セフレの品格 7巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「セフレの品格」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「セフレの品格」で検索です



セフレの品格 ネタバレ その1

抄子は朔が出張でしばらく会えないというので、
23歳の航平がいるバーに行く。


航平は軽いタイプだが、
抄子を特別扱いするので悪い気はしていなかった。


航平が誘ってくるため抄子は航平の部屋に行く。


航平は若いためきれいな肌をしていた。


抄子は
“年増の良さを分からせてあげる”
とリードする。


航平はすぐにイってしまい、
終わるとすぐに寝てしまう。


抄子は身勝手な航平に呆れながらも、
ラインのIDをメモして帰っていく。


それから全く連絡がないため店に行ってみる。


その日は客が多く忙しく、
航平と話はできなかった。


夜に
“さっきはあまり話せなくてごめん”
とメッセージがきて軽いやり取りをする。


抄子は
“遊びだってわかっている”
と自身に言い聞かせていたが、
航平と休日にデートの約束をして楽しみにしていた。


アウトレットでのデートで、
抄子は航平と手を繋いで歩き気分がよかった。


プレゼントに服を買ってあげる。


ご飯は海を見ながら佐世保バーガーにしていた。


デート中にも航平には着信が何度もあっが、
航平は無視していた。


キスをしているときも着信が来ていた。


航平はめんどくさくなるとすぐに登録を消してしまうため、
誰からの着信かわからないのだという。


航平の部屋に行き抱き合っていると、
航平が
“オレ、下手でしょ”
という。


航平は身勝手なことに自覚がある様子だった。


抄子がクンニを要求すると航平は嫌々応じる。


抄子がイくと航平は抄子に加えさせて口の中で果てる。


抄子がうがいをして戻ってくると、
航平はゲームをしていた。


航平は抄子を煩わしそうにしていた。


抄子は
“なんなの?なめさせたから怒ってんの?”
と気分を害するが、
表に出さないようにいその日は帰る。


抄子は
“のめり込む悪い癖が出てきてる”
と自覚して
朔に連絡するがまだ忙しそうだった。


抄子は
“セフレは多い方がのめり込まない”
と思っていた。


公平に会いに行くと
航平目当てのアキという女性がやってくる。


航平とそのアキは不穏な空気だった。


抄子はすぐに
“二人に関係があった”
と気付く。


そのアキの同僚のマユがやってくる。


マユはアキの話で航平を知った様子だった。


3人はカウンターに座り雑談をする。


アキは抄子の年齢をしると友好的になる。


アキは
“変な男ばかりよってくる”
と酔って愚痴っていた。


抄子とアキは帰るがマユはまだ店にいるという。


アキは抄子に懇願して違う店に入る。


抄子は察して
“航平が好きなのね”
と指摘する。


アキは泣きながら話し出す。


アキはつい最近に航平と最後までしたのだという。


航平はアキと一回ヤるまでは熱心に口説いてきたのだといいう。


航平はアキは
“結婚を見据えた付き合いしかしたくない”
のを承知だった。


抄子はそれを聞いて
“人を傷つけるやり方はルール違反”
だと思い
アキに航平はやめとくように勧める。


アキは
“頭でわかっていてもそう簡単に諦められない”
と愚痴っていた。


アキはマユからのメッセージをみて激怒しだす。


マユは
“今から航平オトすから~”
とあり
それを見た抄子も顔面蒼白だった。


マユは大人しそうに見えるが、
社内でも3人と不倫しているのだという。


アキはマユを
“ビッチ””ヤリマン”
と罵っていた。


アキが航平の店に行こうとして抄子を強引に引っ張っていく。


店の中で航平とマユがキスをしてトイレに入って行く。


アキは怒りながら店に入ろうとするが、
店には鍵がかかっていた。


抄子は
“酷い顔になってる、言葉もそれじゃフラれる”
というと
アキは
“関係ない人はだまってて”
と八つ当たりする。


抄子はアキを正気に戻すため
“私は2回ヤった”
と打ち明ける。


アキは
“あんたもクソ”
と呟いて
“出てこい、航平、マユ”
と店のドアを叩き喚き散らしていた。


抄子は
“私も人のこと言えない”
と思って去っていく。


抄子はささやかなプライドとして、
航平が自分の連絡先を消す前に先に消去する。


自分でも気づかないうちに深入りしていたのに気づくが、
“泣く価値がない、憎むのも嫌、自分も楽しんだから…”
と自身に言い聞かせる。


抄子は
“華江に会いたい”
と思っていた。


⇒無料で「セフレの品格」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「セフレの品格」で検索です



セフレの品格 ネタバレ その2

華江はニコラスとの生活費を稼ぐために身体を張っていた。


金持ちたちの道楽のため、
身体を弄ばせるが抱かれることだけは拒んでいた。


金持ちたちも華江と同意の上での道楽のため、
華江の嫌がることはできなかった。


挿入を拒んだ代わりに、
飼いならされたチーターに傷だらけの全身を舐められることになる。


ニコラスは華江が稼いだ金で学校に通えていた。


二人は恋人たちがやっているように
南京錠を購入して二人の名前を書いて橋に括り付ける。


華江は夜にニコラスに抱かれるが、
傷が痛いのを誤魔化すので大変だった。


月明りに照らされた華江の傷だらけの身体を見ると、
ニコラスは華江の仕事が“ただのコンパニオン”ではないことに気付いた様子だった。


ニコラスは華江が寝付いた後に、
華江の手帳を盗み見る。


日本語で書かれていたが、
ニコラスは少しは理解できる。


“秘密のパーティ”
が華江の仕事だと気付く。


また
“目標、ニコラスの個展を開く”
と書かれていた。


ニコラスは華江が自分の為に、
身体を張って辛い仕事をしているのに心を痛める。


ニコラスは華江のビザが切れているのを警察に通報する。


華江は警察が来ているのに気づきニコラスに結婚を持ち掛ける。


ニコラスは自分で通報したことを知らん顔して、
華江を拒絶する。


ニコラスのスケッチブックには、
ソフィという仲が良い女性が描かれていた。


ニコラスは
“もう潮時じゃないか”
というと
華江は去っていく。


華江は橋に行って自分とニコラスの南京錠を見つめて涙を流す。


鍵は橋の上から川に捨ててしまっていた。


華江は橋から飛び降りようとするが、
ギリギリで一樹にとめられる。


一樹は高級な洋服店に華江を引っ張っていく。


みすぼらしい恰好をしている華江は嫌がるが、
一樹は
“だったら早く好きな物を買え”
という。


一樹は華江に
“警察に密告したのはニコラスだ”
と告げる。


ニコラスは一樹に
“華江に支えてもらう自分がミジメなんです。一人になりたい”
と伝えていた。


華江は
“私のことが嫌いになったのね”
と泣きべそをかいていると
一樹は
“誇り高き華江はどこに行った?”
という。


華江は
“誇り?”
と疑問に思い
一樹が何を言っているのか理解できなかった。


一樹が華江のシャツを脱がせると、
華江の身体は生傷だらけだった。


傷だらけではあるが
一樹は
“浅い傷だ、綺麗に治るよ”
と伝える。


一樹は
“あとは一人で着替えろ”
と試着室を出ていく。


華江は
“泣くわけにはいかない”
と思い服を着こなして試着室からでてくる。


華江は一樹に日本大使館への付き添いと、
帰りの飛行機をファーストクラスでの付き添いを指示する。


一樹の支払いだがビジネスではダメだという。


華江は
“日本に帰って冷静になり自分を見つめ直す、夫とも話し合いたい”
という。


華江は一樹にお礼を言って
“日本に帰る事を抄子に伝えた”
と抄子の名前をだして一樹の反応を見る。


一樹の表情が変わらないため
華江は
“相変わらず本心を隠すのが上手い、やさしい男はみんな嘘つき”
という。


華江はニコラスの本心を理解していた。


華江は一樹に
“ニコラスに会う事があったら、私が【ありがとう】って言ってたって伝えて”
と微笑む。


一樹は帰り際に
大荷物を持っていた女性を軽く手伝う。


華江は空港に迎えに来ている抄子に会うと、
泣いて抱き着いていた。


夫が現れて
“お帰り華江”
というと
華江は夫には弱い顔を見られないように表情を繕うい
“ええ、寄り道してたの。ただいま、あなた”
と夫の元へ行く。


抄子はニコラスと華江を思い出し
“お似合いだった、恋する華江はキラキラしていた”
と感じるが
夫と華江を見ても絶妙にお似合いの夫婦だと思う。






ニコラスは自宅で一人で悲しんでいた。


ニコラスは華江に対して本気だった。


華江が自分の為に傷つくのは、
これ以上は耐えられない様子だった。


ニコラスは
“いつかあなたを迎えに行く”
と決意して一人で車イスを進めて学校に行く。


⇒無料で「セフレの品格」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「セフレの品格」で検索です



セフレの品格 ネタバレ その3

一樹は医者仲間とトライアスロンに出ていた。


飲みの席での軽口を後悔して感想を諦めそうになっていた。


一樹たち
“チームドクター”
はラストのランで途中でへばって休んでいると
“トライアスロンはやり切った者が勝者よ”
と女性が励まして走り去っていく。


一樹はその女性に見覚えがあった。


華江を送り届けた時に
荷物を持つのを手伝った人だった。


女性に励まされて一樹たちは何とか完走する。


その女性は
“40代の入賞者”
として表彰されており
“フィフィ”
という名前だった。


一樹はその名前にも覚えがあった。


大会の打ち上げで
一樹の仲間はナンパした女の子たちとバーに行くという。


一樹はフィフィに話しかけてみる。


一樹が
“もしかして冒険小説家の?”
というと
フィフィは
“よくしってるわね”
という。


二人が話をしていると
フィフィの連れの一人が蕎麦を食べて苦しんでいた。


一樹は蕎麦アレルギーだと気付き、
適切な処置をして病院に行くように指示をする。


その夫婦からお礼を言われ
行けなくなったカクテルクルーズのチケットを貰う。


フィフィは一樹と空港で会ったことを思い出していた。


フィフィは一樹への不信感がなくなり、
貰ったチケットで一緒にカクテルクルーズに行くことになる。


着替えて待ち合わせると
フィフィは男性の服装をしていた。


一樹とフィフィは小説の話で会話が弾む。


二人で話していると
フィフィが同性愛者だと判明する。


一樹は抄子との話をして
“他の女にも今は興味ない…”
とだいぶ酔っているようだった。


一樹が目を覚ますとフィフィの部屋のベッドで、
隣にはフィフィが寝ていた。


フィフィの下着姿のお尻を見ても、
一樹は全く何も感じなかった。


“フィフィはレズビアンだからしょうがない”
と自身に言い聞かせてシャワーを浴びる。


シャワーの音でフィフィも目を覚ます。






抄子は久しぶりに朔と会っていた。


その日は抄子は元気がなく
朔に愚痴を聞いてもらう。


朔の紳士的なところを抄子は気に入っていた。


話を聞いてもらっていると
抄子はお腹が痛くなってくる。


抄子は嫌な予感がして病院に行くと、
筋腫がまた大きくなっていると言われる。


医者からは卵巣の全摘出を勧められる。


抄子も痛みが限界だと思っていたため、
一か月後に手術の予約をする。


話を聞いた華江は同意する。


華江は自身が乳房を取り除いた経験があったためだった。


抄子は
“赤ちゃんを産む可能性が…”
とボヤいている。


卵巣を凍結保存できる可能性があるというので、
華江は
“ピッタリな相談相手がいる”
といってその場で一樹にメールをする。


華江は抄子のフリをして一樹にメールすると、
すぐに返事が来てTV電話をすることになる。


抄子は心の準備ができていないが、
華江に急かされて一樹と対面する。


一樹は詳しく教えてくれて、
専門医を紹介してくれる。


一樹は華江が強引に二人を接触させたのだと気付いている様子だった。


最後に華江は抄子に
“聞きたい事ないの?”
というので
抄子は
“なんで私たち別れたの?なんであんなひどい事したの?なんで今はやさしいの?”
と問いかけたくなる。


画面の後ろに下着姿のフィフィが写り込む。


抄子は画面を切る。


華江は
“何アノ女、趣味悪いし私たちより年上じゃない”
と罵っていた。


抄子は寂しそうにしながら家に帰る。


最近男性から声をかけられることが増えていたが、
それは
“もてるから”
ではなく
“寂しく見える女は声をかけられやすい”
と知るようになる。


抄子は
“本当はまっすぐ人を愛していたかった”
と本心では思っていた。


⇒無料で「セフレの品格」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「セフレの品格」で検索です



セフレの品格 ネタバレ その4

一樹はフィフィを連れて日本に帰る。


空港には咲が迎えに来ていた。


一樹とフィフィは二日後に富士山に登る約束をして一度別れる。


抄子は買い物をしながら
“卵子保存もいいや”
と思っていた。


華江と会ったためお茶をすることになる。


華江は年にそぐわない露出の多い恰好をしていた。


抄子は何となく咎めるが
華江は
“期待服を着てるのに他人の評価はいらない”
というので
抄子は
“そうよねごめんなさい”
と落ち込んでいた。


抄子は落ちこんで弱気になっていた。


抄子は
“いい人間、ちゃんとした人間になりたい”
とボヤく。


華江は
“抄子はお釣りがくるほどいい人間よ”
という。


抄子は家の前まで行くと一樹が待っていた。


一樹は話しかけるが
抄子は一樹の腕を振りほどいて家に入ってしまう。


一樹は
“誤解を解きたい”
というが
抄子には取り付く島が無かった。


一樹は泊っているホテルを告げて
“待ってる、話がしたい。傷つけて悪かった”
といって帰ってくる。


抄子は
“何も聞きたくない、1ミリも傷つきたくない”
と思い一樹と接触を持つ気はなかった。


抄子は翌日の仕事の帰りの電車で
一樹の泊まっているホテルの近くを通りかかる。


“強くなれ、こんな弱い自分は嫌だ”
と自身に言い聞かせるが、
“迷いを断ち切るため”
と思い一樹のいるホテルに向かう。


一樹はバーで待とうと思っていたが、
バーだと出入り口が見えないため喫煙室に行く。


抄子はホテルのバーを覗くが一樹が見当たらなかった。


抄子は苛立ち
“また裏切られた”
と落胆しながら帰ろうとすると、
喫煙室から出てくる一樹と対面する。


一樹は
“来てくれたのか”
嬉しそうにするが
抄子は一樹についたタバコの香りとバーにいなかったことで苛立っていた。


一樹が見せる笑顔も今の抄子には不快だった。


抄子は
“部屋で話そう”
という。


一樹と別れてから7人と関係をもったという。


しかし
いい関係を保っているのは朔という一人だけだと伝える。


抄子は一樹に
“憎んでいないが愛してもいない”
と伝える。


一樹は
“嘘だ”
といってキスをして抄子を誘う。


しかし
抄子は一樹に抱かれながらも夢中になれなかった。


抄子は
“ああ、終わったんだ”
と実感していた。


一樹も抄子を抱きながら
“誰だこの女…。俺の好きだった女はここにはいない”
と戸惑いつつも察していた。


抄子は服を着て軽い挨拶をして帰っていく。






一樹はフィフィと富士山に登っていた。


一樹は抄子を忘れる決心がついていた。


フィフィは
“それでこそ男よ”
と微笑む。






抄子は手術に向かおうとするが
直前の検査で妊娠が発覚して中止となる。


抄子は
“産みます”
と即答する。


抄子には一樹の子だと確信がある様子だった。


“ひとりで一樹には絶対に知らせない。この子は私だけの子”
と決意する。


⇒無料で「セフレの品格」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「セフレの品格」で検索です



セフレの品格 7巻の感想

華江の自由奔放ぶりが羨ましいです…


年増のおばさんんであるにもかかわらず、
異国の地で若い男と夢のような日々を過ごしていました。


日本に帰国すると
夫に対しては
“ちょっと遊んできたわ”
的な感じで
本気でニコラスを好きだったことを悟られないようにしています。


それが
華江なりの夫への気遣いなのだと思います。


華江に関しては
“ニコラス”
という面白い伏線が仕込まれましたね。


ニコラスは使いどころがなければこのまま作品からフェイドアウトでも不自然ではありません。


しかし
大物になって日本にやってきて華江と再会というのを見てみたいです。


その時はニコラスに奥さんがいて
“純粋にあの時のお礼をいいたい”
という再会もアリですね。


ニコラスが本気で
“華江を迎えに来た”
的な展開も面白そうですが
そしたら華江は
“アレは遊びの一環で「いい思い出」よ”
というリアクションをとるのか
“あなたを待ってたわ”
的なリアクションをとるのか楽しみです。


いずれにしても
寛大すぎる旦那さんがあっての華江であり、
抄子が
“絶妙にお似合い”
と思うのも頷けました。


華江の旦那さんが
“女性にとっての理想の旦那像”
なのかもしれませんね。


現実世界ではまず間違いなくあんな男の存在はあり得ませんが…


“俺が必死で稼いだ金で若い男と遊んでいい気になりやがって!”
と離婚をちらつかされるのが普通だと思います。






抄子の妊娠発覚で大逆転の可能性が出てきました。


抄子と一樹の関係はまだまだ終わらなそうです。


二人を繋ぐモノが
“セフレという関係”
から
“子供”
になるのでしょうか…?


抄子は子供は一樹の子だと確信があるようです。


一樹との最後の夜は
一応は最後までヤったということでしょうか…


あの夜から手術前検査は1カ月ほどだったので、
その間に誰とも接触していないなら一樹の可能性は高いです。


医者は妊娠何か月かは言っていませんでした。


“妊娠の月数から逆算すると実は朔の子で…”
という展開でも意外性があり面白そうです。


娘の遥はビックリですよね…


あの年齢で未婚の母に子供ができるわけですから。


華江は応援してくれると思いますが、
華江がポロリと一樹に情報を漏らしてしまうかもしれません。


一樹に情報が漏れるとしたら華江以外にルートはないと思います。


子供を産む決意をした抄子にどんな試練が待ち受けているのか。


そもそも一樹の子なのか?楽しみです。


⇒無料で「セフレの品格」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「セフレの品格」で検索です


無料で「セフレの品格」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「セフレの品格」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「セフレの品格」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「セフレの品格」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。