親なるもの 断崖 11話について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


⇒無料で「親なるもの 断崖」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!





親なるもの 断崖 11話のあらすじとネタバレ!

地獄谷と呼ばれるところではある噂がたっていた。


年老いた女がいて
しわだらけの顔で折れた歯がのぞいている。


女は
“私は昔
 神様に嫁いだ
 そして子供が生まれて
 だけど神様の子だから育てられなかった
 あの子が幸せでありますように”

とくぼんだ目で泣いて言ったという。






道生は祖母に
“戦争は嫌いだ
 親と子が離れ離れになって
 人間が可哀そうになる”
というと
祖母は長い説教を始める。


道生は
“母は「アカ」だった
 私は母さんのことを知りたい”
というと
祖母は泣きながら
“知らんでいい”
という。


それを聞いていた茂世は道生にお梅のいでたちを話し出す。


11歳で女郎部屋に売られたことから
聡一とのことまで話す。


茂世は
“あの地獄穴から抜け出してきて
 断崖の海の言葉を魂に焼き付けた”

お梅のことが好きだという。





茂世は道生を仕事場に連れていく。


鉄ができる様子を見学する道生。


茂世が“平和産業”としていた鉄つくりは戦争に利用されている。


道生はお梅から
“世界中でいちばん辛いのは
 父さんだ
 泣きたいのは父さんだ”

と言われていたことを茂世に話す。


⇒無料試し読みはこちら♪

※「親なるもの 断崖」で検索です



親なるもの 断崖 11話の感想!

今回はヒューマンドラマより
時代劇的な要素が強かったです。


戦争の真っ最中で
大きな流れに抗えない国民の姿が描かれています。





お梅は生きてはいるようです。


20代のハズですが
老婆のような姿になってしまったと噂ですね。


見たいような見たくないような…


道生はどんなに困難だろうと
母のお梅と一緒に居たいという思いが強そうです。


どうすることが
道生のためになるかは本当のところはわかりませんね。


気の強い道生なら
お梅が馬鹿にされても友達の男子たちを引き連れて仕返しに行くと思います。


時代の潮流と世間の目に抗うのは
沢山の魂を宿す道生でも困難のようです。


⇒無料試し読みはこちら♪

※「親なるもの 断崖」で検索です


無料で「親なるもの 断崖」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「親なるもの 断崖」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「親なるもの 断崖」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「親なるもの 断崖」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。