勝の弱点を隠すためだった。


人込みの中を歩いていたが
誰もが二人を避けて歩いていた。


千脇は脅迫めいた回収をする必要がないメリットを強調する。


千脇に
“顔が怖い”
と言われると
勝は秀さんを思い出し火傷の事を尋ねる。


元々秀さんは優しい人だったが
電力会社では足りている際に事故で感電してしまった。


感電した電気が顔から抜けたため、
命は助かったがあの顔になってしまったのだという。


当時4歳だった娘が
“怖い”
と泣いて秀さんに近寄らなくなってしまった。


時間が経過すると娘はますます秀さんを恐れ、
祖母の家に泊まりに行くようになったのだという。


秀さんは酒におぼれて仕事をクビになり、
気が付いたときには嫁を半殺しにしていたという。


秀さんは真面目に生きてきたが
たった一度の事故で人生を狂わされてしまった。


秀さんは
“あの時死んでいれば優しい顔の優しい父のままでいられた”
というので
千脇も返す言葉が無かったという。


顔の傷や痣は保障も保険もおりないため
“完治”
している
“普通の人間”
としての扱いなのだという。


勝は秀さんの身の上話を聞いて
自分の借金苦など他愛もないものだと実感する。


“社長は秀さんのような人も見捨てずに仕事を世話している”
と思い
その日の夜の仕事を千脇の言う通りこなそうと思う。


⇒無料で「うなぎ鬼」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「うなぎ鬼」で検索です



うなぎ鬼 3話のネタバレ

「牧羊犬」

勝は富田の仕事の手伝いのため千脇から車を借りる。


セロテープを買いに妻が働いているコンビニに行くと、
変身後だがすぐに妻の朋子は勝だと気付く。


朋子とは中学の同級生だが
池袋でヘルス嬢をしていると聞いて勝は通うようになる。


何度も通った結果
朋子と結婚することができた。


朋子は変身した勝を見て
“良さそうな人でよかったねあの社長”
と微笑む。


朋子は美人だが
勝の借金に追われる生活で眼の下に隈ができて年齢より老けて見えるようになってしまった。


最近は勝の仕事のおかげで安定してきて
以前の明るさを取り戻しつつあった。


勝は
“すべては社長のおかげ”
と思っていた。






勝は夜の仕事の前に家で仮眠をとる。


黒牟の夢を見ていた。


見知らぬ女の後ろ姿を追っていると
いつの間にか女は消えてコンテナのような箱があった。


すぐ近くに秀さんがナタをもって立っており
勝に気付くと怒りだし
“見たな”
とナタを振り下ろす。


勝は恐怖で泣きながら目を覚ます。


黒牟と秀さんが怖くてたまらなかった。


時計を見ると富田の仕事の手伝いに行く時間だった。


富田と合流すると
勝の変身に富田は驚く。


富田は女の子たちに勝の紹介をする。


勝が運転手で大き目のバンは動き出す。


勝の仕事は
“牧羊犬”
だった。


羊は援助交際希望の女子高生と女子大生で、
勝はそれらを管理する犬となる。


女の子の送り迎えと安全の確保が仕事だった。


本当に危険な場合は
社長に話を通すと組員が動く手はずとなっている。


勝の頭の中は夢で見た秀さんの顔が張り付いていた。


⇒無料で「うなぎ鬼」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「うなぎ鬼」で検索です



うなぎ鬼 4話のネタバレ

「コンテナ」

牧羊犬としての仕事は何事もなく終わり
いよいよ富田とともに黒牟へと向かうことになる。


富田は不安のためか
車の中では勝にずっと話しかけていた。


富田も黒牟を気味悪がっている様だった。


“絶対に踏み込んじゃならない何か”
があると富田は感じているという。


勝は富田が終始敬語だったことに気付き、
変身の効果を実感する。


長谷川運送という運送業者の前で二人は待機する。


“社員には目撃されずに車だけ動かせ”
というのが最初の指示だった。


奥の4トン保冷車に荷物は積んであるのだという。


保冷車を開けると
かなりの冷気が漏れてくる。


箱の中身が何であれ
“生きていない”
事だけは伺える。


二人は手はず通り
荷物が入っていることを確認すると保冷車を運転する。


富田は現在の仕事とは関係のない話題を選ぶ。


“面接”をした話だった。


面接とは羊になれるかの女の味見だった。


富田は
“確信はないけどシャブをやっている”
という理由で不採用にしたという。


荷台で物音がしたため二人は一瞬凍り付く。


富田は気を紛らわすように話を続ける。


黒牟のマルヨシ水産につくと
二人は荷物を降ろそうとする。


不意に叫び声聞こえたため驚くが
二人の近くで子供が叫びながら走っているだけだった。


信吉さんが
“そんなにびびるなよ”
と出てくる。


富田だけが呼ばれて中に入って行く。


勝は荷物と二人きりになり不安を募らせる。


富田は台車を持ってくるので
二人で荷物を台車に乗せる。


勝は先ほどの子供が
じっと見つめているのに気づく。


⇒無料で「うなぎ鬼」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「うなぎ鬼」で検索です



うなぎ鬼 5話のネタバレ

「ささやき」

気が付くと少女はいなくなっていた。


富田が荷物を中に運ぶと
二人は車に乗って帰ろうとする。


道に迷ってしまい行き止まりとなると、
秀さんの部屋が真正面にあり秀さんはライトで眩しそうにする。


勝は心臓が破裂しそうだった。


車を長谷川運送にかえすまでは二人で行動する。


勝は途中で帰る予定だったが
富田が懇願したためだった。


勝は富田の心中を察してついていくことにする。


勝は富田の取り分を手渡しする。


富田は
“あれ人間ですよ”
という。


富田は千脇のことを警戒しており
“相当やばいことやってる”
という。


そして
“絶対に自分の手は染めない”
と自分たちはトカゲの尻尾であると説明する。


勝は疲れ果てて部屋に帰る。


朋子は勝の帰宅に気付くと
“お仕事お疲れ様”
と労をねぎらう。


勝は朋子を抱きながらも
“あれ人間ですよ”
という富田の言葉が木霊していた。


⇒無料で「うなぎ鬼」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「うなぎ鬼」で検索です



うなぎ鬼 6話のネタバレ

「嫌われ者」

勝は回収の仕事の効率が始めたころの2倍ほどになっていた。


その日
千脇は約束を守らなかった部下をクビにしていた。


勝は思い返すと
自分も富田も約束を反故にしたことが無かったことに気付く。


千脇は電話で富田と話していた。


千脇は電話を切ると
“富田が黒牟を嫌っている。もう4回も行ってるんだぞ”
と勝に愚痴る。


“4回”
も短期間で黒牟に行っていることを、
勝は気の毒に思う。


千脇は
“ヤバい仕事ではなく簡単な仕事”
というが
勝は秀さんの顔を思い出し怯えている。


勝は恐る恐る富田の仕事内容を聞くと
“ただの鰻の配達”
だという。


マルヨシ御指名してくれるお得意様があるのだという。


その晩
富田から仕事の手伝いのお願いの電話があった。


富田は足首を捻挫して運転が困難なのだという。


5時間で1万円のドライバーというので
朋子を早くコンビニバイトから救い出したいと引き受ける。


朋子は不満そうな顔をするが
“借金を早く清算するためには仕方ない”
と頭を撫でる。


富田の元に向かう電車の中で
席で寝ころんでいる不良たちがいた。


不良たちは約束を破って泣いて謝る友人をバカにしていた。


それを聞いた勝は
“立派な話じゃないか”
と思う。


勝はサングラスをかけて
座席に寝転んでいる不良の上に座る。


不良は
“どけよ”
というが
勝は
“「どいてください」だろう”
というと
不良は呆然とした後
“どいてください”
といって隣の車両に逃げていく。


他の乗客たちは勝に羨望の眼差しを向けている。


勝は
“嫌われるためにした変身だが、悪い事ばかりじゃない”
と思いつつも
冷や汗をかいて心拍数は上がっていた。


⇒無料で「うなぎ鬼」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「うなぎ鬼」で検索です



うなぎ鬼 7話のネタバレ

「情け」

勝は“津田”という部屋に回収に行く。


借金をした旦那ではなく
妻が泣きながら財布を差し出してくる。


泣いている妻を小さい娘が心配していた。


勝は回収せずに会社に帰る。


千脇にそのことを説明し
“明日もう一回行かせてください”
というと
千脇は
“一度舐められたらずるずる後回しにされて同業の取り立てにもっていかれる”
と激怒する。


千脇は
“もう一度行け”
と指示を出す。


千脇は相手側の大体のコトを察している様子。


“プレッシャーをかけて返さないとヤバいと思わせる”
という。


勝は気が引けていたが
指示通り再度回収に向かう。


借金を作ったのは旦那の津田で
たったの30万円だった。


津田の部屋のチャイムを鳴らすと
妻が出てきて
“お金はもうありません”
と頭を下げる。


勝は引き下がらずに
“年賀状全部出してくれ”
と千脇の指示通りプレッシャーをかける。


“親戚や友人に片っ端から俺がついていく”
というと
女はポケットから金を放り投げる。


女は
“帰れクソ野郎”
と罵り喚いている。


女が喚いている間
勝は地面に落ちた金を拾っている。


平静を装ってはいたが
心臓は爆発しそうなくらい高鳴っていた。


女はあらん限りの罵声を勝に浴びせている。


子供が見ていたがお構いなしだった。


回収の帰り道
勝は
“悪いのはあの女ではなく、30万をかえせない津田だ”
と思っていた。


“もしも自分が社長に拾ってもらえなかったら、朋子もあの女のように豹変したかもしれない”
と思い背筋が凍り付いていた。


夜は捻挫した富田の代わりに車の運転の仕事となる。


富田は
“ひとり可愛い子が入った”
という。


ミキという女で、
勝はミキの微笑みを見ると一日の疲れが吹き飛ぶのを感じる。


⇒無料で「うなぎ鬼」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「うなぎ鬼」で検索です



うなぎ鬼 1巻の感想

勝の外面と内面のギャップが作品の面白さを引き立てています。


小心者のビビりですが
“変身”
によって回収の仕事がスムーズになっています。


そんな勝に対して罵声を浴びせまくった主婦に、
勝は平静を装いながらもビビリまくってました。


人間味がありまくるのが勝というキャラの魅力ですね。


勝はラストでミキと出会っていますが、
美人な妻の朋子がいるのにときめいてしまっているようです。


勝はミキに入れ込んでしまいそうで心配ですが、
朋子との修羅場が待ち構えているのでしょうか…





黒牟という街が謎過ぎていいですね。


“なんかヤバそうな一帯”
があるというのは
外の人間からはいろんな妄想が膨らみます。


怖いもの見たさで潜り込んでみたいですが、
下手な物を見てしまうと鰻のエサにされてしまいそうです。


勝と富田が運んだのは
本人たちが察している通り人間でしょうね。


鰻は日本人が大好きなぜいたく品なので、
鰻を見るたびに
“うなぎってのはタンパク質ならなんでも喰っちまうんだそうだ…”
というこの漫画のフレーズを思い出してしまいそうです。


マルヨシ水産の鰻は
エサが良いためか育ちがいいみたいです。


“知らぬが仏”
という言葉がピッタリなテーマを扱っている作品ですね…


よく
“豚のエサにしてやる”
などの言葉は映画などで聞きますが
“鰻のエサ”
という方が日本人には突き刺さるかもしれません。


豚肉はそこら中に溢れていますが
鰻って滅多に食べられるものではありません。


特別な食べ物だからこそ
“この鰻もしかしたら…”
なんて思ってしまうかもです。


⇒無料で「うなぎ鬼」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「うなぎ鬼」で検索です


無料で「うなぎ鬼」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「うなぎ鬼」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「うなぎ鬼」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「うなぎ鬼」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。