花園メリーゴーランド 2巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


2巻には11~21話が収録されています。


⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「花園メリーゴーランド」で検索です



花園メリーゴーランド 11話のネタバレ

「立入禁止区域」

基一は民宿の自室の布団の中で
先ほど雪の中で澄子を抱きしめたことを後悔していた。


母親のミズエに迫られた後だということを考えると
“オレの行動ってすごくいい加減”
と思考がめちゃくちゃになっていた。


翌朝
雪は止んでいた。


祖母が朝食を部屋まで運んできて
“今日はこの部屋から出るな”
と注意する。


窓から外を見ると
村人たちはソワソワしている。


“何かあるのか?”
と基一は不審に思う。


夕方
トイレに行く際に
“昨日はゴメン”
と澄子に謝ろうと思っていた。


澄子の部屋を覗くと
澄子は化粧をして着物姿だった。


澄子を誰かが迎えに来たので咄嗟に隠れる。


澄子がお守りを落としていったので届けようと外に出て後を追う。


外出している基一に村人たちは怪訝な表情を向ける。


“部屋から出るな”
と言われていたことを思い出し、
できるだけ人目につかないように移動する。


ミズエの姿を確認したことで澄子が入って行った家を特定する。


外から部屋の中を見ると
昨日車で送ってくれた男と澄子が部屋で向き合っていた。


二人は雑談をしながら奥の部屋に入って行く。


⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「花園メリーゴーランド」で検索です



花園メリーゴーランド 12話のネタバレ

「闇に浮かぶ花」

基一は二人の声が聞こえなくなったので、
家に侵入する。


物音を立てないようにして
二人の声がする部屋のすぐ近くまで移動する。


部屋の戸は曇りガラスだったが、
中の電機が消えていたためほぼ何も見えない。


何かが動いている気配と
二人の荒い息づかいが伝わってくる。


“痛くしない”

“足広げて”

“ちゃんと濡れてる”

などの声と
澄子が恥じらう声が聞こえてくる。


何が行われているかは想像ができて、
ほぼ間違いなく想像通りであることが伺える。


最終局面に差し掛かったのが、
中の二人の会話から察して取れた。


基一は襖を少し開けて中を覗く。


澄子が裸で仰向けになっており男が挿入していた。


澄子は基一と目が合うと
怒った表情で枕を投げつける。


⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「花園メリーゴーランド」で検索です



花園メリーゴーランド 13話のネタバレ

「夜の渦へ」

基一は男に気付かれる前に逃げ出す。


澄子は男には
“猫がいた”
といって誤魔化していた。


基一はパニック状態になり
“あの人(サキ)なら…(まともかもしれない)”
と思いサキを探す。


先ほどサキが
“公民館に行く”
と言っていたのを思い出し
基一を心配して近づいてきた女性に公民館の場所を聞く。


基一が公民館に走っていくと
その女性は慌てていた。


基一は公民館の中に入ると
ふんどし姿の若い男4人と、
サキなどの不良中年4人がいた。


全員が驚いた表情を基一に向ける。


部屋には布団が4つ敷かれていた。


基一は咄嗟に逃げ出すが
サキが捕まえる。


基一を公民館に連れて行き
“どうするか?”
について話し合う。


ヤエは
“兄ちゃんにも参加者になってもらうほかない”
という。


⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「花園メリーゴーランド」で検索です



花園メリーゴーランド 14話のネタバレ

「トップシークレットの夜」

公民館での出来事は
この村の厳しい掟であることが全員の緊張した様子から伺える。


昔も基一のようによそ者に見つかったことがあったが、
その時は参加者になってもらうことで免責となっていた。


基一をこのまま返した場合、
その場にいる全員が罰を受けることになってしまうという。


ミズエが基一を探して訪れる。


ミズエも基一の処遇について話に参加して
サキは
“コレみられたら村にとって致命的”
と頭を抱える。


基一は泣きながら
“参加します”
という。


“自分が悪い、おばあさんの忠告を聞かなかったから…”
と思い
ただこの状態から逃れたかった。


ミズエが来たことでちょうど5対5になっていた。


そうと決まると
“本来はめでたい儀式”
と一転してみんなの表情は明るくなる。


基一はその場に会った手ぬぐいで代用する。


組み合わせはあみだくじで決められた。


ミズエは息子のマサシと当たらずに安心している。


基一の相手はサキだった。


それぞれが女のリードで布団に入って行く。


男は全員が初めてであることが伺える。


切羽詰まった基一の唯一の救いは
何度か話したことのあるサキが相手だということだった。


サキは不安な表情の基一を心強くリードする。


他の布団では既に始まっていた。


基一とサキと同様に女がリードしているのを見て
“この村の性教育の場”
であると理解する。


サキは基一の緊張と動揺を察して、
他の布団のペアよりもゆっくりと進めることにする。


上着を脱いで背中を基一に向けてブラジャーを外すように指示する。


⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「花園メリーゴーランド」で検索です



花園メリーゴーランド 15話のネタバレ

「女体」

基一はサキの指示通りブラジャーを外す。


サキは仰向けになって胸を見せつける。


サキの胸に釘付けになって固まっている基一に、
サキは丁寧に指示を出す。


基一は思考が鈍り言われた通りする。


下腹部を基一に触らせながら
注意点なども教えていく。


サキはちゃんと指示に従う基一に
“上手いな兄ちゃん”
という。


“入れてみっかそろそろ”
というが
基一は動きを止めてしまう。


サキは基一の心中を察して
“深刻に悩むことじゃない”
というが
基一は踏ん切りがつかなかった。


サキは
“最後に一回だけ抱っこしよう”
と言って基一を優しく抱き寄せると、
自然と挿入される。


サキは
“ほれ、こんだけのことだっぺ”
と囁く。


⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「花園メリーゴーランド」で検索です



花園メリーゴーランド 16話のネタバレ

「絡みあう男女」

入ったことに浸っている基一に
サキはピストン運動を指示する。


基一は上手く動けなかったので
サキは
“もっと、こう…”
といって自分から動かす。


基一は快楽に驚いて果ててしまう。


ぐったりとした基一に、
サキは後始末をしてあげる。


基一がサキに年を尋ねると
“28”
といわれる。


他の布団も終わっており
みんなで休憩していた。


女たちは慣れた様子で談笑している。


男たちはまだ恥ずかしそうだった。


マサシとヤエは既に2回目を行っていた。


他のペアも休憩を終えると二回目に入る。


サキは体位を変えたり激しく突くように指示したりで、
自分も楽しんでいた。


最期はサキが上になって基一は果てる。


サキは満足そうな表情で
“今日は兄ちゃんと当たってうれしかった”
と微笑む。


⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「花園メリーゴーランド」で検索です



花園メリーゴーランド 17話のネタバレ

「夜・月・朝」

最期にみんなで念仏を唱えて掃除をして解散となる。


基一は昼過ぎに民宿の自室で目を覚ます。


澄子が昼食を運んでくると
基一は咄嗟に布団に入って身を隠す。


基一は
“ふられたみたいなモンだよな…”
と澄子のことを思い出していた。


布団の中で落ち込んでいると
祖母に手伝いを頼まれる。


女たちは雪かきをしていたので基一も加わる。


基一がサキとペアになったことは知れ渡っているようで、
女たちは楽しそうにその話をしている。


“もうお客さんじゃない”
と言って
基一に対してみんな温かく接してくる。


休憩時に公民館の在り処を教えてくれた女性が心配そうに基一に話しかける。


女性は
“ここの人達おかしい”
と村の風習を恥ずかしそうにしている。


その女性は普段は埼玉の中学で教師をしており、
現在は帰省中だという。


“私は常識のある普通の大人、カウンセリングが必要だったら言って”
といって戻っていく。


基一は仕事を終えて民宿に戻る。


夕食の時に澄子の顔を見れなかった。


基一は風呂上がりに部屋に戻る際に澄子に話しかけられるが、
軽く相槌をしただけで部屋に戻る。


澄子は
“なんであんなところにいたの?どうして見たの?”
と詰め寄る。


⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「花園メリーゴーランド」で検索です



花園メリーゴーランド 18話のネタバレ

「出口の入口」

基一は
“おまもり”
というので部屋に行ってお守りを渡す。


それを届けようとしただけと弁明する。


澄子は涙ぐみながら
“軽蔑してる。私の事、村の事”
と基一を責める。


澄子は
“見るからいけない、見た方が悪い”
というが
基一は
“俺の方が泣きたい、こんなワケわかんないとこ取り残されて”
というと激しい口論になる。


“変じゃない”
という澄子に
“あきらかにおかしい”
と基一は主張する。


基一は
“教育と言ってあんなおっさんと誰とでもやるのがおかしい”
というと
澄子は怒りで襖を破壊する。


澄子は逆上して部屋に入り服を脱ぎ出す。


基一が
“やめろ”
といっても聞かないため
強引に部屋の外に出して突き飛ばす。


基一は
“きみだけはまともだと思っていた…”
といって襖を閉める。


弟のマサシがやってきて
“ねーちゃんさ、おめーのこと好きなんじゃね?”
という。


基一は赤くなっていると
マサシは
“めーはいいほう、相手がサキ姉ちゃんで。俺なんかヤエババア”
とブツブツいって自室に戻っていく。


⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「花園メリーゴーランド」で検索です



花園メリーゴーランド 19話のネタバレ

「大人の遊び」

翌日は朝から仕事を手伝う。


基一は仕事中も澄子とマサシの言葉を思い出していた。


昼食休憩の時
若い男たちが集まって一緒にご飯を食べる。


マサシは基一に
“おまえ今夜襲ってやれよ”
というと
他の男たちは羨ましそうにしている。


“澄子だったら俺も行きたい”

“俺は由美に行く”

など夜這いの話で盛り上がっている。


夕方に仕事が終わると
尻もちをついた女を基一は起き上がらせようと助ける。


女は何かに気付いた様子で
基一を逆に自分の方に引き込んで誘惑する。


基一は狼狽して逃げようとするが
女の口車に乗せられてその場で抱っこの状態で挿入する。


その女はカナという女で、
ヤエが様子を見に来るとヤエもちょっかいを出してくる。


カナは笑いながら
“くんな”
というが
ヤエはお構いなしで後ろから触りだす。


3人はバランスを崩して転んで泥だらけになってしまうが、
帰り道は楽しそうにしている。


基一は民宿で手を洗いながら
“悩むのがアホらしい”
とにやけている自分に気付く。


⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「花園メリーゴーランド」で検索です



花園メリーゴーランド 20話のネタバレ

「悪意の朝」

手を洗って部屋に戻ると
自分の荷物が入ったバッグが水浸しになっていた。


澄子の嫌がらせだとすぐに気づく。


食事の席に行くと澄子は不機嫌そうな顔をしていた。


基一は昨晩
裸の澄子を追い出して恥をかかせたことを思い出す。


先ほどのカナとのことも思い出し
“最悪だなオレ”
と思う。


ミズエは
“寺から刀剣が見つかった”
と基一に知らせる。


基一は
“烏丸が見つかった”
と嬉しそうにする。


“明日は烏丸を手に入れて帰ればいい”
と思う。


翌朝
除雪車が来たことで橋が直ったことが伺える。


郵便が来て金も払うことができた。


サキの車で橋まで送ってもらう。


サキは
“あの夜のことはよそ者には口外しないで”
といいうと
“わかってます”
とこたえる。


サキは笑顔で基一を送り出し別れを告げる。


基一がつり橋を歩いて渡っていると
反対側から原付に乗った澄子がやってくる。


基一は謝るチャンスだと思っていると
澄子は烏丸を取り出す。


基一は嬉しそうにお礼を言おうとすると
澄子は烏丸を橋の下に放り投げる。


⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「花園メリーゴーランド」で検索です



花園メリーゴーランド 21話のネタバレ

「落下」

基一は激怒して澄子を殴りつける。


すぐに橋の上から烏丸の位置を把握して取りに行く。


次のバスは諦めることにする。


崖を伝って下に降りると
足を滑らせて落ちて捻挫してしまう。


足の痛みで苦しんでいると
女性教員とその妹が車で通りかかり発見して助けてくれる。


二人の家に連れて言ってもらい意識を取り戻すと、
基一は電話を借りてマサシに連絡する。


マサシに烏丸のことを話して何とか取ってきてもらおうとする。


危険なためマサシは嫌がるが
“交換条件”
を持ち出す。


マサシが出した条件とは
中学教師の幸枝の妹への夜這いの手伝いだった。


番犬のような幸枝の目を逸らすのと
妹に了承を取ってをくのが基一の役割となる。


基一は幸枝の妹に
“マサシが今夜夜這いにくる”
というと
“生意気に大人になったんだ”
と笑って妹は楽しそうにしている。


しかし幸枝に見つかったら即追い出されるので
“来れたらだね”
という。


基一は幸枝にあてがわれた部屋に戻り
澄子のことを思い出し怒っていた。


⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「花園メリーゴーランド」で検索です



花園メリーゴーランド 2巻の感想

村の風習が羨ましいような気持ち悪いような…


この村はHIV持ちが一人でもいたら全滅しそうですね…


そういうことが無いように
よそ者に対して警戒心が強いのかもしれません。


基一のようによそから期間限定で迷い込んだ未成年男性にとっては夢のような環境でしょうね。


基一は運よくサキと組んだので、
このことを後悔するということは無いでしょう。


ヤエと組んだマサシは気の毒ですが、
誰よりも先に二回戦に突入していたのでそこまで深刻に考えていないようです。


サキは28歳なので、
全然おばちゃんではないですね。


サキは
“おばちゃん”
と呼ばれることを嫌がっていないため、
この村ではその線引きがかなり若いのかもしれません。


基一がサキと経験したことは
約5万円相当のサービスです。


これをタダで(しかも罰だと思っていた)受けられた基一はかなりの幸運でしょう。


烏丸を入手できなくても十分すぎる経験をできたと思います。






もしかしたら
大昔の性に対する認識はこの村のような感じだったのかもしれません。


今はネットが発達してだれでもSNSで情報を発信できます。


もし日本のどこかにこんな村があったら、
あっという間に明らかになり炎上するか男が押し寄せるしょうね…






澄子の烏丸を捨てる行為は酷すぎますね。


“拗ねて可愛い”
を遥かに通り越しています。


基一が思わず殴ってしまったのも頷けます。


澄子がそこまでしたのも
基一を好きになってしまったからかもしれません。


嫌いな男に対する嫌がらせのためだけに
遠くの町まで烏丸をとりにはいきませんよね。


しかもワザワザ
“目の前で投げ捨てる”
という当てつけをどうしてもしたかったように伺えます。


基一の烏丸の救出ミッションは
とりあえずは幸枝が難関なようです。


どうやって幸枝の目を誤魔化すのでしょうか…


まさかの基一が幸枝に夜這い…
もあるかもしれません。


⇒無料で「花園メリーゴーランド」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「花園メリーゴーランド」で検索です


無料で「花園メリーゴーランド」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「花園メリーゴーランド」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「花園メリーゴーランド」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「花園メリーゴーランド」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。