ハレ婚 2巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

2巻には8~17話が収録されています。

⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 8話のネタバレ

「身も蓋もない女」

龍之介は小春の決意を確認する。


“僕のモノになること、僕だけを愛し、僕のために生き死ぬ”
というと
小春は
“プロポーズしたのあんたでしょ?”
と困惑する。


小春は龍之介の
“妻は自分の所有物”
という考えに納得がいかないが
龍之介は
“自分のモノを命がけで守る”
と覚悟はあるという。


小春にもその意思があるか尋ねると
小春は
“やったことないからわからない”
という。


ユズは呆れるが
龍之介は
“そりゃそうだ”
と笑う。


龍之介と小春は結婚することになり、
妻の二人も承諾する。


ユズは
“念願の結婚式があげられる”
と喜んでいる。


ユズはどうしても結婚式をあげたかったようで、
龍之介とは
“小春が結婚に承諾したら4人でならやる”
という約束をしていた。


小春は嫌がるが
“やるならみんなで”
と言われる。


ハレ婚には先にいる妻たちのサインが必要なため、
小春は仕方なくやることにする。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 9話のネタバレ

「両手に義父…の女」

4人は早速結婚式を手配して、
花嫁たちはウエディングドレスに着替える。


“本当に花嫁が3人いる”
と小春は本当に自分がハレ婚をするのを認識する。


待ち時間に小春はペペロンチーノを食べており、
母親に注意される。


市長がいて待合室で喜んでいた。


市長はユズの父であることが判明する。


ユズの父とマドカの父は来ていたが、
小春の父は来ていなかった。


1週間前
小春は龍之介と一緒に両親に報告に行っていた。


父は呆然として
“身売りじゃないか”
という。


龍之介に店の借金を肩代わりしてもらったためだった。


龍之介は
“小春を愛している”
というが
小春は
“それはない”
とハッキリという。


小春は
“とにかくもう決めた”
と強引に話を進めて
父を怒らせてしまう。


式が始まると
小春は父がいないため
ヴァージンロードを一人で歩くことに気付き青ざめる。


母も嫌がっていた。


ユズとマドカの父が気を利かせて、
小春を真ん中にして両端から手をつなぐ。


ドアが開くとその光景に参加者たちは笑いをこらえる。


龍之介も笑っていた。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 10話のネタバレ

「また家を出た女」

ユズから龍之介とキスをする。


マドカはユズの直後で嫌がり
仕方なくおでこにキスをする。


小春はそれを見て
“おでこアリ!?”
と自分もおでこを希望する。


龍之介は
“頭突きはナシだよ”
とやる気満々で
小春も覚悟を決める。


しかし
小春からニンニクの匂いがしたため
龍之介は手に切り替える。


小春は
“助かった、毎日ニンニク食べよう”
と思う。


神父は4人の結婚の成立を認める。





小春は婚姻届けを母に書いてもらい
新居に移動する。


新居は広くて古風な和風の屋敷で老朽化が進んでいる。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 11話のネタバレ

「肩身の狭い女」

小春が荷物を持ち込むと
家具や家電が無いことをユズが嘆いていた。


生活費が厳しいようで
少しでも足しにしたかった様子。


一番立場の弱い小春は
一番ぼろい部屋をあてがわれる。


小春は自室の掃除から取り掛かる。


龍之介がちょっかいを出しに来ると、
小春は悲鳴を上げて嫌がる。


晩御飯はユズが用意をしていた。


小春はつまみ食いをして怒られる。


あらためてメンバー紹介となる。


ユズは26歳で家事全般、
マドカは21歳で家計と龍之介のマネジメント。


小春はマドカが年下と聞いて驚く。


家計が厳しいということを聞いて、
小春は3000万のお釣りを龍之介に手渡す。


ユズはトイレのリフォーム、
マドカはお風呂のリフォームを主張する。


どちらも譲る気が無いため龍之介の意見を求めると、
エアコンの購入で落ち着く。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 12話のネタバレ

「現行犯の女」

小春はユズの皿洗いを手伝いながら、
どのように寝るのかを尋ねる。


それまでは交代制だったが、
これからはローテーションになるという。


龍之介が日によってそれぞれの部屋を訪れるというものだった。


その日はマドカの日だったようで、
マドカは龍之介と風呂に行く。


小春は明日は自分の番だということを告げられて青ざめる。


嫌がる小春にユズは
“夫婦なんだからフツーでしょ”
と苛立ちを見せる。






龍之介はマドカの部屋を訪れていた。


マドカは小春のことを
“ずっと思い続けてやっと手に入れたんでしょ”
というが、
龍之介はマドカの前では他の女の話はしたくないという。






小春は風呂でユズのシャンプーを使おうとして注意される。


“嫁の私物を勝手に使うべからず”
はルールの一つだった。





翌日
全員で市役所に届け出に行くため車に乗り込む。


ユズ以外は車を運転できないため
ユズは
“どいつもこいつも使えねー”
とボヤきながら運転する。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 13話のネタバレ

「一度死んだ女」

役所に行くとハレ婚の手続きになる。


居合わせた主婦たちは
“本当にいるのね”
とヒソヒソ話をしている。


小春は
“私だって好きでやってんじゃない”
と恥ずかしそうにしている。


帰り道にスーパーによる。


ユズは小春のやる気なさを龍之介に
“こんな調子じゃ迷惑”
とボヤく。


龍之介は荒療治をする気なため
ユズは
“暴力はダメよ”
と釘を刺す。





その晩は小春のローテーションの日だった。


小春は
“自分は死んだ”
と言い聞かせて瞑想する。


龍之介が訪れると
小春は
“どうぞご自由に”
と布団に寝転がる。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 14話のネタバレ

「Bの女」

龍之介は
“適当にやり過ごそうなんて許しません”
といって小春をからかうと
小春は無理矢理キスされたことに怒って枕を投げつける。


小春は
“結婚したからって何でもアリじゃない”
と龍之介に掴みかかる。


予想以上の反撃に龍之介も慌てる。


小春は男性と接触するのが苦手だと打ち明ける。


たとえ好きになった人とでも
気持悪いと感じてしまうという。


龍之介は
“可愛いだけが取り柄なのに不憫”
と涙を流すと
小春は馬鹿にされていることに気付き苛立つ。


龍之介は
“リハビリ”
を提案する。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 15話のネタバレ

「返り討ちの女」

小春は龍之介のちょっかいに悪意を感じるという。


龍之介は
“小春ちゃんが可愛いからつい”
という。


小春は泣きまねをするが龍之介には効果が無い様子。


龍之介は嫌がる小春を無理やりする妄想をして
“それはそれで…”
と思うが小春の意思を尊重することにする。


龍之介は
“リハビリに協力しないなら強引にするしかない”
ということを伝えると
小春は観念して
“なにすればいいのよ?”
という。


その晩は
同じ布団で寝るだけと龍之介は言う。


“近くにいることに慣れる”
だけにするという。


電気を消して二人で横になるが
小春は寝付くことができない。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 16話のネタバレ

「満足できない男と女」

小春は龍之介も寝ていない事を確認して
“なんでハレ婚なの?”
と聞いてみる。


龍之介はゲームにたとえる。


自分は“遊び人”
仲間には
“僧侶”、“魔法使い”、“武闘家”
が欲しいという。


小春は
“あんた勇者じゃないの?”
ときくと
“そんなキャラじゃない”
という。


“遊び人は賢者になれる”
という共通の認識に気付くと
小春は
“変なやつ”
と楽しそうにほほ笑む。


小春の笑顔に
龍之介は我慢するのが出来なくなり、
“居間で寝る”
と苛立ちながら出ていく。


龍之介は
“目覚める、無理”
と息が荒くなっている。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 17話のネタバレ

「イージーな女」

翌朝
マドカはあからさまに機嫌が悪かった。


ユズは
“嫉妬”
だと説明する。


ユズは昨晩の龍之介の不機嫌を指摘して
“どんなプレイで困らせちゃったの?”
と小春を弄る。


小春は赤面しながら
“あたしヤってない”
という。


小春は不機嫌なまま家の喫茶店を手伝うが、
母に注意される。


小春は愚痴るが
母は
“龍ちゃんは家族を救ってくれた恩人”
と呆れている。


龍之介がコーヒーを飲みに訪れる。


龍之介は小春のことを
“素直すぎて自分以外の男がそこに付け込んだら心配”
というと
小春は東京で散々騙されたことを打ち明ける。


龍之介は
“これからは僕がいるから大丈夫”
といってコーヒーを褒める。


母が淹れたものだったが
小春は自分が淹れたことにする。






その日はユズの番だった。


ユズは昨晩の事を聞き出し
何もしていないことを知る。


ユズは龍之介の扱いに慣れている様子で、
マドカの時のように龍之介は注意をしない。


会話と行為の主導権もユズが握っている。


ユズは声を
“我慢するわけない”
という。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 2巻の感想

小春がクソ過ぎて酷いですね。


結婚した癖に我儘ばかり言って不貞腐れています。


精神年齢は小学生レベルに感じました。


龍之介には3000万出してもらい
父の店を救ってくれた大きな恩があるハズです。


そのことを全て承認して小春も結婚したハズです。


にもかかわらず
龍之介にキスすら許していません。


龍之介と二人の妻たちは豪邸を失ったのに、
そのことで必要以上に小春を責めていません。


小春以外の
他の三人の方がよっぽど好感がもてました。


特にユズはいい女ですね。


派手で台所なんか立ちそうにない見た目の癖に、
料理は得意なようです。


さらに龍之介に
“暴力はダメよ”
と小春の身を案じるような発言もしています。


いい意味で
“最年長”
らしさを感じました。


ユズは龍之介との会話でも主導権を握てっており、
他の女を話題に出す余裕があります。


龍之介もユズに主導権を握られるのを心地よさそうでした。


ユズは子供が生まれたらいい母親になりそうです。






龍之介が小春に執着する理由がイマイチ納得がいかないので、
“龍之介と小春の過去”
がますます気になります。


二人に何があったのか早く知りたいです。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です


無料で「ハレ婚」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「ハレ婚」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「ハレ婚」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「ハレ婚」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。