このSを、見よ! について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


1巻には1~8話が収録されています。


⇒無料で「このSを、見よ!」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「このSを、見よ!」で検索です



このSを、見よ! とは?

出版社:小学館
発売日:2010/1/29
作者 :北崎拓

鵜守田倫の尻には変な形のアザがある。

幼い頃それを笑われて以来、アザは彼のコンプレックスとなり、22歳の今まで人前でパンツを下ろしたことがなかった。

当然女性の前でも…。

だが、そんな奥手な彼にも、一途に想いを寄せる女性がいる。

倫を赤ん坊の頃から知っている近所のお姉ちゃんで、現在は産婦人科医となった8歳年上の泉宮千鶴。

彼女が当直の夜、たびたび会いに行く間柄だが、告白することもできず…


このSを、見よ! 1話のネタバレ
~シリを隠して生きてきたんだ~

リンはケーキ職人をしている。


ケーキを作っては8歳年上のチズに持って行って会う口実にしていた。


チズはリンを弟のように思っていた。


“いつか本当に愛し合えるステキな誰かが現れる”
とチズはリンの頭を撫でていた。


リンは
“男として見て欲しいのに…”
と思いつつも
自分からは踏み込むことができないでいる。


リンの勤め先の洋菓子やには幼馴染のマコトがいた。


マコトはリンのチズに対する気持ちを昔から知っており、
煮え切らないリンをよくからかってヘコませていた。


マコトはリンをよく責めていたが
リンが自信を持てない理由を作った張本人はマコトだった。


リンとマコトが7歳の時
一緒に遊んでいるときにリンのお尻にある痣をみてマコトは大笑いしていた。


それがきっかけとなり
人前でお尻を見せるような状況になると体調を崩して嘔吐していた。


大人になってもそのことを思い出すと気持ち悪くなっていた。


“マコトに男を去勢されてしまった”
とリンは思っていた。


それでもリンは
“いつまでも痣の性にしてられない。子ども扱いされてたまるか”
とチズになんとか思いを伝えようとしていた。


チズからメールが来たのでチェックすると
いつもの文面と違い送信先を間違えたようだった。


それを指摘する返信をすると
“ゴメン、送信ミス”
と帰ってきた。


リンは
“こんな時間にメールする相手って…”
とチズに男がいることを懸念する。


その日はもう遅かったが
リンはチズの勤め先の病院に行ってみる。


いつもはチズが裏口から入れてくれるのだが、
その日はリンは一人で忍び込む。


看護婦に見つかって注意されると
リンは思わず逃げ出す。


看護婦は
“チズ先生のトコによく来てるコね”
と追いかけてくると
リンは素性がバレているのを知り階段を踏み外して尻を強打して悶絶する。


看護婦はリンを診察室へ連れていってあげる。


歩けたため骨に異常はないということになる。


チズは当直なため病院にはいるハズだという。


看護婦は話の内容から
リンがチズを好きなことに気付き
“美人だから強敵多いぞ”
という。


看護婦の口ぶりだとチズはリンのことを
“弟みたいなコ”
と話している様子だった。


リンは
“諦めなくちゃならないのかな…”
と弱気になり
いつものクセでお尻の痣をさする。


それに気づいた看護婦は
“お尻痛いの?”
といってシップを貼ってあげると用意する。


リンは痣を見られるのが恥ずかしくて抵抗するが
吐き気がしてきてその隙にズボンとパンツを脱がされる。


看護婦はリンのお尻の痣を見ると様子がおかしくなる。


リンは泣きそうになりながら
“生まれつきある痣で…おかしいでしょ”
というが
看護師は
“ステキ”
といってお尻にキスをしてくる。


リンは驚いて青ざめていると
看護師は
“火照っちゃったのはキミのせい”
と服を脱ぎながら誘惑してくる。


看護師の胸元には三日月の形の痣が浮かび上がってきている。


リンは何が何だか分からないが
看護師は強引にリンのモノを咥えだす。


⇒無料で「このSを、見よ!」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「このSを、見よ!」で検索です



このSを、見よ! 2話のネタバレ
~アザの魔法~

リンは女性経験がないため慌てふためいていた。


看護婦は慣れた様子でリードする。


看護師がパンツをゆっくり下ろそうとすると
リンは目が釘付けになり離せなくなる。


看護婦はパンツを脱いで見せつけると
リンは
“すごいっす”
というので気分を良くする。


リンは看護婦の胸元の痣に気付き
“あんなのあったっけ?”
と疑問に思う。


廊下からチズの声が聞こえて近寄ってくるため、
二人は慌ててリンのお尻にシップを貼っているような態勢をとる。


リンはお尻にシップを貼られた状態で四つん這いになっている。


看護婦の説明でチズはすぐに状況を理解して、
リンのことを心配する。


リンはチズに恥ずかしいいところを見られて赤面しているが、
チズは職業柄見慣れた光景なので普通に接してくる。


リンはチズと顔を合わせることができずに帰っていく。


リンは自室に帰ってあったことを思い出し悶えていた。


“とんだ醜態だ、人間としてありえない”
とどのようにつくろったらいいのか悩んでいた。


気を取り直してシャワーを浴びようとすると、
お尻の痣を見せた時から看護婦が豹変したことを思い出す。


“女を興奮させるフェロモンみたいな力が出ている?”
と考察する。


15年前にマコトも見ていたハズだが、
マコトには効果がない様子だった。


試しにお隣さんのメス猫にお尻の痣を見せるが効果はない。


その際にランというい女の子に見られるが、
単純に
“カッコイイ”
と興味を持たれて面白がられただけだった。


ランがリンのお尻を見て遊んでいる様子を
通りかかった若い女性い二人が不審な目で見て通報しようとする。


リンは慌ててズボンを上げようとするが
その拍子に女性二人はリンのお尻の痣をみる。


女性二人はリンを見て赤面しながら
“メアドだけでも…”
と連絡先交換を求めてくる。


その夜
二人の女性は長文の写真付きメールでリンを口説いてくる。


真面目で大人しそうな女性と派手な女性の二人だったが、
かなり大胆な文面と写真だった。


よく見ると
二人の女性の写真には看護婦と同じ三日月の痣があった。


リンはそのことでお尻の痣の特殊能力を大体把握する。


・子供や動物には効果がない

・大人の女が見たらリンを好きになり身体に三日月の痣ができる


ことを確信し
“チズがこの痣を見たら…”
と思う。


⇒無料で「このSを、見よ!」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「このSを、見よ!」で検索です



このSを、見よ! 3話のネタバレ
~されどヘタレ~

リンは
“チズの前でパンツを下す勇気を持てれば…”
と思うがすぐに無理だと気付く。


その夜
リンは電車に乗り実験をしてみる。


写真に撮影した自分の尻の痣を女性に見せつけると、
女性は怒って隣の車両に写っていった。


“画像では効果はない”
ことを認識する。


“生の尻をチズに見せつけないといけない”
ことにハードルの高さを感じる。


悶々と考え込んでいると
先日の女性二人はどんどん過激な写真を送ってくる。


自分の尻の痣の力の凄さにリンは驚く。


マコトは相変わらず煮え切らないリンをからかって遊んでいる。


リンはロクに反論できないが
“マコトに痣を見せて虜にしたらどんな顔するんだ?”
と思っていると
マコトはチズに電話して食事をセッティングしていた。


リンは急な話で慌てながらも嬉しそうにしている。


マコトは
“本物のチズちゃんにぶつかってみろ”
と激励する。


リンは
“こうなったらやるしかない”
と何とかしてチズに尻の痣を見せようと決心する。


⇒無料で「このSを、見よ!」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「このSを、見よ!」で検索です



このSを、見よ! 4話のネタバレ
~牙をむけっ!!~

リンは食事の後にチズと二人で飲みに行き、
そこで尻の痣を見せようと考えていた。


しかし
実際に行ってみると、
合コンのような雰囲気でチズとは席が遠かった。


マコトに説明を求めると
大学のサークルの医学部の連中がチズの話を聞きたいのだというのでセッティングしたのだという。


チズは学生に囲まれてどんどん酒を飲んでいる。


リンはチズが酒に弱いのを知っているため心配している。


“自分の近くの席にも可愛い子はいる”
と思うが
“自分が好きになる子はチズにそっくりな子”
だと思い出す。


マコトの友人のタカコが酔っぱらってリンに絡んでくる。


タカコは
“お尻に変な痣がある”
ことをマコトから聞かされており興味を持っていた。


“アタシにも見せて”
と絡んでくるので
リンが照れていると
“アタシ童貞のお尻って見た事ない”
と絡んでくる。


マコトは
“タカコ、酔い過ぎ”
と慌てて注意する。


リンは気まずそうに黙っていると
タカコは
“ノーリアクションかい、臆病だね”
というのでマコトは本気でタカコに怒る。


タカコは
“ごめんごめん”
と軽く謝ってトイレに行く。


マコトはリンに謝るが
リンは怒ってタカコに尻の痣を見せつけてやろうと思う。


その店のトイレは男女共用だった。


タカコがトイレに行くのを
“俺にはすごい牙があるのを見せつけてやる”
と思いながらつけて行く。


⇒無料で「このSを、見よ!」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「このSを、見よ!」で検索です



このSを、見よ! 5話のネタバレ
~バカにして…~

リンはタカコを虜にする妄想をしていると
タカコはトイレから出てきてしまい対面する。


タカコは
“本気で私にお尻見せるつもりなの?”
と笑うので
“ちがう、トイレだよ”
と慌てて誤魔化す。


トイレに入るとチズが入ってくるので慌てて出ていこうとする。


チズは
“あの時みたいだから”
といってリンを心配していた。


4年前
リンはケーキを初めて一人で作ってそれをチズに持って行った。


リンは勇気を出してチズの手を握ったが
チズは驚いてリンを思い切り突き飛ばしてしまう。


机の上の飲み物とケーキが散乱するほどの衝撃だった。


リンは
“そこまで怒るなんて”
と気まずくなり
それからしばらくは連絡をしていなかった。


“あれ以来この話は出てこなかったのに”
とリンは慌てていたが
“病院であんなカッコ見られて恥ずかしかった”
と何とか誤魔化す。


また
先日の間違いメールのことを聞くと
“お世話になった先生へのお礼メール”
とチズは説明する。


チズは
“私に彼氏ができたと勘違いした?”
とほくそ笑む。


リンは
“そんなんじゃないって”
とおどけて見せると
チズは
“リンが笑った”
と笑顔を見せる。


チズが一度トイレの外に出るというので
その隙にリンは用を足す。


そこでリンは
“いくしかない”
とお尻の痣を見せようと思い
“チズちゃん、ちょっといいかな?”
と声をかける。


リンはお尻を突きだして待っていたが
入って来たのはタカコだった。


リンは慌ててズボンをあげるが手遅れだった。


⇒無料で「このSを、見よ!」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「このSを、見よ!」で検索です



このSを、見よ! 6話のネタバレ
~どったああ!!~

タカコは恍惚の表情を浮かべて倒れてしまう。


チズが心配してやってくると
急性アルコール中毒の恐れがあるため救急車を呼ぶ。


チズは病院で診てもらうが異常なしだった。


“興奮のあまり失神した”
という状況だいう。


以前リンの痣をみた看護婦がリンをトイレに連れ込んで
“なんで一週間もほっといたの?”
と絡んでくる。


看護婦はリンを強引に責めてくる。


リンは
“一週間以上経過しても痣の効果が消えないのか”
と実感していた。


リンは何とか誘惑を跳ね返して
“もう行きますから”
とトイレから出ようとする。


看護婦は残念そうにして
“なんで先生なの?リン君みたいな若い子は相手にされないんじゃない?”
というが
リンの気持ちは変わらなかった。


リンはタカコに痣を見られたことを心配しながら病室に行く。


タカコはまだ眠っておりチズが看病していた。


チズと二人になり
結婚式会場でのことを思い出す。


リンはバイトで入っており
チズの友人の結婚式が行われていた。


チズはブーケをキャッチすると大喜びしていた。


それを見ていたリンと目が合い
チズは恥ずかしそうに赤面していた。


⇒無料で「このSを、見よ!」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「このSを、見よ!」で検索です



このSを、見よ! 7話のネタバレ
~ちょっとぐらい…~

リンがタカコを心配していると
チズはリンがタカコを気に入ったのだと勘違いする。






結婚式でチズがブーケをとった後、
チズはリンの元を訪れていた。


“この間はゴメン”
と突き飛ばしたことを謝る。


リンはムキになって
“さんざん遊んでんだろ、俺とちょっとくらいさ…”
というと
チズは
“勝手に決めつけないで、私はまだヒーメンインタクトだ”
と言って怒る。


その時のことを思い出し、
リンは意を決して
“オレ好きな人がいるんだ”
と立ち上がる。


⇒無料で「このSを、見よ!」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「このSを、見よ!」で検索です



このSを、見よ! 8話のネタバレ
~男として…~

リンは
“もしいい返事がもらえなくても尻の武器がある”
と勝利を確信していた。


“オレはチズちゃんのことが好きだ”
というと
チズは顔を赤くして
“ありがとう”
という。






チズには男性と深く付き合えなかったのは小さいころのトラウマからだった。


父は女にだらしない男でよく女を連れこんでいた。


チズが帰ると部屋から女の喘ぎ声が聞こえていた。


背後に異様な気配に気づいて振り向くと
母が鬼のような形相で怒っていた。


“私も男の人を好きになったらあんな目をするのではないか…”
と思うと一歩が踏み込めないのだといっていた。


しかし
チズには結婚願望があり
“結婚したい”
と言っていた。


チズの家庭は破綻したが
リンの家族がすぐ近くにいたため
“本当の家族”
と想像することで心のバランスが保てたのだという。


産婦人科医になったのは
“沢山幸せな家庭を見ればトラウマを克服できるかも”
と思ったからだという。


その話を聞いたリンは
付き合っていたユカを思い出そうとするが顔を忘れていた。


“チズに似ていたから付き合っていた”
というただそれだけだったことを認識する。


“彼女自身を見ることができてなかった”
というと
チズは
“お互い心が少し歪で大変だね”
といって好きな人と出会えたらお互い一番に報告しようと約束していた。


その4年後
病室でリンは約束通り告白する。


チズは
“ごめんね、私、約束守れなかった”
と以前から気になっている男性がいることを打ち明ける。


⇒無料で「このSを、見よ!」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「このSを、見よ!」で検索です



このSを、見よ! 1巻の感想

ヒーメンインタクトて初めて聞きました…


実際に婦人科の先生に取材して入手したワードだそうで、
医者の会話では普通に飛び出るらしいです。


確かにストレートな言い方だと生々しいのでいい隠語かもしれません。






チズが男性と深い仲になれない理由が結構怖かったですね。


ですが母親の怖い顔を見ていなかったら
逆に男好きなビッチに育っていたかもしれません。


回想部分の小学生時代のチズの表情は
扉から漏れてくる喘ぎ声を興味深そうに赤面しながら聞いていました。


ページをめくると母親が鬼の形相をしているのでその対比が印象的なシーンでした。


普通は8歳も年上で美人の女性であれば男性と深い仲になるチャンスは豊富なハズです。


チズが今までどのように男を躱してきたかも気になります。


美人で20~30代の女性なら
普通に生活してきても男からアプローチは受けるハズです。


気付かないフリを徹底したのか?
もしくは気付いていたけど一歩踏み込むところで母の顔を思い出したのか…


チズ自身には結婚願望が強いので後者のようですね。






チズはリンの気持ちに気付いているようですが、
リンと深い仲になるのを避けているのは
“本当の家族の弟”
と認識していたからのようです。


チズの家庭環境が破綻していたからこそチズはこれまで男性と縁が無いようでしたが、
そのことはリンを家族として認識する要因にもなってしまっています。


リンは何とかして弟抜け出せればいいのですが、
その前にチズに気になる男ができてしまったようです。


ラストはかなり気まずい感じでした。


リンはなりふり構わずスティグマを見せちゃうのでしょうか…?


もしリンのような特殊能力を持っていたら、
好きな女性にこんなこと言われたら即効で使って
“既成事実”
をガッツリと作ってしまうと思います。


ヒーメンインタクトのチズには一回最期までしてしまえば、
スティグマの効果が切れても有効な事実だと思います。


リンはどこまで下衆になれるのか見どころですね。


⇒無料で「このSを、見よ!」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「このSを、見よ!」で検索です


無料で「このSを、見よ!」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「このSを、見よ!」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「このSを、見よ!」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「このSを、見よ!」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。