ブラック主婦 メリークック について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


⇒無料で「ブラック主婦 メリークック」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






ブラック主婦 メリークック とは?

出版社:竹書房
発売日:2017/4/28
作者 :つる壱子

いらっしゃいませ!

さびしいオンナはいつもおなかペコペコ!!

…ホラ、もうさびしくなんかないでしょう?

戦慄のアーバン・ナイトメア


ブラック主婦 メリークック のネタバレ

正美はメリークックというステーキ屋にハマっている。


正美は大食いで特大サイズを数枚食べる事が出来るため、
他の客たちは驚いていた。


正美はステーキの味を
“初めてのようでどこか懐かしい舌触り”
と思っていた。


正美の給料ではメリークックに通うのは厳しかったが、
それでも我慢はできなかった。


正美の勤めていた会社が突然倒産してしまう。


倒産の愚痴をメリークックの馴染みの店員たちに聞いてもらう正美。


店長の三宅は
“そのうちいっぱい稼いでもっと食べてね”
と励ます。


正美の就職活動は上手くいかなかった。


メリークックによると
閉店時間より早く閉まっていた。


店の裏口から
眠っている女性が運び込まれてワゴンに乗せられていた。


正美はこの時は
“泥酔して眠っている客を送り届けた”
と認識していた。


店長の三宅と女の関係を探るために店を見張ることにする。


女を運んだワゴンが店にやってきたため隠れて様子をうかがう。


ワゴンから何かが店に運び込まれる。


店の中を覗いてみると運び込まれたのは女の死体で、
従業員たちは慣れた様子で捌いていた。





正美は閉店時間直前にメリークックに行く。


正美が先日のことを盗み見たことを話しだすと、
店員たちは慌てて店のシャッターを閉める。


正美は恐れる様子もなく話を続ける。


正美はメリークックの常連となった女の子を拉致して売り飛ばして、
死んだら店に戻して証拠隠滅も兼ねてステーキにしていると指摘する。


店長の三宅は余裕たっぷりの表情で
“どうしたいわけ?”
と聞くと
正美は
“私をここで雇って”
と懇願する。


三宅も店員たちも驚いて呆れている。


店員は躊躇しているが
正美のメリークックのステーキに対する異常な思い入れに圧倒される。


正美は時給500円でメリークックで働くことになる。


正美は客の女の子を眠らせるのも、
死んで戻ってきて捌くのも順調に覚える。


それで作ったステーキを美味しそうに食べている。


正美は
“共通の秘密があるってスゴイ、心がつながってる感じがする”
と充実している。


店員たちは眠らせた女の子を、
売る前に犯して楽しんでいた。


正美は三宅の車で送ってもらう。


正美は三宅に仕事の話題を振ると、
三宅は
“本当はああいうの好きじゃない”
とこたえる。


三宅は自分の経歴を話し出す。


事業で失敗して借金をして、
妻が取り立てのヤクザに犯されてしまったという。


妻は自殺していた。


それを目撃していた娘は
心の病に罹ってしまい入院中だという。


三宅は
“娘だけは守らなくては”
と金のために仕方なく今の仕事をしているという。


三宅は
“家族を守れなかった罰”
で一人で生きていかなくてはいけないという。


正美も一人ぼっちだという。


両親が離婚してどちらも引き取ってくれず、
施設で育ったという。


お互いの話をして二人は親密になる。





正美が自宅で持ち帰ったステーキを食べながらニュースを見ていると、
ショッピングモールの映像に三宅が写っていた。


三宅は妻と思わしき女性と一緒にインタビューを受けている。


正美は三宅について調べると、
奥さんと二人暮らしをしていて娘がいたこともなかった。


店で眠らせた女性は店員たちと一緒に犯して楽しんでいた。


正美は三宅に騙されたことに気付く。


正美は激怒して三宅に事情を聞きに行く。


三宅は動揺していなかった。


正美は逆上して
“警察いって全部ぶちまけてやる”
という。


三宅は慌てることなくにやけている。


正美は三宅が逮捕されてからの様子をまくし立てて喋っているが、
殴打され昏倒する。


正美が目を覚ますと全裸で縛られていた。


三宅はターゲットとする女性が、
夜の仕事に携わっている理由を話し出す。


お水や風俗で働く女性は
家族とのかかわりが薄いのだという。


そのため
いなくなっても本気で心配する人がいないためだという。


正美は
“私は夜の仕事したことないけど…”
と思うがこれから何をされるのか察して
「三宅さんが最初にヤッて」
という。


正美は三宅に犯されている最中に、
本当の記憶を思い出す。


両親は離婚していなかった。


父が母を殺して
その肉を父と一緒に食べたのだった。


その肉はとても美味しかったという。





メリークックの常連客は正美がいなくなったことに気付く。


店員たちは
“自分探ししたいといって急にやめちゃった”
というと
常連の男は
“若い子なんてそんなもんか”
と納得する。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「ブラック主婦 メリークック」で検索です



ブラック主婦 メリークック の感想

ステーキはママの味だった!?


ミルキーじゃないんだから…


正美がメリークックの肉を美味しく感じたり、
人肉を食べる事をアッサリ受け入れた理由が最後に判明しましたね。


本人は自覚はありませんでしたが、
潜在意識の中で拒絶感は無かったようです。


正美はメリークックのステーキを食べることで、
父との楽しい食卓を思い出していたのかもしれません。


もしかしたら母の人間性に問題があり、
正美と父は苦労していたのかもしれません。


正美は普段から
“お父さん可哀そう、お母さん大嫌い”
と思っていたのであれば、
父が殺した母を一緒に食べる理由は強引にですが説明できます。





実際に
“食べてしまう”
というのは死体を隠すのに非常に有効だそうです。


“うなぎ鬼”
という漫画でその辺を緻密に描いています。


“うなぎ鬼”
によると
警察は死体を発見しないと捜査ができないそうです。


「いなくなった時点で捜査できるんじゃないの?」
と思うかもしれませんが、
年に数万人もの失踪者がいるため
“いなくなった”
だけだと家出の可能性もあるため警察は動けないそうです。


“うなぎ鬼”
だと肉はウナギのエサにして、
残った髪の毛や骨は高温で残らないように焼いていました。


メリークックでも
臓器や骨や髪はどこかで処理をしていると思います。






実際にあった出来事としては
2015年にナイジェリアで
“人肉レストラン”
が摘発されています。


法外な値段だったそうですが、
味の評判は良かったそうです。


日本ではありえないと思うので、
外国で値段が異常に高いステーキ店は要注意ですね。


⇒無料で「ブラック主婦 メリークック」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!


無料で「ブラック主婦 メリークック」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「ブラック主婦 メリークック」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「ブラック主婦 メリークック」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「ブラック主婦 メリークック」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。