恋は雨上がりのように 4巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

4巻には25~32話が収録されています。

⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 4巻とは?

出版社:小学館
発売日:2016/1/12
作者 :眉月じゅん

陸上部の親友・喜屋武との間に起きる摩擦。

店長がかつて抱いた夢――

思春期の少女と思秋期のおじさん

立ち止まったままの2人。

その想いの行方は…!?

今、17歳の夏が過ぎゆく――


恋は雨上がりのように 25話のネタバレ

アキラは正己の部屋にあげてもらいテーブルにつっぷしていた。


アキラが
“私は、店長の事何も知りません”
というと
正己は先日の自分の言葉を思い出す。


正己はトゲトゲしい言い方をしてしまったことを恥じて謝罪して、
“本当に俺は大した人間じゃない”
というが
それでもアキラは
“素敵です”
という。


アキラは
“私ではダメですか?”
というので
正己は
“ダメなわけない、感謝している”
というと
アキラは
“よかった…”
と安心して泣き出す。


正己は泣いているアキラをみて
“この感情に名前をつけるのはあまりに軽薄だ…”
と思っていた。


正己はアキラを抱きしめる。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 26話のネタバレ

アキラが抱きしめ返すと
正己は正気に戻り慌てて引き離して
“友達としてのハグ”
と苦しい言い訳をする。


正己が体調を悪化させてしまったため、
アキラはタクシーで帰る。


アキラは家に帰ると熱を出して寝込んでいた。


雨に濡れて風邪を引いたのか、
正己に抱きしめられて熱にあてられたかは不明だった。


アキラは正己の
“友達”
という言葉を思い出していた。


正己は仕事に復帰するが
アキラが風邪をひいて休んでしまい久保は愚痴っていた。


正己は仕事の休憩時間に
アキラを抱きしめたことを思い出し冷や汗をかいていた。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 27話のネタバレ

アキラが仕事に復帰すると
正己は
“友達だから”
と不自然に主張して接する。


アキラはネットの掲示板に相談する。


“遠回しに降られた”

“外国なら友達同士でハグはある”

というこたえをみて顔をしかめる。


アキラが休憩をしていると
ユイがやってきて吉澤のことが気になると相談される。


ユイは
“髪の毛きって喜んでくれたの吉澤くんが初めて”
と赤面している。


アキラは
“友達か恋愛に変わることだってある”
とユイに伝えると
ユイは元気づけられていた。


その言葉は自分に向けた言葉でもあると、
アキラは認識する。


アキラは帰り際に正己に
“友達だったらメールとかすると思う”
と迫りメールをする約束を取り付ける。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 28話のネタバレ

アキラは父の実家に訪れていた。


父はガラケーだったため
アキラは
“スマホに変えたら?”
という。


“迎え火”
を行い父と食事に行く。


父はアキラの近況報告を受けながら
“彼氏とかできたのか?”
と聞かれて
“友達はできた”
とこたえる。


食事を終えると父はタクシーを呼んでアキラをのせる。


父は多めにタクシー代を渡して小遣いだという。


アキラは
“あたしもう子供じゃない”
というが
父はアキラの頭を撫でて
“母さんによろしく”
といって送り出す。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 29話のネタバレ

夏祭りが近づいており
ユイは楽しみにしていた。


アキラはあまり興味なさそうだが
ユイに
“今しかできないことってある”
と言われて正己を見て
“そうだね…”
と頷く。





ハルカは部活の後輩から
アキラを部活に連れてくるようにせがまれていた。


ハルカは
“アキラは自分のことは自分で決めるタイプ”
と言い聞かせていた。





アキラはバイトの帰りに
ハルカにメールをして祭りに誘う。


アキラが浴衣を着て待っていると、
ハルカも浴衣でやってくる。


弟と小さい妹二人もついてきていた。


アキラは
“行こ”
とハルカの手を取ると
ハルカは嬉しそうにほほ笑んでついていく。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 30話のネタバレ

弟が妹二人をトイレに連れていっている間に、
アキラとハルカはヨーヨー釣りをしていた。


ハルカは
“誘ってくれてありがとう”
というと
アキラは
“部活行かなくなってから遊ぶのははじめてだよね”
という。


ハルカは部活の3年生追い出しパーティに誘おうかと思うが、
アキラは正己を見つけて駆け寄って行く。


アキラは正己に挨拶をするとすぐに戻ってくる。


ハルカはアキラの様子を見て
すぐに正己のことが好きなのだと気付く。


ハルカは
“今の人の事好きなの?”
と聞いてみると
アキラの赤面して狼狽するリアクションからすぐに本気だと気付く。


ハルカは
“超おじさんじゃん、一緒にいる男の子って…”
と信じられない様子だった。


アキラは
“もういいじゃん…”
というと
ハルカは
“最近なにも話してくれない、何考えてんのかわかんない”
と喧嘩になる。


妹たちは戻ってくると
二人の険悪な空気を感じ取り泣き出す。


妹二人が泣きだすと弟は面倒くさそうに困りだす。


アキラとハルカの間に気まずい空気が漂い
アキラは
“だって、もう元には戻れない”
というと
ハルカも泣き出して帰ってしまう。


弟は
“アキラちゃん悪い…また”
といって
妹二人を担いでハルカを追い駆ける。


アキラは一人残されて立ち尽くしていた。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 31話のネタバレ

正己は古い友人と
思い出深い居酒屋で待ち合わせをする。


相手は作家の
“九条チヒロ”
だった。


二人は居酒屋の思い出深いメニューを頼んで盛り上がる。


正己がチヒロの本を
“まあまあ面白かった”
というと
チヒロは嬉しそうなリアクションをする。


チヒロは大学時代に作った同人誌を持ち出すと、
正己は懐かしそうに喜んでいた。


チヒロは正己の元妻のミドリについて聞いてみると
正己は
“会ってない、息子のことでたまに電話するくらい”
という。


チヒロは悪ノリして
“俺とのインド旅行をブッチして結婚!俺は向うでかいた小説でデビューした”
というと
正己は
“あの時は悪かった”
と冷や汗をかく。


正己はまだ小説を書いてはいるという。


しかし
書ききったのは4~5年前で誰かに見せる予定もないのだという。


正己は
“こんな話を人にするのは久しぶり”
と苦笑する。


チヒロは
“話たくなったら俺に話せばいい”
と正己にビールを注ぐ。


帰り際に正己は
“お前の小説ヒロインの女子高生の描写がイマイチ”
とダメ出しする。


チヒロは
“おめーにJKの何がわかるんだ”
というが
正己は
“ファミレス店長をナメんな、スネちゃって大人げない”
とおどけてみせる。


チヒロは
“俺たちは大人じゃない、同級生だろ”
といってタクシーで帰っていく。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 32話のネタバレ

アキラは学校に行くと
登校中にハルカと顔を合わせて気まずかった。


ハルカも顔をそむけて先に行ってしまう。


アキラのバッグにはハルカがプレゼントしたキーホルダーがついている。


アキラはバイト中も元気がないため、
正己は心配していた。


さり気なく理由を聞いてみると
アキラは
“友達と喧嘩しちゃって…”
と打ち明ける。


“もう仲直りできないかもしれない”
と俯くアキラに正己は何か言いかけるが、
フロアから久保がアキラを呼ぶ声が聞こえてくる。


アキラが仕事終わりに帰ろうとすると
正己は手招きして月を指さし
“今夜はスーパームーン”
という。


正己は
“願い事を叶えてくれるというジンクスがある”
といって
先日のチヒロとのことを話す。


正己とチヒロは喧嘩したわけではないが、
なんとなく気まずくなり疎遠になっていたのだという。


しかし
10年ぶりに再会したら楽しかったという。


チヒロの
“俺たちは大人じゃない、同級生だ”
という言葉が印象的だったという。


正己は
“一緒に過ごした時間はどんなに時がたっても消えてなくなったりしない”
とアキラを励ます。


アキラは月に何かをお願いする。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 4巻の感想

アキラの両親は離婚している…!?


アキラが父の実家に行ったときに母は同行していませんでした。


アキラを家に帰すときに父は
“母さんによろしく”
といって一緒に帰ろうとしていません。


離婚してるかまでは不明ですが、
別居はしているようです。


アキラが正己に父性を感じている側面もありそうです。


アキラと父は仲は問題ないようですが、
一緒に暮らしているわけではないようです。


そのため
“父親に甘える”
“父親に褒められる”
という経験が少なかったのかもしれません。


幼いころに父を亡くした女性が、
かなり年上の男性に惹かれるという話は聞いたことがあります。


アキラの場合は父は存命ですけど、
それに近い状況かもしれません。


「カードキャプターさくら」で
桜が雪兎に惹かれたのも
“父に似ているから”
でした。
※100%ではないようですが。


アキラがそのことに気付くのか、
あるいは他人から指摘された時どんな気持ちになるのか見てみたいです。


恐らくは逆上して
“そんなの関係ない、好きだから好き”
的な感じでムキになると思いますけど…






アキラとハルカの喧嘩はハルカの方が悪いですよね。


確かにハルカの
“アキラは正己が好き”
ということを知った時のリアクションは正常だと思います。


ですが
喧嘩腰でアキラに追及したら、
そりゃアキラも気分を害しますよね…


ハルカは単純にアキラに対して嫉妬しているようにしか見えませんでした。


“自分の知らないアキラ”
が見えてきたことで
それを許容できない自分の器の小ささを
“アキラのことが分からない”
とアキラのせいに押し付けているように思えます。


仕舞には逆ギレして泣き出して帰っていくとか…


二人は見た目とは逆で
ハルカの方が女性的で
アキラの方が男性的な考え方だと感じました。


ハルカの方が感情を優先させる傾向にあり、
アキラの方が淡々と理屈を述べています。


論破されたハルカは泣き出して逃亡ですから、
めんどくさすぎて始末に負えませんね…


弟の翔太の方がよっぽど大人に見えました。


翔太は妹の面倒をちゃんと見つつ、
逃亡したハルカを慰めに行こうともしています。


兄妹をみると女だらけの家庭で育ったため、
小さいころから女の扱いを学ぶことができたのかもしれません。


翔太は見た目は冴えないタイプですが、
大学デビューに成功すればモテるチャラ男になるかもしれませんね。





正己は天然なのか確信犯なのか…


初対面の時からアキラの気を惹くような行動を差し込んできますね。


今回はハルカと喧嘩して落ち込んでいるアキラを励ましていました。


その際に自分の体験談も話しています。


アキラからすれば
励ましてもらった上に正己のことを知れたので、
正己に対する好感度はさらに上昇したでしょうね。


正己のこういったところが、
父性に飢えた(予想)アキラの気を惹いているのかもしれません。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です


無料で「恋は雨上がりのように」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「恋は雨上がりのように」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「恋は雨上がりのように」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「恋は雨上がりのように」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。