魔法使いの嫁 7巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


7巻には31~35話が収録されています。


⇒無料で「魔法使いの嫁」を観る方法はこちら♪
※最新話の見逃しにも対応してます!

▼▽無料でまほよめを観る方法▽▼



魔法使いの嫁 7巻とは?

出版社:マッグガーデン
発売日:2017/3/10
作者 :ヤマザキコレ

次の感情へと続く路。

待ち遠しい者とそうでない者。

初めて普通の友人を得て、変わり始めるチセを前に、説明できない感情が湧き上がり今まで以上に戸惑うエリアス。

互いに成長し距離感を測りかねる中で、竜の国ではカルタフィルスの魔手がリンデル達に迫っていた。

永遠なる痛みに苦しむ、彷徨の魔術師の目的とは─。


⇒無料で「魔法使いの嫁」を観る方法はこちら♪
※最新話の見逃しにも対応してます!

▼▽無料でまほよめを観る方法▽▼



魔法使いの嫁 31話のネタバレ
~Forgive and forget.~

カルタフィルスは研究室で何かを待っていた。


左腕の痛みを煩わしそうにしている。





ルツはチセが帰っていないのを心配していた。


犬の姿になり探しに行く。


チセはエリアスに囚われていた。


ルツに連絡を取ろうとしても
エリアスの魔力で阻まれていた。


チセが何とかしようと手を伸ばすと、
杖が現れる。


チセは
“誰か”
にお礼を言って杖を使うと
光の小鳥が現れて飛んでいく。


小鳥はルツをおおよその場所まで導く。


ルツを待っていたのは冬の女神の子供だった。


冬の女神の子供は
“あなたたちはお母さまにしずくの実と枝を献上してくれましたね”
とお礼に魔法で強い光を出してくれる。


強い光により
エリアスの強い影が露わになる。


ルツはお礼をいってそこに向かう。


ルツはチセの傍に行くことができる。


チセは
“たぶん癇癪みたいなもの”
とルツに状況を伝える。


チセはエリアスの心境を正確に把握していた。


エリアスを説得するが
エリアスは聞く耳を持たずより強く締め付ける。


チセはルツに刃物をとってきてもらう。


チセは自分の喉元に刃物を構えて
“今すぐ離してくれなければどこに刺さるかわかりませんよ”
というと
エリアスの拘束は解けて森に出る。


エリアスは気まずそうに顔を伏せて
“ごめん”
と謝る。


チセは
“もう怒ってないですから”
といって撫でる。


怒ってはいるようだった。


エリアスは人型に戻りチセに手を引かれて帰っていく。


後から付いていくルツは
“この間まで父親と娘みたいだったのに、今度は母親と子供みたいだ”
という印象を受ける。






竜の棲家では子供二頭が密漁に遭っていた。


すぐにリンデルが現れて一人を殺害して威嚇する。


他の3人は様子がおかしく、
触手のようなモノが出てくる。


男たちはカルタフィルスの傀儡だった。


カルタフィルスは
“竜の肉を使いたい、予備ももらっていく”
というと
男たちと竜は姿を消してしまう。


⇒無料で「魔法使いの嫁」を観る方法はこちら♪
※最新話の見逃しにも対応してます!

▼▽無料でまほよめを観る方法▽▼



魔法使いの嫁 32話のネタバレ
~Examples are better than precept.~

チセはアンジェリカの元を訪れる。


アンジェリカは仕事中のため夫のデイビッドが出迎える。


デイビッドはチセの話を聞いていた様子で、
快く案内する。


デイビッドは普通の人間だという。


娘のアルシアも来て軽く挨拶する。


アンジェリカがやってくるので
チセは
“エリアスが目を覚まさなくなった”
と相談する。


チセは状況を詳しく説明する。


エリアスとベッドにはいり
横で子守歌を歌ってあげたのだという。


それ以来目を覚まさず
自分で調べたが解決方法がわからなかったという。


アンジェリカは
“歌に魔力が上乗せされたらそれは魔法”
だと指摘する。


チセはリンデルを思い出す。


アンジェリカは人には長所、特技があり、
なにがきっかけで伸びたかわからないという。


チセは睡眠薬を作るのが苦手なのもそのせいかもしれないと思う。


アンジェリカは
“魔法はかけた本人が解くのがいい”
という。


鍵と錠前の関係で
無理矢理違う人がするとどちらかが壊れる可能性があった。


アンジェリカは
“魔法そのままより薬の形にした方がいい”
といって準備をする。


チセはお礼を言って待っていると倒れこんでしまう。


デイビッドは事情をアンジェリカから聞いている様子だった。


アンジェリカが席を外している間、
デイビッドは自分とアンジェリカと娘について話す。


デイビッドが少年のころからアンジェリカは見た目が変わっていない。


20年以上前から10年以上口説き続けてやっとOKしてもらえたのだという。


デイビッドは娘が生まれたことにより、
アンジェリカが自分を振り続けた理由を少し理解したという。


“彼女たちはただ見送っていかなきゃいけない、俺は幸福、一人で死ぬことを考えなくていい”
といって、
魔法使いたちが持つ孤独を娘も経験することを悲しく思っていた。


デイビッドは
“できる限り長生きしよう”
とチセに呼びかける。


チセは家に帰りアンジェリカの調合通りの薬を作りエリアスに飲ませる。


エリアスはすぐに目を覚ます。


チセは疲れて眠ってしまうのでルツが説明する。






レンフレッドは学院で仲間と話していた。


チセ(スレイ・ベガ)の発見をレンフレッドが報告したことを、
同僚のアドルフは喜んでいた。


トーリーがやってきてレンフレッドの隻腕に触れる。


“さっさと培養してくっつけるか義手にすれば”
というが
レンフレッドは自分の油断なのでしばらくは不自由を楽しむという。


レンフレッドは腕をカルタフィルスにとられた際に、
魔術師にとって魔力の倉庫である髪の毛もとられてしまっていた。


トーリーはカルタフィルスに遭遇したレンフレッドを羨ましく思っていた。


カルタフィルスは有名な魔術師で
“不老不死は永遠のテーマ”
とトーリーは意気揚々としている。


トーリーはレンフレッドが魔法使いたち(エリアス)と交流があることを指摘して、
自分も交流したいと持ち掛けるがレンフレッドは酒を飲んで泣き出していた。


アドルフは
“そのネガティブは4時間続く”
といって去ろうとする。


レンフレッドはトーリーに絡みだす。


アドルフはリンデルからの使いの妖精がやってきたのに気づく。


妖精は
“契約に基づき竜の雛を返還せよ”
という。


⇒無料で「魔法使いの嫁」を観る方法はこちら♪
※最新話の見逃しにも対応してます!

▼▽無料でまほよめを観る方法▽▼



魔法使いの嫁 33話のネタバレ
~Any port in a storm.~

カルタフィルスはレンフレッドの左腕に込められた魔術に苦しめられていた。


意識が朦朧としてふらついている。





チセは夢を見ていた。


かなりリアルな夢で
現実世界を自分だけが幽体離脱しているような感じだった。


何かが聞こえるので移動するとすぐに街に出る。


人は沢山いたがみんな透けて見えていた。


一人だけハッキリした人がいて、
その人は倒れこんでいた。


駆け寄って話しかけるとカルタフィルスだった。


チセは警戒して名前を口走ると
カルタフィルスは
“僕の名前知ってるの?”
と普通の記憶喪失の少年のような反応だった。


チセはすぐに名前を記憶が無いのを察する。


カルタフィルスは
“お姉さん透けてるけどもしかして幽霊?”
といって
“死んだ者はちゃんと行くべきところがある、さみしいならお話してあげる”
というのえベンチに座って話すことになる。


チセは困惑しつつも話を合わせる。


チセはカルタフィルスの左腕が無いことを聞いてみると、
“今代わりを探している、人間の細胞じゃもうくっつかないのかな…”
と嘆いていた。


記憶があるのかないのかメチャクチャな様子だった。


出生について聞いてみると
“乾いたところ”
という。


すると
カルタフィルスは芋づる式で記憶を思い出したのか、
独り言を言いながら錯乱する。


チセが心配して
“カルタ…”
と名前を呼ぶと
“おれはそんな呪われた名前なんかじゃない、僕はヨセフだ。僕を許してカルタフィルス”
といってチセの首を絞めだす。


チセは目を覚ますと慣れた様子でルツに
“何日目”
と聞く。


ルツは
“2日寝ていただけ、いつもより早い”
という。


気が付くとリンデルの妖精とアリスが来ていた。


下に行くとレンフレッドなど学院の人たちとエリアスが何か真面目な話をしていた。


トーリーは興味津々でチセに触れるが、
アリスがトーリーにケリを入れて悶絶させる。


レンフレッドはトーリーの非礼をエリアスに詫びる。


彼らがやってきた本題は
竜の雛が密漁に遭ったことだった。


リンデルが殺害した一人の持ち物は
レンフレッドが作成した移動装置だった。


おそらくはカルタフィルスに腕をとられた際に、
その魔術もとられたのだと予測できた。


主犯格はカルタフィルスだとほぼ断定していた。


レンフレッドは自分の魔術が悪用されたことに責任を感じていた。


学院は竜が死んだときに亡骸の一部を研究材料としてもらっていた。


その代わりに
密漁をさせないように見張っており協力関係にあった。


学院はリンデルと親交があり、
カルタフィルスを見知っているエリアスたちに助けを求めてきていた。


エリアスは自分たちに危険しかないので断る。


チセはエリアスが癇癪を起した時のことを指摘して
“あの時すごく痛くて苦しかった”
という。


竜と遊んだことを思い出し
“遊んでくれたかもしれない子が辛い思いをするのは嫌”
というと
エリアスはOKを出す。


リンデルによると
竜の交信ではヨーロッパのどこかにいることまでは判明していた。


チエは夢を思い出し
“ロンドンにいると思います”
という。


チセは夢で見たカルタフィルスのことを思い出し、
竜が高く売れることから推測を進める。


カルタフィルスはおそらく
“自分の腕の部品の一部”
を探しており
竜の身体全部は必要としていないと思われた。


そのため
自分に不要な部分は高く売って金にしたいハズだと推測する。


チセは自分がエリアスに代われたオークションの関係者に電話してみる。


⇒無料で「魔法使いの嫁」を観る方法はこちら♪
※最新話の見逃しにも対応してます!

▼▽無料でまほよめを観る方法▽▼



魔法使いの嫁 34話のネタバレ
~Any port in a storm. Ⅱ~

チセの推測通り
カルタフィルスは竜を金に換える手続きをしていた。


研究所の維持費を稼ぐのを大変そうにしている。


研究所には竜が一匹拘束されている。






チセはオークションの関係者のセスから、
竜が出品されることを確認していた。


出品を取りやめは無理だったので、
みんなで乗り込んで競売で競り落とすことになる。


チセがアッサリと竜の一頭を見つけたため、
他のみんなは感心していた。


オークションの日を聞いて会場入りする。


セスの口利きでチセたちは難なく入れた。


セスはチセに
“あなたの売値の半額が入金してある”
と通帳とカードを渡す。


チセは商品であり出品者であるので、
正当な取り分だった。


トーリーはチセに学院の勧誘をするが
チセは
“家にいないと寂しがるヒトがいる”
と断る。


トーリーは
“手ごわそうで何より”
と微笑んで諦めていない様子だった。


レンフレッドはチセに学院のことを伏せていたエリアスを追及していた。


レンフレッドはチセの人間としての成長を心配して
“お前に依存先を限定してその先どれだけ成長できる?”
と問い詰めるが
エリアスはレンフレッドに
“もしかして君、本当は魔術師になんかなりたくなかったんじゃないの?”
というとレンフレッドは
“私の道を勝手に決めるな”
と激怒する。


エリアスは
“あの子は僕のモノだよ、チセはそう望んでくれてる”
とあしらう。


オークションが始まると
一番最初に竜が出てくる。


80万からはじまっていた。


学院の上限は150万で
それにチセの持ち分を追加したのが限界だった。


チセの代わりに値段を把握して離れしたセスが競売に参加する。


150を超えてしまったのでセスの出番になる。


チセは見知らぬ女に魔術で話しかけられる。


女は
“あなたに都合がいい女”
と自己紹介する。


女は竜の全てではなく
“1リットルの血液”
が欲しいだけだという。


竜の体格からすれば微々たるものだった。


女は持ち金を全てチセに託すという。


チセ持ちが250万
学院が150万
花で稼いだ30万
女の90万
で合計520万だった。


競売の金額の様子から充分競り落とせる金額だった。


しかし
拘束された竜が暴れ出す。


⇒無料で「魔法使いの嫁」を観る方法はこちら♪
※最新話の見逃しにも対応してます!

▼▽無料でまほよめを観る方法▽▼



魔法使いの嫁 35話のネタバレ
~Any port in a storm. Ⅲ~

雛だったハズの竜は一瞬で何倍も大きくなり禍々しい姿になる。


魔術師たちは魔力を吸われていた。


竜は空気中の魔力を利用できるのだという。


その力が急成長したと予測されていた。


竜の感じている恐怖が魔法使いのチセに流れ込んでくる。


エリアスは
“それは君の感情じゃない、引っ張られなくていい”
と抱き寄せる。


竜は火を吐きだす。


それらの器官は退化したハズだったが、
怒りと恐怖から先祖返りしていた。


チセはエリアスに
“あの子はまだ帰れる、やり方を教えて”
と竜を救うため懇願する。


エリアスは
“もとからそのためにここにいるさ”
とチセの行動原理を把握しており元の姿に戻る。


エリアスはチセが竜に触れて魔力を吸収して、
それがチセの身体をめぐる前にエリアスが吸い取るという方法を提示する。


エリアスがいないとチセの身体が壊れてしまうのだという。


竜に触れる役がチセなのは
“チセの竜を帰してあげたいという意志”
が大事で
ソレがあるから余計な魔力を吸い取れるハズだという。


魔術師たちは竜の気を逸らすため囮になる。


リンデルの妖精が水の魔法で魔術師たちを援護する。


その隙にエリアスはチセを抱えて竜に飛び乗る。


竜は暴れて建物を突き破り空へと飛びだす。


竜はエリアスたちめがけて火を吐くと、
エリアスはチセを庇ってもろに喰らって落ちてしまう。


ルツはエリアスを助けに行き、
チセだけが竜の背中に残される。


竜は空高く飛び上がる。


チセは魔力を吸おうとするが、
逆に吸われてしまう。


ルツとの通信でエリアスが無事なのが判明する。


チセは腕輪を外して両手で竜に触れる。


竜はチセに魔力を吸い取られて川に落ちる。


エリアスが現場に行くと竜とチセは生きている様子だったが、
チセの身体の一部が竜の羽のように巨大に変形していた。


⇒無料で「魔法使いの嫁」を観る方法はこちら♪
※最新話の見逃しにも対応してます!

▼▽無料でまほよめを観る方法▽▼



魔法使いの嫁 7巻の感想

レンフレッドは実は超一流の魔術師だった!?


最初はチンピラかと思いましたが、
レンフレッドはかなり凄いっぽいですね。


瞬間移動の魔術を発明していました。


型月の設定だと
“瞬間移動”
は魔術ではなく魔法です。


この世界の設定でもおそらく
“魔法に限りなく近い魔術”
なのだと思います。


また
レンフレッドの腕を奪ったカルタフィルスは、
レンフレッドが仕込んでいたと思われる毒のような魔術に苦しめられていました。


おそらくレンフレッドは
“自分の魔術(髪の毛や体の一部)”
が奪われた時に
それを簡単に使われてしまわないように仕掛けをしておいたのだと思われます。


ブリーチの浦原喜助みたいに抜け目のない人物像が伺えます。


酒を飲むと泣き上戸になったりと、
レンフレッドの魅力がイロイロ明らかになっていました。






カルタフィルスはより一層謎に包まれていますね。


彼の口ぶりだと
“カルタフィルス”

“ヨセフ”
は別人みたいです。


大事な人だった
“カルタフィルス”
を殺してしまい
それを自戒して忘れないため
“カルタフィルス”
を名乗っているように思えました。


カルタフィルスはチセの友人のステラに何かしているので、
そちらも楽しみです。






ラストでチセが大幅なパワーアップ?してしまいましたね。


“このままだと異形の類になってしまう”
たぐいのイベントが発生だと思います。


アンジェリカが言っていたように
“魔法はかけた本人が解くのがいい”
と言っていたのでエリアスたちに解決はできないと思います。


もしも
コレで竜が死んでいたらチセは永遠に戻れないと思いますが、
おそらくは竜が生きていて何とかしてチセを元に戻すと思います。


この漫画の設定でいい所は
“魔法使いは万能ではない”
という所です。


エリアスがどんなに優れた魔法使いだったとしても、
力技でチセを元に戻すことはできないハズです。


チセはどんな方法で元にもどるのでしょうか…


⇒無料で「魔法使いの嫁」を観る方法はこちら♪
※最新話の見逃しにも対応してます!

▼▽無料でまほよめを観る方法▽▼


 
無料で「魔法使いの嫁」を観る裏ワザ!
 

「新しい期の前に観なおしたい…」
「前の展開忘れた…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はFODなら
無料で「魔法使いの嫁」を観ることができます!

FODとはフジテレビの動画配信サービスです。

最初の31日間は無料
「魔法使いの嫁」はFODプレミアム対象作品なので見放題です!

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒FODで無料で「魔法使いの嫁」を観るならこちら♪