セフレの品格 11巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「セフレの品格」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「セフレの品格」で検索です



セフレの品格 11巻とは?

出版社:双葉社
発売日:2017/6/1
作者 :湊よりこ

乳ガンの再発・転移という辛い現実に直面する華江。

彼女の望みである、「一樹との最高のsex」を叶えるため、抄子は内緒でその場をセッティングするのだが…。

そして、抄子と一樹にも、新たな展開が――!?

電子コミックで空前絶後の1400万ダウンロードを突破した、大人の男女、心と体の物語、待望の第11巻!!


セフレの品格 ネタバレ その1

華江は
“ダメよできない、あなたは抄子のものなのよ”
といって躊躇っていた。


一樹は
“これは俺と抄子からのプレゼントなんだ”
といってキスをする。


部屋にはアロマが炊かれており、
静にショパンが流れていた。


一樹に服を脱がされ
“綺麗だ”
と言われると
華江は乳がんの手術で一度女として死んだときのことを思い出す。


それを救ってくれたのが一樹だった。


“こんなの女じゃない”
と嘆く華江を
一樹は
“お前は一流の女だ”
と一樹は欲情して抱いていた。


華江は一樹に傷つけられたことは一度もなかった。


華江はその晩は一樹に何度もイかされる。


翌朝
華江は窓から船を見て
“船もいいな…”
と呟く。


一樹はルームサービスを頼もうとするが、
華江は身支度をして帰っていく。


華江は申し訳なさそうな顔で抄子の家に行くと、
抄子は笑顔で華江を出迎える。


遥やハルトも交えて昼ごはんにする。


遥は
“華江さんは素敵、ママずっと引き立て役だったでしょ”
というが
華江は
“抄子はいい女よ、それがわからないなら遥ちゃんはまだ子供ね”
という。


夜になりハルトを寝かしつけると、
二人は縁側に座って話す。


華江は
“一樹を貸してくれてありがとう”
とお礼を言う。


しかし
“いくら抄子が許してくれてもプレゼントを受け取るべきじゃなかった、欲望に負けちゃった、ゴメン”
と謝る。


抄子は
“一樹はモノじゃない。私の意思を尊重した上で一樹が言ったことだから私もそうしてほしかった”
というと
華江は
“抄子と友達になれてよかった”
という。


しんみりした空気になったので
華江は
“3Pしたいって言ったら”
とおどけて見せると
抄子は
“それだけは無理”
と呆れた顔をする。


華江は抄子に
“サヨナラ”
のキスをする。


抄子と華江が会ったのはそれが最後だった。






華江は旦那に船で世界一周したいと頼む。


旦那は船が苦手なため一緒にいけなかった。


旦那はフィフィに同行を依頼する。


フィフィは
“小説家の仕事はどこでもできるけど、旦那さんはそれでいいの?”
と聞くが
旦那は
“反対したって華江は行くだろう?君の望みを叶えるのば僕の使命だ”
という。


華江とフィフィは船での世界一周旅行を始める。


華江は船の部屋に行くと
抄子への10年分の誕生日カードを書き始める。


華江はフィフィに
“私が死んだらフィフィが投函して”
と頼む。


華江は旅に出てから二度と帰らなかった。


⇒無料で「セフレの品格」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「セフレの品格」で検索です



セフレの品格 ネタバレ その2

フィフィは眺めのいい丘に来ていた。


綺麗なバラの根元に
“グッバイ華江”
といって華江の遺骨をまく。


約束通り抄子への誕生日カードを投函する。


手紙が届くころには
華江が旅に出てから一年半が経過していた。






ハルトは公園で他の子供達と遊べるほど育っていた。


ハルトは女の子に優しくてモテていた。


抄子はその様子を眺めて
“恐るべきDNA…”
と思っていた。


ハルトはよく熱を出し軽いアトピーも持っていた。


抄子は自作のハーブスプレーを常に持ち歩いており、
ハルトが痒そうにしていると吹き付けてあげていた。


他の母親たちはそれを見て感心していた。


遥が就職活動の帰りに抄子に話しかけると、
他の母親たちは大きい娘がいることに驚く。


抄子が遥と一緒に帰っていくと、
抄子のことが話題になる。


“30代前半かと思ってた…”
“あの北田レディースクリニックの医院長が旦那”
と話題になり
主婦たちは羨ましそうにしている。


抄子の元に華江から手紙が届く。


華江からは合計15通届いていたが
抄子は
“元気にしているのかな…”
と心配していた。


抄子は華江と会う日の為に、美容面に気を使って美しさを保っていた。


華江と話をしたかったが
華江の携帯は解約されており、
華江の家は売却されていた。


抄子がベランダで物思いにふけっていると、
一樹が帰ってきて
“また華江のこと考えてた?きっとまた会えるよ、いつか…”
という。


その日は抄子の誕生日を祝い、
ハルトを寝かしつけると二人は寝室に行く。


一樹は
“言っておきたいことがある”
といって大樹のことを打ち明ける。


“大樹は息子だが血縁上は弟でそれを知らず5年間育てた”
ということを知った抄子は
一樹が抱えていたトラウマを理解する。


一樹と一樹の父の確執も、
過去の二人の発言を思い出すと納得がいくものだった。


一樹は
“親父も年だしこの先、相続とかで面倒になるかもしれないから話した”
というと、
事情が複雑なため抄子は話を整理しきれなかった。


一樹は
“気持ちの整理に時間がかかった、いつか会いに行きたい”
というと
抄子は
“今会いに行くべきよ”
という。


一樹は抄子に後押しされて明日実家に大樹たちの消息を聞きに行くことにする。


二人は目が覚めてしまったので居間でコーヒーを飲むことにする。


テーブルの上には車のカタログが置いてあった。


抄子は
“他に秘密は?”
と聞くと
一樹は冷や汗をかきながら
“車を買った”
と白状するので抄子は責め立てる。






翌日
ハルトを連れて3人で一樹の実家に行く。


一樹の父も母も渋い表情をして、
会いに行くのを反対していた。


父は
“自分が死んだら優秀な弁護士に任せればいい”
といい
母は
“余計なトラブルを招かないで、ハルトと抄子さんのために”
というので一樹は思い悩む。


抄子は一樹の手を握り
“一樹の思う通りにしていい”
という意思を伝えるので
一樹は
“やはり会ってみたい”
といって住所を教えてもらう。


そこから車で一時間ほどの団地にいるのだという。


団地に着くと
抄子とハルトは車の中で待機となり一樹が一人で向かう。


一樹は部屋のチャイムを鳴らす。


⇒無料で「セフレの品格」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「セフレの品格」で検索です



セフレの品格 ネタバレ その3

一樹は部屋のチャイムを鳴らすが、
多恵は煩わしそうに居留守を使っていた。


部屋の中はゴミが散乱しており、
多恵はテレビを眺めながら働かずに自堕落な生活を送っているのは明らかだった。


一樹は留守だと思い車に戻る。


古くてカビ臭く、
育ちの悪そうな子供ばかりいる団地だった。


一樹たちが帰ると
入れ違いで大樹が自転車で帰ってくる。


大樹はサッカー部の試合の帰りだった。


多恵は
“サッカーなんて無駄なことして…”
と愚痴っている。


大樹は掃除と洗い物をしようとするが
多恵は
“今やろうと思っていた”
と激怒しだす。


血圧が上がると体調を崩すらしく、大樹は多恵を心配するが多恵が暴れ出すまえに下の部屋に避難する。


下の部屋にはリナという若い女性が住んでいた。


リナは
“安全なシェルター”
といって日常的に大樹を受け入れている様子だった。


リナは大樹が小さい時から面倒を見てあげていた。


リナは大樹を可愛がってからかっているが、
大樹はリナを本気で好きな様子だった。


リナはもやしで作ったご飯を食べさせてあげると、
路上ライブに出かけていく。


それからバイトのため夜遅くに帰るという。


リナは路上ライブをしながら1000円でCDを売っていた。


売れ行きは良くなさそうだった。


リナのスマホにはバイト先からデリヘルの予約が入ったと連絡がくる。


大樹は朝早起きして新聞配達の仕事をしていた。


一樹は部屋を訪れるがその日も誰も出なかった。


一樹はポストに手紙を入れて車に戻ると、
近所の悪ガキが車に傷をつける悪戯をしていた。


一樹は子供を捕まえて親を呼ぼうとするが、
子供が抵抗するため警察に連れていくという。


一樹が
“必ず弁償してもらう、修理に10万はかかる”
というと
子供達は
“親に殴られる”
“施設に入れられる”
と青ざめる。


一樹は容赦なく交番に連れていこうとすると
リナが現れて
“待って、今は3万円しかないけど足りない分は必ず払う”
といって金を出す。


一樹は
“何で君が…”
と怪訝な表情をする。


リナが
“ここらへんの子供はいろんな事情を抱えている。見逃してください”
と懇願するので一樹は仕方なく了承する。


一樹はリナに金を返して帰ろうとする。


車に乗り込むが
リナが股を痒そうにしているので指摘する。


リナは恥ずかしそうにするが
一樹は
“俺は医者だ”
といって病院に行くことを勧める。


リナは
“保険料払ってない…”
というので
一樹は自分の病院のパンフレットを渡してあげる。


“ヘルペスは移る”
と聞いたリナは
“今見てもらうことってできますか?家によく来る子がいるから…”
といって自室で見てもらうことにする。






大樹はバイト先で高校の入学祝いをしてもらっていた。


大樹は
“将来は医者になりたい”
というが
周りの大人からは
“金がかかる、サッカー選手のが可能性ある”
といわれる。


大樹はサッカーの実力なら特待のスカウトがあるレベルだったが
“母が心配”
といって断っていた。


辛い境遇の大樹を支えていたのはリナと、
子供の頃に一樹と“将来パパと同じ立派な医者になる”と約束した思い出だった。


母の状態は
“病気だから仕方ない”
と大樹は許していた。


大樹が9歳の頃
多恵は
“一緒に死のう”
と無理心中しかけたことがあった。


大樹はベランダに避難していると、
下の階の避難はしごの脱出口からリナが助けてくれていた。


小さい大樹にとって
リナは母であり姉のような存在となる。


リナもまた辛い境遇だったが
悲観的にならず
“夢をみるのはタダだから”
といって歌手を目指していた。


大樹は
“母さんは人を許すことができないからああなった、だから僕は人を許せる人間になりたい”
と思って育っていた。






大樹は高校の制服姿をリナに見せるためリナの部屋に行く。


リナの部屋のドアが開いていたため中に入る。


リナは下半身裸で一樹に診てもらっているところだった。


大樹は青ざめて一樹に
“あんた誰だ”
という。


⇒無料で「セフレの品格」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「セフレの品格」で検索です



セフレの品格 ネタバレ その4

大樹は
“リナに何を…”
と顔を赤らめて狼狽していた。


一樹はすぐに大樹だと気付き
“大きくなったな”
と微笑むと
大樹も一樹だと気付く。


一樹が
“診察は後でしよう”
といってリナも
“診てもらってた”
というので
大樹は誤解せずに済む。


大樹はそのことよりも
父の一樹に会えたことで感激して
“これは夢か?”
と思い自分の頬を抓っていた。


大樹が
“夢じゃない…”
と思い泣き出すので
一樹は
“ごめんな”
といって抱き寄せる。


大方の事情を説明するが
一樹は大樹の本当の関係は伏せていた。


リナは
“あんたは大樹を捨てた”
と責めると
一樹は
“10年間、会う勇気がなかった罪滅ぼしをさせて欲しい”
という。


大樹は自分を捨てた理由をたずねると、
一樹は
“俺とお前の母親との問題”
といって言えなかった。


大樹は一樹の
“お前の母親”
という言い方に引っかかるが
“少し意地悪を言ってみたかっただけ”
と思い
“許すよ”
という。


大樹は
“リナがいなかったら僕はここにはいない”
というので
一樹はリナにお礼を言う。


一樹は大樹とリナを自宅に招くことにする。


道中で大樹とリナに靴をプレゼントする。


一樹は大量の肉を買い込みながら
抄子に連絡して準備してもらうことにする。


抄子は大樹とリナを快く迎える。


抄子はハルトに
“お兄ちゃんだよ”
と大樹を紹介すると
ハルトは喜んで大樹と遊びだす。


食事までの時間に
一樹はリナを病院に連れていき詳しく診断する。


“性器ヘルペス”
だった。


リナは
“お客さんにうつされた。本当は歌手になりたいけど食べていけない”
という。


一樹は
“君はもう大人だし”
といって余計なことは言わなかった。


リナは
“大樹には言わないで”
というので一樹も了承する。


ただし
病気が治るまでは風俗のバイトは禁止だと念をおす。


帰りの車の中で
一樹はリナに大樹の母の多恵のことを尋ねる。


多恵はめったに外出はしないが、
たまにスーパーのタイムセールスを漁っているのだという。


自分の分しか買わず、
足が悪いらしく引きずって暗い顔で歩いているのだという。


大樹が避難する前から
毎日のようにヒステリーな叫び声が聞こえていた。


リナは
“よくスレずに育ったもんだ”
と感心していた。


一樹は
“君のおかげ、君は大樹の女神なんだな、本当にありがとう”
とお礼を言う。


晩御飯はすき焼きで
大樹とリナは沢山食べていた。


その時
多恵は家に食べ物が無いので、
スーパーのタイムセールスに行っていた。


帰り道にポストに詰まった手紙が床に落ちる。


“北田”
と書いてある手紙が目に入り、
中を見ると
“大樹に会いに来ました、お元気ですか?北田一樹”
と書いてあった。





大樹は食事が終わると
新聞配達のアルバイトがあるから帰るという。


一樹は
“もうそんな苦労しなくていい”
というが
大樹は
“休んだら配達先に迷惑がかかる”
というので一樹は二人を車で送ることにする。


大樹は車の中で眠りにつくので
一樹はリナの部屋に大樹を泊めてもらうことにする。


ベッドに運んで服を着替えさせようとすると、
大樹のうでにタバコの焼き跡を見つける。


リナによると
小学六年生のときに悪いグループに入れられそうになり、
それを断ったときの制裁だという。


一樹は
“ひどい母親だな”
と思い
多恵に文句を言おうと思い部屋に向かう。


チャイムを何度もならしドアを叩くと、
ドアの鍵は開いていた。


⇒無料で「セフレの品格」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「セフレの品格」で検索です



セフレの品格 11巻の感想

華江の去り方がカッコよすぎですが寂しかったですね。


10年間は抄子に手紙が届くということなので、
最後の手紙に
“これで最後です、実はもうこの世にはいません”
的な感じになるのでしょうか…?


最後まで自分がってに
“華江らしさ”
を貫いたようです。


10年後とかにフィフィが一樹と抄子の元へ訪れて、
華江の船旅のことを詳しく話すのかもしれません。


遺骨すら残さず、
住んでいた家すら売却されてしまっているという圧倒的喪失感でした。


華江の旦那は海外出張が多い様子だったため、
日本に家を持っておく理由がなくなったのだと思います。


華江に再会したときに怒られないように、
美意識を向上させて若々しく美しくなった抄子の姿が皮肉でした。


華江は自分の死をハッキリと伝わってしまうことで、
一樹や抄子を悲しませてしまうのが嫌だったのかもしれません。


そのため
彼らの人生から徐々にフェイドアウトしようと思い
“死んだ後に10年間は1年に1回手紙を送る”
という手法を選んだのかもです。


“彼らに残る自分の最後の思い出は葬式での死に顔ではなく、美しく輝いていた自分にしたい”
という想いがあったのかもしれません。






“華江がいなくなったらどうするんだろう?”
と思っていたら
一番デリケートな問題に突入していきましたね。


一樹は大樹と再会しましたが、
大樹との間には確執が全くありませんでした。


今後
“本当の関係”
を打ち明けたらどうなるかはわかりませんが、
大樹の人間性からして一樹を責めるようなことはないと思います。


むしろ
大樹の性格なら一樹に対して申し訳なく思い自分を責めてしまうかもしれません。


大樹が何か起こす可能性は限りなくゼロでしょう…


問題は多恵ですね。


多恵は完全に
“キチガイババア”
に成り下がっています。


今の幸せそうな一樹と
若々しく美しい抄子を見たら何をしでかすかわかりません。


多恵は失うものが何もないので、
こういう人間が一番恐ろしいですよね…


一樹はとんでもない危険物と相対しようとしています。


抄子と幼いハルトはどうなってしまうのでしょうか…


心配すぎて見逃せません!


⇒無料で「セフレの品格」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「セフレの品格」で検索です


無料で「セフレの品格」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「セフレの品格」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「セフレの品格」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「セフレの品格」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。