相姦の赤い河岸 5巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


5巻には17~20話が収録されています。


⇒無料で「相姦の赤い河岸」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「相姦の赤い河岸」で検索です



相姦の赤い河岸 17話のネタバレ

「お兄ちゃんの怒り…」

ユウキは香奈に性的な下着をイロイロ着せては写真を撮影して楽しんでいる。


香奈もユウキの指示通り
性器を指で広げて見せたりしている。


ユウキは
“嫌ならいいんだよ”
といういが
香奈は顔を横に振って
“こうしなきゃお兄ちゃんすぐ友だちの所に行っちゃう”
と嫉妬で顔を赤らめる。


それでも
ユウキは友達と遊びに行くのを辞める気はなかった。


香奈は嫌がるが効果はない。


香奈がユウキの机を勝手に開けると
中には大事そうにユウキの実母の写真があった。


ユウキは
“俺が一番好きな人の写真”
というと
香奈は全てを否定されてような気持ちになる。


香奈はユウキに対して
“自分はこんなに頑張っているのにズルイ”
と思うようになる。


ユウキが友人との遊びから帰ると
香奈の母が申し訳なさそうにユウキを出迎える。


ユウキの外出中に
香奈がユウキの母の写真を引き裂いてしまっていた。


ユウキは香奈を怒らずに一緒に散歩に誘う。


香奈は外出中に自分のメールに対する返信が無いことを不満そうに指摘すると
“こうして香奈ちゃんと一緒にいるときに携帯ずっと弄っていたら嫌じゃない?”
と相手の立場に立った指摘をする。


香奈は
“ちょっとの時間でできる”
というが
ユウキは香奈の人間関係を心配する。


香奈はユウキと母親以外とは最近殆ど交流がなかった。


友美からの電話があったが軽くあしらってしまっていた。


ユウキは
“俺ばっかりみてちゃだめだよ”
というが
香奈は不満そうな顔をしている。


ユウキはいつも一緒に遊んでいるという友人の家に香奈を連れていく。


ボロアパートに行くと
二人の男が待っていた。


二人の男は香奈に対して優しく接していた。


香奈はその場の空気に乗せられて酒を飲んでしまう。


⇒無料で「相姦の赤い河岸」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「相姦の赤い河岸」で検索です



相姦の赤い河岸 18話のネタバレ

「こうして私は家を出ました」

いつの間にかユウキは抜け出して女に会いに行っていた。


友人二人は香奈のことを指摘して怒るが電話は切れてしまう。


友人二人は香奈を心配するが
香奈は
“いいんです”
と酒をあおる。


友人二人も話を聞くと
“いつも遊んでいる友人”
ではないという。


二人は
“浮気の隠れみのにされる”
とボヤいていた。


香奈は
“すみません”
と謝ると
二人は
“香奈ちゃんが謝ることじゃない”
とフォローする。


香奈はユウキの実態を知り
“あんな奴のために”
と悔しくなる。


二人に
“兄にいじめられてるんです”
と泣きついて
“お兄ちゃんに心を支配されるのは嫌”
と思い二人と身体の関係を持つ。


香奈は友美とも連絡を取る。


連絡を取ると友美は喜んでやってきて
香奈は友美に編み物を教えてあげる。


香奈はバイトして金を貯めて家を出ることを決断する。


ユウキは友人二人が香奈の話をよくすることを指摘して
“この写真おくったら喜ぶ”
と香奈の半裸の写真を見せつける。


香奈は既にユウキに対する執着を無くしており
“バーカ”
という。


それを見ていた母は香奈を怒るが
香奈はそれに構わず
“お兄ちゃんに犯された”
というと母は香奈を殴りユウキに謝る。


母はヒステリックに香奈のことを
“昔から構ってほしくて嘘をついて周りを振り回す”
と罵る。


それからすぐに香奈は家を出る。


全てを友美に話して
“友美のおかげ、私を認めてくれた”
と当時の心境を思い出す。


⇒無料で「相姦の赤い河岸」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「相姦の赤い河岸」で検索です



相姦の赤い河岸 19話のネタバレ

「片想いが両想いになった瞬間!」

香奈に編み物を教えてもらった友美は、
靴下を完成させて要にプレゼントする。


友美はお礼を言ってほしそうな顔をしていると
要は靴下を履いて穴が開いているという。


友美は慌てて無理やり脱がせて直そうとすると、
要を押し倒す形になる。


要は友美の最近の寝不足の理由に気付く。


その日も布団で靴下の穴を直している。


友美は一人暮らしをしたいというが
要は金銭面で無理なことを淡々と指摘する。


友美は
“キャバ嬢になる”
というと
要は友美の頭にゲンコツをして怒る。


友美は
“私がいなくなれば理沙さんは喜ぶ”
というが
要は
“俺は喜ばない”
という。


友美は
“なんで私と理沙さん上手くいかないんだろう”
とボヤくが
要は
“お前さんたちの性格じゃな…”
と理由を把握していた。


初対面の時から二人は相性が悪かった。


理沙は遠回しな言い方をして友美を邪魔に思っていたが、
友美はストレートな言い方で
“この人がひどいことばっかいう”
と要に泣きついていた。


初体面のことを友美はたいして気にしていなかったが、
理沙にとっては致命的な出来事だった。


友美は
“ソレのせい?ごめん”
と要に謝るが
要は
“いいよもう”
と友美の鈍感さに呆れている。


友美は
“子供だった私に嫉妬するくらい要くんのことが大好き”
というが
要はもう眠っていた。


友美も寝ようとするが
要に身体を触られたことを思い出し火照りだす。


寝ている要の横で全裸になり
布団の中で声を抑えて自慰行為をする。


要は友美の声で目を覚ます。


⇒無料で「相姦の赤い河岸」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「相姦の赤い河岸」で検索です



相姦の赤い河岸 20話のネタバレ

「要が選んだオンナ!?」

理沙に別れを切り出したのは要の方からだった。


理沙は電話で
“要はあの子の両親に何度も酷い事された”
というが
要は
“一番の被害者は友美”
だと友美を庇っている。


要は
“三人でやっていけたらいいと思ってた”
というが
“やっぱり無理だよな”
と理沙に対して
“お前を一番愛してくれる奴と一緒になった方がいい…”
という。







要は布団の中の友美の声を
“泣いている”
と勘違いして
“ずっとここにいていい”
という。


友美が布団の中でモゾモゾしているので
要は
“何か隠している”
と無理やり布団を剥ぐと友美は半裸の状態だった。


友美は恥ずかしそうに
“変なことしてたわけじゃない”
といって布団を被って
“おやすみ”
という。


翌朝
要が起きる頃には友美はバイトに出かけていた。


朝食と一緒に直した靴下が置かれていた。


要はまだ友美の要を真剣に思う気持ちに気付いていない。


友美はその日は要と理沙のデートの日だったため、
忙しく働いて気を紛らわそうとしていた。






要と理沙はホテルでディナーを一緒にする。


二人とも一緒の誕生日のため
“経済的”
と楽そうだった。


理沙の話は同僚の結婚の話ばかりとなる。


8年前に友美が要のところにやってきた時
理沙は要を待つことを選んだハズだった。


ホテルの部屋に行くと
理沙はすぐに要に抱き着く。


成長した友美を見た際に
男たちが振り返って見とれているのを見たという。


“勝てるわけない”
と思い
8年前に友美を見た時にそんな未来を予測していたという。


理沙は服を着たまま立ちバックになり挿入を求める。


要は昨晩の友美の半裸の姿を思い出していた。


要求通り理沙に後ろから挿入するが
“友美、お前は誰を想ってるんだ?”
と友美の事を考えていた。


要はいつもより激しく突いて理沙の中で果てると
“ごめん”
という。


⇒無料で「相姦の赤い河岸」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「相姦の赤い河岸」で検索です



相姦の赤い河岸 5巻の感想

香奈とユウキは5:5でどっちも悪い気が…


ユウキが香奈を玩具にしたのは確かに良くないですが、
香奈から進んでユウキに依存していったフシはあります。


そのことをユウキは指摘して
“よくない”
といっているのにです。


また
香奈はユウキの大事にしていた実母とのツーショット写真を切り裂いています。


“人としてどっちが問題アリか?”
と考えると香奈のが酷いかもしれません。


ですが
香奈は関係を断って再出発しようとしているのに、
その足を引っ張るかのように強引に家に押し掛けようとするユウキが悪いですね。


香奈とユウキは関係を続けてもドロドロでグダグダで、
そのうち香奈はユウキを刺してしまうと思います。


香奈はその未来が見えたから
ユウキと関係を断つ決断をしたのかもしれません。





理沙に関しては気の毒としか言いようがないですね。


小さい友美に冷たく当たってしまうのは仕方ないと思います。


全ては友美の両親がクズ過ぎるせいなので、
小さい友美を責めることもできません。


理沙よりも小さい友美を優先させる要も悪いとは思えません。


理沙の口から
“友美を施設送り”
の言葉が出てしまうのも当然でしょうね…


理沙の
“勝てるわけない”
という未来予想図は的中してしまいました。


要は理沙を抱いているのに
頭の中は友美でいっぱいになってしまっています。


これが二人の最期のデートになったのかもしれません…


⇒無料で「相姦の赤い河岸」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「相姦の赤い河岸」で検索です


無料で「相姦の赤い河岸」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「相姦の赤い河岸」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「相姦の赤い河岸」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「相姦の赤い河岸」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。