SNS地獄について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「SNS地獄」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「SNS地獄」で検索です



SNS地獄 とは?

出版社:アミューズメントメディア総合学院/AMG出版
発売日:2017/11/29
作者 :高村しづ, とらふぐ

「いいね!」がもっと欲しい…。意識高い系カフェ、ランチ、ブランドバッグなど所かまわず自撮りするキラキラライフ。

SNS映えを求めて必死のリア充アピール!

でも実生活は…!?

多額の借金を抱え、やがて電気や水道も止められるがフォロワーたちの羨望のコメントが心地良すぎてやめらない。

虚構の世界を生きる主人公にやがて予想もしなかった恐怖が訪れる!!


SNS地獄 のネタバレ

ユミは地方の大学を卒業後に東京で就職していた。


理想では総合職のキャリアウーマンになっているハズだった。


しかし、現実では希望の就職先は全滅で派遣社員をしていた。


お茶くみとコピーで一日が終わっていた。


“こんなのは本当の私じゃない…”
と常に思っていた。


ある日、大学の同窓会の報せが来る。


久しぶりに地元の同級生に会いに行くと、地味だった友人たちが見違えるほど輝いていた。


英子は専業主婦で育児に専念しており、和美はデザイン事務所を立ち上げて社長をしているのだという。


ユミは仕事を聞かれて
“キャリアウーマンとこたえると”
友人たちは
“ユミらしい、一番出世しよう”
という。


ユミはその言葉を受けて
“嫌味?”
と思い素直に受け止められなかった。


ユミはインスタグラムのIDを交換して、近況報告しあおうと提案を受ける。


ユミはそれまでSNSをしたことがなかった。





ユミが東京に戻り仕事をしていると、英子のインスタに画像がアップされた通知が届く。


英子は
“子育てが大変”
という内容の画像をたくさん上げていた。


しかし、忙しくも充実している生活のようだった。


ユミは
“私だって本当は…負けたくない…”
と悔しさをかみしめる。


ユミが更衣室で着替えていると、同僚がバリで買ってきたブランドものバッグを自慢していた。


ロッカーのカギが開けっ放しだったため、ユミは写真を撮り自分のもののようにしてアップする。


すると、和美と英子から称賛のメッセージが送られてくる。


さらに、見知らぬ人からも大量のコメントが送られてくる。


ユミは
“私はみんなから羨ましがられてる?”
と思い気持ちよくなる。





翌日
ユミはランチにおしゃれなカフェに行きガレットを注文する。


写真を撮ってインスタにアップすると、すぐに称賛のメッセージが沢山届く。


ユミは気分よくなっていたが、英子から
“私もその店一面前に行ったよ”
というメッセージがカンに触っていた。


ユミは
“自分の方が先を行ってるっていいいたいわけ?”
と悔しくなる。





ユミは持ち物を質屋に出して2万円捻出する。


その金で五つ星レストランに行き、出てきた料理をたくさん撮影していた。


店員や他の客は訝し気な表情をしているが、ユミは写真撮影に夢中で気づいていない。


写真をアップすると、すぐに称賛のメッセージが届く。


ユミは
“そうよ、これが私の本当の世界”
と思い込むようになる。




それ以降、金はブランド物につぎ込むようになる。


写真を撮ってインスタに載せると、すぐに質屋に出していた。


来月の支払いが辛くなったと思っていると、英子と和美が公私ともに充実している内容の投稿をしていた。


ユミは二人に対抗心を燃やして一日中スマホ画面を眺めるようになる。


ユミのフォロワーは1500人を超えていた。


ユミは
“借金して頑張ったかいがあった、どんどん理想の私に近づいている…”
と行動をエスカレートさせていく。


高級ホテルのパーティに紛れ込み、写真を撮ってはインスタにアップしていた。


高級ホテルの駐車場には高級車が沢山あるため、“彼の外車”と偽って写真をアップしていた。





ユミの安アパートの部屋はゴミと督促状だらけになっていた。


電気が止められていたためロウソクを使用していたが、ユミは
“なんか逆にオシャレ”
と強がっていた。


督促状に頭を抱えていると、フォロワーから
“本当にセレブなんですか?無理してないですか?”
と心配のコメントが届く。


ユミは
“嫉妬されている”
とゆがんだ優越感に浸っていた。





ある日、ユミは電車で眠っているイケメンを発見する。


気づかれないように近づき、ツーショットで撮影して
“彼、爆睡中です”
とインスタにアップする。


数日後、ユミがオシャレなカフェでトイレに入っていると、先日の男がユミのバッグをあさっていた。


ユミが大きな声を上げると店員がやってくるので男は逃げていく。


ユミはスマホは肌身離さず持っていた。


バッグの中身は財布も無事で何も取られていなかった。


気味が悪いので警察に届けに行くと
“気づかないうちにSNSで逆恨みされる事件が多い”
と聞かされて戸惑う。


しかし、ユミは
“なんで犯罪者のために我慢しなきゃいけないんだ”
と思い全く反省していなかった。





別の日に見知らぬ男から話しかけられる。


男たちは
“キラキラ女子の代名詞のユミさんですよね”
と握手を求めてくる。


ユミは君がわるくなり逃げていく。


ユミはインスタの投稿により、位置情報がフォロワーから丸見えだった。




ある晩、ユミは
“代官山で夕食です”
と投稿して夜道を歩いていると、男につけられていた。


ユミは逃げようとするが男がやってきて
“携帯をよこせ、早く出さないと殺すぞ”
と脅してくる。


ユミは抵抗して逃げようとするが、刃物で襲われてしまう。


ユミの叫び声のため、警官がやってきて軽傷で済んでいた。


男は指名手配されていた殺人犯だった。


ユミが盗撮した写真が拡散されるのを恐れて、インスタでユミの位置情報を知り写真の削除をしたかったのだという。


怪我のせいでしばらくはスマホに触れず、派遣契約も終わってしまっていた。


ユミは
“少しづつ元の世界に戻ろう”
と考えだしていた。


⇒無料で「SNS地獄」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「SNS地獄」で検索です



SNS地獄の感想

しくじり先生に出ていたGENKINGさんを思い出しました。


彼はボロが出る前に芸能人として仕事が来て、現実が理想に追いついていたそうです。


しかし、ユミは予想通りの破産ルートでしたね。


こういった話は女性が多いです。


昔は
“見栄っ張り”
というのは男のための言葉のようでした。


しかし、もしかしたら潜在的には女性の方がその傾向が強いのかもしれません。


男が草食化したせいもあるかもですね。





やはり同窓会に行ったのが間違いなのだと思います。


同窓会というのはリア充たちによる
“リア充報告会”
です。


基本的に同窓会というのは
“今の自分を知られても全然大丈夫(むしろ知らせたい)”
という、心に余裕のある人しか行ってはいけません。
※私は避けています


ユミの派遣の独身で同窓会に顔を出す無謀さに呆れました。





それでも、ユミはラストで自分の考えを改めようとしいます。


コレができるだけ大分ましだと思います。


似たようなテーマの
「ゴミ屋敷とトイプードルと私」
の主人公は、SNSの投稿を辞められずに最後まで“キラキラ女子”を作り上げるのに必死でした。


“インスタ映え”
とか言っている女性全員に呼んでほしい作品でした。


⇒無料で「SNS地獄」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「SNS地獄」で検索です


無料で「SNS地獄」を読む裏ワザ!

「試し読みじゃ物足りない…」
「コミックサイトは月額料金が…」
「ブックオフに置いてない…」

と悩みを抱えている方は
非常に多くいらっしゃいます。


そんな方に
おすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「SNS地獄」を読むことができます。


FOD
フジテレビの動画配信サービスで、ドラマで有名ですが漫画も沢山扱っています。


FODプレミアムなら特典で、
1カ月で合計1200ポイントが貰えるため、「SNS地獄」を無料で読めます。


残りのポイントで好きな漫画をさらにもう1冊無料で読むことができて、実質2冊分が無料です!


ポイント消費0完全無料1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間の無料お試し期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


いろんな種類の雑誌も無料で読み放題です。


ポイントプレゼントと無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!


⇒FODで無料で「SNS地獄」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
1200円分のポイントで好きな漫画を、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。