ハレ婚 3巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

3巻には18~27話が収録されています。

⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 18話のネタバレ

「我慢する女しない女」

小春はコーヒーの勉強をするが、
難しすぎてすぐに挫折する。


ユズの部屋から龍之介とユズが楽しんでいる声が聞こえてきて、
恥ずかしくなり家の外に出る。


裏小屋の中から明かりが見えたので
恐る恐る覗いてみる。


グランドピアノが置かれており、
マドカが泣きながら鍵盤を軽く叩いていた。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 19話のネタバレ

「忠犬女」

マドカは小春に気付くと外に出てくる。


マドカは
“誰にも言わないで”
という。


マドカが
“龍之介は私の全て”
というので
小春は自分も好きな人ができるとそうなるから気持ちはわかるという。


小春はそれでも
“我慢はよくない、ストレス溜まるだけ”
というがマドカはほっといてほしい様子。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 20話のネタバレ

「許せない女」

小春は放っておくことができないという。


マドカは小春の自分勝手さを指摘して
“何とかした方がいいのはアナタ”
という。


小春は落ち込むが
マドカと口論になり騒ぎを龍之介が聞きつける。


小春はマドカがピアノを弾いていたことを言ってしまうと、
龍之介は顔をしかめる。


マドカは龍之介に謝る。


ふたりの間では何かしらの約束があったようだが、
小春はそれを把握する前に二人とも部屋に戻っていく。


翌日
小春はユズにそのことを聞いてみる。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 21話のネタバレ

「とらわれる女」

ユズは
“呪いのピアノ”
について説明する。


龍之介はピアノを捨てたがったが、
マドカが強く反発したのだという。


“捨てない代わりに弾かない”
という約束だったが
マドカは破ってしまった。


ユズは
“あいつはワザとやった”

マドカがわざと約束を破って、
龍之介に気付かれるように仕向けたと推測していた。


小春が店の手伝いをしていると、
友だちがやってきて動画を見せる。


動画では龍之介が何かのコンクールでピアノを弾いている。





龍之介はグランドピアノの上にマドカを拘束して
“お仕置き”
を楽しんでいた。


目隠しをして半裸のマドカの体に
冷たい氷から滴を垂らしている。


龍之介は
“なんで弾いたの?”
と尋ねる。


マドカは小春に対する嫉妬心と
龍之介がピアノを弾いていたころを思い出して落ち着くという。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 22話のネタバレ

「女々しい女」

龍之介が
“だてのスケ”
という名で活動していた作曲家であることが判明する。


小春は驚くが
母は知っていたので
“普通相手の正体も知らずに結婚するかしら…”
と呆れている。


小春は
“あいつまだ何か隠してる”
と思う。






龍之介はマドカに
ピアノはもう弾きたくないという。


龍之介は
“思い出したくもない”
といって
他の要望をマドカに訪ねる。


マドカは
“子供が欲しい”
という。


龍之介は驚くが
ハレ婚がそもそも少子化対策であることを思い出す。


龍之介は
“子供が出来たら働く(ピアノを弾く)だろう”
というマドカの魂胆に気付く。


マドカが約束を破った理由が全て判明したため、
マドカを解放する。


小屋のそとに小春がいたため、
マドカは見せつけるように龍之介に抱き着く。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 23話のネタバレ

「嵐を呼ぶ女」

夕食の際に
小春は龍之介に
“おい、変態作曲家”
と話を振る。


龍之介は
“作曲家”
と言われたことにあからさまに表情をしかめる。


ユズは小春の行儀の悪さを注意する。


龍之介がはぐらかそうとするため、
小春は動画を見せると龍之介は
“それ僕に見せないで”
といって豆を投げつける。


マドカは
“ワケあって活動休止中”
と説明して
そのことには無闇に触れないように注意する。


しかし
家のリフォームの話になると
“そんなお金ありません”
といって
龍之介に働くように間接的に意思表示する。


龍之介もマドカの意思には気付いている。






ユズは小春を連れて買い出しに行く。


小春は荷物持ちを愚痴るが
“普段なんの役にも立たない”
と言われる。


ユズは小春の覚悟の決まらなさを指摘する。


“家事もしない、金もない、抱かせてもくれない、口を開けば文句ばっか、そんな嫁我慢できるか?”
と龍之介の立場からの小春を説明すると、
小春も
“絶対無理”
と青ざめる。


ユズは
“嫁だって続けるためには努力が必要”
という。


家に帰るとそこらじゅうで雨漏りしていた。


マドカはチャンスだと思い
“今こそ真剣に考えるべきです”
という。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 24話のネタバレ

「働く男」

龍之介は
“働く”
というが
音楽関係は嫌だという。


他にも無茶な要求を言い出すが、
マドカは
“龍之介さんが一般企業で働くなんて…”
と無理だと察している。


やる気のない龍之介に小春は
“働いたら認めてあげる”
というので龍之介はほくそ笑む。


龍之介はさりげなく
“ご褒美”
の約束をする。


嫁3人でパソコンの求人情報を調べる。


“学歴不問”
の場所があったので翌日行ってみることになる。


翌日
龍之介はリクルートスーツに着替える。


途中までは小春と一緒に行く。


小春は
“面接に遅れたら困る”
と自転車を龍之介に貸す。


龍之介は自転車に乗ると
明らかに乗り慣れていなかった。


小春は
“アンタ大丈夫?”
というと
龍之介は
“【アンタ】…か”
と寂しそうな表情をする。


龍之介は後で店によると言って面接に行く。





店が閉まる時間になっても龍之介は来なかった。


家に帰ると
途中で田んぼに落っこちたのだという。


自転車に乗るのも初めてだった様子。


仕事の面接先の会社には
“もう来るな”
と言われていた。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 25話のネタバレ

「とりあえず働く男」

ユズの父の経由でバイトがあるという。


役所でのバイトで
“ハレコング”
というゴリラの着ぐるみを着て
ハレ婚をPRする仕事だった。


ユズの父の市長は
“ハレ婚のイメージアップはお前にかかっている”
と気合が入っている。


市長は
“龍之介くんの知ってるハレ婚の魅力を語ってくれればいい”
という。


龍之介は入籍に来たカップルに
ハレ婚を勧める。


カップルは見た目に驚いた上に、
男の浮気が判明しそうになる。


龍之介は子供に
“ゴリラだー”
と蹴り飛ばされる。


子供にハレ婚の魅力を説明すると
母親は
“うちの子はハレ婚なんかしません”
と怒り出す。


市長はその様子を見て悲しんでいる。


特に女性からの反発が強くて
ツイッターが炎上したのを思い出している。


小春が
“そういう街があってもいいんじゃないかな”
というと
市長は元気をとり戻る。


その日の給料は1万円だった。


日給にしては多いが
単発の仕事であることが判明する。


それでも
龍之介は約束が履行されたことを主張する。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 26話のネタバレ

「浅い女」

龍之介との約束を履行しようとしない小春に
ユズは
“結婚しといていつまでもうっとうしい”
と苛立ちを見せる。


マドカは
“良かったわね、構ってもらえて”
と失笑する。


小春は龍之介の責任を無理やり指摘するが
龍之介は
“浅い”
といって風呂にいく。


小春は
“なんでこんなにバカにされなきゃいけないの?”
と思い
龍之介が入っている風呂に乗り込む。


龍之介が驚いていると
小春は
“私だってガキじゃないのよ”
と言って服を脱ぎ出す。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 27話のネタバレ

「飛んで火にいる夏の女」

小春は電気を消して
龍之介に目をつぶっているように指示する。


龍之介は大人しく指示に従う。


小春は裸になる。


龍之介は
“どうしたの急に?馬鹿にされてムキになっちゃった?”
と挑発すると
小春は
“まっとうな嫁らしいことくらいできる”
と怯まずに小さい湯舟に入ってくる。


龍之介は小春に一言言ってから目を開ける。


小春は恥ずかしそうに縮こまっている。


龍之介は
“「茶臼がらみ」でどう?”
というが
小春は何のことだかわからない。


小春はこれで精いっぱいというが
龍之介は
“僕キミのこと好きなんだってば”
と何もしないのはあり得ないという。


小春は
“好きなら何もしないでしょ、本当に傷つけるようなコトしないでしょ”
と不安な表情でいう。


龍之介は小春に対する気持ちを試されていることを察する。


龍之介は風呂の蓋を抜く。


水かさが減っていくため小春は慌てる。


龍之介は楽しんでいる。


小春は照れながら蓋を奪おうとするが、
龍之介にのしかかる形になる。


龍之介は
“これ、茶臼がらみ”
という。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 3巻の感想

小春が独善的過ぎてウザすぎて酷いです。


マドカがピアノを泣きながら弾いているのを見て、
おせっかいを焼いています。


マドカは
“放っといて”
と念を押すのに完全無視です。


自分の我儘や身勝手は通すのに
龍之介を頑なに拒む辺りは本当に子供っぽくてイラつきました。


龍之介と風呂に入ったのも
ただの意地を張っただけのようでした。


全裸で一緒に風呂に入るのはOKだけど触るのはNG
というのが身勝手すぎてむちゃくちゃですね…





龍之介のハレコングのバイトシーンが結構面白かったです。


“ハレ婚に対する普通の反応”
をちゃんと市民たちがしていました。


この作品はリアルさと
“ありえない法案であるハレ婚”
のバランスが非常に重要となります。


そのバランスが崩れてしまうと
一気に浅いハリボテのような作品になってしまいます。


“一般市民には受け入れられていない”
事をハッキリと描いていたので、
読者側の感覚とズレが無いことに安心しました。


“その地区の人達はハレ婚に大賛成”
だとやはり違和感ありますよね。


特に母親が
“うちの子はハレ婚なんかしません”
と怒っていたシーンは
“世の母親は絶対にこの発言するだろうな”
と思ういいシーンでした。






ユズの良妻っぷりで
小春が完全に咬ませ犬になっている感じでした。


ユズは最年長らしく、
小春や龍之介の行儀の悪さをちゃんと注意しています。


小春に無関心なマドカとは違い
ユズは覚悟が決まらない小春にまっとうな注意もしています。


ユズはギャルのような見た目の割に一番まっとうですね。


こういうタイプのギャップには男は弱いです。


マドカとは違い
裏表なさそうで付き合う人によって態度を変えなそうなところも好印象でした。


マドカは面倒くさそうなので、
美人でもあまりもてないでしょうね…


もちろん
ぶっちぎり最下位は小春だと思いますけど…


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です


無料で「ハレ婚」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「ハレ婚」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「ハレ婚」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「ハレ婚」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。