ギフト±(漫画) 7巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


7巻には57~65話が収録されています。


⇒無料で「ギフト±」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ギフト±」で検索です



ギフト±(漫画) 57話のネタバレ

「受精卵」

タクマ、廣瀬、桜田は環の出生の理由について、
戸籍が無いことから
“人ではなく臓器提供のためだけ”
に生まれたと推測する。


タクマは詳しい経緯は知らなかったが、
環が極秋会病院から英医院に回されたという。


英医院は極秋会病院から多額の援助を受けており、
危険な仕事を断ることができなかった。


廣瀬は真琴がタクマと会った時期と、
秋光正がプティシャトンで会った時期が被ることを指摘する。


3人は秋光正が真琴を身受けしたのは、
売春ではなく
“臓器提供者の母親探し”
が目的だと推察する。


正の孫である渉は先天性の心臓病を患っていた。


おそらくは真琴が渉とマッチングしたが、
当時の渉は3歳で心臓のサイズが合わなかった。


そのため
真琴に子供を産ませて(自然に産んだのはタカシ)その子供の心臓を移植することにしたのではないかと思われる。


“なぜタカシではなく環なのか?”
はまだ3人の持っている情報では不明だった。


現在タカシは大学生で
非常に優秀で病院の経営を任されている。


タクマは自分が取引している
“タカシ”

“秋光崇”
が同一人物の可能性に気付く。


⇒無料で「ギフト±」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ギフト±」で検索です



ギフト±(漫画) 58話のネタバレ

「タブー」

タカシは自室で眠っている環の服を脱がす。


タクマのことを思い
“誰かに汚されるくらいならこの僕が…”
と思って環の体に吸い付いて犯そうとする。


挿入直前に環は寝言で
“たくませんせぇ…”
というので
タカシはそれ以上できなくなる。


タカシはホテルに梨世を呼び出し激しく抱く。


タカシが遠慮なく強引に梨世を抱くため、
梨世はタカシとの距離が縮まったと確信する。






桜田、廣瀬、タクマの3人は
解散になりまた集まって情報交換することにする。


桜田は廣瀬に加藤の身辺調査を依頼する。





環が目を覚ますと衣服の乱れに気付く。


タカシがやったと気付き
“このままじゃだめだよね”
と思う。


⇒無料で「ギフト±」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ギフト±」で検索です



ギフト±(漫画) 59話のネタバレ

「ハニートラップ」

梨世はタカシとの行為の最中に
タカシに薬を仕込んでおいた。


タカシは深い眠りに落ちている。


その隙に梨世はタカシのスマホを調べるが、
プリペイド式で情報は何も得られなかった。


梨世は上司と思われる電話相手に
“私は彼に信用されていない”
と報告する。


電話の相手は梨世に
“君の任務は環の心臓の出所を探ること”
という。






環は加藤に大事な相談をする。


加藤は
“ぼっちゃんがなんていうか”
と戸惑うが
環は
“タカシはいま普通じゃないから…”
という。


環はタカシを心配している。


その人間らしい感情を見た加藤は
“最早タカシぼっちゃんの人形ではない”
と思う。


環は
“心臓にペースメーカーをつけてほしい”
という。


⇒無料で「ギフト±」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ギフト±」で検索です



ギフト±(漫画) 60話のネタバレ

「リサイクル」

渉が環の心臓移植の手術から目を覚まさなかった時、
親族の間では
“脳死”を“死”と判別するかが話題になっていた。


タカシは
“脳死移植は絶対に認めない”
として
親族たちに渉が生きていると主張する。





タカシがホテルで目を覚ますと、
梨世は既にいなかった。


タカシが家に戻ると
環からペースメーカーの話を聞かされる。


タカシは犯そうとしたことを持ち出し
“ボクのせいか…”
というと
環は
“そうだけど、そうじゃない”
という。


環はこのままでは仕事(解体)に支障をきたすと言って、
心臓さえコントロールできれば問題ないという。


環は
“これからもクジラを捕り続けないといけない”
とタカシに微笑みかける。





リュウは政治家の松川に接触していた。


大陸がらみの仕事を依頼している様子で、
大量の札束を渡している。


⇒無料で「ギフト±」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ギフト±」で検索です



ギフト±(漫画) 61話のネタバレ

「原点」

クジラ狩りを始める原点は、
“脳死移植は合法か?殺人か?”
をタカシが考えたのがきっかけだった。


タカシは
“ヤバいガキの戯言”
といって合理的な考え方を提案していた。


タカシは脳死移植は反対という立場で、
加藤にあるドキュメンタリー映像を見せる。


映像は海外のモノだった。


脳死判定された患者から臓器を摘出しているもので、
患者は額に汗をびっしりとかいていた。


このことから
“臓器を抜かれる苦痛を感じながら死んだのでは?”
という人も多かった。


脳死の判定は医者に一存されており
“人間のやることだから間違いがある”
とタカシは言って
“合法的に切り刻む脳死移植という名の処刑”
と主張する。


“処刑”
ならば罰を受けるべき犯罪者を使ってしまえばいいと冗談でいうタカシに、
加藤は真顔で
“イケるかもしれませんよ、その話”
という。


ただし
“生きた人間から職人のように臓器をとりだす強靭なメンタルを持った人間”
が不可欠となる。


そして
加藤は“アテ”があった。


それが
英医院の事件で保護していた環だった。





環はペースメーカーを入れるために手術室で眠っている。


執刀は梨世が担当し
タカシに手術の説明をする。


タカシは梨世に
“環をお頼む”
という。


⇒無料で「ギフト±」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ギフト±」で検索です



ギフト±(漫画) 62話のネタバレ

「選ばれた人間」

タカシは渉に心臓を提供するために、
受精卵の段階で遺伝子操作を受けていた。


タカシが移植できる年齢になっても、
渉の体力では手術に耐えられないと判断されて見送られていた。


その後
タカシは正式に養子となった。


正がタカシに情が湧いたというのと、
渉にもしものことが会った時の後釜だった。


タカシの養子が正式に決まったころに、
環はタカシと同様の方法で作られていた。


そして
環の心臓は渉に移植されることになる。


しかし
渉は手術をするのが遅すぎたため目を覚まさなかった。


タカシは環と自分は
“奪われた人間で復讐する権利がある”
と認識していた。


“自分たちにしかできない事”
に使命を感じていた。





環のペースメーカーを入れる手術は成功する。


梨世は環の心臓の細胞サンプルを秘密裏に入手していた。


⇒無料で「ギフト±」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ギフト±」で検索です



ギフト±(漫画) 63話のネタバレ

「大物」

タカシは病院の優先順位を研究にする。


もともと正は臨床に力を入れていたため、
祖父の正の研究を再開したいという。


タカシは加藤に
“クジラ狩りは過程で目指しているものはその先にある”
という。





梨世は細胞のサンプルの分析を
事情を知らない馴染みの専門家に依頼する。


梨世は加藤に電話して
“上があなたと組みたい”
と言っていた話題を振る。


加藤はちょうどニュースで政治家の松川のスキャンダルを見ていた。


松川のスキャンダルは梨世のハニートラップによるものだった。


梨世は
“上が松川を切った”
と加藤に説明する。


梨世は松川を陥れたのは
“手土産”
だという。


それを引き換えに
加藤と大陸の人民解放軍の実力者“曹”と会わせたいという。


⇒無料で「ギフト±」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ギフト±」で検索です



ギフト±(漫画) 64話のネタバレ

「求めし者」

環は英医院の火事の後に加藤に保護される。


環はタクマと練習したという解剖をしたがり、
カエルを見事に解剖して見せる。


どんどん上達していき、
人間の死体も顔色変えずに解体して見せるようになる。


加藤は
“環こそがタカシの計画に必要”
と確信する。






ニュースでは松川がスキャンダルで行方をくらませたと話題になっている。


松川はプティシャトンの顧客リストにも名前があった。


廣瀬は桜田に電話して
“あのしぶとい松川が…”
と驚いている。


松川はリュウの指示通りに人気のない倉庫で一人で逃げていた。


松川はリュウに電話をすると、
リュウとの会話で自分が切り捨てれられたことに気付き激怒する。


すぐに環が現れて
スタンガンで松川を昏倒させる。


⇒無料で「ギフト±」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ギフト±」で検索です



ギフト±(漫画) 65話のネタバレ

「身の程」

松川はプティシャトンで
“要注意人物”
だった。


女の子に暴力を振るい
何人も死なせて楽しんでいた。


その様子を撮影したDVDが何枚も自宅から押収されていた。


環がペースメーカーを入れてから初の解体となる。


以前以上に迷いのない解体に
加藤は
“見事だ”
と思うが
タカシは見事すぎる解体に狼狽している。


加藤はタカシに
“これがあなたの望んだ環さんなんです”
という。


環は解体後に
“命をありがとう”
という。





梨世は曹に秋光家の内情を報告する。


タカシは梨世にい心を開きつつあるという報告に、
曹は満足している様子。


梨世が松川を切った理由を尋ねると
曹は
“国家観のない政治家は信用に値しない”
という。


松川は大陸との強力なパイプを持っていたが、
国益よりも自分の欲望を優先させる人間だった。


曹は
“身の程を知るということはとても大事”
という。






加藤はリュウに連絡を取り
“松川をうったのはお前だな”
と確認する。


リュウは肯定して
“最後の頼みです、俺に会ってください”
という。


⇒無料で「ギフト±」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ギフト±」で検索です



ギフト±(漫画) 7巻の感想

正はただのエロジジイではなかった…!?


真琴を身受けしたのは
孫の渉のためだと判明しました。


もしかしたら聡は真面目すぎて
真琴と子供を作る行為をしなかったのかもしれません。


渉に心臓移植するつもりなら
真琴と聡に子作りしてもらうのが一番ですよね。


しかたなく正が親役をしたのかもです。


正のことを大分見直しました。


今回のことで
タカシと環の背景を調べてもこれ以上は有効な情報は出てこないことがはっきりします。


“環の心臓の出所”
にポイントが絞られました。


梨世も桜田たちとは違う観点から調査をするようです。


環の心臓のヒントとして
環の
“空っぽの心臓”
という発言があります。


“カラッポ”
というのは
“前の持ち主がいない”
ということかもしれません。


もしかしたら
“どんな相手にも適応できる最強の臓器の作り方”
が既にどこかで確立されており、
万能細胞から心臓のみを作る技術があるのかもしれません。


“前の持ち主がいない”
のなら
“カラッポ”
の理由になると思います。


渉で人体実験をするのは秋光一族の後継者なので避けて、
環で実験をしたのかもしれません。


タカシが再開させようとしている
“正の研究”
の内容が関係している可能性もあります。





今後は

・環の心臓の出所

・正の研究の内容

が真相に迫るポイントになりそうです。


⇒無料で「ギフト±」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ギフト±」で検索です


無料で「ギフト±」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「ギフト±」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「ギフト±」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「ギフト±」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。