汚れた天使たち 2巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


2巻には14~25話が収録されています。


⇒48円で「汚れた天使たち」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「汚れた天使たち」で検索です



汚れた天使たち 14話のネタバレ

「芸能スキャンダルもみ消しの手口」

①マスコミ対策 & 取り込み術

定期的にマスコミ対策のための裏金を渡している。


編集長に対してアイドルやグラビアアイドルを届けることもある。





②スクープ写真偽装 & 撮り直し

あまりにも過激なスクープ写真を撮られてしまった場合、
“撮り直し”
を要求するのだという。


ホテルから出てきた写真だったら、
マンション前で再撮影したりする。


ギリギリ写真にマイルドにする。





③暴力団を使った強硬もみ消し

芸能関係中心ではないメディアには、
①、②が通用しないケースが多い。


そこで裏で暴力団が徹底的に脅すのだという。





一般人が目にするスキャンダルは
奇跡的に表に出たものか作りだされたものとなる。


ほとんどの真実は闇に葬られている。


⇒48円で「汚れた天使たち」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「汚れた天使たち」で検索です



汚れた天使たち 15話のネタバレ

「売られた女の末路」

ユウコは3000万で売られて、
吉原で働かされている。


“特別寮”
に住まわされて送迎は専用の車だった。


“一度でもおかしな行動に出たら店のプレイルームに住んでもらう”
と脅されている。


女性だけでなく
男もボーイとして
“吉原送り”
になる場合がある。


昔はマグロ漁船・原発・ダム工事だが、
現在の男が流れ着く先は吉原だった。


男の従業員を店長に昇格させる理由は
ガサ入れがあったときの
“逮捕要員”
のためだった。


ユウコは隙を見て逃げ出そうとするがあっけなく捕まる。


逃げ出そうとした女には薬を打ってコントロールするのだという。


⇒48円で「汚れた天使たち」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「汚れた天使たち」で検索です



汚れた天使たち 16話のネタバレ

「結婚相談所サギの裏手口」

ユミはキャバ嬢をしながら
“婚活サギ”
を副業にしていた。


手口は雑誌を見てやってきた男から、
安い宝石を法外な値段で何度も売りつけるというものだった。


客の男が登録すると
さっそくユミは紹介される。


“真剣に交際する証明”
などの理由をつけて
最初は100万の指輪を購入させる。


クーリングオフされないように
ユミはこまめに連絡を取る。


次の段階は
“私がデザインした指輪”
といって200万の指輪を買わせる。


男が躊躇うと
説得するのは店の人間にバトンタッチする。


クーリングオフされてしまうと、
ユミの報酬は無しになるのでユミも必死で男と連絡をとる。


最終段階は
“ガンを宣告されてしばらく会えない”
と手紙を送って別れを切り出す。


悲しんでいる男に
“結婚指輪”
を購入させてプロポーズを促す。


この段階だとあっさりと男は300万の指輪を購入する。


“1・2・3の理屈”
と言われており
徐々に金額をあげていくことで抵抗感をなくすというものだった。


当然トラブルはあるが
“ご縁が無かった”
で済んでしまう。


出会い系産業は
一度でも実際に紹介すればサギにはならない。


詐欺を実行しているモノたちは
“金は下から上へ流れる”
とまったく悪びれていない。


⇒48円で「汚れた天使たち」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「汚れた天使たち」で検索です



汚れた天使たち 17話のネタバレ

「キャバ嬢の栄光と転落」

イズミはキャバ嬢をしており、
ランキングが伸び悩んでいた。


ある日
大口の客が付いたことで一変する。


客の男は週に3日も来てくれて、
あっという間にナンバー1になる。


しかし
イズミは調子に乗ってやりたい放題になる。


派閥を作り店の人間関係を険悪にして、
ふと客だった男に愛想をつかされる。


イズミは男のおかげでナンバー1になったのに
“自分の実力”
と勘違いしていた。


大客を失うのは
“死刑宣告”
だった。


一気にランキング圏外に落ちていく。


“ヤラセ営業”をするため
風俗で金を稼ぐが足りなくて闇金に手を出す。


闇金に脅されて
“バンド詐欺”
をすることになる。


詐欺、風俗、ヤラセ営業のストレスで
大量の薬を服用するようになる。


とうとうバンド詐欺で逮捕される日が来る。


イズミは釈放後も夜の世界で働いている。


⇒48円で「汚れた天使たち」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「汚れた天使たち」で検索です



汚れた天使たち 18話のネタバレ

「ヤラセホスト特番」

テレビで放送されるホストのドキュメンタリーはヤラセが基本だという。


実際のホストクラブではドンペリはたまに入る程度だという。


会計は5~10万が普通となっている。


しかし
過激な内容にしないと視聴者に受けないのでヤラセとなる。


“起きない事は起こす”
たテレビの基本だった。


沢山の高価な酒をオーダーするシーンの会計はテレビ局が持つ。


そこまでするのは
“関わった人間全員にメリットがある”
からだという。


番組側は派手な映像を流すとウケる。


店側は宣伝効果になる。


ホストは顔が売れて引退後にタレントになる可能性がある。


“ひと晩で数千万”
ということもごく稀にあるが
テレビはほぼフィクションとなっている。


⇒48円で「汚れた天使たち」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「汚れた天使たち」で検索です



汚れた天使たち 19話のネタバレ

「自殺志願の女」

アヤノは樹海の近くで飲食店を営んでいる男に会いに行く。


夫と子供と一緒で
自殺を思いとどまった礼を言うためだった。


2年前
アヤノが樹海に入って行くのを男が発見して
“一緒に死んであげようか?”
と軽い感じで提案する。


二人で森の中を進むうちに
自殺者の遺体を目の当たりにしてアヤノは恐ろしくなる。


成仏できない霊たちの声も聞こえてくる。


男は淡々とそれらのことをアヤノに説明する。


アヤノが恐怖で気を失うと
気が付いたら男の店だった。


男の料理は上手く
“死んだらもう食えないぞ”
と言われる。


男に話を聞いてもらい
“昨日の怖さを味わったらもう何も怖くないハズ”
と元気づけられる。





男の飲食店があった場所に行くが
更地になっていた。


近所の住民に聞くと
男は自殺したのだという。


身寄りがなく病気を抱えており
ある日自宅で首を吊っているのが見つかったという。


アヤノは
“私にはあんなこといってくれたのになんで?”
と悲しみに暮れる。


男は
“青木の守り神”
と呼ばれており
多くの自殺志願者を救ってきたのだという。


⇒48円で「汚れた天使たち」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「汚れた天使たち」で検索です



汚れた天使たち 20話のネタバレ

「AV女優の自殺 前編」

ミサはアテもなく上京してきた。


金が無いためAVのスカウトの話に乗ることになる。


“単体女優になったら1本500万以上”
という言葉を聞いて決心する。


東京でできた彼氏は売れないバンドマンだった。


彼氏と一緒に寮に住むことを許可された。


彼氏のバンド活動にも金がかかるため
やむなく了承する。


新人なため企画ものからのスタートとなる。


ミサは大金を稼ぎたがるが
“有名なオーディションで入賞しないと無理”
と言われるため目指すことにする。


ミサは関係者と枕営業を繰り返す。


かなりきつい撮影の仕事を回されるがこなしていく。


オーディションに参加することになり
何かしらの賞を貰えるはずと約束していたが何もなかった。


ミサはオーディション入賞を匂わせた詐欺に引っかかっていたのだった。


⇒48円で「汚れた天使たち」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「汚れた天使たち」で検索です



汚れた天使たち 21話のネタバレ

「AV女優の自殺 後編」

ミサは社長に抗議するが相手にしてもらえずAVを引退する。


ミサはクスリに手を出すようになり、
彼氏にも捨てられる。


実家にAVに出ていることがバレて
“帰ってこなくていい”
と言われる。


ミサはバレたことを疑問に思う。


“顔部分に修正あり”
の契約だった。


しかし
“海外サーバを経由すれば摘発されない”
という業界の謎ルールがあって、
実質的には顔がモロに出ていた。


行き場所が無くなったミサは
住んでいた安アパートで首を吊って自殺する。


⇒48円で「汚れた天使たち」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「汚れた天使たち」で検索です



汚れた天使たち 22話のネタバレ

「歌舞伎町裏裁判 前編」

キャバ嬢の虐めの標的が男性従業員になることがある。


売れっ子キャバ嬢たちのストレスの捌け口となる。


・仕事ができないヤツ

・下っ端に威張り上にヘコヘコの中間幹部

・生理的に受け付けないタイプ

が主なターゲットとなる。


虐めの具体的内容は

・指示に従わない

・わざと欠勤して管理能力評価を下げる

・客に悪口をいいふらす

・飲ませて潰す

・ネットで誹謗中傷

・チンピラに襲わせる

これらの仕打ちで大半はやめていくが、
どん底に突き落としたい奴には
“歌舞伎町・裏裁判”
にかけるという。


キャバ嬢たちの標的は店長の黒沢だった。


黒沢は店の女に手を出して
飽きたら雑に捨てて女たちの反感を買っていた。


復讐の主犯格はミヤビで
ミヤビは
“友達”
といって銀座の高級クラブで働いている売れっ子ホステスがこの店に移籍したいという話をする。


黒沢は
“エースの引き抜きはマズい”
という。


“スカウト掟破り”
は業界では重罪だった。


しかし
ミヤビは
“ちゃんと話は通っている、円満退社”
というので黒沢は安心する。


1週間後
移籍した二人は店で大人気となる。


黒沢と支配人は喜んでいるが
二人が元いた店にバレる。


元いた店の店長は二人に話を聞きに行くと
“無理やり脅された”
といって泣きだす。


黒沢の元を訪れてボコボコにする。


黒沢たちもやられっぱなしではなく
銀座と歌舞伎町で全面的な争いとなる。


客やホステスまでも巻き込まれていた。


⇒48円で「汚れた天使たち」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「汚れた天使たち」で検索です



汚れた天使たち 23話のネタバレ

「歌舞伎町裏裁判 後編」

歌舞伎町の実力者が仲介入り話し合いの場
“裏裁判”
が設けられる。


店舗の中は裁判所のようなレイアウトにされていた。


黒沢と相手側はお互いの主張を述べる。


主張が食い違い平行線になるため
キャバ嬢たちが証人喚問に呼ばれる。


銀座にいた二人は
“黒沢に弱みを握られ脅された”
と打ち合わせ通りに発言する。


銀座側には厳重注意が下される。


黒沢には
“無期懲役”
が下される。


“無期懲役”
は一生どこかに監禁されて働かされて、
使えなくなったら消されるというモノだった。


⇒48円で「汚れた天使たち」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「汚れた天使たち」で検索です



汚れた天使たち 24話のネタバレ

「闇金ホストの営業」

タクミは闇金で働いていたが回収は悪かった。


上司から顔を活かしてホストになり、
客や同業者に闇金を勧めるように指示される。


最近は
“ツケ厳禁”
の店がほとんどのため
その場で現金が必要になるケースが多かった。


タクミはすぐにホストとしても売れっ子になり、
客や同業からの信頼を得る。


頃合いをみはかり
金が足りない客に
“デリバリーキャッシング”
といって自分が所属する闇金を紹介する。


ホストに狂った女の金銭感覚はおかしいため、
客の女は喜んで利用する。


“店まで訪問してきて金を届けてくれる”
というのも売りだった。


タクミは沢山の客をワナにかけていく。


稼げていないホストもワナにかかっていく。


闇金の仕組み上
1カ月後に強烈な取り立てが始まるため、
タクミはそれが始まる前にドロンする。


タクミは別の街に行って同じことを繰り返す。


歌舞伎町には
“3か月ルール”
というものがある。


ドロンしたホストが他店で働くのはタブーだが、
“3か月たったら時効”
というルールがあった。


3か月の間にホストが入れ替わるのはよくあることだった。


そのため
3か月すると同じ店で働いている人と会うことはほぼ無かった。


⇒48円で「汚れた天使たち」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「汚れた天使たち」で検索です



汚れた天使たち 25話のネタバレ

「キャバ嬢に2千万貢いだ男の末路」

カオリには過去に
1回抱くために1年で2千万使った客がいた。


金を使わせるテクニックは色々あった。


①記念日を作りまくる

適当な名目で記念日として
高級な酒を沢山いれた。



②Hシュミレーション

“私を責めるならどうする?”
と男に妄想させるのだった。


“妄想させれば金になる”
らしい。



③他の客と競争。

目の前でワザと他の客といちゃついて嫉妬させる。


女の気を惹くために男は高い酒を入れるという。



④連絡せずに長期休暇を取る

“母が倒れて…”
などの理由をつける。


わざと連絡を取らないでハラハラさせる。



⑤アフターは複数で

アフターの料理店を
友達を連れていく。

二人きりではないため
“ただの飲み会”
になる。





本当に田舎に帰らなくてはならなくなったので
1回させてあげることにする。


男は楽しみにいきり立っていたが
カオリが服を脱ぐと貧乳であることを知る。


その後もへたくそな上に
化粧をとったら別人だった。


男は帰り道で
“失敗した”
と泣いて後悔する。


⇒48円で「汚れた天使たち」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「汚れた天使たち」で検索です



汚れた天使たち 2巻の感想

「芸能スキャンダルもみ消しの手口」
が以外で面白かったです。


このことを知ったら次からスキャンダルを素直に驚けませんね…


奇跡的に包囲をすり抜けた記事と
造られた記事の判別は当事者にしかわからないみたいです。


たしかに店に並ぶ前に
雑誌を刷る時点では沢山の人が関わっています。


その中に一人監視役を忍ばせていれば、
世の中に出る前に手を打つことができます。


本当にスキャンダルを世の中にバラまきたいのなら、
写真撮ったらすぐにSNSに流すしかなさそうです。


でもそれだと金に変換するのが難しいです。


完全に趣味で芸能人のスキャンダルを追いかけるようなもの好きがいれば実現できると思いますが、
実際問題として難しそうです。






「歌舞伎町裏裁判」
は都市伝説みたいで興味をそそられました。


“本当にそんなことしてんの?”
という微妙さにワクワクします。


本当の裁判のような雰囲気なため
“判決役”
を誰が担当するかでモメそうです。


この話は嵌められる側も嵌める側もどちらも問題ありなのであまり気になりませんが、
本当に冤罪の場合はどうなるのでしょうか…


政治家の世界のように
がんじがらめなワケのわからない権力争いがあるようです。





「キャバ嬢に2千万貢いだ男の末路」
は非常にタメになる話でした。


SNSにフォトショで修正しまくった写真をあげるのはほぼ女性です。


男性でフォトショを使ってまでSNSに写真をアップする人というのは聞いたことが無いです。


もしかしたら女性の中には
“整形は反則だけどそれ以外はOK”
みたいな
“それぞれの匙加減の自分ルール”
があるのかもしれません。


男からすればそれらはほぼ
“反則じゃないか!騙された!”
というモノばかりだと思います。


そのあたりの温度さが奇麗にオチとなっている話でした。


⇒48円で「汚れた天使たち」を読むならコチラ♪
※試し読みとは違います!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「汚れた天使たち」で検索です


48円で汚れた天使たちを読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら48円
汚れた天使たちを読めてしまいます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で漫画を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。