累 5巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


5巻には36~44話が収録されています。


⇒無料で「累」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






累 36話のネタバレ

「残痕」

天ヶ崎は野菊の指示で調べた累に関する資料を渡す。


天ヶ崎は金で小学校の名簿を購入したという。


野菊は
“そこまでして女のからだにありつきたいの?やっぱり汚いは男って”
と侮蔑の眼差しを向ける。


天ヶ崎は引き続き調査で累の小学校時代の同級生に話を聞きに行く。


卒業アルバムを見せてもらい、
累の素顔を知り
“母親と似ていない”
という印象を受ける。


同級生はイチカの事件まで
累が虐めにあっていたことを伝える。


当時は
“イチカは累が呪い殺した”
という噂がたったという。


それ以来気味悪がって誰も累に近寄らなくなる。


同級生から当時の担任の連絡先を聞けたので、
会いに行くことになる。


担任から進学した中学を聞き出すことができる。


“イチカの事件”
について尋ねると
それ以来、
累が描く絵が変わったという。


それまでは暗い色を使ったものだったが、
それ以降は白い絵の具を何重にも塗る妙な絵になったという。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「累」で検索です



累 37話のネタバレ

「見ようとしない/見てはいけない」

野菊は切った客がストーカーになっており困っていた。


麻溝という男で
野菊が他の男をホテルに連れ込むのをホテルの入り口で待っていた。


野菊は麻溝の姿を見るとホテルを変更していたが、
それでもしつこく付きまとわれていた。


野菊はニナ(累)とは親しい友人になっていた。


カフェであっては他愛のない話を楽しんでいた。


お互い過去のことは踏み込まないかった。


会話中に野菊に麻溝から着信があると
野菊は急に顔色が悪くなる。


累は野菊を心配するが、
野菊は大丈夫だという。


野菊と累が別れたあとに
野菊の後を麻溝がついてくる。


野菊は身の危険を感じて天ヶ崎に連絡するが出ない。


麻溝から逃げるうちに人通りのない道に入り込んでしまう。


野菊は累に連絡すると
累は一目の多そうな建物の方に移動するように指示する。


警察への連絡は野菊が嫌がるため、
累は通話状態のまま野菊の元へ向かうことにする。


野菊は明るい通りに差し掛かる前に麻溝に捕まってしまう。


麻溝は
“僕からの恩も愛も足蹴にしやがって”
と逆上して
野菊の首を絞めてくる。


累が駆けつけて麻溝を背後から殴り野菊を助ける。


⇒無料で「累」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






累 38話のネタバレ

「差しのべられた手」

野菊が行く場所がなく怯えているため、
累は仕方なく自宅へ連れていく。


家に着くと丁度顔が入れ替わる時間のため、
玄関で待っていてもらい顔をリセットする。


累は野菊を部屋に入れたことを
“どうかしてる”
と思い
眠っているニナに気付かれないように気を付ける。


部屋に野菊を入れて落ち着かせると
羽生田から電話が掛かってくる。


ニナの部屋には鍵をかけているが、
累は心配しながら電話のため部屋の外に出る。


大事な要件のため羽生田の車の中で話となる。


羽生田によると
累の叔母の元に累を調べている男から連絡があったという。


その男は小学校時代の累の担任も尋ねているのを羽生田は把握していた。


男は記者を名乗って名刺を残していったが、
名刺に書かれた会社も人物も存在していない。


“目的がわからないため不気味”
だという。


累も話を聞いて警戒する。


“このままだと累(ニナ)が植物状態というところまで行きつく”
事は予想されているが
“それを知ったらそれ以上は踏み込んではこないだろう”
とも推測する。


羽生田の報告はそれだけではなく、
累の父が死んだという。






累の部屋にいる野菊に天ヶ崎から電話が来る。


天ヶ崎は累が植物状態というところまで調べており、
それを野菊に報告する。


それを聞いた野菊は
“ここまでかしら、会ってみたかったけどそんな状態では…”
と思うが
天ヶ崎は累がニナのマネージャーをしていたことを告げる。


野菊はニナが寝ている部屋から物音がするのに気づく。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「累」で検索です



累 39話のネタバレ

「よごれた手のひら」

羽生田によると累の父の海道与の家を訪問した際に、
何者かに殺害されていたという。


しかし
“あの屋敷を調べられるとマズい”
らしく警察に報告はしていないという。






累が部屋に戻ると
野菊はニナがいる部屋から物音がしたという。


累は
“咄嗟にしまったものが倒れた”
と誤魔化す。


ニナは先にシャワーを浴びるが
天ヶ崎からの報告が気になっていた。


累がシャワーを浴びている間に
累の衣服から部屋の鍵を抜き取り部屋に入ってみる。


野菊は
“母と同じ顔をした女”
を発見する。


⇒無料で「累」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






累 40話のネタバレ

「嘘吐き」

野菊は部屋を覗いたこを累に気付かれないように振舞う。


その晩は部屋で見たものが気になり眠れなかった。


“優れた女優である美女とその美女に閉じ込められた醜女”
という関係は
母とイザナの関係と共通していた。


野菊は父の
“透世は虚構を真実へと変えられる女”
という言葉を思い出す。


累も母の演技力を受け継いでいるとすると
野菊の質問に対して平然と嘘をついていることになる。


野菊の中で
“累がニナの顔を奪った”
という考えが増長していく。


確信を得るため天ヶ崎に
“丹沢ニナ”
について調べるように指示する。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「累」で検索です



累 41話のネタバレ

「天ヶ崎佑都」

野菊は丹沢ニナを調べるために
“なんだってしてあげる”
というので
天ヶ崎は自分と一緒に暮らすように要求する。


天ヶ崎はボロ家に住んでいた。


天ヶ崎は生徒たちから露骨に馬鹿にされる教師だった。


生徒を殺す妄想をするが
職を失うため我慢している。


天ヶ崎な丹沢ニナに関する調査結果を野菊に報告する。


“野菊が一番知りたい事”
は調べられなかったが
代わりにニナの母の一日のスケジュールを把握しており野菊が直接接触するように促す。


野菊はニナの母が日課で訪れる公園に行ってみる。


ジャージを着てランニングをしているフリをして話しかけてみる。


“いつもお散歩されてますよね”
とさりげなく話を振ってみると、
ニナの母は快く世間話に応じてくれる。


話を娘(ニナ)の情報を聞けるように誘導する。


するとニナの母は
“誰も私の話を聞いてくれない”
と嘆きだす。


⇒無料で「累」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






累 42話のネタバレ

「業火」

野菊はニナの母親に自宅へ読んでもらえる。


ニナの母親は誰かに自分の話を聞いてもらいたい様子だったため、
あっさりと家に入ることができた。


野菊の目当ては
“ニナの有名になる前の演技している映像”
と見る事だった。


ニナの母は
“まるで別人”
というので見せてもらう。


その映像を見て
野菊は自分のしる丹沢ニナ(累)は、
本当の丹沢ニナではないと確信する。


それほど演技力の差は明白だった。


野菊はニナの母の苦しみを察して
自分の母のことを思い出す。


野菊は自分に対して優しく接してきたニナ(累)を思い出し、
怒りで震える。


元々優しかった父も
実は野菊ではなく“淵透世に似ている野菊の身体”が目当てだったことを思い出す。






累は野菊がニナの寝ている部屋を気にしていたのを思い出す。


“人の気配は動かずとも伝わるのかしら”
と警戒心を高める。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「累」で検索です



累 43話のネタバレ

「遡る」

野菊は
“イザナと累に共通する顔を入れ替える能力”
を調べるために、
自分がずっと監禁されていた家に行くことにする。


野菊にとっては
“忌々しい場所”
だったが
何かが遺されているハズだと思い足を運ぶ。


父の仕事部屋に何かがあると思い調べてみる。


戸棚の中に奇妙な石を発見する。


解読が困難な手帳も一緒に見つける。


⇒無料で「累」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






累 44話のネタバレ

「亀裂」

手帳をかいつまむように読むと

・顔が変化

・いざな

・くちづけ

という単語から
赤い口紅をしてキスをすると相手の顔を奪うことができるという事に行きつく。


“真紅の口紅”
は透世のトレードマークだと、
父に強要されたのを思い出す。


累が大切そうに口紅を持っていたのも思い出し、
累がニナの顔を奪い取ったことを確信する。


累の情報を少しでも集めるために
累の仕事仲間の音響の男を久々に客にとる。


男の話だと
累は稽古後の飲み会には一切来ないという。

他にも

・時間の遅い公演

・地方公演

・泊まりの仕事

等は断っており
“何が何でも帰宅したい理由があるのでは?”
という印象だったという。


野菊は入れ替わりの秘密(時間制限)に近づきつつある様子。





累は次の公演の稽古に打ち込んでいた。


野菊の正体(異母姉妹であること)と自分に向ける猜疑心にはまだ気づいてはいない。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「累」で検索です



累 5巻の感想

野菊が短期間でかなり逞しくなりましたね。


元々父から凌辱を受けていたため
“女の武器”
を思う存分発揮するのに抵抗は全くなさそうです。


野菊の存在は羽生田すら把握していなかったため、
父と母しか知らなかったみたいです。


大きな屋敷ですが
お手伝いさんなどもいない様子でした。


父親がガチなサイコパスすぎてドン引きですね。


米国だとこういった父が娘を監禁しておもちゃにするという事件はたまに聞きます。


日本だと国土が狭く
何かあったら近所の住民に気付かれるので無いと思いますが、
地下室にずっと閉じ込めたら可能かもしれません。


野菊は父を殺しており、
ニナの母を容易く騙していたり、男を手玉に取ったりしてるのでサイコパスの素質を受け継いでいるようです。


野菊の
“精神的な不安定さ”
がいい感じで男を惹きつけてもいるようです。


確かに
美人がボロボロになり何かに必死になっていたら、
男なら
“何か力になってあげたい(もちろん見返りを期待して)”
と思いますね。


野菊は口紅の秘密と原材料まで辿り着きました。


野菊は累に対して敵がマックス状態ですが、
累は舞台に忙しいため野菊の状態を知りません。


野菊が累に油断させて近づいていったら、
累の秘密を全て暴露して“淵透世”の栄光も瓦解できる可能性があります。


野菊がこのままノープランで累に突っ込んでいくのか?


もしくは
綿密な作戦を練って累にじわじわ攻め込むのか楽しみです!


⇒無料で「累」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!


無料で「累」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「累」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「累」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「累」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。