美醜の大地 9~12話について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


⇒無料で「美醜の大地」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!





美醜の大地 9話のネタバレ

「追跡者たち」

弁護士の栄一は高嶋津家に恨みを持っていた。


子供のころに父の事業が高嶋津家の計らいで失敗したためだった。


母は出ていき父は酒におぼれて自殺してしまう。


父は
“高嶋津め呪われろ”
と何度も繰り返していた。


栄一は父の吐き出した憎悪を受け継ぐこととなる。


栄一はヤエ子の弁護士になる。


ヤエ子は栄一を信用しきっている様子で
栄一も
“一緒に頑張ろう”
とヤエ子を励ます。


栄一がヤエ子の弁護を引き受けたのは
ヤエ子の過去に重要な情報があるからだった。


ヤエ子が高嶋津絢子と同級生だったことは調べていた。


また、
栄一は死んだはずの市村ハナの暗躍にも気づいていた。


栄一はヤエ子から少しでも情報を引き出そうと考えていた。






医師と菊野のもとへ
トシエが訪れて医師に診てもらう。


医師はいつも通り
“治療を受ける理由”
を患者のトシエに尋ねると
トシエは
“顔を見ればわかるでしょ”
という。


医師はさらに
“直して何をする?”
と聞く。


トシエは少し考え込み
“ある女を探しに行く、こんな顔だと不便。他人の好機の目に晒されるのはゴメン”
と言葉を選んでこたえる。


菊野はトシエから
ハナに対する強い憎悪を感じ取る。


トシエは名前は言わないが
自分をこんな顔にした女を必ず探し出すという。


医師は突然せんべいを進めると、
菊野はトシエが激怒すると思い凍り付く。


しかし
トシエは医師の行動を理解した様子で黙っている。


医師はトシエの顔の状態を丁寧に説明して
“食べられないのだろう”
と指摘する。


トシエの顔の状態は非常に悪く
手術をするにしても何回もかかるうえに
“今の状態ではまだ手術を行える段階ではない”
と説明する。


トシエは自分の顔の状態の苦痛を嘆きだし
“死人の顔を剥いで取り替えてもいい”
というが
医師は冷静に
“今の医学では無理だ”
という。


トシエは激高して医師に八つ当たりしようと飛び掛かるが、
菊野がすぐにトシエを抑えつける。


トシエは
“あんたらになんか頼まない”
と言って出ていく。







ハナはヤエ子が拘置所で首を吊って自殺したことを新聞で知る。


ヤエ子の死に罪悪感は感じていなかったが
ヤエ子の母がヤエ子の遺骨を迎えに来るのを遠くから面をつけて見ていた。


ハナは絢子のいる札幌へ向かおうと思っていると
“市村ハナさんですよね”
と栄一が話しかけてくる。


ハナは警戒しているが
栄一は
“私はあなたをずっと捜していた”
という。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「美醜の大地」で検索です



美醜の大地 10話のネタバレ

「協力者」

栄一はずっと絢子の行方を追っていたことを打ち明ける。


樺太での絢子がどのような人だったかを知るために
“集合写真”
を手に入れていた。


そこにはクラスメイト全員が写っていた。


その中で唯一
“市村ハナ”
は死亡しているハズだった。


栄一は
“コレあなたですよね”
とハナの写真を指さす。


栄一は調べにより
ハナが絢子を中心にひどい虐めにあっていたことも知っていた。


絢子のせいで引き上げの船に乗れずに
家族を失ったことを予測していた。


全て図星だったがハナは
“なぜそう思うの?”
とすぐには信用しない。


栄一は写真に写っている学生が
次々に災難に見舞われていることも調べがついていた。


“死人として復讐をしている”
事を指摘すると
ハナは栄一の目的を尋ねる。


栄一は
“同じですよ、あなたと”
といって高嶋津家に恨みがあるという。


栄一は
“私にも手伝わせてほしい、あなたの復讐を”
と手を差し伸べるが
ハナは
“嫌よ”
と断る。


“あの女は私の獲物”
といって邪魔をされるのが嫌だという。


栄一は
“すぐに答えを出さなくていい”
といって
連絡先の書かれた名刺を渡す。






ハナは鶴田に栄一の情報を渡して、
栄一の素性の調査を依頼する。


鶴田は快く引き受ける。






記者の綿貫は百子の実家を訪れていた。


綿貫が部屋にいると
廃人のようになった百子が縋ってきて
“杏一郎さん”
と迫ってくる。


綿貫は腰を抜かして驚く。


百子は骨と皮だけの体となっていた。


母親が綿貫の悲鳴を聞いてやってきて百子を保護する。


綿貫が言葉を失っていると
祖母が
“あの子は壊れてしまった”
といって百子の状態を嘆いて涙を流す。


祖母は綿貫に
“犯人を見つけて欲しい”
と懇願する。


綿貫は
“そのためにご協力をお願いしたい”
と情報収集をする。






函館のスミ子とハナが働いていたカフェにトシエが訪れる。


トシエは顔を隠したままマスターにスミ子とナオコ(ハナ)のことを尋ねる。


トシエの不審な様子にマスターは警戒して
“お教えできません”
というとトシエはマスターに掴みかかる。


その拍子にトシエの過去を覆っていた布が落ちると
マスターは
“化物”
と悲鳴を上げる。


トシエは一瞬で沸点に達して
マスターの胸を刃物で突き刺す。


トシエが去った後
常連客がマスターにお土産を持ってくると
血を流しているマスターに気付き狼狽する。


マスターは
“醜い女が奈緒子ちゃんを追って…”
といって死亡してしまう。


ハナは新聞でマスターの死を知る。


ハナはトシエの仕業だと見当がついており、
そのせいでマスターが死んでしまったことに心を痛める。


また
トシエが“奈緒子”を追っているのもマズい事だった。


鶴田に頼んで入手した他人の戸籍のため、
警察に調べられてしまうとすぐに足がついてしまう。


ハナは栄一に会いに行くと
栄一は
“気が変わってくれて嬉しい”
という。


⇒無料で「美醜の大地」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!





美醜の大地 11話のネタバレ

「共謀」

ハナは
“どこまで本気なの?どこまで自分を賭けられる”
と栄一に聞くと
“何もかも”
という。


それを聞いたハナはお面をとり
“素顔”
を明かす。


栄一は
“そういうことか”
とハナが素性を隠していた方法を察する。






綿貫はマスターの訃報を聞いて葬式に駆け付ける。


マスターそっくりの弟が喪主をしていた。


マスターの最期の言葉は
“醜い女”
だったことを弟から知る。


綿貫はスミ子を破滅に追いやった手紙を書いた人物の事を考える。


奈緒子の私物だった手鏡を見て
それらについた指紋を鑑定に出してもらうことにする。






トシエはマスター殺害後に逃亡していた。


人を殺してしまった罪悪感にさいなまれていたが、
それらを全てハナへの憎しみに還元していた。


トシエは
“あたしが「ハナ」になればいい、何もかも「市村ハナ」のせいにしてやる”
と考えて
最後には自分の手でハナを殺害すると決意する。






ハナは栄一に
“奈緒子”
が苦境に立たされていることを説明する。


栄一は
“私に何をしてほしいのですか?”
と聞くと
ハナは

“あなたにはまず弁護士事務所を辞めてきてほしい”

“必要なら「奈緒子」も死んだってかまわない”

という。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「美醜の大地」で検索です



美醜の大地 12話のネタバレ

「絢子」

ハナたちが樺太にいた頃


ハナは充実した毎日を過ごしていた。


絢子は学校が始まっても一度も来ていなかった。


席だけはあるので
“大会社のお嬢様”
という噂は流れていた。


ハナは
“勉強が遅れてるだろうから助けになってあげよう”
と思っていた。


ハナは朝早く登校すると
その席に絢子が座っていた。


ハナは
“ずっときてなかった子だ”
と話しかけてみる。


外を見ていた絢子はハナの方を見ると
ハナは
“奇麗な子”
と思う。


絢子はハナの顔を見ると血相を変えて
“どうしてあなただけ、そんなに「きれい」なの?”
とハナの首を絞めてくる。


ハナは怖くなり始業時間までトイレに隠れていた。


絢子はすぐにクラスの中心となり
ハナに対するいじめが始まる。






綿貫は知り合いの鑑定士に
手紙と手鏡の指紋の調査を依頼する。


無理を言って秘密裏にやってもらう。


鑑定結果は
“指紋は同一人物”
だという。


綿貫はスミ子を死に追いやったのは
“奈緒子”
だと確信する。


鑑定士は
“管轄が違う”
とその鑑定結果を公にするつもりはない様子。


あくまでも個人的な依頼だという。


鑑定士は
“それは先輩だけのもの、どうすべきは僕が口出しすべきじゃない”
というので
綿貫はお礼をいう。






ハナは栄一を鶴田の元へと連れていく。


⇒無料で「美醜の大地」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!





美醜の大地 9~12話の感想

トシエの逆恨みっぷりが酷いですね。


マスターを殺したことをハナのせいにして責任転嫁しています。


トシエは失うモノは何もない
“無敵の人”
状態なので暴れっぷりが今後も楽しみです。





弁護士の栄一は人を誘導するのが得意そうなので強力な仲間ですね。


メンタリストのdaigoのような感じかもしれません。


ヤエ子を自殺に導くくらいですから、
相当の腕前だと思います。


絢子の変態夫あたりを操って
何か絢子に罠を仕掛けたりあるかもです。





一番印象的だったのが
ハナと絢子の初体面でした。


絢子の発言から
ハナを虐めていたのは
“嫌悪”
ではなく
“嫉妬”
だったみたいです。


“絢子はハナの何に嫉妬したのか?”
が凄く気になります。


あの時点のハナは
“ブスだけど親切で頭のいい女子学生”
でしかありません。


“ハナの中にある何か”
を絢子が感じ取り
自分や他の人はソレを持っていないと思ったようです。


絢子は今の所出番は少ないし
あまりしゃべるタイプではなさそうなので本人の口から
“ハナを虐めていた理由”
を聞きだすのは困難かもしれません。


また
プライドが高そうなので拷問しても言わないと思います。


おそらくは
“絢子がハナを虐めていた理由”
が明らかになるのはクライマックス付近なので、
楽しみに待ちたいと思います。


⇒無料で「美醜の大地」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!


無料で「美醜の大地」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「美醜の大地」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「美醜の大地」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「美醜の大地」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。