宇宙を駆けるよだか 2巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

2巻には6~10話が収録されています。

⇒無料で「宇宙を駆けるよだか」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「宇宙を駆けるよだか」で検索です



宇宙を駆けるよだか 2巻とは?

出版社:集英社
発売日:2015/10/23
作者 :川端志季

「赤月の日」に、醜い容姿の然子と身体が入れ替わってしまったあゆみ。

姿が変わったせいで恋人とも疎遠になるが、ただひとり、あゆみを助けてくれた友人の火賀との仲を深めていく。

だが、次の「赤月の日」が近づいて…。

隠し持っていたコンプレックスが露わになり、それぞれの本音がぶつかり合う──!


宇宙を駆けるよだか 6話のネタバレ

公史郎はアユミの手を引ていく。


アユミは何が何だがわからずついていくと、
公史郎は
“無理やり連れてきてゴメン”
といって自分のコートを着せる。


アユミは入れ替わる方法を知っている人に合ったと告げる。


しかし
アユミは
“もう元には戻れない”
というので公史郎はもっと詳しく聞こうとする。


入れ替わりの条件を聞いた公史郎は
“ちょっと飲み物買ってくる”
と席を外す。


公史郎は
“俺なら上手くやれる”
とほくそ笑む。


公史郎はあったかいコンポタージュをアユミにあげると、
アユミは
“私がすきなの覚えてくれてたんだ”
と感激するが
“喜んじゃ駄目だ、もう海根さんの恋人だもん”
と自戒する。


公史郎はアユミに
“火賀と付き合うの?”
と聞くと
アユミは困った表情をする。


公史郎は
“そろそろ帰ろうか…”
といって
アユミを火賀の所に連れていく。


火賀はアユミに
“ごたごたしてるときに気持ちをぶつけてしまってごめん”
と悔いていた。


また
公史郎の意図もつかめずにいるようすだった。


火賀は自分の告白を
“卑怯だった”
といって
アユミに
“今は自分の事だけ考えろ”
と励ます。


アユミは火賀の気持ちを鑑みると、
火賀にこれ以上頼るのを申し訳なく思い簡単に頷けなかった。


翌日
アユミと火賀は一緒に登校する。


火賀の幼馴染の女子が
“海根さんのこと”
で火賀に質問をする。


“アユミが好きだったんじゃないの?”
というと
火賀は
“何で知ってるんだ”
と慌てるが周りにはバレバレな様子だった。


火賀は
“海根さんが好き、文化祭で一緒にいるうちに好きになった。猛アタック中”
という。


火賀は
“嘘はついてない…半分しか…”
と思っていた。


女子は信じなかったが
それを聞いていた男子生徒がクラスに言いふらす。


ゼンコは
“冗談でしょ…”
と冷や汗をかく。


火賀と今のアユミでは見た目が釣り合わないため、
クラスメイトは囃し立てるが
火賀は
“悪いかよ、今の海根さんが一番かわいいんだよ。俺にとっては”
と堂々と発言する。


クラスメイトたちは火賀の率直な気持ちの打ち明けに、
自分たちの方が恥ずかしくなっていた。


ゼンコだけは
“火賀…邪魔”
と険しい顔をしている。


⇒無料で「宇宙を駆けるよだか」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「宇宙を駆けるよだか」で検索です



宇宙を駆けるよだか 7話のネタバレ

火賀の真剣な様子に
囃し立てる男子を女子たちが注意しだす。


アユミの明るい様子で
クラスメイト達はゼンコの姿をしたアユミと打ち解けだす。


囃し立てた男子生徒たちはアユミに謝罪する。


ゼンコは面白くなさそうに公史郎を連れていく。


ゼンコは八つ当たりをすると
公史郎は
“あれが火賀の本心なんだ”
というので
ゼンコは
“向うの肩もつんだ”
と怒りを露わにする。


ゼンコは火賀もターゲットにした様子だった。


公史郎はゼンコの怒りを鎮圧するために
“俺は今キミの恋人”
といってゼンコの手を握る。


窓の外ではインコが心配そうに眺めている。


ゼンコは惨めだった自分の半生を語りだす。


公史郎だけはゼンコに親切にしてくれたが、
ゼンコはそんな公史郎に上手くお礼を言えなかった。


アユミもゼンコに対して親切だったが
ゼンコは
“見た目がいい人間とは住む世界が違う”
と拒絶していた。


ゼンコは公史郎がアユミと付き合いだしたことで
“この容姿で生まれたこと自体が間違いだったんだ”
と全てを生まれもった容姿のせいにする。


それらのことを思い出し
ゼンコは
“美人じゃなきゃ誰からも愛されない”
と公史郎に想いをぶつける。


公史郎は
“アユミちゃんは関係ないじゃないか…”
と困惑する。


ゼンコは
“可愛い顔も友達も持ってるくせに、あの女はシロちゃんまで私から奪った”
と自分勝手な言い分をわめきちらす。


公史郎はゼンコの信頼を得るために、
身勝手な言い分を理解した様子を見せる。


公史郎は
“火賀の人生を壊してやりたいのは俺も同感”
といって
火賀とアユミ(見た目ゼンコ)を入れ替えることを提案する。


ゼンコは
“シロちゃんは火賀の身体が欲しかったのでは?”
と困惑するが
公史郎は
“君は今の俺がいいんでしょ”
と抱きしめて力技で納得させる。


⇒無料で「宇宙を駆けるよだか」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「宇宙を駆けるよだか」で検索です



宇宙を駆けるよだか 8話のネタバレ

アユミは公史郎に借りた上着を返すタイミングを伺っていた。


ゼンコは公史郎に
“条件が揃わないと入れ替われない”
というが
公史郎は既に条件を知っていると告げる。


ゼンコはまだ公史郎を信用しきっていない様子だったが、
公史郎が
“二人の入れ替わりが失敗したら自殺にしてしまえばいい”
というので
ゼンコは
“協力する”
と信用した様子だった。


二人のやり取りを窓の外で聞いていたインコは、
慌ててどこかに飛んでいく。


インコはアユミと火賀に
“大変なことになりました”
と話しかける。


二人は驚くが
インコが
“この姿になる前は人間でした”
というので辛うじて理解する。


人間同士ではなくても入れ替わりが成立するのに驚いていた。


インコは建造という名前だという。


インコ(建造)はゼンコと公史郎の会話を打ち明ける。


火賀とアユミは困惑するが
インコ(建造)は
“楽しんでいるように見えた”
と警告する。


アユミはまだ公史郎のことを信じていた。


アユミは
“もじインコ(建造)のいうことが本当なら火賀を巻き込んでしまう”
と火賀を心配する。


火賀もアユミも公史郎のことを信じているというと
インコ(建造)は
“君たちは若いから人間の怖さを知らない”
と自分のことを話しだす。


インコ(建造)は46の時に今の姿になったのだという。


裏切り裏切られ、
恨みにまみれた状態で薬を飲んで自殺を図っていた。


その際に目に入ったインコをみて
“あまりに無垢で羨ましい…”
と思ったのだという。


インコ(建造)は
“もう誰も苦しめたくない”
と二人を危険に晒すのを避けようとしている。


アユミと火賀はそれでも公史郎を信じているため
インコ(建造)は
“何を言っても無駄のようですね、次の赤い月は明後日です”
と忠告だけしてさっていく。


アユミと火賀は公史郎に会いに行くことにする。






公史郎とゼンコは赤月神社に来ていた。


ゼンコは巻物を見せる。


巻物には唄がかかれており、
入れ替わる条件が載っていた。


公史郎は
“こんなモノを信じてビルから飛び降りたの?”
と呆れていた。


ゼンコは
“どうせ死ぬんだから”
という心境だったと告げる。


その巻物がゼンコの知っている全てだという。


公史郎が一人で帰っていると
アユミと火賀が待ち受けていた。


アユミは
“何をしようと敷いてるのかわからないけど信じる”
といって服を返す。


二人が帰った後
公史郎は
“俺にはこの選択しかないんだ…”
と泣き崩れる。


⇒無料で「宇宙を駆けるよだか」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「宇宙を駆けるよだか」で検索です



宇宙を駆けるよだか 9話のネタバレ

赤月の日の前日
公史郎の話が本当であるなら
火賀とアユミ(見た目ゼンコ)のどちらかが殺されるハズだった。


アユミは心配そうな顔をしていた。


学校では火賀のアユミ(見た目ゼンコ)への告白が話題となっていた。


火賀の女子たちからの人気ぶりが伺えた。


アユミは意味が解らなかったが
他のクラスの女子に絡まれて
“火賀くんと釣り合わない、ブスって自覚ないのかな”
と嫉妬からの嫌味をいわれる。


アユミは自分の顔を鏡で見た後に火賀をみる。


一緒にゴミ捨てに行くときに
窓に映った自分と火賀を見比べる。


先ほどの女子生徒の嫌味を理解できたと同時に、
元の姿の時にはそういったことを全く意識していなかった自分に気付く。


アユミは
“今の自分はブスなんだ”
と思うと
急に火賀と一緒にいるのが恥ずかしくなる。


ゼンコが命を懸けた理由を理解し、
“二度と元には戻れない”
という現実が怖くなる。


アユミは卑屈な考えになり
“火賀くんの中ではあの告白はなかったことになっている”
と思い一人で帰ろうとする。


火賀は
“苺パフェ食べに行くから付き合え”
と強引に手を引いていく。


通行人は
“なにアノカップル”
と囃し立てるが
火賀は
“俺たちカップルに見えるのかな?”
と浮かれていた。


アユミが失笑すると
火賀は
“やっと笑ったな”
と微笑む。


アユミは顔を逸らして
“もっと可愛い子いっぱいいる”
というが
火賀は
“俺が好きなアユミはここにしかいない”
という。


アユミは卑屈そうに
“この姿で出会っても同じこと言ってくれた?”
というが
火賀は
“それなら誰より先にアユミの良さに気付けたかもな”
という。


アユミは元気をとり戻す。


アユミは
“赤月の日が無事に終わったら告白の返事させて…”
という。


⇒無料で「宇宙を駆けるよだか」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「宇宙を駆けるよだか」で検索です



宇宙を駆けるよだか 10話のネタバレ

赤月の日の当日
公史郎とゼンコは段取りの確認をしていた。


公史郎はアユミに
“放課後に1階の空き教室に来てほしい”
というが
アユミは
“今日はいけない”
と断る。


公史郎は
“もう一度話がしたい”
といって去っていく。


放課後にアユミがそこに行くと
待っていたのはゼンコだった。


公史郎は火賀に
“あの子が大事ならちょっと顔かせ”
と非常口に連れていく。


公史郎は
“元に戻す方法を探しているうちに、お前は俺からアユミちゃんを奪った”
と絡みだす。


公史郎が火賀を挑発するので二人はもみ合いになる。


公史郎は非常口の階段から火賀を突き落とそうとする。


ゼンコとアユミがいる部屋からは
非常口の様子が見えていた。


ゼンコと公史郎の段取りだと
“公史郎が火賀を落として、それを救うにはアユミが火賀と入れ替わらなくてはいけない”
というモノだった。


ゼンコが説明すると
アユミは
“囮に使われてしまった”
と気付く。


ゼンコは
“火賀の姿の方がいいじゃん、その姿よりましでしょ”
とアユミを抑えつけるが
アユミはゼンコを殴り倒し
“私はあなたとは違う、あなたが悔しがるほどこの姿で幸せになる”
と宣言する。


アユミは
“加賀くん、私は大丈夫、そこから逃げて”
というが声は届かなかった。


火賀と公史郎は揉みあったまま一緒に落下する。


落下した結果
ゼンコとアユミは落ちた二人を心配して駆け寄る。


すると
火賀と公史郎が入れ替わっていた。


⇒無料で「宇宙を駆けるよだか」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「宇宙を駆けるよだか」で検索です



宇宙を駆けるよだか 2巻の感想

あと4回の入れ替わりを経れば、
全員が元に戻れますね。


恐らくは全て公史郎の計画通りなのだと思います。


公史郎は心の中で
“計画通り”
と夜神月のようにほくそ笑んでいるでしょう…





アユミの感じだと
火賀の告白の返事はOKっぽかったです。


しかし条件として
“赤月の日が無事に終わったら”
なので
コレは無事とは言えませんね…







疑問なのは
“赤月の日の入れ替わり回数”
です。


一日に何回も入れ替わりが可能であれば、
その日のうちに残りの4回をこなせます。


意図がゼンコにばれても
“片方が入れ替わりたいと強く願う”
のが条件なので強引に入れ替わり元に戻せます。


もしも
“赤月の日には入れ替わりは1回だけ”
というルールだとかなり時間がかかりそうです。


そのたびに公史郎が上手くゼンコを騙しても、
いずれゼンコは気づいてしまうと思います。


もし
“赤月の日には入れ替わりは1回だけ”
ならば、
ゼンコは
“その日は町から離れる”
という簡単な対策で入れ替わりを阻止できます。


公史郎は今後の4回の入れ替わりを

・上手く他のみんなを騙すのか

・強引な手を取るのか

大注目ですね!


⇒無料で「宇宙を駆けるよだか」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「宇宙を駆けるよだか」で検索です


無料で「宇宙を駆けるよだか」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「宇宙を駆けるよだか」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「宇宙を駆けるよだか」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「宇宙を駆けるよだか」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。