ハレ婚 11巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

11巻には98~107話が収録されています。

⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 98話のネタバレ

「魔女」

ユズは美鈴を探しに来て
龍之介が気に入ったことを伝える。


美鈴は娘の未来に目配せする。


未来はおもちゃのピアノを持って龍之介に駆け寄り
“ピアノおしえて、パパ”
という。


龍之介は変な替え歌を歌いながらピアノを弾いてあげる。


その日のイベントは終了する。


小春は未来を気に入って
受け入れる気マンマンだった。


単純な小春にユズと龍之介は呆れるが
龍之介も気に行っている様子。


ユズは胡散臭いと言っているため、
翌日に龍之介は美鈴の本心を探る考えがあるという。





ハレ婚参加者女性が泊まるホテルの大浴場で
美鈴は未来を褒めていた。


“勝算アリ、まともな生活ができるかも”
と明日は美鈴がトドメを刺すと意気込んでいる。


他の参加者女性が
美鈴のことを愚痴りながら入ってくる。


美鈴は物怖じせず
“必死なのはいけない?”
という。


心配そうな顔をする未来に
“ママは強い魔女だから大丈夫”
といって寝かしつける。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 99話のネタバレ

「戦火の女」

翌日
小春は未来の面倒を見る担当となる。


小春の龍之介から振られた仕事は
“未来の本音を探る”
ことだった。


未来の遊びに付き合って親しくなり
本音を聞きだす仕事は小春が適任だという。


ユズは美鈴を
“逆らうワケじゃないけど、もっといい人いる”
というが
龍之介は
“今の伊達家に必要な人”
と確信を持っている。


小春は未来を見失いそうになったため、
走って追いかけている。


その間に
ユズは美鈴に話しかけに行く。


美鈴は前日とは違い
おしゃれをしていて見違えるほど魅力的になっている。


ユズは二人きりで話せるように
建物の中に連れていく。


ユズは龍之介が美鈴に決めた事を伝えると、
美鈴は嬉しそうにする。


しかし
ユズは
“自分は誰でもいいけど、危ない女を家にあげるワケにはいかない”
と挑発的は言葉を浴びせる。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 100話のネタバレ

「上から男」

ユズは美鈴が
過去に夫をナイフで刺した事件を調べたという。


美鈴は
“正当防衛が立証されて無罪になった”
というが、
ユズは
“そんな人がまた結婚したいなんて普通思う?”
と美鈴の本心を聞き出そうとする。


その事件はたった2年前のことだった。


美鈴は観念して本心を話し出す。


前の夫のせいで人生を滅茶苦茶にされてしまい、
そのせいで今も酷い目に遭っているのだという。


どこへ行っても白い目で見られて、
再就職ができない。


自分はそれで構わないが
娘の未来にはまっとうな生活を送ってほしいという。


そのためハレ婚を利用したいのだという。


一夫多妻制なら他の嫁の目が抑止力となり、
夫が暴力を振るう事はないとの判断だった。


“財産と法で守ってさえくれれば誰でもいい、愛なんて要らない”
というと
龍之介が現れて
“ユズに似てるね”
という。


龍之介は美鈴の本心を聞いて
“慈善活動なんて嫌だ”
というが、
美鈴を迎え入れる気持ちは変わらない様子。


“ユズと小春ちゃんに挟まれても器用に立ち回れる”
という。


小春が未来を連れてやってくると
奇麗になった美鈴を見て驚く。


龍之介は3人が話している姿を見て、
マドカがいたころを思い出す。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 101話のネタバレ

「一輪の女」

“愛の告白タイム”
が開幕する。


男性が順番に呼ばれてバラを持った女性が男性の前に歩いていき、
男性が女性からバラを受け取ったらカップル成立というシステムだった。


特別扱いの龍之介を含む3人は後回しとなる。


小春は
“これでいいのかな?”
とユズに未来から聞いたことを話す。


未来は美鈴の再婚について
“わかんない、ママがうれしいのがいい”
と言っていた。


ユズは
“アンタが悩んだってしょーが無い”
と見守ることにする。


特別扱いの内の一人の石油王は
二人の妻を迎えていた。


龍之介の番となる。


女性は6人集まっていた。


龍之介は
“橘美鈴さん結婚してください…”
と言って自身満々で手を差し伸べるが、
6人の中に美鈴はいなかった。


会場の空気は凍り付く。


美鈴は遠くでバラを捨ててしまっている。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 102話のネタバレ

「キケンな女」

司会の女性が
“棄権!? フラれた~”
と大声で驚いている。


龍之介はショックで呆然として冷や汗をかいている。


美鈴は深くお辞儀をして微笑む。


美鈴の笑顔を見た龍之介は
“古傷が…”
と苦しみだす。


龍之介に対して会場から同情の声が寄せられる。


未来はユズと小春に
“ごめんなさい、ママそーゆートコあるから”
と申し訳なさそうに去っていった。


ユズが美鈴たちを追って
小春は龍之介のフォローに行くことになる。


龍之介は膝をついて真っ白になっている。


ユズは美鈴を追いかけるが
既に未来とタクシーに乗り込んで出発してしまう。


美鈴は未来に
“ごめんね、あの人達を見て思った、ハレ婚なんて絶対無理”
という。


未来は
“いいよ、ぜんぜん”
と微笑む。





龍之介は不貞腐れていた。


ブツブツ愚痴りながら
ハレコングの人形を抱っこしている。


小春は何とかしてフォローしようと
“次こそはあたし受け入れます”
と龍之介の嫁探しを応援するという。


龍之介はまだ機嫌が直らないため
目の前にいたウララに冗談でプロポーズをする。


ウララは顔を赤らめてOKすると
龍之介と小春は耳を疑い硬直する。


しかしすぐにウララは
“ハレ婚ジョークでした”
というと
龍之介は崩れ落ちる。


第二回ハレ婚祭は
結婚した女性25人で終了する。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 103話のネタバレ

「おっぱいと女」

龍之介はショックから立ち直れず
何日も小春のコーヒー店に来てはボーとしていた。


小春は
“仕事を見つけてきたのにどうしよう”
と悩んでいると
母は
“こーゆう時に一番効くのはおっぱいね”
という。


小春は呆れながら家に帰るが
家に着くと龍之介がユズの胸を揉みしだいていた。


小春は
“真のおっぱいのチカラ”
を目の当たりにして
自分の胸と比較して落ち込んでいた。


“私が悩む必要はない”
と思いつつも
ユズ、マドカ、ウララ、美鈴は
胸が大きかったことをおもい悔しくなる。


数日後
小春が帰るとすき焼きの準備ができていた。


“無職のくせに”
と毒づくが
龍之介は図書館のライブで仕事をしてきたという。


その仕事は小春が持ってきたチラシのものだった。


本格的に再開するまえに
しばらくはコツコツやるという。


龍之介は
“小春ちゃんがキッカケをくれた”
と礼を言う。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 104話のネタバレ

「見ちゃった女」

小春はマドカの部屋に引っ越しをする。


“ここなら隣(ユズの部屋)の騒音も届かない”
と喜んでいる。


小春は夜に
“声がきこえないのはやっぱりいい”
と快適さを感じるが
妙な人影のようなものを見る。


“出たぁ”
とユズの部屋に泣きながら押し入る。


龍之介とユズは真っ最中だったが、
小春が
“おばけいたの”
と怯えるので
呆れて部屋に見に行く。


ユズもマドカのような人影を見る。


“マドカの生霊?”
と思い
ユズと小春は龍之介にくっついて布団を被って怯えている。


ユズは
“アンタがあの部屋に引っ越したから”
というが
小春も怯えきっている。


龍之介は見ていないため
“いない女の話はしない”
という新ルールを付け加える。


小春は
“オバケの話をしている”
というが
龍之介は信じない。


翌日
小春は元の自分の部屋に引っ越すことにする。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 105話のネタバレ

「ハズしちゃう女」

小春が仕事に行こうとすると
ユズはその日は龍之介の誕生日であることを思い出す。


去年は結婚したてで
マドカともギスギスしていたため知らなくても大目に見てもらえた。


その時に
“来年はゴージャスにお祝いする”
と宣言したという。


二人は慌ててプレゼントを買いに行く。


小春は仕方なく仕事を休む。


買い物をしつつカフェで休憩中に
龍之介の昔の写真を見せてもらう。


5年前の写真だと龍之介は短髪だった。


ユズは
“このころはただほっとけない弟みたいだった”
と思い出す。


小春は
“私が来る前から二人は仲が良かったんだな…”
と複雑な気持ちになる。


二人は食材を買い込むと
お惣菜だとバレないようにさらに盛る。


二人とも裸エプロンになり
龍之介の帰りを盛大に迎える。


龍之介は拍子抜けをするが
プレゼントにスマホを貰って喜んでいる。


これから仕事を本格的にするために
必須のアイテムだった。


電気を消して誕生ケーキに火をつける。


歌ってから火を消してもらおうとするが、
その際にユズの音痴が発覚する。


ユズは
“酷い”
と泣いて見せるが
龍之介と小春は録音した音声を再生して大笑いする。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 106話のネタバレ

「恋せよ乙女」

バレンタインが近くなっていた。


ウララは同級生とバレンタインの話題となる。


ウララは高校三年のため
同級生の中には既に東京で部屋を見つけた人もいるという。


ウララは大学進学を
父に反対されてしまっている。


友だちは
“明後日バレンタイン告白しちゃえ”
というが
ウララは照れて躊躇っている。


ウララが好きなのは
担任の男性教師だった。


友人は
“ウララが進路相談がある”
といって
担任とウララが二人きりになれるように強引に取り付ける。


担任は結婚している。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 107話のネタバレ

「農家の乙女」

進路相談の約束の日に
ウララはチョコを買っておく。


ウララは自宅でお見合いをさせられそうになっていた。


母は反対しているが
父たちの意思は固い様子。


母は
“国立受ければ状況を許してくれると思っていた”
とウララに自分の認識の甘さを謝罪する。


ウララは家のことも心配なため、
自分の希望を諦めていた。


話を聞いた小春は
“よくない”
という。


龍之介は
“本人がいいならいーじゃん”
というが
小春は
“こんなかわいい子が政略結婚なんて”
と主張する。


ウララは家のために諦めモードだった。


しかし
龍之介は
“どこの馬の骨とも知らない男にみすみす生娘を差し出す展開は許しがたい”
と考えだす。


小春はウララが男性経験もキスもしたことが無いことを確認する。


そして
“結婚する前に好きな人にキスしてもらったら!?”
というが
ウララは照れて
“無理です”
という。


小春はごり押ししようとするが
ウララはその人は既婚者であるという。


龍之介は
“いーじゃん奥さんいても”
というが
小春は猛反対する。






進路相談でウララはチョコを用意する。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です



ハレ婚 11巻の感想

美鈴と未来はいいキャラだったので、
結婚しなかったのは残念でした。


特に小春が未来を気に入っていたので
結婚したらいい姉妹のようになっていたと思います。


龍之介はいい感じで三枚目キャラになってきています。


大勢の前で恥をかいて不貞腐れている様子には好感が持てました。


美鈴の
“ハレ婚なんて絶対無理”
という言葉にはどんな意味が込められていたのでしょうか…?


読者によって解釈は異なると思いますが、
美鈴はユズと小春の
“龍之介を純粋に想う気持ち”
に触れて
“自分は彼女たちのように龍之介を想えない”
と感じたのかもしれません。


美鈴は本人が発言したように
“未来の為だけ”
にハレ婚を利用しようとしました。


そのことに対して
龍之介、ユズ、小春も了承しています。


未来の
“みくはママがうれしいのがいい”
という発言がポイントかもしれません。


龍之介と結婚すると
“未来の身の安全と将来の保証”
は得られると思いますが
“美鈴の幸せ”
にはならないと認識したのかもです。


美鈴は
“一夫多妻”
を本気で考えて
“龍之介を好きになった場合”
をシュミレーションしたら
“ハレ婚なんて絶対無理”
という結論がでたのかもしれません。


この辺は詳しい描写が無いので憶測でしかありません。


おそらく美鈴は永久退場なので
言葉の真意も確かめようがないですね。





日常編を数話挟みましたが、
マドカの生霊がやはり強烈でした。


小泉八雲の怪談話にでも出てきそうですね。


ユズや小春ならともかく
マドカのキャラなら生霊になるのもあり得そうです。


マドカは妊娠できずに子宮摘出という辛い決断をした上で離婚しました。


思い残すことは沢山あったハズです。


生霊が出る限り
三人目の嫁を迎え入れるのは難しいかもしれません。


しばらくはウララの話になりそうなので
次の嫁探しは生霊を退治してからかもですね。


⇒無料で「ハレ婚」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ハレ婚」で検索です


無料で「ハレ婚」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「ハレ婚」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「ハレ婚」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「ハレ婚」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。