声なきものの唄 6巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

6巻には20~22話が収録されています。

⇒無料で「声なきものの唄」を読む方法はこちら♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「声なきものの唄」で検索です



声なきものの唄 20話のネタバレ
~西悔楼の女~

美緒は猫のヒイによく悪戯をされていた。


美緒がヒイを追い駆けていくと
女郎と男が密会しているところに出くわす。


美緒は驚いて足を挫いてしまう。


女郎は逃げていくが
男は美緒をおんぶして連れていってくれる。


女は西海楼という見世の女郎で光子というのだという。


男は信夫という名前で
美緒はお礼がしたかったが帰るのに時間がかかるので急いでいる様子だった。


男が来た場所はそこから2時間もかかる場所だった。


信夫は簪を落としていったため、
美緒は預かることにする。


信夫と光子のこれからの運命は、
子供の美緒でも容易に想像ができていた。


美緒は
“恋は天から降ってくる災いのようなモノ、自分は一生恋を知らなくていい”
と思っていた。






美緒は人込みの中に信夫を見つけると、
簪を返すため追いかける。


信夫は西海楼の外から光子を眺めていた。


西海楼は高級店の東陽楼とは真逆だった。


安く客を取り回転率で売り上げを伸ばす見世だった。


信夫は光子を見守るが
光子は信夫に知らん顔をする。


それでも光子を見つめる信夫を見て、
美緒は胸が痛んでいた。


信夫は美緒を見かけると笑顔で話しかけてくる。


美緒は簪を届けると
信夫はお礼を言って自分は簪職人だという。


美緒は
“光子さんの情夫なんですか?”
と聞くと
信夫は
“子供にイロなんて言われると照れる”
と失笑する。


光子と信夫は幼馴染なのだという。


2年前に売られて
やっと最近売られた見世を突き止めたのだという。


信夫は金がないので
見世に入れないときは眺めるだけなのだという。


見世の主の道正という男が美緒に気付いて話しかけてくる。


道正は信夫のことも知っている様子だった。






美緒が東陽楼に帰ると主に怒られる。


西海楼とかかわりを持つと高級店の東陽楼の格が下がると言われてしまう。


巴も
“他人の情事に首突っ込むものじゃない”
と美緒を注意する。


美緒の代わりにチヌが
“監督不行き届き”
として巴に叱られる。


美緒は信夫と光子を気にかけていたが、
そういう関係はこの町では珍しいことではなかった。


信夫は光子にあがれたときに簪をプレゼントする。


光子は喜ぶが
信夫が無理をしているのを知っているためわざと冷たく接する。


光子は信夫のすぐ近くで他の客に抱かれて
“どこまで堕ちればいいんだ…”
と苦悩していた。


光子は信夫とは結婚するハズだった。


しかし
家が貧しくて売られていた。


“2~3年で嫁入り道具が買えて自由になれる”
と言われていたが、
実際は何をするにも経費が掛かり借金は中々減らないような仕組みだった。


来る日も来る日も男の相手をするが、
客がつかないのは折檻されてさらに悲惨だった。


3カ月もあれば立派な女郎になっていた。


代金が倍になる
“紋日”
に客がつかないと罰金までとられる。


“息をするだけで借金が増えていく”
という環境だった。


2~3年で出られる女などおらず、
家族が借金に頼みに来て借金は減らなかった。






美緒は光子と街で会った時に
簪のことを指摘する。


光子は
“立ちん坊の方が多い”
と信夫を嘲笑うが
美緒は
“そんな言い方、信夫さんはいい人なのに…”
というと光子は
“何も知らないのに生意気いうな”
と激怒して殴りつける。


光子は思わず見世を変えることを口走ってしまう。


信夫がこれ以上自分を追わないようにするためだった。


光子は
“あの人にいったら承知しない”
と美緒を威嚇する。






美緒はヒガに悪戯されて追いかけていると、
道正に絡まれていた。


信夫が
“いい大人が子供を虐めんな”
と助けに来る。


道正は呆れながら
“光子はよその見世に移る、しょうもない客から離れたいと本人が言ってきた”
と伝える。


美緒は光子から聞いたので本当だと信夫に伝えると、
信夫は
“そうか、とうとう愛想つかされたか…”
とその場に崩れ落ちる。


美緒は
“見送れる日を知っている”
と信夫にその日を伝える。


信夫は美緒にお礼を言って微笑んで帰っていく。


美緒は
“信夫さんの役に立てる”
と嬉しそうにしていた。


信夫からの手紙が届いて
“すまんかった”
と書いてあり金魚の飾りもついていた。


美緒は喜んでそれを自分の着物に着ける。





光子の見送りの日
外が騒がしくなっていた。


“西海楼で相対死”
の報せが届き美緒は青ざめる。


西海楼に行くと
信夫と光子が血だらけで倒れて死亡していた。


道正は激怒して
“心中者は見せしめにする”
と片付けるのを許さなかった。


やじ馬によると
信夫はいきなり斬りつけに来たが、
光子は笑って受け入れたのだという。


その直後に信夫も自分の首を切っていた。


美緒は
“自分が余計なことしなければ…”
と信夫に光子の見送りの日を教えたことを悔いていた。


“死ぬくらいならどんなことをしてでも逃げればよかったのに…”
と嘆いていた。


物置のすみで泣いている美緒に、
ヒガが心配そうにやってきて慰めていた。


⇒無料で「声なきものの唄」を読む方法はこちら♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「声なきものの唄」で検索です



声なきものの唄 21話のネタバレ
~出会い~

チヌは後藤田の相手をしていた。


見世に後藤田が買収した会社の社長が来ており、
後藤田に抗議をしていた。


チヌが
“私は後でいい、話を聞いてあげてください”
というと
後藤田は唐沢という男に
“女郎に情けかけられてるぞ”
といって煽る。


唐沢は大人しく帰っていく。


チヌは
“女郎ごとき”
と言われていることには傷ついていた。


後藤田が気を取り直そうとすると
後藤田の妹のトキコが押しかけてくる。


トキコは
“性悪女と詐欺師の巣窟”
と東陽楼を罵り後藤田を無理やり引っ張っていく。


トキコは商売のために嫁に行っていたが、
家に戻ってきていたのだという。


後藤田の商売のやり方は悪どく
ライバルの船を壊したりワイロで取引先を脅したりするのだという。


“強盗後藤田”
とあだ名で呼ばれていた。


チヌは店主からその話を聞き
“裏の世界にいると表の世界が透けて見える”
と思っていた。






チヌは公三郎と小舟で釣りをしていた。


すると
トキコが蜂に襲われて柵から転げ落ちて溺れていた。


公三郎はトキコを助けてあげる。


チヌは
“後藤田さんの妹さん”
というと
トキコはすっぴんのチヌに気付いたようだった。


トキコは
“化粧とると別人”
と驚く。


優しく接するチヌにトキコは
“汚らわしい”
と罵る。


公三郎はトキコにマントを被せてあげて後藤田の家まで送っていく。


トキコはお礼を言ってマントを洗って返すというが、
公三郎は
“チヌちゃんを侮辱するような方とは二度とお会いしたくありませんから”
といって捨てるようにいって帰っていく。


ちょうど後藤田が帰ってきて
“若様がなんで?”
とポカンとしていると
トキコは後藤田に八つ当たりする。


後藤田はトキコには弱い様子で慌てふためいていた。


後藤田はその晩
トキコの件でチヌと公史郎に謝りに行く。


チヌと公史郎は頭を下げる後藤田を意外そうな目で見ていた。


後藤田はトキコがチヌたちにキツく当たった理由を説明して弁解する。


トキコは嫁入りしたが3年間子供ができなかったのだという。


旦那が馴染みの芸者をヒガするとすぐに子供が生まれていた。


それに怒ったトキコは家を飛び出たのだという。


それらの八つ当たりを兄の後藤田にしたと、
後藤田はトキコの胸の内を説明する。


公三郎は
“強盗後藤田も妹さんには弱いとは、人は見かけによらないものですね”
と皮肉る。


後藤田は
“トキコが一番悔しいのは子供が産めない自分だろう…”
という。


トキコは
“後藤田海運”
で贅沢に買い物をして評判になっていた。


そこに唐沢は目を付ける。


トキコの元に嫁ぎ先の旦那が訪れる。


旦那は
“兄さん(後藤田)もウチと縁が切れたら困る”
といってトキコを説得するが
トキコに戻る気は無い様子だった。


旦那はトキコに呆れていた。


正妻が子供を産めないときは、
妾の子を育てるのはよくある事のためだった。


トキコは逆上して旦那とつかみ合いになる。


旦那が帰るとトキコはこれまでのことを思い出す。


女学校を卒業すると
結婚が決まり後藤田は大喜びだった。


しかし
嫁いでもトキコは妊娠しなかった。


“自分に子供ができていずれ継いでくれる”
と思っていたが
愛人に子供ができてしまう。


愛人の勝ち誇った表情に激怒したトキコは愛人に掴みかかる。


トキコは家族全員から責められて家を飛び出していた。





トキコは
“この前のお詫びとお礼”
といって東陽楼のチヌを訪れてお菓子を持ってくる。


洗った公三郎のマントをチヌ経由で返すため、
チヌに渡していた。


トキコは
“自分は孕めない身体だからいっそ女郎ならよかった”
と無神経な発言をして女郎を嘲る。


巴がやってきて
“いつでも歓迎しますよ”
という。

トモエは
“女郎はいい”
と淡々と女郎のことを説明する。


毎晩見ず知らずの男に身体を好きにされて、
性器を腫らして“女郎ダコ”を腰に作るのだという。


嫌な男でも断れず体中に精液の匂いが染みつき、
いつまでたっても借金が減らないのだという。


トキコは青ざめていた。


巴が
“タネを換えれば孕むかもしれない、試してみたら?”
というので
トキコは真っ青な顔をしたまま帰っていく。


巴は
“甘ったれた女はダメだ好かない”
と困った顔をしているチヌにいう。






トキコは悔しくて泣きながら帰っていた。


突然
何者かに捕まって拘束される。


男たちは
“後藤田の妹だ”
と言っていた。


⇒無料で「声なきものの唄」を読む方法はこちら♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「声なきものの唄」で検索です



声なきものの唄 22話のネタバレ
~屈辱~

東陽楼の下働きのカヨは食事の用意中に挙動不審だった。


クマが気付いて事情を尋ねると
カヨはお使いの際にトキコが攫われるのを見たのだという。


その際に男たちに
“誰にもいうな”
と脅されており今まで言えずにいた様子だった。





トキコが攫われたのは唐沢の後藤田への復讐のためだった。


トキコは売り払われるまえに男たちに犯されていた。


男たちはトキコを上物だと言って何度も犯していた。


トキコは傷だらけの身体で呆然としていた。


男たちは
“別の仕事がある”
といって呆然としているトキコを置いて出かけていく。


カヨの話を元にチヌたちが駆けつけてきていた。


そこは引き合い茶屋の一室だった。


東陽楼に連れていき寝かせておくと
話を聞きつけた後藤田がやってくる。


トキコは
“さわらんといて、帰って”
と後藤田を拒絶する。


トキコは布団の中で犯されているときのことを思い出し泣いていた。


後藤田が家に帰ると会社と家が燃やされていた。


会社は保険に入っているから大丈夫だが、
当分は旅館暮らしになるという。


後藤田は
“山ほど恨みを買っている”
という。


用心のためトキコはしばらく遠くで療養させるつもりだった。


トキコの証言から
“唐沢”
が主犯だと判明する。


トキコは犯された時のことが何度もフラッシュバックして苦しんでいた。


専属の看護士をつけてもらい面倒を見てもらっていた。


トキコは一生その悪夢に苦しめられるのだと察していた。


見舞に来たチヌにも
“どうしてあんたじゃなかったんだ”
と八つ当たりをする。


チヌは
“ほんとうに代われたらよかった”
とトキコのために涙を流していた。





後藤田は金を使って唐沢の居場所を突き止めていた。


街ではトキコが犯されたことが噂で知れ渡っており、
それを知ったトキコは刃物で自殺をしようとする。


すんでのところでチヌが止めるが、
それでもトキコは諦めなかった。


公三郎が素手で刃物を掴み
“あなたは汚れてなどいない”
と話し出す。


公三郎は
“無理やり身体を奪われて売られてもそんなことで汚れはしない、人は他人によって堕ちたりしない、今より少しはよりよくなろうという理想を捨てて、自分自身を諦めた時に人は堕ちるんです。あなたは元のままですよ”
というと
トキコは泣き崩れる。


それを聞いていた女郎たちも
公三郎の言葉に感じ入るものがあったようだった。






後藤田は水路で唐沢を追い駆けていた。


逃げ疲れて腰を付いた唐沢の耳を刃物で切り落とす。


後藤田は死体は海に捨てるので自分は捕まらないといって、
唐沢を殺すつもりだった。


命乞いをする唐沢に
後藤田は
“悪事をするなら己が見に返されることくらい覚悟しろ”
といって
それが自身にも当てはまる言葉だと気付き立ち尽くす。


唐沢はその隙に逃げていく。







トキコは街を一人で歩けるほど回復していた。


後藤田はトキコに改めて謝罪をする。


トキコは東京に行って看護師になりたいと言い出す。


トキコは面倒を見てくれた看護師の姿を見て
“あんなにテキパキと傷ついた人を助けるのは上等な仕事だ”
と感じたのだという。


後藤田は
“ワシを置いていくのか”
と寂しそうにしていたが、
トキコの意志は決まっていた。


唐沢は逃げ延びたようだが
加担したヤクザの下っ端は親分からケジメを付けさせられたのだという。


トキコは巴などの女郎たちに励まされたことを思い出す。


トキコは
“どうしてこんな人たちを見下していたのだろう”
と以前の自分を恥じていた。






トキコは
“家を建て替えが済んだら奥さんをもらったら?”
と後藤田に言うが後藤田はまだそのつもりはない様子だった。


今は公三郎の家に下宿させてもらっているのだという。


後藤田は
“ワシら恋敵や、何考えとんのや”
とボヤくと
トキコも呆れて笑っていた。


⇒無料で「声なきものの唄」を読む方法はこちら♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「声なきものの唄」で検索です



声なきものの唄 6巻の感想

~西悔楼の女~

美緒が主人公でチヌが脇役に徹している話でした。


美緒の若さと浅はかさが目立ったいい回でした。


“相対死”
は珍しくないらしいですが
まだ若い美緒は
“まさか自分の知り合いがするなんて…”
という感じだったのかもしれません。


おそらく巴はこうなる可能性に気付いており、
美緒を注意したのだと思います。


美緒は偉そうなことを光子に言って、
光子は激怒しています。


おそらくは美緒はまだ客をとる年齢ではないため、
光子の気持ちを理解できずにうわべだけの言葉を信じてしまったようです。


光子の気持ちは読者目線でも容易に想像できるのに、
美緒の浅はかさや甘さが際立っていました。


道正は
“見せしめに晒す”
ということをしていましたが
それこそ光子と信夫の本望なのではないかと思います。


信夫と光子は
“俺たちはやってやったぜ!”
という
命を張った抵抗を沢山の人の目に焼き付けることができました。


二人とも負け続けの惨めな人生を送ってきたようですが、
最後に相対死を成功させたことで大きな勝利をつかみ取ったのだと思います。


美緒は二人の死のきっかけを作ってしまったことを悲しんでいましたが、
信夫と光子は美緒に感謝していたと思います。





~出会い~
~屈辱~

トキコが
“勘違い女さん”
全開で苛立ちました。


それと比較して巴の堂々とした物言いがカッコよかったです。


トキコは色々ダメダメでわがままばかりですね。


この時代の話だと
政略結婚も正妻が孕まなかった場合は愛人の子を跡継ぎにするというのはよく聞きます。


トキコが嘆いていることは全然珍しいことではありません。


しかしプライドが高すぎるため
“惨めな自分”
になるのが許せないようで駄々をこねまくっています。


この話は
~西悔楼の女~
の後だからこそ際立っていました。


光子と比べれば、
トキコは幸せを掴める可能性はかなり高かったハズです。


それを自分のプライドの高さでフイにしています。


トキコに同情する余地は全くありませんでした。


トキコが男に襲われたのはかなりの爽快感がありました。


後藤田の唐沢に対するセリフも完全にブーメランでしたね。


幸い後藤田はトキコ程は愚かではないようだったため、
言った直後にブーメランだと気付いていたようです。





巴やチヌなど女郎たちの
“強さ”
が改めて認識されました。


トキコが犯されたシーンだけ切り取ると
“可哀そう”
と錯覚しそうですが、
チヌはトキコよりも若いときに似たような経験をしています。


トキコのように落ち込んでいるときに周りがチヤホヤしてくれるわけでもなく、
チヌは脱出不能の状況から二番手にまでのし上がりました。


トキコの話は読者の麻痺した感覚を取り戻すためにあったのかもしれません。


⇒無料で「声なきものの唄」を読む方法はこちら♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「声なきものの唄」で検索です


無料で「声なきものの唄」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「声なきものの唄」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「声なきものの唄」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「声なきものの唄」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。