奴隷区 3巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「奴隷区」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「奴隷区」で検索です



奴隷区 とは?


出版社:双葉社
発売日:2013/8/28
作者 :オオイシヒロト, 岡田伸一

俺の仕事?「奴隷」だ!

ジュリアやアタルなど5人の奴隷を率いる謎の主人・リュウオウの正体とは――?

そして犬に負けたゼンイチを待つ運命は!?

24人の主人公が繰り広げる欲望群像劇!


奴隷区 ~中央アタル①~のネタバレ


アタルには“サクラ”という名の忘れることができない女性がいた。


アタルは大学まで順風満帆で何でもできる万能な男だった。


“俺はやりたいことをやる、自分を試したい”
といって、就職もせずに大学を卒業していた。


次第に人は去っていき、一人だけ微笑みながらアタルの戯言につき合う女がいてそれがサクラだった。


サクラはアタルの始まりもしない夢の話を聞いていた。


しかし
ある日を境にサクラは姿を見せなくなる。


サクラは重い病気で亡くなっていた。


アタルはサクラの病気に気付きもしなかった。


アタルが無駄に過ごしてきた日々は、サクラが生きたかった明日だったのだと気付く。


アタルは
“なぜサクラは俺の側にいてくれたんだろう?サクラは俺とどんな夢をみたかったんだろう?”
という問いの答えを今も探し続けていた。





アタルはシヲリと行動してゼンイチの場所を特定する。


ズシオウマルとゼンイチの勝負がついたときに
アタルは
“犬の奴隷は嫌だろう、俺たちの仲間になれ”
とゼンイチに近寄るが拒否されていた。


アタルがズシオウマルに勝負を仕掛けて強引に仲間にしようとすると、ズシオウマルはゼンイチに命令してアタルを攻撃させる。


アタルが大勢を崩しているうちにズシオウマルはゼンイチを引き連れて逃げていた。


アタルは
“ゼンイチの野郎犬としゃべれんのか?”
と狼狽していた。


シヲリはズシオウマルを心配していた。


シヲリをゼンイチから救ってくれたのがズシオウマルだった。


シヲリはアタルにリュウオウの奴隷になった経緯を尋ねる。


アタルは
“ジュリアに負けた”
と話し出す。


アタルの商売が軌道に乗りキャバクラ接待が増えていた頃だった。


ジュリは笑顔がサクラに似ておりアタルはひとりで店に通うようになる。


ある日ジュリアが店をやめてしまっていた。


違う店にいるのを突き止めて会いに行くと、ジュリアはすこしやつれていた。


ジュリアは
“流行りの体感ゲーム、負けたら電流が走る”
といってSCMを取り出してゲームをすすめてくる。


アタルは元気のないジュリアにつき合ってやろうと思い軽い気持ちでゲームを受ける。


ゲーム内容は
“ジュリアのパンツの色を当てる”
というものだった。


アタルは
“セクシーな黒のパンツ”
というと
ジュリアは開脚して見せる。


ジュリアはノーパンで、アタルは敗北感を感じる。


シヲリは経緯を聞いて
“なんか安心した、アタルさんも普通の男なんだって”
と笑っていた。


シヲリはゼンイチのところへ向かう間に、状況を確認する。


ズシオウマルをリュウオウが奴隷にできたら、自動的にゼンイチもリュウオウの奴隷となる。


しかし、リュウオウとゼンイチは30メートル以内に近寄らないと主人の変更は起きない。


“ズシオウマルをリュウオウが奴隷にできても、ゼンイチはリュウオウに会わない限りリュウオウの奴隷にはならない”
というのがポイントだった。


ゼンイチの家の付近に行くと、SCMの反応は主人のズシオウマルのモノだけだった。


二人はSCMを外して接近する。


二人は反応のある部屋にいくと表札が“目黒”に気付き違和感を覚える。


ポストの中に鍵があったので拝借して中に入る。


ズシオウマルがいてシヲリと再会を喜んでいた。


ズシオウマルはアタルには警戒を解いていなかった。


アタルは部屋を調べると、明らかにゼンイチの趣味とは違っていた。


部屋にはルシエのデリヘルのチラシがあった。


アタルは
“ご主人様は預かった”
というメモに電話番号を書いてドアに貼り付けておく。


アタルはシヲリとズシオウマルを連れて車に戻る。


するとズシオウマルは誰かを発見して走っていく。


アタルとシヲリが慌てて追いかけながらSCM反応を見ると主人の反応があった。


ズシオウマルはエイアに抱き着いており、ユウガと一緒にいた。


エイアはズシオウマルの飼い主で、ズシオウマルは何年も行方不明だったのだという。


アタルは二人のどちらがSCMを装着しているのかわからなかった。


アタルは
“犬を連れていきたい、最大限丁重に扱う”
というが
ズシオウマルの反応を見たエイアは
“ズシが嫌だって言っています”
と断る。


ユウガは
“春のジャマイカ”
の名前を出して反応を伺う。


アタルは目の前にいる二人が
“大田ユウガ”

“荒川エイア”
であると気付く。


セイヤから聞いた二人の特徴とも一致していた。


アタルとシヲリはいったん帰ろうとする。


ユウガは
“奴隷から解放されたくありませんか?僕ならあなた方を解放してあげますよ”
というが
アタルは
“他人を信用させたいなら、嘘をつくのはやめておけ”
といって去っていく。


⇒無料で「奴隷区」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「奴隷区」で検索です



奴隷区 ~中央アタル②~のネタバレ


シヲリはズシオウマルを捕獲できなかった罰として、ゴリラの真似をした動画を送ることになる。


アタルの罰は禁煙だった。


アタルの罰の方が重いため、シヲリは申し訳なさそうにするが目の前でタバコを吸いだす。


アタルの携帯にゼンイチから電話がくる。


ゼンイチは
“犬をどこに連れていきやがった”
と怒っているのでアタルは煽る。


シヲリはSCM反応をみると先ほどの部屋に奴隷の反応があるのに気づく。


“SCMを一定時間外すと、その後は同じ時間だけSCMを装着しないといけない”
というルールがある。


そのためその奴隷反応はゼンイチのだと推測できた。


しばらくはゼンイチはSCMを外せないため、アタルはチャンスだと思う。


アタルは電話ごしにゼンイチに
“追いかけっこ”
の勝負を提案する。


アタルが煽るとゼンイチはすぐに勝負に乗ってくる。


それを確認してアタルはSCMを装着すると勝負開始の合図がある。


アタルは電話をしながら車で部屋の付近の30Mいないに近寄っていた。


ゼンイチが怒りながら下に降りてくる気配がしたため、アタルは車で突撃する。


しかし、車で吹っ飛んだ男はゼンイチではなく目黒マサカズだった。


その隙にゼンイチは“追いかけっこ”のルールにのっとって走って逃げていく。


シヲリはマサカズを病院に連れていこうというのでアタルも同意する。


マサカズを車に乗せて運んでいると、シヲリはマサカズがSCMを着けているのに気づく。


先ほどのマークが一つしかなかったのは、“奴隷マークが近すぎて重なっていた”ためだと気付く。


アタルは病院に連れていくのは後にして、気を失っているマサカズを叩き起こす。


アタルは
“命が惜しければシヲリと勝負して負けろ”
と指示をする。


マサカズは轢かれたダメージで痛がっているため条件に応じてすぐに負ける。


勝負がついた後に嘔吐したため、マサカズの主人が頻繁に変更されているのが伺えていた。


マサカズの話から、前の主人がズシオウマルではなくゼンイチだったと判明する。


“ゼンイチはズシオウマルの奴隷だが、自分の奴隷をズシオウマルの半径30Mに近づけないようにしていた”
とアタルは推測していた。


アタルはマサカズにゼンイチの行きそうな場所をたずねてから救急車を呼ぶ。


マサカズは
“ルシエにひどい仕打ちはやめてくれ”
と懇願する。


アタルが
“車で轢いたりはしない、約束する”
というとマサカズは安心した表情をする。





アタルとシヲリは車でゼンイチがいるという六本木のクラブに向かう。


リュウオウから助っ人のタイジュが向かっていると連絡が入る。


アタルはクラブの雰囲気に戸惑うが、シヲリが慣れた様子で案内する。


シヲリの予想通り、ゼンイチは奥のVIPルームにいた。


部屋の中にはルシエとガタイのいい入れ墨男がいた。


アタルは
“ゴリラ二匹は厄介だ”
と思い迂闊には乗り込めなかった。


仕方なく銃を手に取り押し入る。


ゼンイチは酒瓶を持って攻撃しようとするが、銃を見ると動きを止める。


ルシエは銃に怯えていたが、刺青男は“本物のわけない”とタカをくくっていた。


刺青男が構わず襲い掛かるため、アタルは仕方なく刺青男の肩を撃つ。


ゼンイチは本物だと怖気づきルシエに“アイツから奪え”と命令する。


しかし
“奴隷自身の死につながる行為はさせられない”
というSCMのルールのためルシエは動けなかった。


ゼンイチは観念してついていく。


クラブから出る間に、シヲリがチンピラに絡まれていた。


アタルは
“シヲリを助ければゼンイチに逃亡される”
と迷っていると
シンノスケが現れてシヲリを助ける。


シヲリは
“あんときのナンパ男…”
とシンノスケのことを覚えていた。


シンノスケはシヲリを助けてドヤ顔でカッコつけていたが、店のガタイのいいスタッフに囲まれて慌てて謝っていた。


その隙にアタルとシヲリは店から出る。


ゼンイチを車に乗せようとするときに、ゼンイチはアタルの銃を奪い取る。


ゼンイチは気をよくしてアタルに発砲する。


しかし、銃が暴発してゼンイチの人差し指が吹っ飛んでいた。


ゼンイチが痛がっている間に、アタルはゼンイチを拘束する。


アタルは人気のない場所に行き、シヲリに自分を拘束するように指示する。


シヲリは何のことだか理解できていない。


アタルは
“俺はゼンイチとの勝負に負けている”
と状況を説明する。


アタルはマサカズを撥ねた際に敗北感を感じてしまったのだという。


しかし、その時にゼンイチが逃亡していたため主従関係は保留になっていた。


アタルが現在はSCMを外しているため現在も保留状態となっている。


この状態を解決するには


アタルにSCMを装着して、アタルをいったんゼンイチの奴隷にする。



シヲリがゼンイチと勝負して勝利して、ゼンイチとアタルの主人になる。

という手順が必要だった。


アタルを拘束してSCMを装着するとアタルはゼンイチの奴隷となる。


手はず通りシヲリはゼンイチと勝負をしようとすると、タイジュが到着する。


タイジュが事情を聞くと
“ゼンイチとの勝負は自分がやる。これ以上シヲリさんを危険に晒したくない”
という。


タイジュは拘束されているゼンイチの猿轡を外す


タイジュは
“勝負方法は殴り合いだ”
という。


ゼンイチは反抗的だったが、タイジュは拘束されたままのゼンイチを明け方まで一方的に殴りつけて勝利する。


その後
タイジュがルシエとマサカズを奴隷にして、リュウオウの配下に3人が加わる。


ゼンイチはマフィアに襲われたことにして病院に連れていく。


アタルはミッションを成功させたため禁煙を解かれる。


⇒無料で「奴隷区」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「奴隷区」で検索です



奴隷区 ~品川ゼロ①~のネタバレ


品川ゼロはパン工場で働いていた。


毎日がルーティーンと化しており、アパートの部屋と工場の往復だった。


野良猫にパンをあげて一緒に食べるのがささやかな楽しみだった。


ある日
いつも通り野良猫にパンをあげに行くとボロボロの男が倒れていた。


男は訳の分からない言葉を言いながらゼロにSCMを手渡して気を失う。


ゼロは救急車を呼んであげる。


男のことばで聞き取れたのは
“仇を討ってくれ”
という言葉と
“ひゅうおう”
という相手の名前だった。






ゼロはその夜に夢を見ていた。


学生時代にクラスで財布が盗まれてゼロのカバンから出てきていた。


ゼロに身に覚えはなかったが誰も信じなかった。


翌日
いつもどおり猫にパンをあげに行くと見知らぬ少年がいた。


少年は
“お兄ちゃんパン作ってる人?”
といって話しかけてくる。


ゼロは
“どうしてわかったの?”
と尋ねる。


少年はその近辺には工場しかないことを指摘して、夜勤がある仕事はパン工場だけだという。


見事は推測にゼロは感心する。


少年は
“昨日ここで変わったおじさんに会わなかった?何か渡されなかった”
というので、ゼロはSCMを取り出す。


少年は
“それ僕のなんだ、あの人は僕のパパなんだ”
という。


ゼロはSCMを少年に渡して帰ろうとする。


少年はゼロを呼び止める。


少年は父はSCMを使って誰かと戦い負けたと予測していた。


父は24時間SCMを外したペナルティで脳にダメージを受けたのだという。


少年は自作のSCMの調査資料をゼロに見せえる。


ゼロは少年の知識と熱意に圧倒される。


少年は
“僕がお兄ちゃんの頭脳になる”
といってゼロに協力を求める。


ゼロは
“おもちゃで敵討ちなんてファンタジーだ”
と思い
“悪いけど協力できない”
といって帰ろうとする。


少年がその場でSCMを弄り何かをしていたため、ゼロは気になり声をかける。


少年はSCMを初期状態にもどして一人で敵討ちするのだという。


ゼロは少年の姿に、誰にも信じてもらえなかったかつての自分を重ねていた。


ゼロは少年を手伝ってあげることにする。


少年はスマホを見ながらSCM反応を追っていた。


駅の付近でSCM反応を見つけたため二人で向かう。


少年はゼロにSCMを装着するように指示する。


ゼロは
“僕がつけるの?”
と狼狽するが
少年が
“自分だと大人は相手にしてくれない”
というので仕方なくゼロはSCMを装着する。


するとすぐに30M以内にSCM装着者がいる合図が伝わる。


少年は怪しげな車を発見して近寄る。


中には中央アタルがいた。


アタルは
“勝負かい?”
と全て承知の様子だった。


アタルの様子からゼロはSCMが玩具ではないと実感し怖気づく。


アタル相手にも少年は落ち着いていた。


ゼロは頭の整理が追いつかないため、勝負の交渉などは全て少年に任せることにする。


勝負はクイズアプリを使ったクイズになる。


アタルは
“俺の名は中央アタル”
と自己紹介すると
ゼロは
“男がいっていた「ひゅうおう」って「中央」じゃ…”
と思い、アタルが少年の仇だと推測する。


少年も勝負に参加するというと
アタルは
“弟クンも参加したいのか?いいだろう”
と承認する。


ゼロは
“この子ものすごく賢いんだ”
と勝利を確信する。


ゼロのSCMが勝負開始を告げる。


アタル VS ゼロ&少年
で勝負が始まる。


アタルは2ポイント
ゼロ&少年は3ポイント
となる。


“3ポイント先取”
というルールのためゼロは勝利だと思い安心する。


しかし少年は
“まだ勝負は終わってないよ”
という。


アタルは
“ゼロくん、SCMにおいて大事なのは疑うかもっと疑うかだ”
といって少年と自分はグルだと打ち明ける。


ゼロは狼狽していた。


ゼロと勝負をしていたのはアタルではなく少年だった。


アタルはSCMを外しており、少年はゼロにバレないようにSCMをタイミングよく装着していた。


現在のポイントは
ゼロが1ポイント
少年が2ポイントだった。


アタルがアプリで問題を出して勝負を続ける。


ゼロは頭が混乱して
“もう負けでいい”
というと、SCMが敗北を告げる。


ゼロは頭が割れるような頭痛に襲われて、誰かに呼ばれたような感覚がする。


アタルは
“俺とゼロくんの主人はリュウオウという人物だ”
と説明を始める。


ゼロが助けた男はリュウオウとの勝負に負けて逃亡したのだった。


アタルは
“SCMは24時間以上外すと奴隷の呪縛から解放される、だが代わりに恐ろしいペナルティがある。だったよな?リュオウ”
というと
少年は
“そうだよ”
とこたえる。


⇒無料で「奴隷区」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「奴隷区」で検索です



奴隷区 3巻の感想


アタルが意外と魅力的なキャラでした。


アタルはいわゆる
“意識高い系”
の大学生だったようです。


ですが、恋人の死により当時の自分を恥じて一生懸命事業を頑張っているようです。


アタルがゼンイチに
“犬と喋れんのか…”
とふざけてるのか真面目なのか分からないツッコミも面白かったです。


あのシーンはバクマンでいう
“シリアスな笑い”
の形の一つだと思います。


アタルとジュリアとの勝負は、アタルが素直すぎてそこも憎めませんでした。


私は下衆な発想ができるタイプなのでジュリアの手口を容易に予想していましたけど…


おそらくは“亡くなった恋人のサクラに似ていた”というアタルの気持ちが“ノーパン”という発想を妨げたのだと思います。


シヲリがアタルの話を聞いて打ち解けていたのにも頷けました。





ゼロが気の毒過ぎました…


親切心をまんまと利用されてしまいましたね。


リュウオウはとんでもないクソガキでした。


ジュリアがあんなガキに玩具にされているとセイヤが知ったら…


リュウオウの奴隷がリュウオウをどのように思っているかが気になります。


ジュリアは崇拝しているようでしたが、他のアタルたちはどう思っているのでしょうか…


リュウオウは金を2000万円分集めているようでした。


そのためにSCMを利用しているのだと思います。


“リュウオウは金を何のために集めているのか?”

“リュウオウが若いのにコナン君並の頭脳を持っているのはなぜなのか?”

が明かされるのが楽しみです!


⇒無料で「奴隷区」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「奴隷区」で検索です


無料で「奴隷区」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「奴隷区」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「奴隷区」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「奴隷区」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。