失恋日記 について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

以下の短編が収録されています
・別れる
・DIARY
・夫の片思い
・初恋ガーディアン
・裸のえろ
・憧れのブルマ

⇒無料で「失恋日記」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「失恋日記」で検索です



失恋日記 とは?


出版社:祥伝社
発売日:2013/5/8
作者 :柏木ハルコ

女性誌に掲載されたレア傑作を完全網羅!!

圧倒的パワーと存在感で胸に迫る6作品を収録!

愛する人と別れる覚悟を決めた女の行動。

唐突に訪れた婚約者の死が遺した、知らなかった「彼女」との対面。

結婚8年目に夫から告げられた衝撃の告白。

恋する乙女はいつだって全力疾走!

「えろちゃん」との忘れられない不思議な出会い。

衰退の一途をたどるブルマに隠された、壮大で重大な秘密…!?

心を揺さぶる柏木ハルコ恋愛短編集


失恋日記 「別れる」のネタバレ


ストーカー対策のために
愛情をコントロールする薬が開発される。


猪狩は彼氏との関係を悪化させてしまい、
ほぼストーカー化していた。


“好きあっているなら100%理解してくれるハズ”
という甘えを彼氏にぶつけてしまっていた。


彼氏に
“帰れ”
と罵った後に
“行かないで”
と泣きながら追いかけることもあった。


勝手に罵って勝手に泣く猪狩に対して
彼氏は心底うんざりした表情を見せていた。


それが悲しくて
顔の形が変わるくらい泣いていた。


このままでは
彼氏か自分を酷く傷つけてしまうため薬を飲むことにする。


薬を飲む前に
“一回だけ会いたい”
と彼氏に連絡すると彼氏は来てくれる。


部屋にやってきた彼氏の吉井は
“本当に飲んでくれるの?”
と怪訝な表情をしている。


猪狩は薬を飲む前に
“最後に一回だけ抱いて”
というと
吉井は
“話が違う
 変な病気うつそうとしてね?”
という。


猪狩が泣きそうになるとすかさず
“泣くなら帰る”
という。


猪狩は慌てて薬を飲んで見せる。


薬の効果が出るのは2~3時間後だという。


猪狩は
“イヤならいいよ帰って”
といってベッドに仰向けになる。


吉井は猪狩にキスをすると
猪狩は嬉しくて泣きだす。


吉井は
“なんで泣くの”
と怪訝な表情をすると
猪狩は
“ゴメン
 帰らないで”
という。


行為が始まると
猪狩は
“好き”
という。


吉井は
“え~”
と困惑している。


猪狩が怒って包丁を投げたりしたことを指摘すると
猪狩は
“いいじゃん、忘れるんだから”
という。


それを聞いた吉井も涙を流す。


猪狩は泣くくらいなら別れなくてもいいというが
吉井は
“それは無理”
という。


猪狩は
“他に好きな女できたんでしょ”
というと吉井は慌てて帰ろうとするが、
猪狩は
“いかないで”
と押さえつける。


猪狩は吉井の笑顔が好きだと言って
最後くらい笑ってほしいというが、
吉井は作り笑いができるような器用な男ではなかった。


吉井は表情が見えないように猪狩を押し倒して最後までする。


二人はそのまま眠って朝に目を覚ます。


猪狩は泣いて顔が変形していたが、
時計を見て慌てて会社に行く準備をする。


猪狩には昨晩までの女々しさは既に無かった。


吉井は拍子抜けする。


吉井は猪狩に
“大丈夫?”
と心配そうに聞くと
猪狩は
“体が軽い”
という。


吉井が
“また連絡するよ”
というが
猪狩は不思議そうな表情で
“なんで?”
と聞いて会社に行こうとする。


猪狩は別れ際に
“アンタの幸せを祈ってるよ”
と笑顔で言って手を振る。


吉井は呆然としたまま手を振り返す。


⇒無料で「失恋日記」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「失恋日記」で検索です



失恋日記 「DIARY」のネタバレ


太郎と弓絵は結婚間近だった。


弓絵は太郎にセクハラ発言をするのが日課だった。


太郎は
“なぜこの女を選んだのか?”
と自分でもよくわかっていなかったが
二人は仲が良かった。


弓絵は交通事故に巻き込まれて死んでしまう。


太郎と弓絵が住んでいた部屋には
弓絵の私物が沢山残されている。


太郎はその中の一冊のノートを何気なく開いてみる。


日記には「ヤツ」に対する恨み言がびっしりと詳細に書かれていた。


状況が詳細に書いてあることから
「ヤツ」の正体が太郎であることが判明する。


通夜では太郎は素直に泣くことができなかった。


通夜には弓絵にそっくりの女性がいた。


参列者の話から
弓絵の双子の妹の文絵であることが判明する。


文絵はピアニストなのだという。


太郎はふとしたことを思い出す。


“新宿でピアノを弾いている弓絵を見た”
と弓絵に言ったことがあった。


その時の弓絵は別人のように美人だったと
太郎は弓絵を褒めちぎったのだった。


文絵の存在を知ったことで
あの時に弓絵だと思っていた女性が文絵だったと気付く。


その話をした後に弓絵は不機嫌になった。


それをきっかけに
弓絵に対してさまざまなダメ出しをしてきたことを思い出す。


太郎は自宅に帰ると残りのノート全てを見る。


文絵に対する劣等感が綴られていた。


弓絵は文絵を太郎に紹介するのを躊躇っていた。


顔が同じ二人を比べた際に
太郎が弓絵を選んだことを後悔すると思っていたからだった。


他にも太郎は無意識のうちに弓絵を傷つけていたことを知る。


それでも
弓絵は太郎を大切に思っていた。


“太郎君は私の一番大切なたからもの”
と書かれている。


太郎は日記をすべて読み終えて屋上でタバコを吸う。


“あんないろんなこと考えていたんだ”
と自分が知っていった弓絵は氷山の一角であるとしみじみと思う。


太郎は
“弓絵、もう一度出てきてくれよ”
と思う。


⇒無料で「失恋日記」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「失恋日記」で検索です



失恋日記 「夫の片思い」のネタバレ


エリと陽一郎はアラフォーの夫婦だった。


エリは38歳で
陽一郎は42歳で結婚8年目で子供は無しだった。


陽一郎は深刻な表情で
“他に好きな人ができた”
と切り出す。


エリは以前に
“他に好きな人ができたら怒らないから教えて”
と伝えていた。


公約通りエリは怒らずに話を聞くことにする。


話を聞くと陽一郎は年上の植草という女性を好きになり、
相手もおそらくは陽一郎を好きなのだという。


陽一郎の性格上、
植草とはやましい関係ではなかった。


陽一郎は申し訳なさそうな表情でエリに
“どー思う?”
と聞くと
エリは
“知るか”
と呆れた表情で言う。


陽一郎が煮え切らないため
エリは陽一郎に告白させることにする。


陽一郎は
“考えさせて”
と困惑しているが
エリは
“明日しろ!”
という。


3日後に陽一郎は植草を呼び出して
その様子をエリは見守ることにする。


陽一郎はカフェの窓際の席でそわそわしている。


植草がやってくると
エリは
“多分、私も嫌いじゃないこの人”
と植草にいい印象を持つ。


植草は43歳だがエネルギーに溢れており、
生活感があり相手に安心感を与える魅力的な女性だった。


思い返すと
植草のような女性を好む陽一郎がエリは好きだった。


エリは陽一郎との思い出を振り返り
“私の宝物は陽一郎だったんだ”
と痛感する。


陽一郎が家に帰ると
エリが真っ暗な部屋の中で顔を泣きはらして待っていた。


エリは泣きながら
“植草さんと3人でもいいから一緒にいて”
というが
陽一郎は
“普通に考えて難しいと思う”
という。


陽一郎の返答からは
植草は陽一郎に悪い返事をしなかったことが伺える。


エリが
“ずっと一緒に居て”
と懇願するが
陽一郎はいたたまれなくなり外に出ていく。


エリは追っていくが
公園の芝生に突っ伏してしまいそのまま泣き明かす。


3日後
陽一郎は部屋に帰ってくる。


植草とのやり取りの詳細を聞かされると、
植草は
“陽一郎といたら幸せだが、他人の幸せを壊してまで…”
と至極まっとうな返事をしたという。


ただし
陽一郎がエリと離婚を決断したら、
その時は改めてプロポーズしてほしいという。


エリはまっとうな植草の返事に関心するが、
陽一郎は
“どうしようエリリン”
と言っている。


エリは
“陽一郎から離婚するならハッキリといってほしい”
という。


エリは陽一郎が一番大切なため、
陽一郎の気持ちを一番優先させえると伝える。


そこまで言われても
陽一郎は決断できずに悩んでいる。


陽一郎は
“ちょっと時間ちょうだい”
という。


3年後
植草は他の男と結婚する。


エリは陽一郎に
“アンタ愛想つかされたね”
と呆れる。


陽一郎はエリに言っていなかったが
植草に
“決心がついた”
ことを伝えていた。


その時に
謝罪を込めて坊主にしていた。


植草は
“そんな全身で詫びてくれなくても”
と特に怒ってはいなかった。


植草がウエディングドレス姿で二人の元に挨拶にくると、
“微妙な間”
があったことにエリは気づく。


⇒無料で「失恋日記」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「失恋日記」で検索です



失恋日記 「初恋ガーディアン」のネタバレ


塚本と山田は女子レスリング部の先輩と後輩で仲が良かった。


二人は一緒に銭湯にいる。


先輩の塚本は山田に
“今、何が欲しい”
と聞くと
山田は
“牛丼”
と答える。


塚本は
“何か違うな”
と言って
“恋をしたことがあるか?”
と聞くと
山田は
“部長の中島先輩が好きっす”
と即答する。


山田は塚本も恋をしていることに気付く。


山田が冷やかすと塚本は照れて見せるが
“見に行くぞ”
という。


塚本の好きな相手は
中学3年の優等生の岡本だった。


塚本は岡本のことを徹底的に調べている様子だが、
彼女がいるかはまだ不明だという。


それを聞いた山田は
“ちょっと聞いてくるっす”
といって塾帰りの岡本に聞きに行く。


塚本は驚いて困惑して電柱の影に隠れている。


山田は嬉しそうな表情で
“せんぱい、彼女いないそーっす”
と戻ってくる。


翌日
山田は塚本に
“告りましょう”
と真剣な表情で持ち掛ける。


山田が部長に告白したら
塚本も岡本に告白することになる。


山田は塚本が友達と談笑しているところに近づいていき
“中島先輩、好きっす”
と顔を真っ赤にして言う。


みんな驚いているが
塚本は山田の頭を小突いて
“なんの罰ゲームだ”
というが
山田は真っ赤な真顔で
“罰ゲームじゃないっす、付き合って下さい”
というが塚本は
“断る”
という。


塚本の友達たちは
“付き合えよ~”
と囃し立てていが塚本も照れている。


山田は泣きながら塚本におどけて見せると、
塚本も覚悟を決めて作戦を立てることにする。


塚本はブレザーにカチューシャをつけておしゃれをする。


塚本の作戦は
海岸に岡本を呼び出して告白するというものだった。


山田は
“完璧じゃないっすか”
と乗り気で
山田が岡本を呼び出すことになる。


塚本は先に海岸で待機することにするが、
刃物を持った男がその付近で一人さして逃亡中であることを知る。


岡本を呼び出したため
岡本が襲われてしまうことを懸念して自分で刃物男を捕まえることにする。


塚本はレスリングを身に着けているが
刃物を持った相手では不安だったため海岸に落とし穴を掘ることにする。


塚本は怪しい男を発見したため追いかける。


塚本は男に
“持っている者見せてもらっていいスか?”
というと男は慌てて逃げ出す。


塚本は追って行って男を投げ飛ばし、
持っているものを袋から取り出すとただのアダルトグッズだった。


塚本は男に謝り
刃物男が他にいることを懸念して海岸に戻る。


海岸に行くが自分で掘った落とし穴に落ちてしまい足を挫いて抜け出せなくなる。


しばらくすると雪が降ってきて人通りがなくなる。


山田がやってきて落とし穴から塚本を救出する。


山田は塚本をおぶってあげる。


山田の話によると
岡本には
“知らない人をいきなり海岸に呼び出すのはどうかと思う、そういう人には好感を持てない”
と言われてしまったのだという。


帰り道
岡本の家によると部屋の明かりを見て無事であることに安心する。


塚本は高尾山で買っておいた合格祈願のお守りをポストに入れる。


塚本は山田に帰り道に牛丼を奢ってあげるというと、
山田は喜ぶ。


次の日の朝
刃物男は無事捕まる。


⇒無料で「失恋日記」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「失恋日記」で検索です



失恋日記 「裸のえろ」のネタバレ


キタはホームレス暮らしをしている。


魚を二匹焼いていると
若い女なじっと見てくる。


キタは
“やらねーぞ”
というと女はセクシーなポーズをとる。


キタは呆れて魚を一匹分けてあげる。


女は嬉しそうに魚を食べるが
キタは
“お前のせいで明日も仕事だ”
というと
女は胸を差し出して
“もんでいーよ”
という。


キタは少しだけ触ると
自分の小屋に戻り寝ることにする。


女は笑顔を浮かべたまま小屋に入ってくる。


キタは仕方なく泊めてあげると
女は体を触らせる。


いつもそんなことをしているわけではなく、
そういう事をすると怒る人がいると女は言う。


キタは
“それは君を大切に思っている人だね”
という。


女はキタの下半身を触ろうとするが
キタは
“たたないんだ”
という。


空には戦闘機が何機も飛んでいる。


女はいつくことになったが
名前は不明だったので
“エロちゃん”
と呼ぶことにする。


キタの日銭稼ぎをエロは手伝う。


キタは元々は漫画家だったが
今は発表の場がないのだという。


キタとエロは一緒に暮らし
エロは
“キタさん大好き”
と笑顔で言う。


感謝を込めて体を見せたりするが
キタの下半身は反応しないままだった。


ある日
キタの家が燃えてしまいキタはエロを庇って大やけど負う。


エロは救急車を呼ぼうとしたが
キタがダメだというためエロが応急処置を行う。


キタが目を覚ますと
どこかのトンネルにいた。


キタが目を覚ましたので
エロが体を見せるとキタの下半身は反応する。


キタはエロを抱くとエロは悦ぶ。


キタとエロは順調に暮らしていて
キタはまともに働くことを決意して髭をそり落とし求人情報を見に行く。


キタは素顔を晒して街を歩いたためか、
徴兵拒否で逃亡中だったため捕まってしまう。


エロはしばらく一人でキタの帰りを待つことになる。


キタと暮らしていたトンネルに
キタが坊主頭で軍服を着て現れる。


エロは喜ぶが熱を出して苦しんでいた。


キタはエロが心配だが
見つかってしまいもう逃げることができないと告げる。


キタは川の反対側にある教会に行くように指示するが、
エロは泣いて嫌がる。


キタは
“時間が無いんだ”
というがエロは嫌がって動こうとしない。


エロは泣きながら服を脱いで
“いかないで”
という。

キタは
“俺はもう何もしてやれないんだよ”
と困惑する。


“こんな惨めで
 こんな愛しい動物はいない”
と思うキタ。


エロを抱きしめるが
“もうダメなんだよ”
といってエロを置いて走っていく。


キタはその時
手持ちの金を置いていかなかったことを後悔していた。


それ以来
キタはエロと再会することはなかった。


⇒無料で「失恋日記」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「失恋日記」で検索です



失恋日記 「憧れのブルマ」のネタバレ


女研究員の山田は細菌について研究していた。


山田は自分が小学生の時の
ブルマの大流行についてある仮説を立てていた。


同僚の男性の後藤を密かに実験台にしていた。


山田の仮説とは
1970年~1980年にかけて
日本人の腸内である細菌が大繁殖したというものだった。


その細菌が腸内にいる人間は
ブルマを大好きになってしまうのだという。


山田は自分で培養した細菌を後藤に飲ませていた。


コーヒーを差し入れして
その際に自分が履いているブルマをスカートをめくり見せつけてみる。


後藤は興奮して慌てだすと
大量のブルマの写真がブチ撒けてしまう。


それを見た山田は
“やはりか…”
と自分の仮説が正しかったことを確信する。


細菌の効果は一週間ほどで消えるのだという。


⇒無料で「失恋日記」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「失恋日記」で検索です



失恋日記 の感想


「別れる」の猪狩はかなりヤバい状態だったみたいですね。


ですが
自ら薬を飲む決断をしたのは立派だと思います。


ちゃんと
“自分は今ヤバい”
というのを認めていないとできない行動です。


薬を飲む前はいっぱいいっぱいで息が詰まるようで
吉井もかなり嫌そうでした。


しかし
薬を飲んだ後は吉井が呆気にとられるくらい症状は良くなっています。


この二人はワンチャンありそうですが、
そうなると今度は猪狩が薬漬けになってしまうのかもしれません。


薬の効果はどのくらいか明記されていませんが、
永久に効果があるとは思えません。


一時的に心を整理するための薬なのだと思います。


となると
やはりあの二人は別れるのが正解なのかもしれませんね。


ズルズル関係を続けるよりは
猪狩がスッキリしているうちに全て清算してしまうのが吉井の最善手だと思います。







「夫の片思い」は夫がクズすぎて面白かったです。


妻が夫を好きすぎていい人過ぎますね。


妻が徹底的にお膳立てしたのにも関わらず、
それでも煮え切らない様子にはほんとにどうしようもないですね…


女性二人がとにかく素晴らしかったです。


植草は告白された身なのに、
ちゃんと相手の妻のことを考えて待っています。


夫の優柔不断さが目立っていますが
そういう男だからこそ
“私がちゃんと見ててあげないと”
としっかりしている女二人は思ったのかもしれません。


素晴らしい女性二人から好意を寄せられて羨ましい限りです。







「初恋ガーディアン」は女二人が男前すぎですね。


これが男だったら犯罪案件になりそうです。


山田のド直球な告白には痺れて憧れますが、
残念ながら予想通り砕け散りました。


刃物男と聞いて
自分がパトロールする塚本も男前です。


好意を寄せた岡本のまっとうな理由で振られてしまいますけど…


“合格したら付き合う”
という条件もちょっとおかしいですよね。


“付き合う”が当たり前のように
“合格のご褒美”になっています。


塚本にとってはご褒美ですが
岡本にとっては
“えぇ~”
という条件です。


岡本が塚本を好きならこの条件は成り立ちますけど、
実際はそうではありません。


というか面識すらありません。


面識すらないので
まだまだワンチャンあります。


高校に行ったら違う作戦を立て直しですね。







「裸のえろ」は辛すぎる話でした。


キタが
“これほど惨めで愛しい動物はいない”
といっていたその通りの感想です。


世界観が徴兵制度が当たり前の
ピリピリした世の中のようです。


エロのためにまともに働こうとしたら捕まってしまうという皮肉な展開でした。


SF色の強い世界観なので、
もしかしたらキタは逃亡した時のためのGPSを埋め込まれたりしているのかもしれません。


長い時間一定箇所に留まると
GPSで
“そこに何かがあるのか?”
と判明してしまうため
最後の会話をじっくりとできなかったのかもですね。


予想通り
“それ以来一生会えませんでした”
というオチは辛すぎました。


おそらくエロは野垂れ死にでしょうね…


キタも戦場で重傷を負ったりしてるかもしれません。


“どうあがいても絶望”
とはまさにこのような状況ですね…


⇒無料で「失恋日記」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「失恋日記」で検索です


無料で「失恋日記」を読む方法

無料で「失恋日記」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「失恋日記」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「失恋日記」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「失恋日記」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。