ジェノサイダー 3巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


3巻には13~18話が収録されています。


⇒無料で「ジェノサイダー」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






ジェノサイダー 13話のネタバレ

「クソオヤジ、クソガキ、クソ女」

ナツミは病室で寝ているリカにお見舞いに行く。


リカを見るとリカとの思い出と、
自分が堕ちていった時の経緯を思い出す。


リカに
“あんたさえいなければ…”
と言われたような気がして
リカに声をかけずに去っていく。





アツシは泣きながら運転をさせられていた。


助手席には血まみれの鉄男がすわっている。


アツシは運転に集中できず
スピードを出し過ぎてしまい車は横転する。


アツシは鉄男が気を失っているうちに
自分のスマホを回収して車から抜け出し歩いて逃げる。


鉄男はすぐに目を覚ます。







ナツミの担当医は
目を覚まして錯乱しているナツミに鎮静剤を打つ。


看護師たちは
“うちでは手に負えない”
というが
看護師は鉄男との約束のため
“もう少しだけ様子を見よう”
という。






ケイタは売春させている女に仕事を依頼する。


危険ではあるが
“あんたの借金も一発でチャラになる”
というと女も同意する。


仕事とは保険金詐欺だった。


保険に入った状態の女に
実際に過失ゼロの交通事故に遭ってもらうというものだった。


本当に事故に遭うので危険だがアジャスターに怪しまれる可能性は低かった。


ケイタは女と面識のない運転手を手配する。






リカは病室で目を覚ますと非常階段まで行き飛び降りる。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「ジェノサイダー」で検索です



ジェノサイダー 14話のネタバレ

「ナツミちゃんは俺が守る!」

倒れているリカを警備員が発見し
すぐに治療が行われる。


命に別状は無かった。


担当医はすぐに鉄男に電話して報告する。


状況は明らかに自殺のため
“自分の手には負えないかもしれない。リカちゃんにはあなたしかいない”
と鉄男に付き添うことを持ち掛ける。


鉄男はリカと二度と会えない覚悟で復讐を行っていた。


“自分のしていることはリカのためにはならない”
と認識してはいたが
自分の中に潜むケモノを抑えることができない。


鉄男は
“リカのことはよろしく頼む”
といって電話を切ってしまう。






ケイタは女に車に轢かれる状況を説明する。


過失ゼロにする必要があるため
車に轢かれる状況は大事だった。


ケイタは
“失敗して死ぬ可能性もあるが、この女が死ぬということは自分も死ぬ”
と思い女に自分の命運を託す。


最後に
“ヘタに動くとマジで死ぬぞ”
と念を押す。


女は歩道で
“これであんな不潔なことしなくて済む”
と自分に言い聞かせている。


車がやってくると女はギリギリで恐怖で動いてしまう。


運転手は足を狙おうとするが
女をまともに轢いてしまう。





アツシは血まみれの状態で電車に乗り街に戻っていた。


パトロール中の警官に話しかけられると
助けを求めようかと思うがリカにしたことを思い出し逃げ出す。


ナツミはケイタに連絡を取るがつながらない。


アツシからメールが来て公園で会うことにする。


ナツミが公園に行くと血まみれのアツシが待っていた。


アツシは錯乱しながら
“ナツミちゃんはケイタに洗脳されてる、今は俺についてきてほしい”
と自分がケイタの代わりになるというが
ナツミは
“無理だよ”
という。


アツシは
“無理じゃない”
といってナツミを抱きしめる。


⇒無料で「ジェノサイダー」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






ジェノサイダー 15話のネタバレ

「ルールブレイカー」

アツシは
“ケイタを殺すと奴がいった”
と危険を知らせるが
ナツミは
“みんな死ねばいい、殺されたっていい、あたしたちみたいなゴミ人間”
という。


アツシはなりふり構わず
“ケイタに頼まれた”
と嘘をついてナツミを連れていく。







警察は鉄男の家の上田の遺体から事件性を調べていた。


鉄男は真面目で
上田には大量の前科があったため接点がわからなかった。


刑事の毛越は事件を解決する自身マンマンで動き出す。






鉄男は担当医に電話をする。


“君の思うこの世で最も苦しい死に方は何だ?”
という質問に対し
担当医は鉄男のしていることに見当がつく。


鉄男は
“すでに3人を殺した、まだ殺すべき奴らがいる”
事を打ち明ける。


担当医はリカを守る環境を整えることの優先性を説くが
鉄男は
“わかっていながらやっている”
といって電話を切ってしまう。


鉄男は
“ナツミはケイタとグルなのか?”
とナツミの立ち位置を掴めずにいた。


担当医の元に毛越が訪れる。


それと同時に
ケイタと車に轢かれた女が緊急搬送される。


ケイタは
“絶対助けろ、じゃないと俺がヤベー”
と喚いている。






アツシはナツミとラブホで一夜を明かすことにする。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「ジェノサイダー」で検索です



ジェノサイダー 16話のネタバレ

「過去には戻れない」

アツシはナツミとラブホテルにいる状況に興奮していた。


ナツミがシャワーを浴びている間に、
ナツミやケイタたちと出会った時の事を思い出す。


2年前
アツシはパチンコ店でバイトをしていた。


店に来ていたケイタが問題を起こし、
とばっちりを喰らい殴られる。


アツシはクラブで音楽を聞くのが好きだった。


偶然ケイタと再会して
“アレ俺の勘違いだった”
と軽く謝罪される。


ナツミを紹介されて
アツシは一目ぼれする。


アツシは
“DJになるのが夢”
というとケイタはアツシを気に入る。


それ以来
アツシはケイタたちとつるむことになる。


ケイタのコネで
飛び入りでDJをやらせてもらうことができる。


最初は楽しく遊ぶだけだったが、
ケイタはナツミを使った美人局にアツシを連れていくようになる。


アツシは
“犯罪だよなアレ”
と青ざめる。


帰り道にナツミと一緒になると
ナツミは
“私たちと関わるのやめた方がいい”
というが
アツシはナツミに惚れていたためそうはしなかった。


ナツミはシャワー室からバスタオル一枚で出てくる。


⇒無料で「ジェノサイダー」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






ジェノサイダー 17話のネタバレ

「居場所はどこだ」

ナツミと入れ替わりで
アツシもシャワーを浴びることになる。






鉄男は深夜の歓楽街にいる不良たちに
“菊池アツシを知っているか?”
と質問していた。


知らなかったり反抗的な態度を取られたら
問答無用で半殺しにしている。






テレビでは上田の葬式の様子が映されており
ナツミとアツシはそれを見ていた。


ナツミはケイタを心配している。





ケイタは小西の連れの女に
“もしかしたら女が死ぬかもしれない”
と電話している。


女はケイタが病院にいることに気付き
“アンタのこと調べられたらアウト”
とケイタのミスを指摘する。


小西がすぐそばで聞いていた様子で電話を代わり
“明日必ず全額そろえて持ってこい”
と夜の10時に時間を指定する。







鉄男はアツシの連絡先を知っている不良を見つけてアツシに電話をさせる。


アツシの居場所を聞き出させて
“1万円かしてほしい、とりにいく”
という約束をさせる。


アツシは急な申し出に困惑しながらも居場所を告げる。





毛越はリカの担当医から話を聞いている。


毛越は担当医が何か知っているのを見抜いている様子。


担当医は
“患者の父親ということ以外何も知らない”
という。


“上田のグループの事故車が見つかった”
という情報が入ったため刑事たちは病院から離れる。






鉄男はアツシがいるホテルに行くと
“受付してもらわないと困る”
という受付を殺害して部屋に向かう。


鉄男が部屋をノックするとアツシはドアを開ける。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「ジェノサイダー」で検索です



ジェノサイダー 18話のネタバレ

「大事だったひと」

ドアが開いた瞬間
鉄男はアツシに暴行を加え
“私から逃げられると思うな”
と恫喝する。


アツシが暴行を加えられている音にナツミは気づき息を殺して忍ぶ。






警察は鉄男の繁華街での連続傷害の連絡を受ける。


毛越はバーで愚痴っている担当医の話をキャバ嬢を使って盗み聞きする。


酒に酔った担当医がバーのマスターに愚痴っている内容から、

・鉄男が既に3人殺したこと

・動機は娘の強姦に対する報復

であることが判明する。






ケイタは金のメドが立たず
“小西からは逃げられない、捕まった奴を何人もみた”
と思う。


“殺される”
と悩んだ末に出した答えは
“殺すしかない”
だった。


小西が偽装のために借りているワンルームに侵入する。


小西の
“ありふれた生活の中に隠す”
という言葉を思い出し小型の銃を見つけ出す。






鉄男の暴行を受けてアツシは身動きできず倒れている。


鉄男は物音から他に誰かいることに気付く。


“恨みは無いが死んでもらう”
と見に行くとナツミだった。


鉄男は思わぬ形での再開に驚いている。


ナツミは変わり果てた姿の鉄男と対面して驚く。


ナツミは
“近寄らないで”
というが
鉄男は躊躇なくナツミを殴り昏倒させる。


鉄男はナツミを担いだ状態でアツシに
“お前を捕まえようと思ったが代わりに女をもらっていく、女を生きて返してほしければケイタを私の元へ連れてこい”
という。


アツシは朦朧とする意識の中で
鉄男がナツミに攫われたことを認識する。


鉄男はナツミをナツミの実家の佐敷野家へ連れていく。


ナツミの首には首輪とロープがついており、
気を失ったまま床に横たわっている。


鉄男は
“ナツミちゃん、できることならもう会いたくなかった…”
という。


⇒無料で「ジェノサイダー」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






ジェノサイダー 3巻の感想

鉄男はナツミを殺すつもりはなかったようですね。


“できることならもう会いたくなかった”
というセリフから伺えます。


鉄男の覚醒っぷりがヤバいです…


筋骨隆々になった上に
スキンヘッドで眉無しに眼鏡という明らかにヤバい見た目です。


エリの立てたロングコートに黒いスーツというのもバッチリと決まってますね。


上段回り蹴りやボディブローなどを見ると
もしかしたら空手の有段者なのかもしれません。


鉄男は無差別に暴行を振るいまくっていますが、
妻との結婚生活や仕事でのストレスなどが溜まりに溜まってこの場で一気に開放されているのかもしれません。


不謹慎ではありますが
鉄男を見た同じような立場のサラリーマンたちは溜飲が下がる思いでしょうね。


真面目に生きている人間からすると
半グレや不良というのは最も毛嫌いする人種です。


“粋がっているそういった奴らを躊躇なく半殺しにしたい”
という願望は
真面目に生きている人間ほど強いと思います。


このジェノサイダーという作品の評価の高さも、
そういったところを描いているからだと思います。


“特殊な訓練を受けたランボーのような男が虐殺する”
よりも
“普通の真面目なサラリーマンが覚醒する”
ほうが感情移入できると思います。






ケイタはラストで銃を手に入れています。


ケイタは小西に使うつもりですが、
鉄男には思わぬ障害が出来てしまったようです。


覚醒した鉄男でも
銃に対しては分が悪いと思います。


・鉄男はナツミをどうするつもりなのか?

・銃を持ったケイタをどうやって殺すのか?

最終巻も楽しみです!


⇒無料で「ジェノサイダー」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!


無料で「ジェノサイダー」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「ジェノサイダー」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「ジェノサイダー」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「ジェノサイダー」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。