ヒメゴト 2巻について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


2巻には13~24話が収録されています。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 13話のネタバレ

「絶交-ゼッコウ-」

ショウはユキをベッドに押し倒す。


ユキは
“ふざけんな”
と抵抗するが
ショウは
“ふざけてんのはお前の方だろ”
とユキを無理やり押さえつける。


ショウはカイトとの関係を問い詰めるが
ユキは関係ないだろという。


ショウはユキのTシャツを強引に引き裂く。


ユキは
“アイツが似合うからって
 選んでくれた…”
と嘆く。


ユキは
“なんで邪魔すんだよ
 もうしたいようにさせてよ”
というと
ショウはユキのことがずっと好きだったことを打ち明ける。


ユキはそれを聞いて
“これまでの男友達としての関係は嘘だった?”
と呆然とする。


ショウは
“お前が俺以外の男と付き合っていいわけねーだろ”
とユキに再度襲い掛かり
“お前は俺んだ”
と連呼して犯そうとする。


ユキは
“絶対させねー
 死んでも
 お前とだけは絶対するか”

と激怒する。


ショウはユキの顔を平手打ちするが
ユキはショウを蹴り飛ばしてベッドから落とす。


ユキはハサミを取り出してショウに向けて
“出てけ
 絶交だ
 二度とあたしの前に現れんな”

という。


ショウは雨の中泣きながら帰る。


ユキは自室で泣いている。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 14話のネタバレ

「罰-バツ-」

カイトの母は美人だった。


その母に兄弟の中で最も似ていたのは男のカイトだった。


母も姉たちよりも一人息子のカイトが一番自分に似て美人だと言って、
七五三の女の子の衣装をカイトに着せていた。


カイトが初めて付き合った年上の彼女も、
面白がってカイトに自分の服を着せていた。


しかし
カイトと彼女が体の関係を持つようになると、
彼女はその遊びをしなくなる。


カイトは自分で女物の服を買うようになる。






カイトは大学で
ユキが来るのを楽しみにしていた。


自分があげた服を着てくるのを期待していたが、
いつも通りの地味な服装でやってくる。


ミカコは久々にユキに会えたので話しかけに行くが
ユキは
“(カイトと付き合っていること)秘密にしてって言ったよね”
と怒って行ってしまう。


ミカコはユキに嫌われたと思い真っ青になり立ち尽くす。


カイトはその様子を見ていて
“アタシの天使に八つ当たりするなんて許せない”
とユキに話をしに行く。


カイトは
“今日はショウと一緒じゃないの?”
と話しかけるとユキは走って逃げてしまう。





カイトは女装してユキの部屋の前で待ち伏せする。


カイトは
“そんなにアタシのプレゼントが不満だったわけ?”
と自分に非があると思っていた。


ユキの様子がおかしかったので何かがあったとカイトは察する。


部屋に入って引き裂かれたTシャツをみて明らかに誰かにやられたことに気付き、
その相手がショウであると察する。


ユキはショウではなく自分を責めていた。


“男見た言いなフリして
 いきがっていた
 簡単には着させてもらえない
 女の子の服”
と申し訳なさそうにカイトに打ち明ける。


カイトはユキを抱きしめて
“怖かったね
 今夜ずっと一緒に居てあげるよ”

という。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 15話のネタバレ

「泊-オトマリ-」

カイトはシャワーを浴びて出てくるが、
顔の化粧は落としていない。


一時間かけたため落とすのがもったいないと言っているが、
ユキに自分が男だと意識させないための気づかいだとユキは気づく。


ベッドに二人で寝ることになると、
カイトは化粧を落としてくるといって先に寝ているように言われる。


ユキは意識してしまい寝付くことができない。


ドアが開く音がして
ユキはショウだと思い咄嗟に置きあがるが
カイトは
“大丈夫、隣だよ”
といってユキの手を握る。


カイトはショウはユキと同じくらい傷ついているため、
二度と襲ってこないという。


カイトは
“正々堂々と女の子を装える”
といっておめでとうという。


ユキは
“ずっと望んでいたものだが
 失ったもの(ショウとの友人関係)も大きい”
と思う。


カイトの腕の中で安眠する。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 16話のネタバレ

「害虫-ガイチュウ-」

ミカコはユキに嫌われたと悲しんでいる。


ショウが“何か”をしたせいだと思い、
ショウへ怒りを向ける。


女友達の間では
カイトとユキが噂になっていた。


ミカコは
“自分とユキの関係を邪魔するものは排除”
しようと思っている。


ミカコはカイトが彼女に電話かけているときに偶然近くを通りかかる。


カイトは彼女からの電話を切った直後に
別の女から電話が来て嘘で辻褄合わせをしていた。


ミカコは
“うわ、サイテー”
と思う。


“ショウといい、カイトといい。どうしてユキにはあんな害虫が寄ってくるの?”
とミカコは疑問に思う。





ミカコは夜にホテルで客を取っていた。


苛立ちを客に向けて
顔をけって出血させてしまう。


客は逆上して
ミカコにのしかかり無理やり中に出す。


ミカコは抵抗することが無駄だと知っているかのように、
脱力して諦めている。


男はまだ飽き足らず
ミカコの靴下を脱がして靴下を使って自慰行為をする。


男が去った後
ミカコは汚れた靴下をゴミ箱に捨てる。


ミカコは
“ユキに会いたい”
と思い雨の中外に出る。


自分と同じ格好をした女(カイト)を偶然見つけて、
驚いて後をつける。


“なんの目的で自分と同じ格好を?”
と思い家を特定する。


帰ろうとすると
そのアパートからユキが出てくる。


ユキは女(カイト)がさしていた傘と同じものを持って出てくる。


ミカコは
“私の真似をしていたのはヨシキ?”
と勘違いをする。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 17話のネタバレ

「繰返-リフレイン-」

ユキはカイトが止まりに来た翌日、
もう一度泊まりに来るように電話で頼む。


カイトはいったん帰って着替えてから行くという。


ユキはカイトが家に来るのを楽しみにしている自分に気付く。


ユキは
“カイトは女友達”
と自分に言い聞かせる。







カイトは食材を買い込んでユキの家に訪問する。


カイトはそうめんを食べたいようで、
麺つゆがユキの家に無いことでゴネ出す。


ユキは
“めんどくせぇ”
と言いつつも買い出しに行く。


カイトがさしてきた傘をユキは使用する。


その時のユキをミカコは目撃していた。


カイトは電話で追加でイロイロ注文していた。


ユキはいっぺんに食べきれる量ではないので、
これからちょくちょく泊まりに来ると思い嬉しくなる。


カイトは服を着替えていて
“おかえり~
 可愛い? 可愛い?”

といってユキを出迎える。


ユキは
“やっぱり女友達だ”
と思いながら可愛いと褒める。


カイトはユキの服も買ってきたようで、
ユキに着替えるように促す。


カイトは先日のユキとの買い物が楽しかったという。


カイトは女装を彼女たちには明かしていないため、
女でカイトの女装癖を知っているのはユキだけだという。


カイトは
“誰も女のカイトには用がない”
と嘆く。


ユキはカイトのことがよくわからないという。


ユキは
“どっちにしろ
 (男として)女とやるんだから”
と指摘すると
カイトは
“アタシのペニスはパイプなの”
という。


女の子は自分を映す鏡で
魅力的な女の子がいるとその子になりたいと思うという。


しかし
鏡は厚く冷たいため、
それをそっと割って一体化してくれると説明する。


ユキはカイトの話を全く理解できない。


ユキはお互いが特別ならそれでいいと思う。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 18話のネタバレ

「待伏-マチブセ-」

ミカコはユキのことを考えている。


“ユキは自分の恰好をしていた”
と勘違いして
ユキに対する想いを募らせる。


友達が有名モデルと同じバッグを身に着けて嬉しそうにしていた。


“それってどういう気持ちなの?”
とミカコは興味深そうに聞く。


友達はミカコの興味津々な様子に驚きつつも
“想い、慕う、超リスペクト”
と応える。


ミカコは
“ユキに尊敬されている”
と思う。


尊敬されているのなら
待ち伏せしてもOKとしてユキのアパートの前でユキを待つ。


ミカコがユキとの妄想を膨らませていると
ショウがやってくる。


ショウはミカコを見ると踵を返すが
ミカコは呼び止める。


ショウは
“先約があるならいい
 また来るから”
というのを聞いたミカコは
何があったのか聞き出そうと画策する。


ショウに対してカマをかけると
何があったのかショウは自分で話し出す。


ミカコはショウがユキにしたことに憤慨するが、
表に出さないように努める。


ショウの相談に乗る振りをして
ショウに同情する演技の涙を流す。


ミカコは心の中ではショウを嘲笑っていた。


ミカコは
“ユキに近づく害虫は全部追い払うか、絡めとる”
と思う。


ショウに
“慰めてあげる”
といい自分のアパートに招待する。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 19話のネタバレ

「虜-トリコ-」

ショウはミカコの部屋に案内される。


ミカコがショウを誘惑すると
ショウなんの疑いも持たずに乗ってくる。


ミカコは
“あんたのヨシキへの気持ちが
 どれだけ薄っぺらいか
 私が教えてあげる”

と思う。


ミカコはショウに跨り挿入直前に
“ヨシキのことは忘れて”
と約束させる。


ショウは
“うん”
と即答する。


ミカコが動くとショウはすぐに果てる。


その後何回もして
ショウは疲れて寝ている。


ミカコは
“駆除完了”
と満足そうにいう。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 20話のネタバレ

「有罪-ユウザイ-」

ユキはカイトが
“今日は泊まりにこれるかな?”
と授業中も楽しみにしている。


カイトが彼女の相手をしなくてはいけないため、
二日間ほどユキの家に行けなかった。


廊下で空を見上げながらカイトのことを考えていると、
本人が話しかけてくる。


カイトはショウが学校に来ていないことを心配していたが、
ユキはショウのことは完全に忘れてカイトのことを考えていた。


カイトは誰にも聞かれないように
場所を変えて話したいという。


使っていない講義室に二人で入る。


カイトは
“ショウと付き合う気ないの?”
と問いかける。


ショウがユキを襲った行為は許されないが、
それだけユキのことが好きだったからだと弁護する。


ユキはショウを許す気はない様子。


カイトは
“本当はショウの気持ちに気づいていたのでは?”
と指摘すると
心当たりがあるユキは怒って行ってしまう。


ユキは自室で制服に着替えて自慰行為をする。


いつも通り男が現れるが、
カイトの姿をしていた。


ユキはカイトに犯される妄想をする。


ユキは
“ユキのことを「女」として見るショウの視線に救われていた”
ということを自覚する。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 21話のネタバレ

「不意-フイ-」

カイトはミカコの恰好をしてユキ部屋に向かう。


ユキは部屋の前まで来たカイトに
“体調が悪いから”
といって帰ってもらおうとする。


カイトは仕方なく帰ろうとするが
アパートのすぐ外にミカコがいることに気付く。


慌ててユキの部屋の前に戻り
事情を説明して匿ってもらうことにする。


ユキはカイトを入れてあげる。


カイトはユキの制服姿をおかしいとは言わなかった。


ユキは照れているが
カイトは
“すごく可愛い”
と思う。


ユキは秘密がバレてへこんでいるが
カイトは
“アタシがアンタに女装見つかったときの絶望に比べれば大したことはない”
というのを聞いて納得する。


ユキにとって制服は大切なものだったが、
カイトは
“そんなに切実に着るものじゃない”
と強く咎める。


週末にユキの女物の服を沢山買いに行く約束をする。


嬉しそうに頷くユキに
カイトはキスをする。



⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 22話のネタバレ

「接吻-キス-」

カイトは何事もなかったように
“いいこ、いいこ”
といってユキの頭を撫でる。


“可愛いから思わずチューしちゃった”
と軽い感じにする。


ミカコの様子を見に行くと言って外に出る。


カイトはユキと週末の約束を確認して帰る。





カイトはユキが来ていた制服と似たモノを買って、
彼女に着せる。


彼女は
“コスプレなんて初めて”
と喜んでいる。


カイトはユキのことを考えることで
久しぶりに彼女でイクことができた。


彼女も満足していた。





ユキはカイトとのキスの余韻に浸っている。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 23話のネタバレ

「不快-フカイ-」

ミカコはうなされて目を覚ます。


裸のミカコにショウが覆いかぶさって寝ていた。


ミカコはうっとおしそうにショウとどかせる。


ミカコは大学に行こうとするとショウが目を覚ます。


ショウは朝一でミカコの身体を要求する。


ミカコは
“ずっといていい”
と言葉では言っているが
“ウザい”
と思っている。


“ユキを害虫から守るため”
と使命感を持っている。


ユキはカイトとキスをしてから機嫌が良かった。


ミカコは以前ユキの秘密をショウにバラしたことで、
恐る恐る話しかけるとユキは全く怒っていない様子に安心する。


ショウから解放されたユキは解放感に満ち溢れた表情をしていた。


ミカコは
“いろんなしがらみから解放してあげる”
と思っている。


ミカコはユキが自分と同じ格好をする理由を尋ねようとするが、
ミカコの友達が会話に割って入ってくる。


カイトとの関係を尋ねられると
ユキは何も関係が無いと上手く嘘を付く。


モトコはユキの嘘を見抜いて
“そんなのらしくない”
と思う。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 24話のネタバレ

「初恋-ハツコイ-」

カイトとユキは週末に
約束通り買い物にいく。


おしゃれな服がある店に行くが
ユキは他の女性客の気合に圧倒される。


カイトは
“狩りの装備を選んでいるんだからみんな真剣”
という。


カイトがユキの服を見て
“可愛い”
と言ったモノをユキは買うことにする。


ユキはそこの厚い靴になれない様子で歩きにくそうにしている。


ユキは人込みでカイトを見失ってしまう。


みんな似たような姿をしているためだった。


通行人の女性二人が服の選び方について話しているのが聞こえる。


好きな人が“可愛い”と言ったら即決だと熱弁している。


聞き手の女性が
“恋してるね~”
という。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です



ヒメゴト 2巻の感想

ショウが最低過ぎて清々しいくらいです。


ユキはずっと友達だと思っていた男にあんなことをされて、
かなりの絶望を感じたと思います。


しかし
カイトがいることで即効で立ち直っていますね。


ユキはこのままカイトと“女友達”を続けることができるのでしょうか…


ユキは完全にカイトが好きですが、
カイトもまんざらではないようです。


カイトの本命はミカコですが
カイトは“本当のミカコ”を知りません。


“本当のミカコ”
を知ったときにカイトがそれを受け入れられるのか楽しみです。


その前に
ミカコとショウの関係を知ったらカイトはどう思うのでしょうか…


ミカコは大学ではお嬢様キャラです。


大学関係の人にショウとの関係を知られるのは全力で避けると思います。


ミカコがしらを切りとおせば
“ユキを襲った”
に加えて
“ミカコのストーカー”
というレッテルを貼り
大学から排除できるかもしれません。


ショウはミカコで初体験という
分不相応なご褒美をもらっています。


このくらいで引き下がっておくのが無難ですが、
まだまだ悪あがきしてくれそうです。


ショウの空回りな暴走に期待しています。


⇒無料で「ヒメゴト」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ヒメゴト」で検索です


無料で「ヒメゴト」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「ヒメゴト」を読むことができます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「ヒメゴト」を無料で読めます。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTで無料で「ヒメゴト」を読むならこちら♪

【お得な利用方法】
600円分のポイントで好きな漫画を読んで、
無料期間ギリギリまで無料で読める漫画を読む利用方法がおすすめです。