累 7巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


7巻には54~62話が収録されています。


⇒無料で「累」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






累 54話のネタバレ

「誘蛾灯」

累はニナが死んだ翌日の
野菊との電話の内容を思い出す。


電話で野菊は思いつめた感じだった。


“辛いときはよくあの海に行く”
とニナ(累)と野菊で一緒に行った海の話をする。


地方での潜伏で心に余裕がない累は
考えなしで朦朧としたまま野菊に会いに海に行く。


携帯は破壊して湖に棄てており、
連絡先も控えていなかったためその発言が唯一の野菊へとつながる道だった。


累が海に行くと野菊はいた。


累はフードを被りマスクをしている上に、
本当の顔を野菊に見せるのは初めてだった。


累がどうやって野菊に接触しようか考えていると、
野菊が累を見つけて
“ただずまいが大事な人によく似ている”
と話しかけてくるがすぐに立ち去ろうとする。


野菊は累の正体と思惑に気付いており、
海辺にいる野菊に累が会いに来るのは野菊の計算通りだった。


立ち去ろうとする野菊に累は必死で
“野菊”
と声をかける。


野菊は
“どうして私の名前を?”
と白々しく聞き返す。


累にとっては必死な状況だが、
野菊にとっては計算通りの流れだった。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「累」で検索です



累 55話のネタバレ

「喰い合い」

野菊は真相を全て知っているため、
これから累がどんな嘘をついても動じない自信はあった。


人目が多いため累はびくびくと怯えていた。


二人は人気のない場所へ移動する。


移動する間に野菊はニナ(累)と累の違いを痛感していた。


累は縮こまっておどおどしており、
ニナ(累)とは人格レベルで違っていた。


“これが大勢の人を魅了した人気女優と同じ人物?”
と落胆している。


累はすぐに矛盾のない理由を考える。


“ニナのマネージャーをしていた”
という設定から矛盾が無いように即興で物語を作り出す。


累の話に矛盾はない上に
顔をほとんど隠しているにもかかわらず見事な演技力だった。


野菊は作り話をしながら涙を流す累に
“真実がなすすべなく歪められている”
と戦慄する。


累の作り話に飲み込まれないように、
“真実”
を忘れないように野菊は注意する。


累はニナから“淵透世”にそっくりな野菊の話をよく聞いたという。


野菊は累の話を聞きながら
頃合いを見て自分の作戦に移る。


野菊は
“自分自身の全てが嫌、別の誰かになって違う人生をいきれたらいいのに…”
と話す。


ニナと一緒に過ごしている時間が
唯一の時間だったと野菊は説明する。


累は思い切って素顔を晒す。


野菊は母そっくりの顔を見て狼狽して顔を逸らしてしまう。


累は
“やはり関わらない方がいい、目を背ける程醜い女なんか…”
といって帰ろうとすると、
野菊は必死で引き止める。


“醜い”
と思ったのではなく
“私の知る人に似ていた”
ため驚いたことを説明する。


累は少し迷うが本題に入ることにする。


⇒無料で「累」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






累 56話のネタバレ

「累ねる」

累は野菊の苦悩を理解できなかった。


累が
“なぜそれだけの美貌を手にしていながら別の誰かになりたいのか?”
を尋ねる。


野菊は
“累のように完全な嘘を纏うのは自分の演技力では不可能”
と思い
真実にほんの少しだけ嘘を上乗せすることにする。


野菊は
“美しい”
と男性に言われていたが、
そのせいで罵られたり怖い思いをしたという。


野菊がストーカーに襲われたのは
累も知っていたため納得する。


野菊は
“私を知っている人間から、自分自身から解放されたい”
という。


累は
“野菊にとっては美しさが不幸になる”
と認識して
“使い方次第、自分なら野菊の美しさを上手く使いこなせる”
と確信する。


累は口紅を取り出して野菊に塗る。


累は
“その口紅は特別、あなたと私の望みを叶える”
といってキスをしようとするが
羽生田から電話がくる。


羽生田は累が外出中だと知ると切ろうとするが、
累は
“会わせたい人がいる”
と伝える。


電話を切ると累は
“あなたにニナの秘密を教える”
と野菊に迫っていく。


野菊は
“自分も母と同じ運命を辿るかもしれない”
と恐れるが、
“呑まれるものか、呑みこむのは私”
とキスをしようと近づいてくる累に自分からキスをしに行く。


累と野菊の顔は入れ替わる。


野菊はそうなることはわかってはいたが、
実際に本当に入れ替わったので狼狽する。


累は野菊を落ち着かせて
“あなたと取引がしたい”
と持ち掛ける。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「累」で検索です



累 57話のネタバレ

「火と刻印」

羽生田はイザナとは同郷だった。


“朱磐”という田舎で、
羽生田もイザナも望まれて生まれてきたわけではなかった。


イザナはその醜さから殺されるハズだったが、
“平坂千草”
という老婦人に助けられ匿われて生きていた。


イザナも羽生田も
誰にも望まれずつまはじきにされていた。


ある日
イザナは口紅の力を手にして生まれ変わる。


村を焼き尽くし己の運命を切り開いて見せる。


羽生田は姿をくらましたイザナを探していた。


ようやくイザナを探し出した時には、
当時のイザナの顔を入れ替えるパートナーを死なせてしまう。


羽生田はイザナに許しを請い
イザナの言いなりの奴隷へとなり下がる。


羽生田にとっては本望だった。


奴隷の褒美はイザナとのキスだった。


イザナは羽生田の顔を見ると故郷を思い出すため嫌悪していたが、
羽生田は役に立っていた。


イザナが成功することは
かつて生きることを否定された人間が運命に抗うことなので羽生田は見ていて痛快だった。


羽生田はイザナに全てを捧げるつもりだったが、
すべての崩壊の時を迎える。


イザナとの最期の会話で
イザナは命令ではなく懇願をする。


“娘を奈落の底から白い照明の下へ導いて”
というのがイザナの涙ながらの最期の言葉だった。


⇒無料で「累」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






累 58話のネタバレ

「虹」

累は羽生田に野菊を紹介する。


羽生田は淵透世そっくりな顔に驚く。


累は野菊と自分の利害が一致していることを説明する。


野菊は自分の事を話したがらないそぶりをするので、
羽生田は帰ろうとする。


累は
“なぜそんなあっさりしてるの?”
と狼狽するが
羽生田は
“顔と声は適性が充分と確認した”
という。


羽生田は
“累は野菊の都合のいい部分しか見えていない”
と心配するが
それ以上に累の野菊の顔を得ようとする執念に安心する。


累は野菊と二人になり、
神社で行ったことは嘘で自分がニナだったと打ち明ける。


野菊は計算通りだったため、
すぐにそのことを受け入れて累を責めないようにする。


野菊が一人で外出中に
羽生田が話しかける。


羽生田は野菊の素性を知っていた。


累の異母妹であることを指摘するが、
野菊はあまり動揺はしていない。


羽生田は聞きたいことは山ほどあるが、
累が野菊を必要としていることを最優先とする。


羽生田も野菊もお互いに強い警戒心を抱く。


羽生田には
“丹沢ニナ”
を超える新たな女優の像が見えてくる。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「累」で検索です



累 59話のネタバレ

「咲く」

野菊の顔を得た累は
“淵透世のスケール”
と言われるほどの評価を得て新人女優としてデビューする。


“咲朱”
という名前で一切の素性は不明という設定だった。






デビューの5カ月前。


羽生田は鮮烈なデビューをする作戦を考える。


顔の交換をスムーズにするため
居住地をどうするかを考えていると。


累は
“あの屋敷どうなってるかしら”
という。


野菊は自分と父が住んでいた屋敷を思い浮かべて青ざめるが、
累が言ったのは累とイザナが住んでいた屋敷の事だった。


その日の話し合いが終わり
羽生田は
“不安は解消しないとな”
といって野菊を屋敷に連れていく。


二人で屋敷に入ると
父の死体は亡くなっていた。


羽生田は可能な限り痕跡を残さないように処分したと野菊に伝える。


羽生田は野菊が父を殺害したことも察していた。


野菊は父から淵透世の衣装を無理やり着せられた記憶を思い出し、
逆上して屋敷に火をつける。


羽生田は慌てて野菊を連れて外に出るが、
その際に野菊は腕に火傷を負ってしまう。


⇒無料で「累」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






累 60話のネタバレ

「咲朱という女」

累は
“丹沢ニナ”
でいたころとは明らかに違った。


野菊に移動してもらい、
制限時間は殆ど気にせず活動できるようになる。


累は野菊が顔のせいで不快な思いをしていないか心配をするが、
野菊は
“そんなことないわ”
という。


そのことが累には信じられなかった。


累は野菊が献身的に累に尽くしてくれているが、
ニナとしてあっていたころの野菊の笑顔は取り戻せていない事を痛感する。


累は咲朱として順調にキャリアを重ねる。


評判と知名度は上がってきており
“丹沢ニナ”
でも未踏の領域に到達しそうだった。


羽生田がオファーを3件もってくる。


2件は主演だが規模はあまり大きくなかった。


1件は準主役だが
世界的な演出家の富士原の仕事だった。


累はそれを受けたがるが
羽生田は台本が
“マクベス”
でイザナの最期の役で縁起が悪いという。


累もそれを聞いて顔色を変える。


羽生田はさらに
マクベス役が雨野であることが厄介だという。


雨野に正体がバレる危険がある上に、
累は明らかに雨野に対して未練があった。


累は
“生半可な覚悟で舞台にもどってきたんじゃない”
と激高してそのオファーを受けることにする。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「累」で検索です



累 61話のネタバレ

「焼けた肌」

野菊が屋敷を焼いて腕に火傷を負った日に、
天ヶ崎の家に帰っていた。


天ヶ崎は火傷を心配して応急手当をする。


天ヶ崎は
“火傷の痛み”
には嫌な思い出がある様子。


それ以来
天ヶ崎は野菊を抱かなくなり、
眼を逸らすようになる。


天ヶ崎は野菊に出て行ってほしいという。


野菊は
“傷物になったとたん無用ってわけね”
と皮肉る。


野菊は天ヶ崎にはおぞましさしか感じていなかったが、
玩具のように捨てられたことに悔しさを感じていた。


“父に抱かれていたころから何も変わっていない”
と思い累の破綻により解放されると信じている。


野菊が路上で客を取ろうとしていると、
野菊を拒絶したはずの天ヶ崎が話しかけてくる。


天ヶ崎は心の内を話し出す。


天ヶ崎の顔にある火傷は
中学生時代にクラスメイトに焼かれたのだという。


天ヶ崎が初めて野菊を見た時人
“美しい人形”
と思い
壊し続けて観察したいと願っていた。


しかし
火傷をした野菊を人形として見れなくなったという。


⇒無料で「累」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






累 62話のネタバレ

「色彩」

人形と見れなくなった野菊が家からいなくなったら、
あまりの喪失感に居ても立っても居られなくなったという。


天ヶ崎は野菊に戻ってくれるように懇願する。


野菊は今度は自分の火傷の理由を話すという。


その上で天ヶ崎に判断を仰ぐとして、
焼いた屋敷に連れていく。



野菊は自分の生い立ちを天ヶ崎に説明する。






累は富士原の現場でセリフ合わせを行っている。


富士原は役者たちに細かい修正を要求する。


累も微修正を要求される。


雨野とは隣の席だが
気付かれてはいない様子。


累は少し残念そうにする。


セリフ合わせが終わり
帰り際に軽い挨拶を交わす。


雨野は咲朱(累)にニナの影を見る。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「累」で検索です



累 7巻の感想

野菊は
“計画通り”
と夜神月のようにほくそ笑んでいるのかもしれません。


累が不自由なく過ごせているのは
野菊が柔軟に対応できるからです。


野菊が上手く時間を調整してすっぽかせば、
累を容易に陥れることができそうです。


舞台の本番の日にそれをすれば、
咲朱(累)の評判はガタ落ちだと思います。


しかし
その程度の事で野菊が満足するとは思えません。


もっとえげつないやり方を計画していると思います。


それがいつどんな形で発動されるか楽しみです。






羽生田の思っている通り
累には心の余裕が全くなくなっていますね。


野菊の顔を見れば
“淵透世の娘かも?もしかしたら実の母の顔をイザナに奪われて恨まれているかも?”
くらいの考察が出来そうです。


しかし
累は羽生田の考察通り
“野菊の累に対して都合のいい点”
しか見えていません。


うすうす感づいているけど
考えないようにしているのかもです。


累は野菊を信じ切っているので
羽生田が野菊を上手く抑制できるかがポイントになりそうです。


ニナの時は柔軟な対応ができない反面
“ニナは確実に部屋で寝ている”
という保証はありました。


もしかしたら羽生田は野菊を監禁する算段を立てているかもしれません。


羽生田の野菊対策も気になります。





次の巻では累は
“母に対する挑戦”
になりそうです。


累は無事に演じきれるのか?


雨野にバレてしまうのか?


野菊が何か仕掛けるのか?


登場人物の動きが多くなってきて楽しみです。


⇒無料で「累」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!


無料で「累」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「累」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「累」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「累」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。