漂流ネットカフェ について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

1巻には1~10話が収録されています。

⇒無料で「漂流ネットカフェ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「漂流ネットカフェ」で検索です



漂流ネットカフェ 1巻とは?

出版社:双葉社
発売日:2009/2/28
作者 :押見修造

エロと純愛が同居する独特の作風で、多くの支持者を持つ押見修造。

ふと入ったネットカフェで初恋の人に再会した土岐耕一、29歳。

再会を喜ぶふたりだが、ネカフェの外の街が消えてしまった。

宿命のふたりの他にネカフェに居た、オタクや暴力男、生意気な小僧やギャルにサラリーマンなど、日常では接点が無い人々を巻き込んで繰り広げられる、突発的空間断絶ラブストーリー!!


漂流ネットカフェ 1話のネタバレ
~遠野果穂~

コウイチはユキエとの結婚生活に幸せを感じつつも、息苦しさを感じていた。


気付いたら30歳近くになっていた。


喫煙室で煙草を吸っていると同僚に合コンを誘われる。


結婚しているため断ると、同僚はつまらなそうに戻っていく。


コウイチは家に帰ると、ユキエは興奮気味に
“お腹の子が動いた”
と報告してくる。


疲れているコウイチはユキエの機嫌を損ねないように対応するが、ユキエはコウイチの煙草臭さを指摘する。


ユキエは
“父親に自覚ない、謝って”
とヒステリックに怒りだす。


うんざりしたコウイチは
“ハイハイごめんなさい”
と言いながらユキエを軽く押すと、ユキエは
“何で押した、暴力夫”
と泣き喚きだす。


コウイチはめんどくさそうにため息をする。






コウイチは自分の半生を思い返していた。


コウイチは中学時代のカホの事が忘れることができなかった。


カホは中二の時の転校生で、抜群に美人だった。


冴えないタイプのコウイチは、なぜかカホと仲が良かった。


二人は同じ塾に通っていた。


ある晩、塾の教室で停電が起きた時に、暗闇の中でカホはコウイチの手を握る。


狼狽しているコウイチの鼻の頭をカホは舌で舐める。


電気がついて明るくなると、カホは照れ臭そうに笑っていた。


それ以来、コウイチは恥ずかしさでカホを避けるようになる。


カホとはそれっきりだった。


コウイチにとって高校と大学は暗黒時代だった。


カホとの出来事のせいで、女性と話すときに極端に緊張するようになっていた。


友達の紹介で出会ったユキエとは自然に話すことができ、付き合って1年で結婚していた。


コウイチは
“カホと過ごした頃が人生のピークだった。もしもあの時逃げなかったら…”
と後悔していた。





翌朝
コウイチはユキエに仕事から帰ったら話し合おうと約束してから家を出る。


仕事が終わり家に向かうが、コウイチは帰ってユキエと話をするのが憂鬱だった。


ふと目に入ってきたネットカフェに立ち寄ってみる。


1時間くらい利用するつもりで席に着く。


狭い個室は妙な落ち着きを感じた。


中学生の時に隙だった漫画を取りに行くと、既に女性が取り出していた。


コウイチはその女性がカホだと気付く。


⇒無料で「漂流ネットカフェ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「漂流ネットカフェ」で検索です



漂流ネットカフェ 2話のネタバレ
~長い夜~

コウイチは恐る恐るカホに話しかけてみる。


コウイチが自己紹介をすると、カホは
“なつかしい”
と微笑んで、二人はすぐに打ち解ける。


二人は身の上話をする。


コウイチはカホが独身だと知って安心した表情をする。


カホはコウイチの妻のユキエが妊娠してるのを知ると
“おめでとう、どんな奥さん”
と食いつくが、コウイチはカホとその話題をはなしたくない様子だった。


コウイチは何とかしてカホの連絡先を聞き出せないか思案していた。


会話を楽しんでいると、コウイチにユキエから電話がかかってくる。


ユキエは
“ビーフシチュー作ったから!帰ったらちゃんと仲直りしよう”
というので、コウイチはカホと会っていることで罪悪感を感じる。


カホとコウイチはとりとめのない昔話をするが、コウイチにとってはこの上ない幸せだった。


コウイチは
“神様どうか、このままずっと夜が明けなければ”
と強く願う。






客たちがパソコンの様子がおかしいと騒ぎ出していた。


店員は対応に追われて忙しそうにしていた。


突然、みんなの携帯から着信が鳴り響き停電する。


⇒無料で「漂流ネットカフェ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「漂流ネットカフェ」で検索です



漂流ネットカフェ 3話のネタバレ
~雨は降り続く~

カホは暗闇の中でコウイチの手を握り締める。


コウイチは中学時代のことを思い出していた。


電気が着くとカホは慌てて手を離す。


雨が強くなったらしいので、カホは帰ろうかなと呟く。


コウイチは
“日常に戻される、この夜が終わってしまう”
と狼狽する。


コウイチは
“駅まで一緒に行こう”
と、一緒に店から出ようとする。


しかし、他の客によると大雨のせいで浸水がすごく店から出られる状況ではなかった。


実際に店の外を見ると、出られる状態ではなかった。


コウイチは
“朝まで様子見た方がいい”
というと、カホも頷く。


⇒無料で「漂流ネットカフェ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「漂流ネットカフェ」で検索です



漂流ネットカフェ 4話のネタバレ
~ネカフェの外へ~

コウイチとカホは店員に頼んで隣の席にしてもらう。


コウイチはユキエの心配をしていると、いつの間にか眠りに落ちていた。


カホが慌てた様子でコウイチを起こしに来る。


空調が止まってしまったようで暑苦しかった。


他の客たちの姿が見えないため、二人は外に出てみる。


辺り一面が見覚えのない湿原になっており、全員が呆然としていた。


店員は客たちから八つ当たりのような追及をされていた。


その状況を理解できる人は誰一人いなかった。


⇒無料で「漂流ネットカフェ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「漂流ネットカフェ」で検索です



漂流ネットカフェ 5話のネタバレ
~最初の混乱~

コウイチはパニック状態になりながら、圏外の電話を持てユキエに電話しようとする。


カホはコウイチを抱き寄せて
“大丈夫、奥さんも子供も無事だよ”
といって落ち着かせる。


みんな苛立っており険悪な空気だった。


店の裏から叫び声が聞こえるのでみんなで行ってみると、長身の男が暴力をふるっていた。


長身の男は
“言え”
といいながら殴り続ける。


長身の男によると、殴られている人たちは何かを隠しているのだという。


長身の男は
“こいつら「この状況はまずい」「やっぱりアレは本当だった」とかコソコソ話していた”
と興奮している。


カホはコウイチと一緒に男を制止して、けが人を店の中に運び込む。


⇒無料で「漂流ネットカフェ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「漂流ネットカフェ」で検索です



漂流ネットカフェ 6話のネタバレ
~助けは来ない~

長い夜が明けて昼になっていた。


暑さはより一層ひどくなり、苛立ちも酷くなる。


カホは自分の事よりもけが人の解法を優先させていた。


コウイチはカホの情報を聞き出そうと二人で話をする。


カホは今は一人暮らしで付き合っている男はいないのだという。


ネットカフェにはふらりと立ち寄ったのだという。


カホは
“こんなことになったけどまた会えたのは良かった”
というので、コウイチも
“俺もだよ”
と顔を赤らめる。


カホは長身の男の寺沢に、暴力をふるった人たちに謝るように指示すると、寺沢は素直に従う。


寺沢は無計画に食料や水分を消費する若い女たちを注意する。


コウイチは注意しようとしてもできなかった。


コウイチは
“救助はいつ来るんだろう”
と呟くと、けが人の一人が
“もう助けは来ないんです、きっとここもう日本じゃないんです”
と話し出す。


⇒無料で「漂流ネットカフェ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「漂流ネットカフェ」で検索です



漂流ネットカフェ 7話のネタバレ
~パワー・スポット~

その男は
“このネットカフェはパワースポットなんです”
と話し出す。


“昔聖地だった”

“ほんとうに異次元に通じてた”

“このビルに入った人が何人も発狂している”

“紙に呪文を書いて燃やした”

と訳の分からないことを言い出す。


サラリーマンの男が
“それ以上くだらないこと言ったら今度は俺がボコボコにする”
と逆上しだす。


サラリーマンは部下の松田を連れて外を見に行くという。


寺沢はサラリーマンを説得して、準備をちゃんと整得て自分も行くという。


カホも行くというのでコウイチも行くことにする。


その晩、カホは不安で眠れない様子で一人で外に出ていた。


コウイチが話しかけると、カホは
“どうしよう、このまま家に帰れなかったら”
と抱き着いて泣き言をいう。


コウイチは
“大丈夫、絶対帰れる”
といって、カホは自分が守ると心に誓う。


⇒無料で「漂流ネットカフェ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「漂流ネットカフェ」で検索です



漂流ネットカフェ 8話のネタバレ
~湿地帯の7人~

翌朝、7人で出発する。


都心があるはずの東へ向かうことになる。


しばらく進むが何もなかった。


サラリーマンの里村は苛立ちを部下の松田にぶつけていた。


苛立つ一行は不穏な空気になる。


突然、地面から奇妙な生き物が出てきて若い女の足にくっついて血を吸いだす。


寺沢だけが助けに動いて、生物を引き剥がそうとするが無理だった。


寺沢は
“誰かライター”
というので、カホは
“持ってるでしょ”
とコウイチに指摘する。


寺沢はコウイチにライターをもらい、生物を火であぶると離すことができた。


生き物は地面に入り逃げていく。


⇒無料で「漂流ネットカフェ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「漂流ネットカフェ」で検索です



漂流ネットカフェ 9話のネタバレ
~土岐のトラウマ~

里村は松田に八つ当たりしている。


コウイチは
“もし襲われたのがカホだとしても、自分は何もできなかったんじゃ…”
と弱気になる。


寺沢は戻ることを提案する。


コウイチは
“まだ何もわかってないしいいのか?”
と思っていると、カホはコウイチをみて
“言って”
という。


その言葉をコウイチは思いだす。


卒業式の日に、カホから言われた言葉だった。


その時はコウイチはとぼけて何もこたえなかった。


コウイチは
“そうだった、あの時から…”
と流されてばかりの自分の人生を思い出す。


コウイチは進むことを提案する。


寺沢は苛立っていたが、カホや里村も同調するので進むことになる。


⇒無料で「漂流ネットカフェ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「漂流ネットカフェ」で検索です



漂流ネットカフェ 10話のネタバレ
~守って…~

一行は進むが何もないので苛立ちはピークに達していた。


里村は松田に
“お前がネットカフェなんか連れてきたからだ”
と殴りだす。


コウイチは止めようとするが、里村は聞く耳を持っていなかった。


とうとう松田がキレて、カッターを取り出し里村の喉を切り裂く。


里村は瀕死状態で動けずに倒れている。


松田は
“やったやってやった、ザマーミロ”
と里村を嘲る。


ミクは怖気づいて逃げ出すが、松田はミクを捕まえる。


松田はミクを羽交い絞めにして
“動いたらコイツもぶっさす”
という。


松田はミクにカッターを突きつけながら
“しゃぶれ”
と命令する。


ミクは仕方なく従う。


コウイチは
“最悪だ、俺はどおすればいい”
と困惑していると、カホは
“守って”
というので
“何があっても守る”
と約束する。


若い男がスタンガンを取り出し
“オレにもヤらせろよ”
と言い出す。


⇒無料で「漂流ネットカフェ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「漂流ネットカフェ」で検索です



漂流ネットカフェ 1巻の感想

全てはコウイチが作り出した世界だった!?


他の人物は本当に実在していますが、カホはコウイチの妄想の産物の一つというのが有力な説なようです。


この辺はかなりミステリアスな終わり方がされているため、イロイロな考察結果があります。


私が一番“コレかな”と思った

・あのネットカフェがあった場所には不思議な力がある(聖地だったと発言している客がいる)

・コウイチ自体に特殊能力があるわけではない

・怪しい儀式をしていた客たちのせいでその場所のスイッチが入る

・ネットカフェにいた住民の中で一番強い欲求を持っていたのがコウイチでその妄想が反映された

かなと思いました。


最後の方の巻でも、登場人物がコウイチに対してそんな感じのことを発言していました。


コウイチの“家に帰りたくない、もしもカホと結ばれていたら…”という願望がよっぽど強かったのだと思います。







ユキエのヒステリックな様子を見て喫煙者の読者は“過剰に反応しすぎだろ”と呆れるかもしれません。


作者は非喫煙者と喫煙者の温度差を上手く描いています。


煙草の匂いといういのは、非喫煙からすると“悪意”しか感じません。


ユキエは“コウイチに悪意のある攻撃された”と認識して怒っていたのです。


ユキエの様子を見て失笑した喫煙者の読者はこれを機会に肝に銘じていただければと思います。






松田と里村のやりとりはある意味爽快感がありました。


クソ上司に困っているサラリーマンは溜飲が下がったかもしれません。


カッターを取り出してからの松田の大暴走からのDQNの便乗で凄い事になっています。


まさに地獄絵図ですね。


この場を収めるとしたら、圧倒的な暴力だと思います。


となると、やはり寺沢でしょうか…


この場を上手く収めた人が今後の主導権を握る展開になりそうです。


寺沢が主導権を握ったら余計にヤバいことになりそうで楽しみです!


⇒無料で「漂流ネットカフェ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「漂流ネットカフェ」で検索です


無料で「漂流ネットカフェ」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「漂流ネットカフェ」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「漂流ネットカフェ」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「漂流ネットカフェ」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。