恋は雨上がりのように 2巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

2巻には9~16話が収録されています。

⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 2巻とは?

出版社:小学館
発売日:2015/4/10
作者 :眉月じゅん

第1集発売直後に注文が殺到し、異例の緊急大重版が決まった正統派 恋愛叙情譜 第2集。

胸に秘めた想いを抑えきれずついに打ち明けた少女――

17歳。無表情女子高生と45歳。バツイチの冴えないおじさん。

28も年の離れた二人の恋の行方は――!?


恋は雨上がりのように 9話のネタバレ

正己はアキラからの告白について考えていた。

“未成年淫行”

“わいせつ罪”

“営業停止”

などが頭をよぎる。


“どんな顔して接すればいい?”
と考えて仕事に行くが
アキラは何事もなかったかのように仕事に復帰する。


正己は
“ドッキリじゃないのか!?”
と思い
他のバイトメンバーも含めた悪質ないたずらだと思い込んで
“あぶね~”
と青ざめていた。


“でなきゃ17歳がこんなオッサン好きになるハズない…”
と思っていたが、
休憩時間に事務所で二人きりになるとアキラが真剣な表情でもう一度告白してくる。


アキラは
“返事をきかせてください”
と赤面しながら正己に迫る。


ユイと吉澤が休憩にやってくるので正己はホッとする。


ユイが吉澤の歓迎会でカラオケにアキラを誘うが、
アキラは興味なさそうに断る。


正己はアキラの様子から悪ふざけではないと認識する。


雨が降っているため
正己はアキラを駅まで送るという。


二人は車で駅に向かう。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 10話のネタバレ

車の中で正己は
“さっきの話の続きだけど、返事をすることはできないよ”
とうと
アキラは
“どうしてですか?”
と食い下がる。


正己は何とかかわそうとするが、
アキラは強い口調で自分の真剣な気持ちを伝えようとする。


業を煮やしたアキラが
“あたし、店長のこと好きなんです”
というと
正己は驚いて事故りそうになる。


落ち付こうと缶コーヒーを飲もうとするが、
かなり古かったため飲めなかった。


“外の空気吸いに行こう”
と公園の木の下で雨宿りをする。


気まずい沈黙のなか
正己は
“俺なんかのどこがいいの?”
と尋ねるが
アキラは
“人を好きになるのに理由なんていりますか”
と主張する。


アキラは一歩も譲る気は無い様子だった。


正己は
“こんなのっていつぶりだろう”
と学生時代に若返ったような錯覚を感じる。


しかし
アキラが
“勇斗くん元気ですか?”
と聞くので正己は自分の状況を思い出す。


正己は
“45歳。夢も希望も何もない、僕はカラッポの中年だ…”
と自虐するが
アキラは
“【僕】って言った”
というところに食いついて微笑んでいた。


アキラの様子から
正己は何を言っても今は無駄だと察する。


呆れた様子でたとえ話で
“俺とデートでもしてごらんよ。きっと気持ち悪いよ”
というと
アキラは
“デートしてくれるんですか!?”
とその部分だけに喰らいつく。


アキラの強引な食いつきを断れず、
二人はデートすることになる。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 11話のネタバレ

アキラは手帳に書いた店長とのデートの日を心待ちにしていた。


デートに向けて前髪を自分で着るが失敗してしまう。


バイトに行くとユイが気付いて
“まかせて”
というが悪化させてしまう。


ユイは姉のマイを紹介する。


マイは美容師だった。


マイは
“ごめんね、コイツ常習犯なんだよ~”
と呆れていた。


ユイが美容師になりたいと言ったら、
先に姉のマイが美容師になったのだという。


アキラは
“夢中になれるものがあっていいなぁ”
と陸上を諦めざるを得なかった自分と比較して羨ましそうにする。


アキラの前髪はほぼ元通りになる。


アキラは学校の授業中も、
正己とのデートのことを考えていた。


教科書に自分と正己の相合傘を落書きしていた。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 12話のネタバレ

加瀬はバイト仲間を心の中で馬鹿にしていた。


“いつも頭をさげてるしょうもない店長”

“レベルの低い同僚”

と思いそろそろやめようかと思っていた。


加瀬はアキラのことが気になっていた。


普段不愛想なアキラの顔つきが変わる時があるのに気づく。


さり気なくまかないを作る時にオマケをつけるが、
アキラは加瀬に興味を持っていなかったし加瀬もそれを認識していた。


加瀬は何とかアキラの気を惹こうとする。


アキラは正己とのデートで頭がいっぱいでそれどころではなかった。


アキラが休憩を終えて仕事に戻ろうとすると、
加瀬はアキラが机に置いておいた教科書を
“見てもいい?”
といってページをめくる。


アキラは仕事に戻るが
教科書の落書きを思い出し慌てて部屋に戻る。


加瀬は相合傘の落書きに気付いていた。


アキラは
“誰にも言わないでもらえます?”
というが
加瀬は
“別にいいけど、そのかわり俺とデートしてよ”
と条件を持ち出す。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 13話のネタバレ

アキラは仕方なく加瀬とのデートに応じる。


アキラは全くおしゃれをせずに訪れる。


明は終始普段通りの不愛想で無表情だった。


映画を見たあとはアキラは
“チケットとパンフ代”
と金を渡そうとするが
加瀬は受け取らず強引にカフェに連れていく。


加瀬はアキラが陸上部だったことを話題にする。


怪我で続けられなくなったことも知っており
“夢中になってたものがなくなるってどんな感じ?”
と尋ねる。


アキラは
“当時は落ち込みましたけど、今は平気です”
というと
加瀬は
“店長もいるし?”
と指摘する。


アキラは
“約束通りデートしたので黙っててもらえますね?”
と念を押す。


加瀬は
“楽しかった陸上がダメになって今は恋をしてるんだ?その相手が45歳のオッサンてキモくね?”
と嘲る。


アキラは怒って帰ろうとする。


アキラは喫茶店の会計を済ませると足早に去ろうとするが、
加瀬が無理やり引き留める。


アキラのスマホに着信があり
加瀬が画面を見て
“店長”
といういとアキラは嬉しそうな表情をして出ようとする。


加瀬の手を振り払い小走りでひと気のない場所に行き電話にでる。


正己の要件はデートで
“どこか行きたい所ある?”
というものだった。


アキラは
“店長の行きたい所に行きたいです”
という。


アキラは電話がきれたあとにウキウキしていると、
加瀬は
“そんなに好きなんだ”
と絡んでくる。


加瀬は
“君と店長はうまくいかない。絶対に”
というとアキラは怒った表情をする。


加瀬は
“健全な恋をしましょうっていうアドバイス”
といってアキラの頬にキスをする。


加瀬は
“続きはまた今度”
といって帰っていくが
アキラは頬をぬぐうのに必死で耳に入っていなかった。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 14話のネタバレ

正己はアキラとのデートの当日
待ち合わせ場所で緊張して待っていた。


アキラはおしゃれをして赤面して訪れる。


映画に行くと
アキラが加瀬と一緒に行った映画だった。


アキラは二回目なので正己のリアクションを見ていた。


映画が終わった後
正己は
“じゃ帰ろうか…”
というが
アキラは慌てて
“喉が渇きました”
といって喫茶店に入る。


正己は老眼にてこずりながらオーダーする。


コーヒーがくると
アキラが
“いくつですか?”
と聞くので年齢だと思い
“45”
という。


アキラはコーヒーに角砂糖を大量に入れだすので、
正己は慌てて
“砂糖ね!俺入れない…”
という。


アキラは謝るが
正己はコーヒーを飲むと
“この味…”
と昔のことを思い出す。


カッコつけてブラックを頼んだが、
苦くて飲めないため女性がトイレに行く隙に大量の砂糖を入れていた。


その時と同じ味がして
正己は思わずニヤける。


ニヤけた正己をみたアキラは安心して自分の飲み物を飲むが、
他の客が
“あの二人親子かな…”
と噂する声が聞こえてくる。


正己はいたたまれなくなって席をたつ。


アキラが
“援助交際するような女の子”
と他人に見られるのが耐えられなかった様子だった。


店を出るとアキラは正己が帰りの方角に歩いているのに気づく。


正己は誰かから電話がくるので出ると、
よばれて帰らなくてはならないようだった。


正己はアキラに
“ごめん、俺今から…”
と言おうとしてアキラの方を見ると
ワンピースと髪がそよ風に煽られるアキラに見とれる。


正己は
“周りの目だけではなく、自分が傷つきたくない”
という
自分がアキラを遠ざける本当の理由に気付く。


駅での別れ際に
正己は
“やっぱつまんなかったか…”
と思うが
アキラが駆け寄ってきて頬にキスをする。


明が家に帰ると
母親が
“あんた同じ映画見に行ったの?”
とパンフレットを手に持っていた。


アキラは慌てて
“今日のどっち!?”
と詰め寄る。


母は
“どっちも同じでしょ”
というが
アキラは
“ちがうもん”
と呟く。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 15話のネタバレ

アキラはまかないのサンドイッチを吉澤に頼むようになっていた。


理由を知らない吉澤は
“関係に変化があった”
と浮かれていた。


吉澤はサンドイッチを焦がしてしまうが、
アキラは
“ありがと”
といってもらっていく。


バイト中に
“アイワズアヒーロー”
という
アキラが加瀬や正己と見に行った映画が話題になっていた。


吉澤は
“あの映画人気なんだ…”
と思い加瀬に話題を振るがスルーされる。


吉澤は正己に前髪の長さを指摘されるため、
ユイに切ってもらう。


吉澤が休憩中の加瀬を事務所に呼びに行くと
アキラが
“もうデートしたじゃないですか”
と怒って出ていくところだった。


吉澤は加瀬に
“もしかして橘と付き合ってるんすか?”
と聞くと
加瀬は
“お前さもっと洞察力磨けよ”
と呆れる。


正己が吉澤の短い前髪に気付くと
“もう切っちゃったんだ”
と素直な吉澤を気に入る。


アキラは吉澤の前髪に全く気付いていなかった。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 16話のネタバレ

勇斗がハムスターを連れて店に訪れる。


その日は正己は休みの日だった。


アキラは
“そろそろあがりだしつきそいます”
と正己の家に行く口実に乗っかる。


カギが開いていたため二人は部屋に入る。


勇斗は
“汚いところですがごゆっくり”
という。


アキラは興味深そうに部屋を見渡す。


本棚には
“今すぐできる手品”
という本があり
アキラは正己を好きになったときのことを思い出し赤面する。


奥の部屋を覗くと書斎のような部屋だった。


沢山の小説と書きかけの原稿が散乱していた。


勇斗が
“おなかすいちゃった”
というので
アキラはあるものでオムライスを作ってあげる。


正己が帰ってくるので
勇斗は
“ビックリさせよう”
と提案する。


アキラは押し入れに隠れて、
勇斗は元気よく正己を出迎える。


正己はオムライスに気付くと
勇斗は
“作った”
という。


勇斗が正己のとこに来ているのは母親は知らないのだという。


勇斗が父の正己に懐いているが、
母を困らせない気遣いができるのが伺える。


正己はオムライスをみて
“本当に作ったの?”
と怪しんでいた。


正己は一口食べると
アキラは押し入れの中で正己の感想を緊張して待っていた。


正己は
“ちょっとしょっぺーな”
と忌憚のない感想を言う。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 2巻の感想

加瀬が清々しいほどクズ野郎でしたね。


アキラを
“キモい”
と嘲っていますが、
年下の女の子の弱みを握って無理やりデートしてキスするほうがよっぽど“キモい”と思います…


加瀬はアキラが年の近い自分に興味を持たないため、
正己に対して嫉妬しているのが丸わかりでカッコ悪いです。






正己とアキラのデートでは、
ニヤける正己を見た時のアキラの表情が可愛かったです。


また、
正己が電話を切ったあとに見とれたアキラの姿がとてもよかったです。


一ページ丸ごと使って立っているアキラが描かれていました。


そよ風でワンピースが身体に密着して、
アキラの細いけど陸上で鍛えた良い感じの身体のラインが出ています。


決して大きくはないけどふくらみのある胸と、
筋肉質だけど女性らしい丸みのあるお尻が見どころです!


“いやらしいエロさ”
ではなく
“芸術作品のようなエロさ”
に正己も思わず見とれてしまったのだと思います。






アキラは勇斗に懐かれているので、
その辺から責めていく作戦なのかもしれません。


勇斗は母親と住んでいるようですが、
正己にはよく懐いているので勇斗が
“このお姉さんに結婚してもらえよ”
と正己にいえば効果バツグンかもしれません。


正己もアキラを若いころの彼女(奥さん?)に重ねているので、
本気で困っているワケではないようです。


ラストシーンの正己のオムライスの感想がいいですね。


全く遠慮のない感想で
アキラも無言になっていました。


アキラの料理の腕はイマイチなようです。


押し入れの中のアキラの表情の微妙な移り変わりが見事でした。


目元の動きのみで
アキラの
“自分が作ったオムライスに店長はどんな感想を持つんだろう”
という緊張感が伺えます。


“好きな男に料理をしたときの味の感想を待つ女性”
の表情を正確に描けるのは女性作家ならではですね。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です


無料で「恋は雨上がりのように」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「恋は雨上がりのように」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「恋は雨上がりのように」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「恋は雨上がりのように」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。