恋のツキ について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


1巻には1~6話が収録されています。


⇒無料で「恋のツキ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!


▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋のツキ」で検索です



恋のツキ とは?

出版社:講談社
発売日:2016/7/22
作者 :新田章

平ワコ31歳、彼氏と同棲中。

そんな中「運命の出会い」が…!?

結婚はしてくれそうなマンネリ彼氏か、トキメキが止まらない超タイプ(でも高校生…)か。

今さら一人になる勇気もない“適齢期オンナ”は、どの恋を選べば幸せをつかめるのか!?


恋のツキ 1話のネタバレ
~平ワコ31歳~

ワコは友人のリサと出かけていた。


リサにボロボロのスニーカーを指摘されるが、
同じものは高額になっているため買えないのだという。


リサとの会話では結婚や出産の話になる。


ワコは31のたそのことを意識していた。


ワコが部屋に帰ると
同棲しているフウが食事を済ませていた。


同棲して3年が経過して
お互い居心地のいい関係を築けていた。


フウに
“就職のことちゃんと考えてる?”
と話題を振られるので曖昧に返事をする。


フウの稼ぎではリサの家のように裕福な生活はムリだった。


フウの言葉はリサとの結婚を意識しているのは明白だった。


夜になり横になると
フウは口での奉仕を要求する。


ワコは本当は毎晩めちゃくちゃにイかされたかった。


“そしたら朝起きるの大変”
と思い我慢していた。


フウは早いため口でするのは楽だった。


来月は夜行バスでワコの実家に挨拶に行く予定があった。


ワコは自分たちの出会いがお互いにとって
“当たり”
かわからなくなっていた。


“もう31だしこれからもきっと一緒にいる”
と思っていた。


ワコは映画館でバイトをしている。


同僚は残念がっていた。


ワコの状況もよく把握しており
フウの甲斐性の無さを指摘する。


映画館に右手を吊った状態の高校生が訪れる。


ワコは一目見て
“好みの顔面”
と思う。


自然と目が行くと
スニーカーが同じことに気付く。


チケットをチェックする際に緊張して落としてしまう。


指が少し触れただけだが
“こんなことでトキメクとは…”
と自分に呆れていた。


同僚はチケットを売る際に学生証を見て
“15歳、高1でした。ナンパでもされました?”
と軽く口を叩く。


映画が終わりワコが掃除に行くと
高校生は座席で眠っていた。


足元に学生証が落ちていたので名前と年齢を確認する。


思わず首すじのニオイを嗅ぐと高校生は目を覚ます。


ワコは慌てて誤魔化して学生証を渡せなかった。


ワコが家に帰ると
料理の間にボーっとしてしまい鍋を噴き零してしまう。


ワコはフウとの日常を
“かけがえのないもの、大切にしなきゃ”
と思っていた。


フウが寝静まった後に
ワコは風呂場で汚れたスニーカーを洗う。


⇒無料で「恋のツキ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!


▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋のツキ」で検索です



恋のツキ 2話のネタバレ
~夏祭り~

フウは仕事に行く前にコーヒーを飲みたがっていたが、
ワコが買うのを忘れていたため怒っていた。


仕事に行くと高校生の学生証をどうしようか困っていた。


“運命の人?”
と思い化粧のノリが気になったりしていた。


仕事が終わると
高校生が映画館に来て
“学生証落としたかもで届いてませんか?”
とワコに話しかける。


ワコは
“私のポケットにあるって絶対おかしい”
と思い
“ちょっと調べてきますね”
と受付に行く。


高校生は朝だけ上映の映画の
“学生500円”
の看板を興味深そうに見ていた。


ワコは学生証が無かったフリをして
“見つけたら連絡するのでお名前と番号教えていただけますか?”
と連絡先と名前を入手する。


高校生は“ユメアキ”という名前だった。


すぐ近くを浴衣姿の人が歩くので
ワコは
“そういえば今日お祭りですね”
と話を振る。


ユメアキは
“転校したばかりで何も知らなくて…”
というのでワコはすかさず案内するという。


二人はクジを引いて2等のマクラを引き当てる。


静かな神社に入り雑談をする。


ユメアキは腕が使えないため
ワコにマクラをプレゼントする。


ワコは嬉しそうにお礼を言う。


二人は映画の話になるが
見知らぬカップルが神社に入ってきて気まずくなる。


ワコは仕方なく
“そろそろ帰りましょうか”
というと
ユメアキは
“昨日からスニーカーかぶってますね”
と微笑む。


ワコは嬉しそうに赤面し
“わあ!本当だ…”
と今さっき気付いたかのようなリアクションをする。


ワコは部屋に帰るとユメアキから貰ったマクラを抱きしめて
“たまにはいいよね、こんなドキドキも…”
と反芻していた。


フウが酔っぱらって帰ってきて
マクラに対して
“でけーそしてダセー”
とダメ出しをする。


ワコはムっとして
“フウくんは触らないで”
と取り上げると
フウはワコにのしかかって誘ってくる。


ワコは
“酒臭い、足臭い、シャワー浴びてよ”
と嫌がってイラついていた。


仕方なく相手をする。


終わってフウがシャワーを浴びている際に、
“コーヒー買ってないや、まぁいいか”
と思う。


⇒無料で「恋のツキ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!


▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋のツキ」で検索です



恋のツキ 3話のネタバレ
~浮気ってどこからですか~

ワコは緊張しながらユメアキに電話をかける。


“学生証みつかりました”
というとユメアキは喜んでいた。


ワコは恐る恐る
“気にしてた映画のチケットが偶然二枚手に入った”
と誘ってみる。


“やべぇ私気持ち悪い?”
と思うが
ユメアキは喜んでいたのでワコも喜ぶ。


同僚が部屋に入ってきたため
“では後程メールしますね”
と平静を装って電話をきる。


ワコは
“今の電話女友達から”
と同僚に説明する。


さらに
“その子今度彼氏以外の男と二人で映画に行く、浮気じゃないよね?”
と訊いてみる。


同僚の水野は
“二人のことは二人にしかわからない、判定するのは彼氏”
というので
ワコはリサにメールで聞いてみる。


リサは
“自分で「浮気かも」って思ったらでは?”
という答えだった。


ワコが部屋に帰ると
ワコの入浴中にフウが自慰行為をしていたのに気づく。


“誰としたの?”
と半開きのパソコンに目を向ける。


ワコはユメアキと会いに行くために入念にネイルをしておしゃれをする。


フウには
“友達と映画行ってくる”
とメールを送っていた。


ユメアキに会うとまず学生証をかえす。


映画館で二人並んでみていると
ユメアキの楽しそうな表情をみれてワコは満足する。


映画が終わるとワコは気温に暑がって
“今どきのギプスでは暑いでしょ”
というと
ユメアキは
“そういえば何歳なんですか?”
と何気なく聞いてくる。


ワコが
“31”
とこたえると
ユメアキが次の言葉を出す間に高速で自虐のセリフが頭の中を大量によぎる。


ユメアキは
“じゃあ結婚してるんですか?”
と聞くのでワコがこたえようとすると
すぐ目の前でオタク風の男とDQNがモメていた。


ユメアキはオタクの男の手を無言で引っ張って引き剥がそうとする。


ワコはとっさにユメアキの背中に抱き着く。


人目が集まり気まずくなったためDQNは去っていく。


二人はカラオケに行くと
ワコは
“びっくりした~”
というが
ユメアキは
“ああいうときに女性は出てきちゃダメ。旦那さんになんて言えばいいのか…”
という。


ワコは慌てて
“私旦那いない、結婚してない。今一人で、そういうのなくて…”
と嘘をつく。


ユメアキは
“そうでしたか…”
と歌おうとするが咳き込んでしまう。


“緊張してのど詰まっちゃって”
と情けなさそうにしていた。


“女の人と出かけるのってちょっと改めて思ってビックリして…”
というので
ワコはコーラがかかった腕を吊っている布を
“ベタつくから取っちゃおう”
と近づく。


ユメアキはワコが接近してきたことにより興奮して、
勃起してしまったのを隠そうとシャツを伸ばす。


ワコは気づいて指で軽く突くとユメアキは敏感に反応する。


ワコは
“端っこ行く?”
とユメアキを誘導して自分は床に膝をつける。


ユメアキはワコに身体をゆだねている。


ワコはユメアキのズボンのチャックを下すと、
ユメアキと目を合わせてから咥えだす。


ユメアキは恥ずかしそうにしつつも、
興味深そうに見つめる。


⇒無料で「恋のツキ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!


▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋のツキ」で検索です



恋のツキ 4話のネタバレ
~にわか雨~

ユメアキはワコの口の中で果てる。


ユメアキは
“すみませんでした”
といって帰ってしまう。


ワコは
“怖がらせちゃったのか…おばさんキモイって…?”
と反省しつつも
“勃ったくせに”
と思っていた。


ワコが帰るとフウがカレーを作っていた。


ワコにあわせて普段とは違い甘口にしていた。


ワコは台所に立っているフウの背中に抱き着き
“ごめん”
という。


フウはカレーを作ったお礼だと認識する。


一緒にカレーを食べる際に
フウは
“そういや今日どうだった?”
と聞くとワコは適当に映画の話をする。


“ソバカスの可愛い子と一緒に行った”
と誤魔化す。


具体的な内容をワコが話すため、
フウは全く疑っていない。


ワコはフウを風呂に誘う。


風呂場でワコはフウに挿入を求めてフウも応じる。


ワコは感度が上がっているのを感じる。


風呂上りはフウに抱き着いて匂いを嗅いで落ち着く。


ユメアキからメールが来るので慌てて洗面所に行き確認する。


フウは眠っていた。


ユメアキからのメールは突然帰ってしまったことに対する謝罪と、
ワコの映画の趣味をもっと知りたいというものだった。


“15歳の男子に振り回されるなんてアホみたい…”
と思いユメアキの連絡先を削除しようとするが、
すぐにユメアキから追加のメッセージで
“また会いたい”
と来るので赤面する。


フウが寝ぼけながらやってくるためワコはびっくりする。


フウはトイレに来ただけだった。


フウと適当に会話を合わせて、
ワコはユメアキに長いメッセージの返信をする。


⇒無料で「恋のツキ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!


▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋のツキ」で検索です



恋のツキ 5話のネタバレ
~花いちもんめ~

ワコは道を歩いていると
花いちもんめをしている子供たちを目にする。


子供のころに自分もやって、
選んでもらえなかったことを思い出す。


4年前も当時の彼氏に1番として認識されていなかったことを思い出す。


“自分は誰かを選ぶ資格はない、選ばれることもない”
と思っていたときにフウと出会っていた。


飲み会の席で一緒になったときにフウは
“今まであった誰より一番大事にする”
というのでワコは泣いて喜んでいた。


職場のソバカスの同僚に
“友人の浮気の話”
がどうなったか尋ねられる。


ソバカスは
“友人”
ではなく
“ワコ自身”
であるのを察している様子で
“平さんまだ全然イケる”
という。


“今の彼氏に妥協している感すごい”
など本命を狙うような言い回しをする。


ワコはソバカスの言い分も理解しつつも、
今フウと別れた時のことを恐怖していた。


“これから先ずっと誰にも選ばれなかったらどうしよう”
という思いから
“ユメアキとはもうこれ以上係わらない”
と決意する。


仕事終わりに丁度フウから電話があり、
リサ夫婦と飲むのに来るように言われる。


ワコは電話しながら映画館にやってくるユメアキを発見する。


“7時過ぎに”
といって電話を切り
ユメアキと対面する。


ユメアキは軽く挨拶してくるので
ワコは素っ気なく応じるようにする。


ユメアキは
“カラオケ代を返さないと…”
というので場所を変えてはなすことにする。


ユメアキは
“あんなふうに置いてきてお金まで出させるわけにいかない”
というが
ワコは受け取れないという。


ユメアキは次あう約束をしたがるが
ワコが冷たくあしらうため諦めて帰っていく。


ワコは
“あんな事さえしなければ友達になれたかも”
と後悔していた。


“私はフウくんに選んでもらったから…”
と思いつつも
ユメアキの背中を追って走っていた。





フウはリサ夫妻と飲んでいるが
7時を過ぎてもワコは訪れなかった。


ワコは神社でユメアキと映画について雑談していた。


⇒無料で「恋のツキ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!


▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋のツキ」で検索です



恋のツキ 6話のネタバレ
~振り子~

ワコはフウには
“ソバカスの子と飲みに行くことになった”
とメッセージを送る。


フウは
“楽しんできな”
と怪しむ様子はない。


フウは居酒屋でリサ夫妻相手にのろけていた。





ワコはユメアキの手に恐る恐る触ると、
ユメアキは強く握り返してくる。


ワコは
“並んで寝っ転がりたい”
というと
ユメアキは
“ボクも”
というのでワコはユメアキと手を繋いでホテルに向かう。


フウは帰り道に映画館の前を通ると、
ソバカスの女の子が丁度仕事終わりで出てくる。


フウはソバカスに
“ちょっとお訊きしたいんですが”
と話しかける。


その頃
ワコはユメアキとホテルのベッドで仰向けになっていた。


ワコはユメアキにキスをする。


ワコは買ってきたビールを軽く飲んでから、
ユメアキにもう一度キスをする。


ワコがリードして服を脱がすが、
生理が来てしまい愕然とする。


説明すると理解してくれるが
ユメアキは残念そうにしていた。


ワコはお詫びとして
“朝までいじる”
といって口で3回果てさせる。


ユメアキはぐったりして満足した様子だった。


“次は100倍僕がご奉仕する”
というのでワコは
“うん”
と嬉しそうに言って抱き着く。


ユメアキの匂いを嗅ぎながら
“フウくんもう寝てるかな…”
と思う。


二人はやりたい事ややるべきことについて雑談している。


ワコは
“やるべきこと”
のみを考えている自分に気付く。


ワコが
“今日はイコくんと並んで寝られたから目標達成”
というと
ユメアキは改まって
“平さん好きです、付き合って下さい”
という。





フウは自宅でワコに何度も電話をかけていたが、
電源が入っていないため繋がらなかった。


⇒無料で「恋のツキ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!


▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋のツキ」で検索です



恋のツキ 1巻の感想

ワコは遊ばれて捨てられる流では…


ワコはユメアキに対して
“サル”
とちゃんと認識できていたにもかかわらず、
少しずつ期待しちゃってるようですね。


15歳のユメアキからすればワコは
“エロいこと教えてくれたお姉さん”
でリードもしてくれるし魅力的だと思います。


また
ユメアキは転校したばかりで孤独もあるため、
擦寄ってきたワコに身も心も委ねる気持ちはわかります。


ユメアキはガチな陰キャならワコと結婚するというルートも十分あり得ます。


しかし
ワコがユメアキに目をつけたように、
若い女子たちがユメアキに目をつける可能性は高いでしょうね。


ユメアキは今のところは転校したばかりだから孤立しているだけで、
時間が経過すれば学校に打ち解けて孤独がまぎれるでしょう。


ユメアキに若い女友達が沢山できた時に
“俺なんでこんな31のおばさんと付き合ってんだ…”
と思う可能性は非常に高いです。


そう思って
体の関係が容易に持てたワコをユメアキはキープ状態にする可能性があります。


ワコからすれば
“そっちから告白してきたのに…”
と思うかもしれませんが
15歳のヤりたい盛りの男子からすれば
“31のおばさんの相手をしてあげただけでも感謝しろや”
という感じでしょうね。






ユメアキは
しばらくはワコに本気で惹かれているかのような催眠状態にあると思います。


しかし
時間が経過するにつれてその状態は徐々に溶けていくでしょう。


その間にワコが自分の魅力をユメアキにしっかりと刻み付けておけばユメアキを繋ぎとめることができると思います。


ユメアキは若くてこれからたくさんの出会いがあるためかなり難しいと思いますけど…


“31の崖っぷち中古女(しかも同棲している彼氏アリ)”
のワコがどのようにしてユメアキの心をつなぎとめることができるか楽しみです。


ユメアキが超誠実な男なら一発解決ですけど、
あの年齢の男はやはり若くて新品の女の子の方が…


ワコがフウにどんないい訳をするのかも見どころとなりそうです。


⇒無料で「恋のツキ」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!


▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋のツキ」で検索です


無料で「恋のツキ」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「恋のツキ」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「恋のツキ」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「恋のツキ」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。