ノゾキアナ 8巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


8巻には64~72話が収録されています。


⇒無料で「ノゾキアナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ノゾキアナ」で検索です



ノゾキアナ 64話のネタバレ
~キ・ニ・イ・リ・マ・シ・タ~

エミルに
“覗き合いの形が完成した”
と言われて数カ月が経過していた。


ルールは継続しているが
タツヒコはマドカの部屋に行くようになっていた。


マドカに対する思いが募ることにより、
穴もエミルも少しずつ薄れていった。


ある日
シローがタツヒコの部屋にふらりと訪れる。


鍵が開いていたためシローは部屋の中で待つことになる。


その際に穴を発見する。


エミルが外出から戻ってくると
穴の向うに気配を感じタツヒコが覗いているのだと思う。


エミルは顔を赤らめてすぐに穴の前で見せつけるように自慰行為をはじめる。


穴の向う側の様子がおかしかったため、
エミルは穴に近づいてみるとタツヒコではんくシローだと気付く。


ちょうどタツヒコが帰ってきてシローを追及していたため、
エミルもそちらの部屋に行くという。


エミルは
“木曜日は覗かれる日じゃないのに、まいあがって忘れていた”
という。


二人は仕方なく全てを説明すると、
シローは当然驚いていた。


シローが
“マドカちゃんにバレたくないよなぁ…”
というので
タツヒコは激怒するがエミルが止めるて
“何が望み?”
とシローに尋ねる。


シローは
“この部屋オレに譲ってくださいよ”
とほくそ笑む。


⇒無料で「ノゾキアナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ノゾキアナ」で検索です



ノゾキアナ 65話のネタバレ
~ホ・ン・ショ・ウ~

タツヒコはシローを殴ろうとするが
エミルは諫めて
“大事なのは秘密を守る事、マドカを傷つけたくないでしょ”
という。


エミル自身がタツヒコと覗き合いを続けるためでもあった。


エミルは
“あたしと共闘しませんか”
といって帰っていく。


タツヒコは
“共闘ってなにすりゃいいんだ”
と思い
シローの要求通り3日間マドカの部屋に泊まりに行く。


タツヒコはマドカの部屋に世話になるが、
その間もエミルのことが心配だった。


マドカはそんなことは知らずにタツヒコが泊まりに来て喜んで誘惑してくる。


タツヒコは
“エミルは一人で戦ってるんだ…”
と思い
“ごめん、今日は疲れてて…”
というとマドカは大人しく従う。






タツヒコの部屋ではシローは穴越しに覗きながらエミルに話しかけていた。


エミルが何もしないので
シローは自慰行為を要求して騒いでいる。


土曜日になったのでエミルは
“もうあなたの覗く番じゃない”
という。


エミルはシローを覗く気が全くないので
シローは逆上して
“俺の方が立場は上、ルールは俺が決める”
と強気に出る。


エミルは
“もう本性を見せたわね”
とほくそ笑む。


⇒無料で「ノゾキアナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ノゾキアナ」で検索です



ノゾキアナ 66話のネタバレ
~ノ・ゾ・イ・テ~

エミルは一睡もしなかった。


シローに話しかけられると
“あなたに一瞬でも寝顔を見られたくない”
という。


タツヒコは
“土曜日(エミルが覗く番)だけどシローはルールを守るか?”
とエミルの心配をしている。


マドカの部屋にいるにもかかわらず
エミルがシローに抱かれてしまう可能性を心配していた。


タツヒコはマドカに頼まれてタンスの中のハンガーを取ろうとすると、
ナース服を見つける。


マドカは慌てて
“サークルのビンゴでもらった”
といろんなコスプレがあるのを打ち明ける。


タツヒコはコスプレプレイを想像するが、
何かを思いつきエミルに作戦を伝える。


エミルはタツヒコの作戦どおりの準備をする。


シローが穴を覗くと
エミルが自慰行為をしていた。


明らかに穴の向うを意識しており、
シローは興奮する。


⇒無料で「ノゾキアナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ノゾキアナ」で検索です



ノゾキアナ 67話のネタバレ
~ア・ナ・タ・シ・カ~

シローは興奮に耐え切れず
ベランダからエミルの部屋に侵入する。


部屋に入るとエミルの姿はなくビデオが回っていた。


エミルは警官を連れて部屋に入ろうとしているので、
シローは慌ててベランダから飛び降りる。


ベランダから侵入するところをビデオに撮られたことを思い出し青ざめていると、
エミルがベランダからビデオをもって微笑んでいた。


シローは
“マジでハメようとしやがった”
と逮捕されるのを恐れて逃げ出す。


警官はコスプレしたタツヒコだった。


エミルは
“幼稚な作戦だけど助かりました”
と感謝を述べる。


シローからメールが届き
“秘密は守ります、だからビデオを警察に見せないで”
と書いてあった。


エミルもタツヒコも安心する。


エミルは
“覗き合いの相手はあなたしかいない”
というと
タツヒコは
“嬉しい”
と思いつつも照れ隠しで警官の帽子をかぶり直す。


エミルは
“少しだけ不安”
とシローが誰かに言うことを懸念していた。


⇒無料で「ノゾキアナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ノゾキアナ」で検索です



ノゾキアナ 68話のネタバレ
~ウ・ワ・キ~

マドカは
“ぜんぜん部屋に呼んでくれない”
とリエにタツヒコの愚痴をいうと
リエは
“浮気”
の可能性を示唆する。


マドカは本気で心配する。


マドカが
“部屋に来る”
と強引に迫るためタツヒコは困っていた。


“穴を塞がせてくれ”
とエミルに頼みに行くが
表札を取り外すことだけ承認される。


エミルは
“マドカが浮気を疑っている”
とマドカの狙いを見抜いていた。


“女の長い髪の毛を探したりし出す”
とエミルはマドカの行動を予測してみせる。


穴を塞いではもらえなかったのでタツヒコは地団駄を踏む。


マドカがやってくると
エミルに指摘された通りの行動をとっていた。


穴を発見されてしまうことを懸念して
タツヒコは強引にマドカに抱き着く。


マドカはすぐにその気になるが
“0時まではエミルが覗く番”
だと気付く。


タツヒコは
“シャワー浴びながらヤってみない”
と提案するとマドカものってくる。


途中まではするが
マドカは
“やっぱりしにくい”
と布団に誘う。


風呂上がりで濡れていたため
二人とも足を滑らせて壁に頭をぶつけてしまう。


二人とも大した衝撃ではなかったが、
その際にマドカは壁の穴に気付く。


⇒無料で「ノゾキアナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ノゾキアナ」で検索です



ノゾキアナ 69話のネタバレ
~ミ・セ・タ・ク・ナ・イ~

マドカが
“隣の部屋が見えたりして”
といって覗こうとするので
タツヒコは慌ててマドカの目を背後から覆う。


マドカは
“なんにも見えるわけないじゃん”
というので穴を覗いてみるとエミルが穴を塞いでいた。


タツヒコは安心していると
マドカは目を覆われたことで興奮していた。


“あたしにリクエストさせて”
といってマフラーをとりだして自分で目隠しする。


目隠しされたまま責められることを要求するマドカに
タツヒコは
“意外にアブノーマル?”
と戸惑いつつも応じる。


マドカを抱きつつもエミルの視線のことを心配していた。


タツヒコの予想通り
マドカが目隠ししているためエミルは覗いていた。


マドカは抱かれながら
“好きな人になら全部見せたい”
と自分の性癖のことをいう。


しかしタツヒコは
“見せたくない”
という。


“わかり会いたい相手だからこそ対等な関係でいたい”

“大きな存在だと思える人だからこそ本当に何もかもを見せたくはない”

とエミルの方を向かって発言する。


エミルは自分に向けられた言葉だと気付くが、
目隠ししているマドカは自分に対しての言葉だと思い
“浮気なんて疑ってごめん、もうムリに押しかけたりしない”
という。


エミルは割れた鏡で穴を塞ぎ、
その際に指を傷つけてしまい血が出る。


音がしたのでマドカは
“隣ってコワい人?”
と尋ねると
タツヒコは
“二年近く立ってもまだよくわからない”
と寂しそうな表情で応える。


エミルは指の血を舐めながら
“私がつながることができるのはコレだけしかない”
と独り言を言う。


⇒無料で「ノゾキアナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ノゾキアナ」で検索です



ノゾキアナ 70話のネタバレ
~ウ・エ・ダ・リ・エ~

リエはマドカから
“浮気の疑いはゼロ”
という報告を聞き
“つまんないの…”
と呟く。


タツヒコの友人の米山も
タツヒコとマドカの関係を祝福していた。


リエはそれが面白くない様子だった。


セフレのシローの部屋を合鍵を使って訪れると、
シローはナンパした女の子を連れ込んでいた。


リエは女を追い出してシローとすぐに始める。


終わった後
リエは何気なく先輩たちの名前を言葉に出すと
シローはタツヒコとエミルの名前が出たら様子がおかしくkなる。


リエが問い詰めると
シロー
“誰にもいうなよ”
と話し出す。





エミルとタツヒコは学校で会うと話すようになっていた。


“共闘”
してから
“覗き合い以外では関わらない”
というルールは覆っていた。


エミルは
“秘密はもう漏れた”
と予想している。


エミルは楽観的なタツヒコを
“お人好し”
と注意する。


エミルにリエからメールが届き、
それから米山の行動が不自然になる。


エミルはしばらくタツヒコたちと行動を共にして、
周りの人の監視をするという。


エミルは
“私たちの覗き合いを脅かす人間は片っ端から叩き潰す”
とほくそ笑む。


⇒無料で「ノゾキアナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ノゾキアナ」で検索です



ノゾキアナ 71話のネタバレ
~イ・マ・ス・グ・ニ!~

タツヒコがマドカと会うのはマドカの部屋だった。


マドカは最近の米山の様子の変化に気付いていたが、
タツヒコはあまり気にかけていない。


学校に行くと
米山が
“たのむ今週末お前の部屋かしてくれ”
と懇願してくる。


タツヒコは青ざめるが
米山はかなり強引でみんながいる前で土下座までしてくる。


その場は
“考えさせてくれ”
とタツヒコはお茶を濁しエミルに相談する。


タツヒコは米山に押し切られており
エミルは
“相変わらず押しに弱い”
と失笑する。


タツヒコは
“俺がいない間だけ穴を塞がせてくれ”
というとエミルはアッサリ応じる。


一時的とはいえ穴を塞ぐと
エミルは寂しそうな表情をしていた。


それを見たタツヒコは
“かわいい”
と思ってしまいマドカを想い自己嫌悪する。


米山に部屋を貸してあげてマドカの部屋に泊まることになる。


マドカの部屋に行くと
エミルから電話がかかってきて
“今すぐ部屋に戻ってきて”
と言われる。


⇒無料で「ノゾキアナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ノゾキアナ」で検索です



ノゾキアナ 72話のネタバレ
~ナ・カ・マ~

マドカに
“すぐに戻る”
といってタツヒコは慌ててエミルの部屋に行く。


エミルは
“覗いてみればわかる”
というので
タツヒコが穴を覗くと米山とリエがセックスしていた。


エミルは
“リエは穴を知っている”
という。


シローからリエに秘密が漏れたが、
米山は知らない様子だという。


タツヒコは米山の不自然さに気付いていたが、
楽観的だった自分にウンザリしていた。


米山がシャワーを浴びている間に、
穴の向うからリエが話しかけてくる。


“穴の秘密を知っているのは自分だけで米山は知らない”
とリエはほくそ笑む。


エミルは
“目的は?”
と尋ねるが
リエは特に何もなく楽しみたいだけの様子だった。


タツヒコは
“米山やマドカに言わないでくれ”
と懇願するが
エミルは
“どこまで甘いんだ”
と呆れる。


“相手はただ楽しんでいるだけ、世の中には意味なく他人にツメを立てる人間がいる”
という。


リエもそれを認めて
“先輩たちが嫌いでやってるワケじゃない”
という。


リエは今回のために米山を利用していた。


タツヒコは
“何も知らない米山を俺の部屋に入るためだけに利用したのか?”
と激怒する。


リエは
“誰にも言わないでおいてあげる、先輩たちの秘密共有者。覗き合い仲間だね”
と悪戯に微笑む。


タツヒコとエミルは嫌悪で表情を歪めていた。


⇒無料で「ノゾキアナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ノゾキアナ」で検索です



ノゾキアナ 8巻の感想

“共通の敵”
という良い感じの新展開ですね。


シローというザコキャラをあしらったかと思ったら、
リエという悪女が出てきました。


タツヒコは親友の米山を利用されて、
エミルは覗き合いを邪魔されて怒りをリエに向けています。


タツヒコはかつてユリに利用された自分を、
米山に重ねているのかもしれません。


米山からすれば
“利用されているとしても可愛い子とヤれてよかった”
くらいでしょうけど、
タツヒコはリエを許さないでしょうね。


エミルは徹底的に自分が主導権を握りたい人なようです。


シローやリエのように、
“自分が優位に立ちたい人間”
とは相いれないでしょうね。


エミルもそういった自分の性質を理解して、
“覗き合いの相手は押しに弱いタツヒコしかいない”
と思っているのでしょう。






マドカはノリがよくタツヒコと良好な関係を築けているようです。


リエがエミルやタツヒコをどんな関係を望むのかはわかりませんが、
二人が応じない場合は
“マドカにバラす”
という脅しを発動させるのは間違いないでしょう。


しかしそれはリエにとっても最終手段で、
裏を返せばマドカにバレてもマドカが許せば何の効力もなくなります。


“初めての相手のタツヒコ”
にそんな重大な秘密を隠されていたと知ったら、
マドカはどんなリアクションするのか楽しみです。


ちゃんと事情を説明すればマドカなら
“許す代わりに引っ越して”
くらいで済ませてくれるかもしれません。


・リエがどんな要求をしてくるのか?


・リエに対してタツヒコとエミルはどんな迎撃方法をとるのか?


・秘密をしったマドカは…


・共通の敵を迎撃したことによって二人は…


卒業まで退屈せずに済みそうです。


⇒無料で「ノゾキアナ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ノゾキアナ」で検索です


無料で「ノゾキアナ」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「ノゾキアナ」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「ノゾキアナ」一冊分は無料です。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「ノゾキアナ」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。