名探偵コナン 犯人の犯沢さん について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「犯人の犯沢さん」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」で検索です



名探偵コナン 犯人の犯沢さん とは?

出版社:小学館
発売日:2017/12/18
作者 :かんばまゆこ, 青山剛昌

あの“犯人”が主役のクリミナル・ギャグ!

犯罪都市、米花町―――世界トップレベルの事件数が発生するこの町に降り立った、漆黒の人影…

標的に近づくべく上京してきたようだが、全てが謎に包まれている。

その人物の名は…犯人の犯沢さん(仮名)!

『名探偵コナン』でおなじみ、全身黒タイツのようなビジュアルの“犯人”…

誰もが知ってるアイツが主役の漫画がスタートして以来、ネット上で話題沸騰!

人気アンケート1位を独走し、さらには単行本発売前に日清とコラボし、朝のニュース番組で取り上げられるなど、異例のスピードで認知度を上げている、唯一にして正統なる(?)コナンスピンオフ漫画、ついに待望の第1巻発売です!


名探偵コナン 犯人の犯沢さん 1話のネタバレ
~やって来た犯人~

犯沢は米花町で電車から降りると、乗客たちは心配する。

“死にたいのか?”

“まともな人間はこの町には近づかない”

と乗客たちは犯沢を引き止めるが、犯沢は
“ご心配なく、殺す側ですから!”
と思いながらほくそ笑む。


犯沢には殺しのターゲットがいた。


その人物を殺すたに田舎から米花町へ来ていた。


駅から出ようとするが、改札に切符を入れる穴が無くて犯沢は戸惑う。


他の人たちはスルスルと改札を抜けていく。


犯沢は上京資金の為にいくつものバイトをかけ持っていた。


“世界トップの犯罪都市の米花町は自分が住むのにふさわしくないのでは?”
と思い心が折れそうになる。


よく見ると“IC専用”という文字があった。


園子が蘭と一緒にやってきて、定期入れを落とす。


犯沢は拾って渡してあげると、園子はお礼を言いつつも
“あやしい人…”
と訝しむ。


蘭は
“この町ではめずらしくないわよ”
と特に気に留めなかった。


犯沢は園子のカードを見て
“そのカードなら自分も持っている”
とほくそ笑む。


他の人の手元をよく見ていると、カードを改札にかざしていた。


犯沢は
“かざしているだけに見えるけど、そんなハイテク技術まだないよな…”
と困惑する。


犯沢がモタモタしているうちに、何人もの人がアッサリと改札を抜けていく。


犯沢は上京の際に母親に強がった姿を見せた時のことを思い出す。


母の
“あんた一人でやっていけるか心配”
という言葉を思い出し、温かい家庭に帰りたいと思いかけていた。


しかし、よく見ると穴がある改札があることに気付く。


犯沢は高笑いして喜ぶと、園子は
“通報したほうがいいんじゃない?”
というが、蘭は
“そういうのもうウンザリ”
という。


犯沢は意気揚々とICカードを穴に挿入するが、改札機は異常な音を出して犯沢を喰いとめる。


駅員がやってきて全てを説明してくれる。


一部始終を見ていた園子はうろたえる犯沢をみて
“何あれ、カワイイ”
と笑っていた。


蘭は
“笑っちゃわるいよ、殺されても知らないから”
とその子を注意する。


犯沢は園子の顔をしっかりと目に焼き付ける。


犯沢はその晩、園子と駅員を殴り殺して改札を爆破しようと妄想をする。


しかしすぐに
“こんなつまらんことで殺人を犯すほど暇じゃない、命拾いしたな”
と思う。


犯沢は米花町を歩きだす。


偶然すれ違ったコナンはすぐに犯沢の怪しさに気付く。


⇒無料で「犯人の犯沢さん」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」で検索です



名探偵コナン 犯人の犯沢さん 2話のネタバレ
~新生活の摩天楼~

犯沢は部屋探しのため不動産屋に行っていた。


“何とか家賃5万円台で”
と思い部屋を探していると、3.2万の部屋を見つける。


東京の中心部の2LDKで条件は良好だった。


犯沢は
“これはツリだな!”
と予測する。


それをエサにして見せの中に呼び込み、他の高い物件をすすめてくる手口だと思いこむ。


犯沢はマフラーを荷物から取り出し両手に構える。


犯沢が
“表の物件まだありますよね?”
というと、店主は
“あるよ”
とこたえるので、犯沢は慌ててマフラーを首に巻いて絞殺しようとしていたのを誤魔化す。


その物件は敷金、礼金もゼロなのだという。


犯沢はさっそく店主に案内してもらう。


着いた先はアパートではなくマンションだった。


部屋はとても綺麗だった。


犯沢は怪しみ
“この部屋何かあるんですか?”
と尋ねると、店主は
“米花町ではいたって普通の事故物件じゃよ”
と平然とこたえる。


その部屋はゲスゴルファーがモデルの彼女をゴルフクラブで殴り殺したのだという。


犯沢は
“この一点さえ我慢すれば…”
と思うが
“なんか怖い”
と断念する。


他の物件も条件はいいのだが事故物件ばかりだった。


犯沢は
“事故物件じゃない所”
を尋ねると、店主は
“あるにはあるが…”
と薄いファイルを1冊だけ取り出してくる。


一緒に保管されている
“事故物件ファイル”
は分厚く、108冊もあった。


無事故物件で一番安いのは15万だった。


築20年のボロアパートで犯沢は
“こんなのおかしい”
というが、店主は
“ナメてもらっちゃ困る、ここをどこだと思っとるんだ。米花町だ”
とほくそ笑む。


店主によると、ここ20年間で事故物件が爆発的に増えているのだという。


犯沢は仕方なく最初の部屋をもう一度見に行くことにする。


最初の部屋で店主と二人きりになり、犯沢は
“サンニーは少し高いかな…”
とほくそ笑む。


店主が
“これ以上安くはならん”
というと、犯沢は店主の首を切り落とす。


店主のダイイングメッセージは
“¥12000”
だった。


犯沢は店主に
“どうするかい?”
と聞かれると、妄想を中断し
“いったん考えます”
という。


⇒無料で「犯人の犯沢さん」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」で検索です



名探偵コナン 犯人の犯沢さん 3話のネタバレ
~ひとの出会いはアラふしぎ~

犯沢は途方に暮れていた。


そうしている間にも、ニュースでは殺人が報道されて事故物件が増えていた。


犯沢は
“トリック考えるなら後片付けまでちゃんとしてくれ”
と犯人たちに怒りを露わにする。


“安い事故物件と高い無事故物件”
で悩んでいると、近くを通りかかったゲンタが
“赤信号みんなで渡れば怖くない”
と言いながら赤信号を渡ろうとして車に轢かれそうになっていた。


犯沢はそれを聞いて
“事故物件、みんなで住めば怖くない”
とシェアハウスにしようと閃く。


不動産屋の店主に案内してもらうと、タイミングよく部屋があった。


家具も揃っており、個室を開けると人の気配もある。


犯沢は
“これなら大丈夫”
と思うが、見学しているうちに
“こういうのって人間関係がめんどくさくなるんじゃ…”
と不安になってくる。


すると、犯沢を見た犯林という男が気さくに話しかけてくる。


犯沢は犯林とシンパシーを感じる。


犯沢はそこに住むことにする。


店主は不動産業の規約通りに、共用スペースであった事故のことを説明する。


犯林は
“黙れよジジイ。気分ワリィだろ”
と犯沢が気分を害したのを察して店主を咎める。


店主が去っていくと、犯林は
“あのジジイ殺してえ”
と呟き、犯沢も同意する。


二人はすぐに意気投合する。


その晩
店主が飲み屋の帰り道に何者かに殺害される。


翌朝
犯沢は目を覚ますと、店主を殺した夢を見たので気分が良かった。


共用部分でくつろぎながらテレビを見ていると、店主が殺されたことを知る。


犯人は犯林だった。


現行犯で逮捕したのはその場に居合わせた小学生なのだという。


⇒無料で「犯人の犯沢さん」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」で検索です



名探偵コナン 犯人の犯沢さん 4話のネタバレ
~蟻地獄~

犯沢は住所変更の手続きのため市役所を訪れる。


スムーズに済ませるために朝早く出向くが、アッサリと転入届けは受理される。


転入のお祝いのプレゼントもたくさんもらい、犯沢は
“親切な町だ”
と感激していた。


一方で、転出課には大量の人の列ができていた。


言いがかりに近い間違いで、転出届けはなかなか受理されないようだった。


転出課に並んでいる人々は

“この町から出してくれ”

“死にたくない”

と嘆いていた。






犯沢は免許証の住所変更のために次に警察署に行くことになる。


市役所とはちがい、警察署は混んでいた。


それらの人たちは全て免許の書き換えで待っているようだった。


待っている人たちによると、職員たちは大量に起きる事件の捜査で忙しいのだという。


その日も目暮警部が犯罪者を連れてくる。


人々は
“これで窓口が全て開く”
と期待するが、目暮警部に
“毛利”
という男から殺人事件の報せが届く。


目暮警部は部下を連れて現場に急行する。


人々は
“おのれ毛利…”
と思い殺気立っていた。


人々は
“俺たちも犯人を狩ろう”
と苛立ちで団結しだす。


犯沢はその様子を見て震えていた。


見知らぬ怪しい男がその場から逃げ去ろうとすると、みんなで追いかけて袋叩きにしていた。


驚いている犯沢にいアガサ博士が
“大丈夫、よくあることだよ。どうせ我々はこの町から転出できない。ウサ晴らしさ”
といって落ち着かせようとする。


アガサ博士は窓を開けて空気を入れ替えようとする。


目の前にある大きなビルで爆破が起こっていた。


犯沢が呆然としているとアガサ博士は
“春じゃのう”
と遠い目をしていた。





翌日
犯沢は何とか免許の住所変更を成し遂げる。


疲れ果てて家に帰ると母から荷物が届いていた。


中には免許の更新ハガキが入っていた。


⇒無料で「犯人の犯沢さん」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」で検索です



名探偵コナン 犯人の犯沢さん 5話のネタバレ
~漆黒の入浴~

犯沢は朝にシャワーを浴びていた。


気分よく髪を洗おうと思うが、シャンプーが無いことに気付く。


シャンプーやボディソープなどの消耗品は持ち込みだった。


仕方なく水で済ませるが、髪型がまとまらなかった。


“こんな髪型でパリピの前に出れない”
と思い、人目を避けながらシャンプーを買いに街に出る。


挙動不審な犯沢にコナンと平治は目を付けて尾行する。


犯沢は
“シャンプーはスーパーで買おう”
と思ってスーパーを探す。


しかし、コンビニばかりで一向にスーパーは見つからなかった。


コンビニにもシャンプーはあるが、種類は少なくお目当ての商品は置いていない。


途方に暮れていると
“ドン・木村”
というウサさで聞いた
“なんでも置いてある魔法のお店”
を発見する。


意気揚々と乗り込むが、シェアハウスしている人たちに遭遇する。


学生たちは打ち解けようとしない犯沢の陰口を言っていた。


犯沢は学生たちに殺意を抱き、近くにあったバーベキュー用の串を手に取る。


コナンは犯沢に麻酔銃の照準を合わせる。


学生の一人が
“今から犯沢に色々聞けばいい、同じ家に住んでるんだから家族も同然”
という。


学生たちは犯沢に気付くと、犯沢は咄嗟に走って出ていく。


学生たちは走り去る犯沢に
“今日歓迎パーティーやるから来てね”
という。


犯沢は
“私は今お前たちを殺すことを考えてたんだぞ”
といたたまれなくなっていた。


雨の中トボトボと歩いていると、銭湯を発見する。


犯沢は銭湯で風呂に入りシャンプーで頭を洗うと自信を取り戻す。


犯沢が部屋に帰ると、学生たちがパーティを始めており犯沢を歓迎する。


犯沢は戸惑いつつもパーティに参加して楽しむ。


⇒無料で「犯人の犯沢さん」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」で検索です



名探偵コナン 犯人の犯沢さん 6話のネタバレ
~悪夢~

犯沢は夢の中で殺人犯扱いされていた。


よく見る悪夢だった。


その夢を見るたびに
“あの男を殺す”
と犯沢は胸に誓っていた。


深夜の変な時間に目が覚めてしまったため、酒でも買おうとコンビニに行く。


東京であるにもかかわらずコンビニは閉まっていた。


犯沢は深夜の米花町の異様な雰囲気に気付く。


怪しげな車がやってくるため思わず身を隠すと、中から武装した男たちが出てくる。


男たちは
“こんな時間に米花町をウロつくなんて、殺してくださいと言ってるようなモノ”
と談笑していたため、犯沢は震えあがる。


運よく空いている店があり入ってみると、防犯グッズのお店だった。


犯沢は何気なく包丁を買おうとするが
“8万円”
と言われる。


犯沢が反射的に
“高い…”
というと、女店主はすぐに
“じゃあ2万円”
という。


犯沢は思わず
“安い…”
というが、
“2万円も高いぞ”
ということに気づく。


女店主は
“ケチって死んでった若者を何人も見てきた、命より高いモノなんてないのに…”
というので、犯沢は2万円の包丁を購入する。


犯沢は酒が飲みたいことを告げると、女店主は店を紹介する。


犯沢が行った先はボッタクリバーで18万円を請求される。


犯沢はバッグを漁るとサイフが無いことに気付く。


女店主の仕業だと思い犯沢は殺意を抱く。


店の店員たちは犯沢のバッグから金を抜き取る。


その金は母が犯沢に
“少ないけど餞別よ”
と涙ながらに渡してくれた金だった。


犯沢は
“この町で生き残るために殺らなきゃいけない時がある”
と思い、バッグの中で先ほど購入した包丁を構える。


すぐ近くの席で小五郎が騒いでいるので、犯沢は出鼻を挫かれる。


小五郎も高額な請求を受けて怒っていた。


蘭が小五郎を迎えに来る。


店員たちは蘭に絡みだすが、蘭は店員たちを一瞬で戦闘不能にする。


店の女は銃を取り出すが、蘭は素手で銃弾を掴み
“わたしを殺人犯にしないでもらえます?”
と平然という。


店員たちは悲鳴を上げて逃げていく。


犯沢は包丁を持ったまま呆然としていた。


蘭は犯沢に気付き
“こういうことうんざりなんですよ”
と微笑むと、犯沢が持っていた包丁はいつの間にか刃の部分が折りたたまれていた。






犯沢が帰ると学生たちはリカという女の誕生パーティをしていた。


犯沢が朝帰りで泣いているので、学生たちは察して
“この街じゃ珍しくない”
と慰める。


学生たちは慣れた様子で被害状況を確認する。


学生たちの指摘通り調べると、犯沢の預金残高がゼロになっていた。


犯沢は
“あのババアだ、許さん殺す。必ず見つけ出して…”
と思うが、家賃の為に働かなくてはいけないことに気づく。


⇒無料で「犯人の犯沢さん」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」で検索です



名探偵コナン 犯人の犯沢さん の感想

蘭の平常心が怖すぎる…


本編のレギュラーたちが良い感じで脇役になっています。


中でも異彩を放っているのが蘭でした。


米花町の日常にウンザリしており、面倒事に心底嫌気がさしているようです。


しかし、原作どおりの戦闘力のため、蘭自身が強力な犯罪抑止力となっています。





作風で面白かったのは、イメージとのギャップでした。


どうみても犯沢が常識外れのことをやりそうですが、実際の中身は逆です。


“米花町”
という異常な犯罪発生率を誇る町に、犯沢が戸惑う姿が面白おかしく描かれています。


住民たちは感覚がマヒしてしまって、半ばあきらめているようでした。


不動産屋の店主が言う通りもともとそうだったわけではなく、コナンが出現(本編では原因不明となっている)してからおかしくなったようです。


本編の読者たちのツッコミをこれでもかと盛り込んだ内容でした。





地味に面白かったのが、田舎からやって来た犯沢がスーパーを探していたシーンです。


確かに東京で“スーパー”は中々見当たりません。


また、東京に住んでいれば
“シャンプーはドラッグストア”
とすぐに思いつきますが、確かにド田舎の出だとその発想はないのかもしれません。






濃いコナンファンに伝わる細かいギャグや、都会上京ネタ、田舎者がパリピに戸惑う様子など、いろんな要素が楽しめる作品でした。


短編として楽しめるので、1巻だけでも読んでみてはいかがでしょうか?
⇒無料で「犯人の犯沢さん」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」で検索です


無料で「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。