恋は雨上がりのように 7巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

7巻には49~56話が収録されています。

⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 7巻とは?

出版社:小学館
発売日:2017/3/10
作者 :眉月じゅん

「他にやりたいことなんて、ありません。」

周囲の声によって陸上への想いを揺さぶられるなかで、気遣う店長と、それを突き放してしまったあきら。

ハロウィン、誕生日、海、それぞれに自分と向き合ってゆくなかで、店長がついに……?

そしてなんと今回、喜屋武にも恋の雨が降り注ぐ!?

17歳。季節は冬へと加速する――。


恋は雨上がりのように 49話のネタバレ

正己は行きつけの床屋に行っていた。


店主は正己の10円ハゲをみて
“苦労してるのね”
と同情する。


仕上げにトニックをつけてもらったが、
正己はその匂いが苦手なため断ればよかったと思っていた。


弁当を買って帰る際に、
肉は腹にもたれるとおもい魚にする。


部屋の前まで来ると
チヒロがアポなしで遊びに来ていた。


正己はお茶を淹れながら
ハムスターを飼っているため室内は禁煙と注意する。


チヒロは
“この作家知ってるか?”
と本を取り出す。


正己は呼んだことはないけど名前は知っていた。


チヒロは
“こいつの本の面白さがわからない”
と苦悩していた。


業界で大絶賛な上に、
一般の消費者にも大人気なのだという。


正己は
“わからないと何がマズいの?”
というと
チヒロは
“今の流行がわからないということは自分が古くなっていることだ”
という。


正己の反応が薄かったため
チヒロは子供の話を振る。


その日は勇斗は友達と遊ぶのだという。


正己は
“子供の成長って早い”
と嬉しそうだが寂しそうにしていた。


チヒロは正己の部屋を見渡し
“正直な人生だよな”
と羨ましそうにつぶやく。


チヒロが
“あの部屋(正己が小説を書いている部屋)だって未練じゃなく終着なんだ”
と断言すると
正己は
“なんかすまん…”
と謝る。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 50話のネタバレ

アキラは自宅で昼間で布団にくるまっていた。


昼頃に起きてくると
“これ捨てたいんだけど”
と紙袋を母に手渡す。


中には陸上をしていたころのスパイクなどが入っていた。


母は
“本当に本当にいいの?”
と念をおすが
アキラは
“うるさいな、いらないって言ってんじゃん”
とムキになる。


突然
叔母のトモエが訪れて
温泉旅行に誘ってくる。


母は
“何言ってんの”
というが
トモエは強引に二人を連れ出す。


新幹線の中では母とアキラは微妙な空気だった。


旅館に着くとトモエは風呂に誘うが
アキラは
“あとで入る”
といって部屋で寝ころぶ。


食事時にトモエはアキラの怪我について尋ねる。


“リハビリとかしてるの?”
と聞くと
アキラは何か言いかけるが中居が鍋に火をつけにやってくる。


トモエは酔っぱらって温泉に誘うが、
母とアキラは寝る準備をしていた。


トモエは強引に二人を露天風呂に連れていく。


母はアキラに
“足滑らないように気を付けなさいね”
というが
アキラはコレが嫌なため一緒に入るのを拒んでいるようだった。


トモエは
“お姉ちゃんはアキラのことになると心配性”
という。


アキラが小さいときに熱を出した時も、
大したことないのに仕事を飛び出してやってきたという。


アキラはそのことは覚えていなかったが、
アキレス腱を怪我した時のことを思い出す。


3人は風呂を上がり布団に入る。


アキラは母に
“スパイク、やっぱり捨てないでおいて”
というと
母は
“うん”
とこたえる。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 51話のネタバレ

ハロウィンになり
勇斗が事務所で仮装をして
“トリックオアトリート”
とやっていた。


アキラはガムを渡すと
勇斗は不満そうに
“もっといいのないの”
という。


ユイは先ほど正己が失敗したパフェを持ってきてあげる。


正己はシフト表をアキラに確認しようとするが、
話しかけるのに緊張していた。


ちょっとためらっていると
すぐに忙しい時間帯がやってくる。


休憩時間の事務所でも正己はぎこちなかった。


勇斗はアキラに自作の迷路を披露していた。


正己は
“お姉さんの休憩を邪魔しちゃだめだぞ”
というと
勇斗は
“お父さんなんか面白い話して”
という。


正己は即興で親父ギャグを絡めた話をするが、
アキラの反応は冷たかった。


正己は人気のないところで落ち込んだ後、
吉澤にも聞いてもらうと
吉澤も
“クソつまんないっす”
という。


正己はアキラが帰るタイミングでシフト表の確認をしてもらう。


アキラはたくさん入っているのを見て満足そうにしていた。


アキラが挨拶をして帰っていくと
正己はアキラの後ろ姿に見とれる自分に照れていた。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 52話のネタバレ

アキラがバイトに行くと
正己はネットでゲームを注文していた。


勇斗の誕生日用なのだという。


正己は
“いつもは母親とすごすけど、その日はいないから自分が勇斗と過ごす”
という。


正己がなにをしていいのか悩んでいるので、
アキラは
“手伝いましょうか”
という。


正己は大喜びする。


加瀬が事務所に入ってくるので、
二人は素っ気ない振りをしてメールでコソコソやり取りする。


しかし
加瀬にはバレている様子だった。


誕生日の当日
アキラは100円ショップで装飾を買い込んで正己の家に行く。


二人で協力して部屋を誕生日ように飾り付ける。


部屋の装飾が終わると
二人は予約していたケーキを取りに行く。


ケーキ屋でお茶を飲んで一休みしていると、
正己はアキラにお礼をいう。


正己がアキラの誕生日は何をしているのか聞くと
アキラの家は母がグラタンを作ってくれるのだという。


ケーキの梱包が済んだので二人は部屋に向かうと、
正己が転んでケーキがぐちゃぐちゃになってしまう。


ケーキのかわりに、
アキラはホットケーキを勇斗の前で焼いてあげると勇斗は楽しそうにしていた。


ホットケーキを重ねたケーキを作ると、
蝋燭を刺して電気を消す。


勇斗が火を吹き消す様子を見ながら、
アキラは自分の小さいころの誕生日を思い出していた。


正己は
“10歳か…”
と感慨深くなり
思わず涙が出てきたので席を外す。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 53話のネタバレ

ハルカは南高校との合同練習に参加していた。


ミズキはハルカに
“橘先輩はいらっしゃらないんですか?”
とアキラのことを尋ねる。


ハルカが返答に困っていると
後輩が
“橘先輩は陸上やめるっていったわけじゃないよ”
という。


弟がハルカに声をかける。


ハルカは家の鍵を忘れたのだと察して渡す。


弟はミズキを見ると
“陸上部だったのか、アキラちゃんのこと訊いてきたわけだ…”
という。


ハルカはミズキにアキラと遭った場所を尋ねると、
偶然入ったガーデンというファミレスだという。


練習が始まると
ミズキの速さはみんなの目を引いていた。


練習が終わるとミズキは部員たちと食事に行く。


後輩によると
ミズキは怪我の復帰後にタイムを伸ばしているのだという。


後輩は
“橘先輩がこのままはしらなくなるのは悔しい。なんて余計なお世話ですよね…”
という。


ハルカもその後輩と同じ気持ちの様子だったが、
表には出さないようにしていた。


ハルカは小さいころにアキラと川の土手を走ったのを思い出す。


アキラが早くてハルカと弟は追いつけなかった。


アキラは楽しそうに走っていた。


アキラによると、
走っているときの風の音を聞くと空にとけているみたいになるのだという。


転んで泣いている弟に気付き、
二人は慌てて助けに行っていた。







アキラはバイト中のゴミ出しで外に出た時に空を見上げる。


その日は風が強かった。


アキラは風の音に耳を傾けてみる。


誰かに呼ばれたので
返事をして見せの中に戻る。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 54話のネタバレ

チヒロは作品の映画化が決まっていた。


しかし
本人はイマイチ冴えない表情だった。


正己のマネをして
原稿用紙に手書きで書くようにしていた。


正己はお祝いの電話をすると
チヒロは
“こんなのちっとも面白くないよ、お前だってそう思ってんだろ!”
と関係者には言えない不満をぶちまける。


“文学は人を救うためのものじゃない、文学ってのは毒なんだ、大衆に媚びたクソみたいなもんじゃない”
とチヒロは自分の作品を自分でこき下ろす。


チヒロは
“見てろよ、俺だってまだかけるんだ”
といって電話を切ってしまう。


正己は
“お祝いの電話しただけなのに…”
と思わぬ地雷を踏んでしまって冷や汗をかいていた。


アキラが事務所に休憩に来ると
正己は勇斗の誕生日のお礼がしたいという。


休日に
正己とアキラは勇斗を連れて冬の海を見に行く。


アキラと勇斗は海岸の探索をしていた。


正己は煙草を吸いながら二人を見守っている。


精力的なチヒロと比べて
“俺はどうだろう…”
としんみり考えていた。


勇斗はいろんなガラクタを拾って正己に見せてくる。


アキラはシーグラスを拾っていた。


勇斗は興味深そうにして
“もっと拾ってくる”
というので
正己は温かい飲み物を買ってくる。


正己はシーグラスを拾う二人を見ながら
“自分は年を取った、だからこそ彼らを美しく思うのか…”
と感じる。






正己は事務所の自分の椅子で、
アキラからもらったシーグラスを見つめる。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 55話のネタバレ

ハルカは3年のサッカー部の山本に呼ばれる。


山本は何かを話そうとするが
アキラは
“サッカー部の領域はおかしていないです”
という。


山本の表情から要件が違うと察すると
山本は
“最近一人でいるよね…”
というので
ハルカは
“アキラ狙いか…”
と思い不愛想にして
“失礼します”
と去っていく。


ハルカが家に帰ると小さい妹二人が出迎える。


弟が部屋に入ってくると
着替え中のハルカに出くわして二人とも嫌悪の表情をする。


ハルカは弟に下着を見られてもたいして気にしてない様子だった。


弟はハルカのベッドに横になりながらミズキの話題を振る。


ミズキが
“アキラちゃん情報よこせ”
と圧をかけてくるのだという。


弟は
“アキラちゃん復帰すればいいのに…”
と軽くボヤくと
ハルカは
“そう簡単に…”
とムキになるが
母に
“チビ達お風呂いれて”
と言われる。


二人はじゃんけんをしてハルカが負けたため、
ハルカが妹たちを風呂に入れる。


翌日
ハルカが図書館で勉強していると、
山本が話しかけてくる。


家だと妹たちがうるさく勉強できないのだという。


山本は
“話の途中でどっかいくなよな”
というと
ハルカは
“アキラのことでしたっけ…”
とたじろぐ。


山本はそれを聞いて脱力する。


山本は気を取りなおして
“最近部に出て無くない?”
とアキラの話にすると
ハルカは
“怪我をしてから来てないんです”
とアキラのことを真剣に話し出す。


山本はアキラを
“才能のあるヤツ”
だと予測して
“怪我の再発の恐怖もあるが、周りの期待値。本人の理想もある”
とアキラの陸上に復帰できない心中を推測する。


山本は帰り際に
“俺が気になってんのは橘アキラじゃなくてハルカの方だから”
というので
ハルカは赤面する。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 56話のネタバレ

正己がアキラからもらったシーグラスを眺めていると、
アキラがやってくる。


外は雨が降っているようだったので、
正己は慌てて傘立ての準備をしに行く。


正己はアキラを視線で追うようになっていた。


すると
アキラの表情が凍り付くのに気づく。


アキラの部活の後輩が店に来て、
アキラと軽く言葉を交わしていた。


正己はアキラの異変を察して
“あのテーブル俺が担当する。デザートの盛り付け上手だからソッチやって”
という。


アキラは正己の意図を察して
“ありがとうございます”
といって厨房に下がっていく。


正己は
“俺は橘さんのことが好きなんだ”
と自覚する。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です



恋は雨上がりのように 7巻の感想

サービスシーン多め!?


50話の冒頭のアキラの入浴シーンはびっくりしました。


アキラのスラっとした体形がとてもいいです。


長身で巨乳だったら
“男性読者意識してんの?”
といやらしさを感じてしまいます。


また
アキラは陸上の強豪選手だったため、
長身で胸は控えめというのはとても自然です。


長身ですが未発達な感じの肩幅や鎖骨の描き方から、
大人びてはいますが確実に未成年であるのが伺えます。


たった1ページでこれだけの情報を詰め込むことができる作者の力量に脱帽しました。


この温泉回はアキラの複雑な心の内を垣間見れました。


陸上をしていた道具を
“捨ててやる!”
とムキになりますが、
ラストでは思いとどまっています。


アキラは陸上を完全に自分から切り離せないようです。


しかし
陸上に復帰するとなると、
当然バイトはできません。


正己と会う時間は激減して
陸上の熱を取り戻したら
“私はなぜあんなオッサンに夢中になっていたんだろう…”
となってしまうかもしれません。


もしかしたら
アキラにとってはそっちのが幸せかもしれません。


アキラも薄々そうなるルートに気付いているけど、
“私の店長に対する気持ちは本物!”
と頑なに見て見ぬふりをしているのかもです。







勇斗の誕生日の準備で
アキラと正己のデートシーンがだいぶ以前と変わりましたね。


初デートのときは正己は周りの目を気にして、
ひたすら居心地の悪そうな感じでした。


今回ケーキを買いに行ったときは
周りの目を全く気にせずアキラとの時間を楽しんでいます。


加瀬が事務所に入ってきた時の二人の息の合い方もピッタリでした。


アキラのド直球な攻めが正己に効いてきたようです。


もちろんこの攻めは
“若くて長身美人のアキラ”
だからこそ成立している力技だと思いますけど…






ハルカが陸上選手として遅い方なのは、
見事な巨乳のせいかもしれません。


今回はアキラだけでなく
ハルカのサービスシーンもありました。


ハルカはアキラとは対照的に
・親しみやすそうな雰囲気
・色黒
・ソバカス
・ショートカット
そこに“巨乳”というキャラデザになっています。


全体的にボーイッシュですが
その分“巨乳”という唯一の女らしさが際立っています。


勉強する時は眼鏡というのもポイント高いですね。


山本がさり気なくだけどしっかりとアプローチをかけたので、
同じ大学に行った後とかにどうにかなるかもしれません。







正己がアキラを好きになったのがハッキリしましたね。


アキラの地道なアプローチが実を結びました。


となると逆に正己は
“どうしたらアキラにとって一番幸せか”
を考えそうです。


“このままバイトをするより、陸上に復帰した方がアキラのためなのでは…”
と思うかもしれません。


そんなことを正己にいわれたら、
アキラはブチ切れ間違いないでしょう…


正己が以前
ほんの少しそのことを匂わせる発言をしただけで、アキラはかなり怒っていました。


お互い両想いなったことで、
これから大事なのはタイミングでしょうか…


勇斗は二人の関係に賛成すると思います。


しかし
このままの関係が続くということは
“高校生で未成年”
の間はどうにもならないので
あと一年半近く生殺し状態になるということです。


また、
アキラが大学受験の間は当然バイトはできなくなると思います。


まだまだ面白そうな難関が待っていそうで楽しみです。


⇒無料で「恋は雨上がりのように」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「恋は雨上がりのように」で検索です


無料で「恋は雨上がりのように」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「恋は雨上がりのように」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「恋は雨上がりのように」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「恋は雨上がりのように」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。